アラモ The Alamo (1960) 4.33/5 (33)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ジョン・ウェインが製作、主演し初の監督も手がけた、西部開拓史上に名高い”アラモ砦”の戦いを描いたスペクタクル大作。
共演リチャード・ウィドマークローレンス・ハーヴェイリチャード・ブーン


西部劇

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・ウェイン
製作:ジョン・ウェイン
脚本:ジェームズ・エドワード・グラント
撮影:ウィリアム・H・クローシア
編集:スチュアート・ギルモア
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演
ジョン・ウェインデイビー・クロケット

リチャード・ウィドマークジム・ボウイ
ローレンス・ハーヴェイウィリアム・バレット・トラビス
リチャード・ブーンサム・ヒューストン将軍
リンダ・クリスタル:グラシエラ・カーメラ・マリア・デ・ロペス・ イヴェイヤー/フラカ
チル・ウィルス:ビーキーパー(蜜蜂屋)
フランキー・アヴァロン:スミティ
パトリック・ウェイン:ジェームズ・バトラー・ボーナム大尉
ケン・カーティス:アルメロン・ディッキンソン大尉
ジョーン・オブライエン:スー・ディッキンソン夫人
ヴェーダ・アン・ボーグ:ネル・ロバートソン
ジョン・ディアキス:ジョッコ・ロバートソン
ルーベン・パディラサンタ・アナ将軍
ジェスター・ヘアストン:ジェスロ
ジョセフ・カレイアホアン・セギン

ハンク・ウォーデン:牧師
ジャック・ペニック:ライトフット軍曹
オリーブ・ケリー:デニンソン夫人

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1960年製作 202分
公開
北米:1960年10月24日
日本:1960年12月4日
製作費 $12,000,000


アカデミー賞 ■

第33回アカデミー賞
・受賞
録音賞
・ノミネート
作品
助演男優(
チル・ウィルス)
撮影(カラー)・音楽(ドラマ・コメディ)
歌曲・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1836年。
メキシコテキサス(当時)のアメリカや海外からの開拓民の多くは、独裁者サンタ・アナ(ルーベン・パディラ)の圧政に対し、服従か対決かを迫られた。

独立を画策する、テキサス軍のサム・ヒューストン将軍(リチャード・ブーン)は、大酒のみだが信頼できるジム・ボウイ(リチャード・ウィドマーク)とその義勇軍を派兵しようとする。

翌日、義勇兵100人を率い、ボウイは、正規軍の指揮官ウィリアム・バレット・トラビス(ローレンス・ハーヴェイ)の待つサン・アントニオの伝道所跡地に到着する。

トラヴィスは、作戦会議を酔って欠席したボウイを非難し、テキサス軍の動きを察知したサンタ・アナが、5000名を超す大軍を派遣したとの情報が入る。

しかし、トラヴィスは民間人の”うわさ話”を信用せず、規則にこだわる彼を今度はボウイが非難する。

トラヴィスは、少数の部下が大軍を前に怯えるのを避けたかったことを、副官で親友のアルメロン・ディッキンソン大尉(ケン・カーティス)に語る。

メキシコ軍を迎え撃つ拠点となった”アラモの砦”では、生真面目なトラヴィスと粗野なボウイの意見は対立する。

そんな時、町に、テネシーの英雄デイビー・クロケット(ジョン・ウェイン)が、仲間と共にやって来る。

クロケットに接触したトラヴィスは、サンタ・アナと戦う意義を杓子定規に語ろうとするものの、豪放磊落なクロケットは自分流で彼に接する。

横柄で無学な田舎者と見ていたクロケットの、”共和国”についての理念を聞いたトラヴィスは、彼の見方を変えて理解する。

クロケットは、メキシコ人女性グラシエラ・カーメラ・マリア・デ・ロペス・イヴェイヤー/フラカ(リンダ・クリスタル)が、悪事に引き込まれようとしているのを救おうとし、暴漢に襲われたところをボウイに助けられる。

ボウイから、メキシコとその人々の素晴らしさを聞かされていたクロケットは、そこに現れたフラカから、教会に弾薬が隠されていることを知らされる。

その後クロケットは、仲間のビーキーパー/蜜蜂屋(チル・ウィルス)や牧師(ハンク・ウォーデン)、スミティ(フランキー・アヴァロン)、そしてボウイらと共に、それを奪い取ることに成功する。

それをフラカに報告したクロケットは、短時間で事が大きく動いたことで動揺した彼女を労わる。

砦に、奪った火薬1トンを運び込んだクロケットボウイは、 トラヴィスの従妹である、ディッキンソン大尉夫人スー(ジョーン・オブライエン)に挨拶する。

1000人もの援軍が来るという連絡を受けたトラヴィスは、それをクロケットボウイに知らせる。

それを疑うボウイは、奇襲をかけるべきだと主張して再びトラヴィスと対立する。

一方、クロケットは、自分がフラカに書かせた手紙を、サンタ・アナからだと偽り、仲間達に戦闘意欲を高めさせる。

クロケットは、実はそれは自分が書いた手紙だと白状するが、既に仲間達は、サンタ・アナの軍を叩き潰すことしか頭になかった。

仲間達を、テキサス軍に加勢させることができたクロケットは、自分に好意を寄せ始めたフラカを説得して避難させる。

クロケット率いるテネシー人達が到着するが、砦の準備が整う前に、サンタ・アナ軍がサン・アントニオ入りする。

サンタ・アナ軍は無条件降伏を要求するが、トラヴィスはそれを拒否する。

敵の大軍を前に、ボウイは部下を連れて砦を去ろうとるが、援軍を確認に行った、ジェームズ・バトラー・ボーナム大尉(パトリック・ウェイン)が、1000名の兵士が到着することを報告し、ボウイは砦に残る決心をする。

しかし、実際の援軍は500名で、トラヴィスが仕組んだ偽情報だった。

そんなトラヴィスの強かさに、ディッキンソン大尉夫人スーは怒りを露にする。

偵察隊の報告で巨砲があることがわかるが、トラヴィスは、それが北米には存在しないと確信していた。

しかし、砦は巨砲の攻撃を受けてしまい、クロケットの仲間とボウイとで、夜襲をかけて巨砲を破壊する。

味方を危険にさらしたボウイ、トラヴィスは猛烈に非難し、ボウイは再び砦を出て行くことを告げる。

トラヴィスクロケットには敬意を払い、指揮官としての真意を語り、クロケットはそれを一応は理解する。

その後、ボウイと酒を酌み交わしたクロケットは、彼を砦に引き止めることに成功する。

しかし、ボウイの妻が死亡した報せが入り、彼は打ちひしがれる。

トラヴィスは、ボウイが、外部からの手紙を受け取ったことを軍規に反する行為だと非難するが、事情を知り彼に心から謝罪する。

やがて、砦で食料が痛んでいたことが原因となり、赤痢が発生してしまう。

不足した食料を確保するために、クロケットボウイは仲間を引き連れて再び夜襲をかけ、牛の大群を確保して長期戦に備える。

しかし、サンタ・アナ率いる主力軍が到着し、彼は砦の女と子供に対して避難する機会を与える。

トラヴィスは、非戦闘員を非難させることを伝え、その準備を始めるが、ディッキンスン大尉の妻子だけは砦に残ることになる。

目の不自由な妻ネル(ヴェーダ・アン・ボーグ)を、一人にさせることのできないジョッコ・ロバートソン(ジョン・ディアキス)は、トラヴィスの許しを得て、ネルと砦を去ろうとする。

しかし、ネルは夫ジョッコを卑怯者にする訳には行かず、彼を残してデニンソン夫人(オリーブ・ケリー)の馬車に乗り砦を後にする。

やがて、サンタ・アナ軍の第一次攻撃が始まり、トラヴィスの砦側は必死に持ち堪えるが、牧師は死亡してボウイも負傷してしまう。

40名の死傷者を出したトラヴィスは、援軍が待ち伏せに遭い敵軍に撃滅された報せを受ける。

クロケットボウイは、 このままでは砦で犬死になると考え、一旦退却して体制を整えようとする。

トラヴィスは、ボウイの義勇軍とクロケットと仲間達を称え撤退の準備を始めさせる。

しかし、トラヴィスの熱意に打たれたクロケットボウイ達は、彼と運命を共にする決心をする。

ヒューストン将軍への伝令として、手紙を届けたスミティは、そのまま砦に引き返す。

サンタ・アナ軍に包囲された砦の状況を知り、彼らを助けられないヒューストンは、そのもどかしさと怒りを部下にぶつける。

砦では、厳しさを批判し続けたディッキンスンの妻スーがトラヴィスに謝罪するが、彼は優しく言葉を返し、夫との夜を過ごすよう便宜を図る。

ボウイは、奴隷のジェスロ(ジェスター・ヘアストン)を解放して砦を去るように伝えるが、彼は戦うのも自由だと言って砦に残る決心をする。

1836年3月6日。
サンタ・アナ軍は、”デグエイヨ(皆殺しの歌)”を奏でながら配置に付き、戦いの準備を始める。

一瞬の静寂後、サンタ・アナ軍の総攻撃は始まり、わずか100名余りのテキサス側は、7000名以上のメキシコ軍を迎え撃つ。

圧倒的な軍勢で砦に押し寄せる、サンタ・アナ軍を相手にしたトラヴィスは、銃撃を受けて戦死する。

北壁が完全に破られ、敵兵が大挙して砦内になだれ込み、クロケットは槍で胸を突かれてしまい、弾薬庫に身を投げて爆死する。

負傷していたボウイも、ジェスロと共に銃剣で刺し殺される。

砦の兵士達は全滅し、アラモの砦サンタ・アナ軍の手に落ち、ディッキンスン夫人スーと子供達のみが生き残る。

スミティが砦近くまでたどり着いた時には、既に戦いは終わっていた。

サンタ・アナは、スーと子供達を解放し、砦から送り出す。

そして、13日間、勇敢に戦った男達の誇りを胸に、スーは砦を後にして、スミティの元に向かう。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1836年。
メキシコテキサス(当時)のアメリカや海外からの開拓民は、独裁者サンタ・アナの圧政に対し、服従か対決かを迫られていた。
独立を画策する、
テキサス軍のヒューストン将軍は、信頼できるジム・ボウイと義勇軍を派兵しようとする。
しかし、大酒のみの
ボウイが酔いつぶれていたため、ヒューストンは、正規軍の小部隊を率いるトラヴィス少佐を大佐に昇格させ、テキサスの運命を任せようとする。
その後
ボウイは、義勇兵100人を率いトラヴィスの待つサン・アントニオの伝道所跡地に到着する。
サンタ・アナが、5000名を超す大軍を派遣したとの情報が入る中、メキシコ軍を迎え撃つ拠点となった”アラモの砦”では、トラヴィスボウイの意見が対立する。
そんな時、
テネシーの英雄デイビー・クロケットが、仲間と共にやって来る。
トラヴィスは、クロケットを横柄で無学な田舎者と見ていたのだが、彼の”共和国”についての考えを聞き、見方を変えるのだった・・・。
__________

ウェインの恩師でもあるジョン・フォードが監修しているのだが、ウェインの演出の酷さに、見るに見かねたフォードが、演出を手助けした言われている。

第33回アカデミー賞では、作品賞をはじめ7部門にノミネートされ有力視されていたものの、行き過ぎた宣伝などが批判を浴びて逆効果となり、結局、録音賞の受賞のみに終わった。
・ノミネート
作品
助演男優(
チル・ウィルス)
撮影(カラー)・音楽(ドラマ・コメディ)・歌曲・編集賞

しかし、テキサス州ブラケットヴィルに作られた巨大なオープンセットや、迫力ある映像は見応え十分で、3時間を超えるドラマも、飽きのこない仕上がりにはなっている。

また、前年の「リオ・ブラボー」(1959)でも登場した、サンタ・アナ軍が総攻撃前に演奏する、”皆殺しの歌(El Degüello)”などを効果的に使った、ディミトリ・ティオムキンの音楽も出色だ。

ジョン・ウェインは、伝説の英雄デイビー・クロケットを豪快に演じ、ジョン・フォードの助けはあったとは言え、演出も無難にこなしている。

リチャード・ウィドマークも、テキサスの英雄でナイフ使いの名手、ジム・ボウイを気迫溢れる演技で熱演している。

ローレンス・ハーヴェイは、上記2人よりはるかに年が若いのいだが、互角に渡り合っている。

砦の兵士や男達を、英雄として称えるサム・ヒューストン将軍リチャード・ブーンクロケットに惹かれるが、避難させられる美しいメキシコ人女性リンダ・クリスタルアカデミー助演賞候補にもなった通称”蜜蜂屋”、陽気なチル・ウィルス、伝令に出され唯一人生き残るフランキー・アヴァロントラヴィスの忠実な部下で、本作ではかなり出演場面が多い、”フォード一家”のケン・カーティスパトリック・ウェイン、牧師ハンク・ウォーデン、軍曹のジャック・ペニックら、大尉(K・カーティス)夫人で砦の生き残りのジョーン・オブライエンボウイの奴隷ジェスター・ヘアストンなどが共演している。
更に、
ハリー・ケリー夫人のオリーブ・ケリークリフ・ライオンズなど、同じく”フォード一家”の面々の出演なども、ウェインフォードファンには嬉しいばかりだ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター