ボクサー The Boxer (1997) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

かつて自分も関わった北アイルランド問題に翻弄されながら再起を目指すボクサーと、彼を愛する元恋人との関係を描く、製作、監督、脚本ジム・シェリダン、主演ダニエル・デイ=ルイスエミリー・ワトソンブライアン・コックス他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ジム・シェリダン
製作
ジム・シェリダン

アーサー・ラッピン
脚本
ジム・シェリダン

テリー・ジョージ
撮影:クリス・メンゲス
編集:ジェリー・ハンブリング
音楽
ギャヴィン・フライデー

モーリス・シーザー

出演
ダニー・フリン:ダニエル・デイ=ルイス

マギー:エミリー・ワトソン
ジョー・ハミル:ブライアン・コックス
ハリー:ジェラード・マクソーリー
パッツィ:エレノア・メソヴェン
アイク・ウィアー:ケン・ストット
マット・マグワイア:ケネス・クラナム

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1997年製作 113分
公開
北米:1997年12月31日
日本:1998年6月13日
北米興行収入 $5,980,578
世界 $16,534,578


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

北アイルランドベルファスト
ボクサーとして有望視されながら、IRAに加わったことで14年間服役していたダニー・フリン(ダニエル・デイ=ルイス)は、出所後、故郷に戻る。

IRA幹部ジョー・ハミル(ブライアン・コックス)の娘のマギー(エミリー・ワトソン)は、元恋人ダニーが出所したことを知らされる。

マギーはダニーの親友の妻となり、息子リアムと共に服役する夫の帰りを待つ身だった。

簡易宿泊所に向かったダニーは、かつてのトレーナーであるアイク・ウィアー(ケン・ストット)に出くわし、テロに加わり才能を無駄にしたことを酔った彼に責められる。

翌朝、昨夜のことを覚えていないアイクは、ダニーに誘われてカフェに向かい、ジムは潰れて福祉センターになったことなどを話す。

32歳のダニーは、イギリスで試合をする考えなどを話すが、その時、爆音が鳴り響く。

ダニーが戻ったことを歓迎できないかつての仲間ハリー(ケン・ストット)は、イギリスに向かわなかった彼に意見する。

その後、かつてのジムを見に行ったダニーは、保母をしているマギーの姿を見かけて手を振る。

ハミルは、福祉センターをジムとして再開したいというダニーの考えを聞き、それをマギーに伝える。

アイクと共にジムの再開に向けての準備を始めたダニーは、まずリングを組み立てる。

ハリーを呼んだハミルは、収監者の解放の合意が得られたために、活動を中止することを伝える。

平和を守るための決定だというハミルの意見を、ハリーは不満に思う。

マギーは、同じ施設内で息子リアムをジムでトレーニングさせながら、毎日顔を合わせるものの挨拶程度のダニーに、それが不自然ではないかと尋ねる。

ダニーが明確な答えを返さないないために、マギーは気分を害する。

トレーニングを始めたダニーは、鍵のかかった場所に爆薬が隠されていることに気づき、それを運び出して川に投げ捨てる。

そのことがハリーらに知られ、マギーはそれをダニーに追求すると共に、14年前に姿を消したことなども責めて、戻った理由なども尋ねる。

ダニーはマギーをからかい、それが気に障った彼女に殴られる。

謝罪したマギーに笑って応えるダニーは、それがきっかけとなり彼女と打ち解ける。

マギーとカフェに向かったダニーは、14年間の沈黙の世界で彼女を想い続けたことを、簡単には説明できない。

ジムの用具などを買い替える資金を集めるために、ダニーとアイクはボクシング大会を開く。

試合をしたダニーは、負けてしまうものの、諦めずに戦ったために観客に称えられる。

それを人々へのメッセージだと判断したハリーは、ダニーを問い詰めて爆弾を返すよう迫る。

その後ダニーとマギーは、人々の目を気にしながら東側で会うことにする。

そんな時、警察互助会からジムに用具などが寄贈されて、マスコミなどもその件を取り上げる。

それをよく思わないハリーは、ジムの建物に対して発砲などをしてダニーに警告する。

その件に対して忠告するハミルだったが、あくまで平和の道を歩もうとする穏健派の彼の考えにハリーは意見する。

危険を承知しながら、ダニーとマギーが密会を続けて愛が再燃する。

しかしリアムは、祖父ハミルが約束した父親の釈放も実現されず心を痛め、ダニーからも遠ざかる。

そんな時、警察の支援でプロテスタントの選手との対戦試合が組まれるものの、ダニーは利用されていることを気にする。

ダニーは試合に勝つが、その直後、互助会の警官が爆殺される。

会場周辺は暴動となり、リアムが少年達と共にジムに火を放ってしまう。

ハミルは、和平交渉が進む中で起こしたハリーのテロ行為を痛烈に非難する。

しかし、ダニーのことを批判したハリーは、ジムに火をつけたのはリアムだとハミルに知らせる。

ハミルはマギーを呼び、ダニーとの関係を尋ねて会うことを禁じ、リアムがした行為を伝える。

マギーはリアムの話を聞こうとするが、彼は、母親がダニーと共に去ると思い込み反発する。

ハミルは街を離れるようマギーに助言し、彼女は苦悩する。

ダニーの元に向かったマギーは、姿を消すようにと伝えて、自分達が町を離れるとリアムが思い込んでいることを知らせる。

心を痛める二人だったが、互いの愛を確かめる。

ダニーは、ロンドンに向かうことをアイクに伝えて旅立ち、それを知ったリアムは、ジムに放火したことをアイクに話して謝罪する。

再起を懸けたダニーは、優位に試合を進めるもののリングを降りてしまう。

アイクの前でその試合を皮肉ったハリーは、自分のせいでダニーが服役した卑怯な行為を彼に痛烈に批判される。

憤慨したハリーはアイクを殺し、それを知ったリアムは大きなショックを受ける。

ベルファストに戻ったダニーはハミルに会い、ジムの再開とマギーを守ることを約束し、街を離れないとも伝える。

アイクの葬儀を終えたダニーは、心を開いたリアムと話合い、その姿を見たハミルは、危険を冒すマギーらを心配する。

その後ダニーは、ハリーらに襲われて殺されそうになる。

しかし、ハミルの命令でハリーが始末されて、ダニーは解放される。

マギーとリアムはダニーを見つけて駆け寄り、彼を連れて家に戻る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

北アイルランドベルファスト
ボクサーとして将来を有望視されながら、IRAのテロに加わったダニー・フリンは、14年の刑期を終えて故郷に戻る。
ダニーの元恋人マギーは、彼の親友と結婚して息子と共に服役中の夫を待つ身だった。
ダニーは、マギーへの想いを胸に秘め、彼女の身を考えた行動をする。
その後、かつてのトレーナー、アイクと再会していたダニーは、ジムの再開を考える。
イギリス側との和平交渉を進める、IRA幹部でマギーの父親ハミルは、ダニーの存在を歓迎しない過激派ハリーの行動が気になる。
ジムを再開したダニーが、自分と距離を置くことが理解できないマギーだったが、彼はその理由を語らない。
しかし、変わらぬ気持であった二人の愛は再燃する・・・。
__________

北アイルランド問題を題材にした社会派ドラマ的な要素も強いものの、主人公とかつての恋人の愛の物語がテーマであり、緊張感の中で進展していく二人の関係は実に興味深い。

アイルランド人監督のジム・シェリダンは、「マイ・レフトフット」(1989)「父の祈りを」(1993)に続くダニエル・デイ=ルイスとの作品となり、力強く生き抜く者達の生き様と共に骨太に描き切っている。

既にオスカーも受賞して演技派として認められていたダニエル・デイ=ルイスと、この後、着実にキャリアを重ねるエミリー・ワトソンイギリスを代表する二人の役者の演技は注目だ。

ロマンスではあるが、過酷な生活環境の中で生き抜く人間の逞しさが感じられる、二人の演技に心動かされる。

ヒロインの父親で穏健派のIRA幹部ブライアン・コックス、彼の考えに反する過激派のジェラード・マクソーリー、その妻エレノア・メソヴェン、主人公のトレーナー、ケン・ストット、マネージャーとなるケネス・クラナムなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター