バンド・ワゴン The Band Wagon (1953) 4/5 (5)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

作詞ハワード・ディーツと作曲アーサー・シュワルツによる、1931年にブロードウェイで初演を迎え260回上演されたミュージカル”The Band Wagon”を基に製作された作品。
かつての人気ダンサーが、苦難の末にミュージカルを成功させるまでを描く、製作アーサー・フリード、監督ヴィンセント・ミネリ、主演フレッド・アステアシド・チャリシージャック・ブキャナンオスカー・レヴァントナネット・ファブレイ他共演による、全盛期のMGMを代表する傑作ミュージカル。


ミュージカル


スタッフ キャスト ■

監督:ヴィンセント・ミネリ
製作:アーサー・フリード
製作協力:ロジャー・イーデンス
脚本
ベティ・コムデン

アドルフ・グリーン
撮影:ハリー・ジャクソン
編集:ハリー・アクスト
衣装デザイン:メアリー・アン・ニュバーグ
音楽
アドルフ・ドイッチ

ハワード・ディーツ
アーサー・シュワルツ
コンラッド・サリンジャー

出演
トニー・ハンター:フレッド・アステア

ガブリエル・ジェラード:シド・チャリシー
ジェフリー・コードヴァ:ジャック・ブキャナン
レスター・マートン:オスカー・レヴァント
リリー・マートン:ナネット・ファブレイ
ポール・バード:ジェームズ・ミッチェル
ハル:ロバート・ギスト
本人:エヴァ・ガードナー
列車の乗客:スティーヴ・フォレスト
モデル役のキャスト:ジュリー・ニューマー

アメリカ 映画
配給 MGM

1953年製作 111分
公開
北米:1953年8月7日
日本:1953年12月26日
製作費 $2,873,000
北米興行収入 $3,502,000


アカデミー賞 ■

第26回アカデミー賞
・ノミネート
脚本・衣装デザイン(カラー)・ミュージカル音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロサンゼルス
かつての名ダンサー、トニー・ハンター(フレッド・アステア)は、今や人気も落ち、競売にかけられた彼の所持品を求めようとする者もいなかった。

ニューヨーク
列車内でも、自分の人気が過去のものだと言う乗客の話を聞いたトニーは、到着したホームで記者達が待ち構えていたエヴァ・ガードナーから声をかけられる。

その後トニーは、ブロードウェイ時代からの親友で舞台作家のレスター・マートン(オスカー・レヴァント)と妻リリー(ナネット・ファブレイ)に派手に迎えられる。

レスターから新しいショーの台本を見せられたトニーはブロードウェイに向い、演出家がジェフリー・コードヴァ(ジャック・ブキャナン)だと知らされる。

トニーがジェフリーを知らないために驚くレスターとリリーは、ショーの終演後に会せることを伝える。

そんなことよりも、トニーは、変わってしまった街の様子を気にする。

レスターとリリーを先に劇場に向かわせたトニーは、暫くその場を見て回る。

劇場でレスターとリリーに合流したトニーは、古典劇を舞台で演ずるジェフリーの演技を見守る。

舞台を終えたジェフリーを紹介されたトニーは、呼んでくれたことには感謝するが、古典劇の演出家である彼と組めるかが不安になる。

問題ないと言うジェフリーから、台本の内容を聞かれたレスターとリリーは、それを簡単に説明する。

プロットが気に入ったジェフリーは、軽いコメディを”ファウスト”風に書き変えると言い出す。

ジェフリーが、バレエ・ダンサーのガブリエル・ジェラード(シド・チャリシー)を起用すると言い出したため、トニーは降りることを伝えて帰ろうとする。

自分の全てのショーを見ていると言われ、時代の変化に順応していないとジェフリーに指摘されたトニーは、チャレンジすべきだと励まされてその気になり、構想を練って盛り上がる。

ガブリエルの恋人で振付師のポール・バード(ジェームズ・ミッチェル)を呼んだジェフリーは、ガブリエルの出演に前向きではなかった彼を自分のペースに巻き込み、考えを変えさせる。

レスターとリリーと共にガブリエルのバレエを見たトニーは、その素晴らしさを認めて、ジェフリーのアパートで彼女に会うことになる。

ジェフリーのマネージャー、ハル(ロバート・ギスト)に迎えられたトニーは、自分より背が高いようにも思えるガブリエルの雰囲気に気後れして会う気になれない。

一方、ガブリエルも、かつてのスターであるトニーに嫌われているのではないかと思い、会うことをためらう。

階段でガブリエルと出くわしたトニーは挨拶して、彼女の身長が自分より低いことを確認する。

気を遣って話していた二人は、お互いの言葉を皮肉と捉えてしまい口論になり、憤慨してその場から去ろうとする。

そこに現れたジェフリーは、ショーの出資者にトニーとガブリエルらを紹介する。

ショーのリハーサルは始まるが、トニーとガブリエルはいがみ合ったままだった。

ガブリエルの態度が気に入らず我慢の限界に達したトニーは、ジェフリーに不満を訴えてショーを降りてしまい、レスターは頭を抱える。

謝罪に来たガブリエルが、ポールに言われて来たことを知ったトニーは苛立つが、彼女は、三流ダンサーだと思われていると思い、精神的に参っていたと涙ながらに語る。

トニーも自分の態度を謝罪し、話し合わなかったのが悪いと言って彼女を慰め、うまくやれるかどうかを試そうとする。

馬車で出かけた二人は、打ち解けて話が弾み、セントラルパークで踊る。

その後、公演の準備は順調とは言えず、トラブルが続出する。

コネチカット州、ニュー・ヘイヴン
”バンド・ワゴン”は初日を迎え、開演を控えたジェフリーは、スタッフとキャストを激励する。

ニューヨークから来た出資者は期待に胸ふくらませるが、終演と同時に、その内容の酷さにショックを受けて劇場を去る。

パーティー会場に向かったトニーは、誰もいなかったためにホテルに戻る。

気落ちすることなく騒いでいたキャスト達のパーティーに加わったトニーは、現れたガブリエルやレスターとリリーと共に、失敗を認めながら楽しい時間を過ごす。

一瞬、我に返りその場は静まり返るが、トニーは気落ちしているはずのジェフリーに電話をして、ショーを続けることを伝える。

内容を変えて、原案通りのエンターテインメントにすると言うトニーは、話している相手が客室係だったことを知る。

その場にジェフリーがいることに気づいたトニーは、自分をボスに推薦して従うと言う彼から、協力を約束される。

しかし、トニーのダンスとは合わないと言うポールは降りることをガブリエルに伝え、一緒にニューヨークに戻ることを勧める。

ショーを続けたいと言うガブリエルを残し、ポールはその場を去る。

ツアーを組んだトニーらは、全く新しいショーを発表し、フィラデルフィアボストンワシントンD.C.で公演してボルチモアに向かう。

移動中の列車内で、ガブリエルがポールに手紙を書いていたことを知ったトニーは、彼女を愛していることをレスターに伝える。

それに気づいていたレスターは、ガブリエルも同じ気持ちだとトニーに伝え、焦らずにニューヨークまで様子を見るようにと言って助言する。

ボルチモア公演を終えたトニーらはニューヨークに戻り、初演を迎える。

劇場入りするトニーはガブリエルと出くわし、ポールが来ることを確認して公演に備える。

見事なパフォーマンスを見せた、トニーとガブリエルらのショーは絶賛される。

古臭い習慣だとハルに言われパーティーがないことを確認したトニーは、ガブリエルとポールのことが気になる。

楽屋を出たトニーは、ステージで待ち構える仲間達に迎えられる。

ガブリエルから、皆の感謝の気持ちと愛を伝えられたトニーは、障害を乗り越えながら、共に仕事ができた喜びの気持ちを語る彼女の言葉に感激する。

ガブリエルにキスしたトニーは、互いの愛を確かめる。

トニーとガブリエルは、レスターとリリー、そしてジェフリーらと共に、”エンターテインメント”の世界の素晴らしさを実感する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

かつての名ダンサー、トニー・ハンターは今や人気も落ち、友人の舞台作家レスターと妻リリーを訪ねてニューヨークに向かう。
レスターから新しいショーの台本を見せられたトニーはブロードウェイに向かい、ショーの演出をジェフリー・コードヴァが担当すると言われる。
古典劇を演ずるジェフリーとは合わないと考えたトニーは気乗りしなかったが、チャレンジが必要だと指摘されて出演を決める。
レスターの軽いコメディを”ファウスト”風に書き変えると言い出したジェフリーは、トニーの相手役にバレエ・ダンサーのガブリエルを起用する。
それも不安に思えるトニーは、ガブリエルと衝突しながらもリハーサルに励み、何んとかショーは初日を迎える。
ところが、出資者はその内容に失望し、ショーは打ち切りの危機となる。
キャストやスタッフが落ち込んでいないことを知ったトニーは、自分達の失敗を認めた上で、ショーを続けることをジェフリーに伝え、ツアーを組んで公演を続けようとするのだが・・・。
__________

MGMミュージカルの黄金期を支えた、製作者のアーサー・フリード、監督ヴィンセント・ミネリ、主演フレッド・アステアらによる出色のミュージカル。

1931年のブロードウェイ・ミュージカル”The Band Wagon”では、フレッド・アステアが姉のアデール・アステアと共演した。

主題曲と言える”That’s Entertainment!”は、21年後に公開される、MGM創立50周年記念作品であるアンソロジー映画「ザッツ・エンタテインメント」(1974)のタイトルとなった。

斬新なアイデア、躍動感と優雅さを兼ね備えたダンス・シーンの数々は、当時のミュージカルを親しんだ者にとっては鳥肌ものだ。

第26回アカデミー賞では、脚本・衣装デザイン(カラー)、ミュージカル音楽賞にノミネートされた。

1995年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

MGMお得意の絢爛豪華なセットが登場する内容の作品ではないが、ブロードウェイの舞台裏を映し出す映像や素晴らしい衣装など、当然ではあるが、全く手抜きが感じられないプロの仕事ぶりが堪能できる作品でもある。

名曲として映画史に残るミュージカル・ナンバーの数々も素晴らしく、ラストの、出演者による”That’s Entertainment!”の合唱シーンは、思い入れがある私としては、涙なくして見られない。

50歳を過ぎたフレッド・アステアの衰えを知らない見事なステップ、美と優雅さの融合、そしてダイナミックでもあるシド・チャリシーのダンスには見惚れてしまう。

才気みなぎる演出家兼役者を味のある演技で好演するジャック・ブキャナン、主人公の友人である舞台作家を陽気に演ずるオスカー・レヴァントと妻役のナネット・ファブレイ、振付師ジェームズ・ミッチェル、演出家のマネージャー、ロバート・ギスト、本人役でエヴァ・ガードナー、そして、列車の乗客スティーヴ・フォレストと、モデル役のショーのキャストでジュリー・ニューマーが出演しているのだが、二人が確認できた方は、筋金入りの映画通である。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター