ジェシー・ジェームズの暗殺 The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford (2007) 3.87/5 (31)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

仲間に引き入れたチャーリーロバートフォード兄弟に暗殺される伝説のアウトロー、ジェシー・ジェームズと兄弟らの最後の日々を描く、製作リドリー・スコット、製作総指揮トニー・スコット、監督、脚本アンドリュー・ドミニク、製作、主演ブラッド・ピットケイシー・アフレックサム・シェパードサム・ロックウェルジェレミー・レナー他共演のドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

ブラッド・ピット / Brad Pitt 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:アンドリュー・ドミニク
製作総指揮
ブラッド・グレイ
トニー・スコット
リサ・エルジー
ベンジャミン・ウェイスブレン

製作
ブラッド・ピット
デデ・ガードナー

リドリー・スコット
ジュールズ・ダリー
デヴィッド・ヴァルデス

原作:ロン・ハンセン
脚本:アンドリュー・ドミニク
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集
ディラン・ティチェナー
カーティス・クレイトン
音楽
ニック・ケイヴ
ウォーレン・エリス

出演
ブラッド・ピットジェシー・ジェームズ
ケイシー・アフレックロバート・フォード
サム・シェパードフランク・ジェームズ
サム・ロックウェルチャーリー・フォード
ジェレミー・レナーウッド・ハイト
ポール・シュナイダーディック・リディル
ギャレット・ディラハントエド・ミラー
メアリー=ルイーズ・パーカージー・ジェームズ
アリソン・エリオット:マーサ・ボルトン
マイケル・パークス:ヘンリー・クレイグ
テッド・レヴィン:ティンバーレイク保安官
ジェームズ・カーヴィルトーマス・セオドア・クリッテンドン州知事
カイリン・シー:サラ・ハイト
ズーイー・デシャネル:ドロシー
マイケル・コープマン:エドワード・オケリー

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2007年製作 160分
公開
北米:2007年9月21日
日本:2008年1月12日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $3,904,982
世界 $15,001,776


アカデミー賞 ■

第80回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優(ケイシー・アフレック)
撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1881年9月7日、ミズーリ州、ブルーカット。
南北戦争にゲリラとして参加し、正体を隠しながら犯罪を繰り返していた、フランク・ジェームズ(サム・シェパード)と弟のジェシー(ブラッド・ピット)率いる一団に、チャーリー・フォード(サム・ロックウェル)の弟ロバート(ケイシー・アフレック)が加わろうとする。

フランクは、ロバートの資質を認めず、厄介払いしようとするが、ジェシーは彼を頭数として仲間に引き入れる。

一団は、最後の仕事と決めた列車強盗を計画して実行するが、現金は、わずかしか手に入れられず、新聞だけが騒ぎたてた。

その後、一団は解散して、ジェシーロバートに残るように伝え、いとこのウッド・ハイト(ジェレミー・レナー)とチャーリーには町を出るよう指示をだす。

ロバートは、ジェシーの付き添いをさせられ、幼い頃から憧れていた彼の様子を観察する。

やがて、ロバートジェシーに追い出されてしまい、妻のジー(メアリー=ルイーズ・パーカー)からは、別れの言葉すらなかった。

姉マーサ(アリソン・エリオット)の家に戻ったロバートは、兄のチャーリーウッドディック・リディル(ポール・シュナイダー)と合流する。

ロバートは、ジェシーを狙うジム・カミンズと何かを企むディックに、余計な詮索をするなと脅される。

10月になると、町には窃盗団を捜すピンカートン社の探偵が現れ、やがて、一団のうちの4人が逮捕される。

無法者は一箇所には留まれず、ウッドは、ディックと旅立ち実家に向かう。

仲間のエド・ミラー(ギャレット・ディラハント)の元に向かったジェシーは、彼を狙うカミンズに、自分を密告したかを確かめる。

マーサの家に立ち寄りディックを連れ出し、カミンズを捜すジェシーだったが、彼はカタルや全身の痛み、そして、肺も病んで不眠症に悩み、悪い兆しに心を閉ざしていた。

ウッドの義母サラ(カイリン・シー)に手を出したディックは、マーサの家にいたところをウッドに襲われ、撃ち合いになる。

ディックに止めを刺そうとしたウッドを、その場にいたロバートが撃ち殺してしまう。

ロバートディックは、ジェシーのいとこであるウッドを殺したことで焦る。

数日後、ジェシーが現れ、彼はチャーリーを連れてセントジョセフフに向かう。

ジェシーは、自宅に立ち寄り二人はそこで一泊し、彼は、ミラーを連れ出して殺したことをチャーリーに知らせる。

ウッドについて尋ねるジェシーだったが、チャーリーは、動揺しながら白を切る。

その後、ロバートディックの居場所を警察に密告し、彼は逮捕されてしまう。

州知事トーマス・セオドア・クリッテンドン(ジェームズ・カーヴィル)は、ジェシーの脅迫を受けて、ロバートディックに彼の逮捕への協力を強要する。

ジェシーは、再び強盗を考えるが実行はせず、その頃、警察署長のヘンリー・クレイグ(マイケル・パークス)は、ロバートを食料品店で働かせる。

ロバートは、保安官ティンバーレイク(テッド・レヴィン)の指示に従いジェシーを待つ。

そして、ジェシーロバートの前に姿を現し、チャーリーと共に彼を自宅に連れて行く。

3人は銀行を襲う計画を立てるが、ロバートジェシーの目付きで、自分の真意が見抜かれていることを察知する。

1882年4月3日。
ジェシーの企みに怯えるチャーリーを気遣うロバートは、新聞でディックが自白したことを知り、恐怖は限界に達する。

そして、銃を置いたジェシーを、背後からロバートが銃撃して、彼とチャーリーは、泣き崩れる妻ジーと子供達を残し、その場から逃が去る。

その後、ロバートは、知事宛にジェシーを殺したという電報を打つ。

ジェシーの遺体の写真は雑誌の表紙を飾り、氷で冷やされた遺体を一目見ようと、1000人もの人々が巡礼に現れる。

1年後、ニューヨーク
ロバートチャーリーは、ジェシーの死を芝居にして、自らが演じ、大統領よりも有名になる。

チャーリーロバートを恨み始めるが、彼のジェシー役は、本人そのもののようになっていく。

ロバートは卑怯者呼ばわりする観客に暴行を働くが、800回以上も自分の裏切りを演じ続けた。

1884年5月。
迷信深いチャーリーは、ジェシーの妻ジー聖母マリアのように崇め、許しを請おうとして自ら命を絶つ。

ジェシーや家族の勇敢さは人々から称ええられ、ロバートは裏切りを責められて落ちぶれてしまう。

1892年、コロラド州、クリード
ロバートは、踊り子ドロシー(ズーイー・デシャネル)と結婚し、心休まる日々を過ごしていた。

見せ掛けの勇気と自惚れを恥じたロバートは、暗殺を悔やみ、ジェシーに会いたい気持ちになっていた。

6月8日。
ロバートは、自分の酒場で、名声を求めるだけの、何の計画性もないエドワード・オケリー(マイケル・コープマン)によって射殺される。


解説 評価 感想 ■

1983年に発表された、ロン・ハンセンの同名小説の映画化。

*(簡略ストー リー)

1866年2月13日、世界で初めてと言われる銀行強盗を成功させ、極悪非道な犯罪人にも拘らず、伝説のアウトローとなっていたジェシー・ジェームズと兄フランクの率いる一団に、チャーリー・フォードと弟ロバートが加わる。
最後の列車強盗を終え、一団は解散するが、ジェシーは、別れた仲間らの裏切りを確かめようとする。
幼い頃から、ジェシーに憧れていたロバートは、彼のいとこである一味のウッドをはずみで殺してしまう。
その後、ジェシーにそれを知られるのを恐れるロバートチャーリーは、彼の影に怯えながら行動を共にすることになるのだが・・・。
__________

いわゆる、正統派西部劇ではなく、ジェシー・ジェームズに憧れながらも裏切り、暗殺者となるロバート・フォードの視点で描く人間ドラマ。

第80回アカデミー賞では、ロバートを演じたケイシー・アフレック(助演賞)とロジャー・ディーキンス(撮影賞)がノミネートされ、その見事な演技と美しい映像は印象に残る。

ブラッド・ピットは、伝説のアウトローとして、ドラマの象徴的存在を、ケイシー・アフレックの引き立て役的な役柄ながら、存在感ある演技で見せてくれる。

上記のように、主演は製作を兼ねるブラッド・ピットだが、主人公はC・アフレックであり、ジェシーの恐怖に怯え葛藤する気弱な青年から、暗殺者の名声をしたたかに利用した、プライドの高い現実派へと変貌していく過程を繊細に演じている。

出番が少ないのが残念だが、貫禄ある演技を見せてくれるジェシーの兄フランクサム・シェパードジェシーの暗殺殺に加担する、ロバートの兄チャーリーサム・ロックウェル、強盗団の一味でジェシーのいとこウッド役のジェレミー・レナーディック役のポール・シュナイダー、そして、エドギャレット・ディラハントジェシーの妻ジーメアリー=ルイーズ・パーカー、保安官テッド・レヴィン、州知事クリッテンドン役のジェームズ・カーヴィルロバートの妻役ズーイー・デシャネルなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター