噂の二人 The Children’s Hour (1961) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1934年に初演された、リリアン・ヘルマンのデビュー作(戯曲)”The Children’s Hour”の映画化。
愛し合っているという疑惑を持たれた二人の女性教師の苦悩を描く、製作、監督ウィリアム・ワイラー、主演オードリー・ヘプバーンシャーリー・マクレーンジェームズ・ガーナーミリアム・ホプキンス他共演のドラマ。


ドラマ

オードリー・ヘプバーン / Audrey Hepburn 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ウィリアム・ワイラー
製作:ウィリアム・ワイラー
原作:リリアン・ヘルマン
脚本:ジョン・マイケル・ヘイズ
撮影:フランツ・プラナー
編集:ロバート・スウィンク
美術・装置
フェルナンド・キャリーア

エドワード・G・ボイル
音楽:アレックス・ノース

出演
オードリー・ヘプバーン:カレン・ライト
シャーリー・マクレーン:マーサ・ドビー
ジェームズ・ガーナー:ジョー・カーディン
ミリアム・ホプキンス:リリー・モーター
ヴェロニカ・カートライト:ロザリー・ウェルズ
フェイ・ベインター:アメリア・ティルフォード
カレン・ボルキン:メアリー・ティルフォード

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1961年製作 107分
公開
北米:1961年12月19日
日本:1962年4月
製作費 $3,600,000


アカデミー賞 ■

第34回アカデミー賞
・ノミネート
助演女優(フェイ・ベインター)
撮影(白黒)・録音・美術(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューイングランド
”ライト・ドビー女子寄宿学校”を経営する若い二人、カレン・ライト(オードリー・ヘプバーン)とマーサ・ドビー(シャーリー・マクレーン)は、学生時代からの親友だった。

学校は、父兄からの信頼もあり、二人の努力で経営も軌道に乗りかけていた。

カレンは、地元の名士であるアメリア・ティルフォード(フェイ・ベインター)の甥で、医師のジョー・カーディン(ジェームズ・ガーナー)との結婚を決意する。

それを知ったマーサは祝福できず、逆に大人気なく癇癪を起こ してしまう。

しかし、マーサは気を取り戻し、カレンに幸せを願っていることを伝える。

カレンは、友情のつもりでマーサの頬にキスするのだが、それを見てしまった、ティルフォード夫人の孫娘メアリー(カレン・ボルキン)は、二人の間柄が普通の関係でないのではないかと疑う。

わがままなメアリーは、校内でトラブルばかり起こし、カレンらに目をつけられていた。

学校を手伝う、女優でもあるマーサの叔母リリー・モーター(ミリアム・ホプキンス)に、カレンとジョーのことを嫉妬してると言われたマーサは、再び癇癪を起こしてしまう。

マーサは、リリーを追い出そうとして声を荒げ、その様子をメアリーのルームメイトに立ち聞きされ、現れたジョーにも八つ当たりしてしまう。

ルームメイトから、マーサがカレンとジョーの結婚に嫉妬していると聞いたメアリーは、昨夜の二人のことを思い出す。

二人の関係を”異常”と判断したメアリーは、悪知恵を働かせ、同室のロザリー・ウェルズ(ヴェロニカ・カートライト)から金を脅し取り、学校を抜け出してタクシーで祖母の元に向かう。

自分ばかりが叱られるのに腹をたてていたメアリーは、カレンとマーサの関係を、祖母に誇張して話してしまう。

驚いたティルフォード夫人は、学校に向かいそれを確かめようとする。

そこに、出て行こうとするリリーが現れ、カレンとジョーに対するマーサの嫉妬は、夫や恋人がいてもいい年頃の女性にしては異常だと、軽はずみに口にしてしまう。

それを聞いたティルフォード夫人は、車で待っていたメアリーに学校には戻らなくてもいいことを伝える。

ティルフォード夫人は、生徒達の父兄に今回のことを伝え、その後、子供達は全員、家に連れ戻されてしまう。

理由も言わずに、子供達を連れ立ち去ろうとする親から、その真相を知らされたカレンは愕然とする。

ロザリーは、ティルフォード夫人の屋敷にいるメアリーの元に向かうよう言われる。

屋敷に着いたロザリーは、ティルフォード夫人にメアリーの嘘を話そうとする。

しかし、友人のペンダントを借りただけのことを、ロザリーは盗んだと言ってメアリーに脅され、それを思い止まる。

そしてロザリーは、秘密を守ることをメアリーに誓わされてしまう。

ティルフォード夫人は、訪ねて来たジョーにカレンとの結婚を諦めさせようとする。

そこに、疑いを晴らすためにカレンとマーサが現れ、ジョーに今回の騒ぎの真相を知らせる。

カレンとマーサが恋人同士だと聞いたジョーは、そのことを信じている伯母にそれを問質す。

潔白を主張する、二人の話を聞き入れないティルフォード夫人に対して、マーサは名誉毀損で訴えると言い出す。

身の破滅を招くだけだと言う夫人に対し、ジョーも二人の側につくことを伝える。

ジョーが夫人を説得し、彼女が信じているメアリーに真相を話させようとする。

やがて、混乱したメアリーは、辻褄が合わないことを言い始める。

メアリーは、ロザリーから聞いた話だったと言い出し、部屋に呼ばれた彼女にペンダントの話をし始めて脅す。

ロザリーは取り乱しながら、自分が目撃してメアリーに言ったことを伝え泣き崩れてしまう。

その後カレンとマーサは、ティルフォード夫人を訴えるものの、召喚したリリーも現れず敗訴してしまい、二人は町の人々から奇異な目で見られ、外出もできずにいた。

そんな時、ようやく現れたリリーをマーサは責め、彼女を追い払おうとする。

ジョーは、二人を連れて町を出る決心をするが、カレンは彼が疑っていたことを感じ取り、別れる決心をする。

その頃、ロザリーの母親が娘の異変に気づき、彼女から話を聞き、それをティルフォード夫人に伝え、彼女はメアリーの嘘を知り愕然とする。

カレンがジョーと別れたことを知ったマーサは、実は無意識のうちに、周囲が思っている意味で、彼女に対して愛情を抱いていたことを告白してしまう。

ロザリーの告白で、メアリーの企みを知ったティルフォード夫人は、カレンとマーサの元を訪れ謝罪するが、二人の心が癒されることはなかった。

ティルフォード夫人は立ち去り、カレンはマーサに出直すことを伝える。

それに同意したマーサは、少し休みたいことを伝え、疑いが晴れたカレンは、久しぶりに散歩に出かける。

しかし、カレンは、マーサを捜すリリーの姿が気になり、建物に戻ろうとする。

部屋に鍵がかかっていることを知ったカレンは、それをこじ開けるのだが、マーサは自ら命を絶っていた。

その後、リリーとマーサの葬儀を済ませたカレンは、埋葬に参列していた、ジョーやティルフォード夫人と言葉も交わすこともなく、一人、去って行く。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

女子寄宿学校を経営する若い二人、カレン・ライトとマーサ・ドビーは、学生時代からの親友だった。
経営も軌道に乗りかけ、カレンは医師であるジョーとの結婚を決意し、それをマーサに伝える。
しかし、マーサはそれを手放しで祝福できずに苛立ってしまう。
町の名士ティルフォード夫人の孫娘で、学校の問題児メアリーは、自分が叱られてばかりいることからカレンとマーサの関係が”異常”だと祖母に話してしまう。
二人が恋人同士だとも聞いた夫人はショックを受け、学校を手伝うマーサの叔母リリーの軽はずみな言葉でそれを信じてしまう。
夫人が、父兄達にそれを伝えたため、生徒達は全員親元に連れ戻されてしまう。
その噂を否定するカレンとマーサの話は信じてもらえず、夫人を訴えた結果も敗訴となり、町の人々は二人を軽蔑の眼差しで見る。
そしてカレンは、僅かではあるが、自分を疑っていたジョーとの別れを決意するのだが、マーサから衝撃の告白を受ける・・・。
__________

ウィリアム・ワイラーは、1936年に「この3人」でこの戯曲を映画化しており、その時に主演したマーサ役ミリアム・ホプキンスを叔母役で起用している。

理想に燃える二人の女性が、同性愛の汚名を着せられ、苦悩した末に起きる悲劇を正面から見つめ直し、疑いが晴れて同情する人々に目もくれずに立ち去る主人公の姿に、人間の醜さと気高さが集約されるラストの力強さ。
それが伝わるウィリアム・ワイラーの見事な演出で、見応えある作品に仕上がっている。

それらしき雰囲気で進む物語だが、クライマックスでマーサがカレンに対する愛情を告白するシーンは今見てもショッキングで、当時としては驚きの内容だったはずだ。
しかも、リリアン・ヘルマンの戯曲の発表は、本作の27年前ということを考えると尚更だ。

本作の2ヶ月前に「ティファニーで朝食を」(1961)が公開されたばかりのオードリー・ヘプバーンは、清潔感のある実直な教師を好演している。

マーサの自殺を発見した時の涙と、ラストの毅然とした姿の対比で、人としての強さを見事に表現している。

逆に、気丈に見えるシャーリー・マクレーンが、自分が汚れていると思い込み、内面的な弱さを露呈する演技も素晴らしい。

頼れる男性でありながら、結局は恋人を守りきれない医師ジェームズ・ガーナーも、大柄でアクション派に見えるが、繊細な演技を見せてくれる。

悪人ではないが、実力者としての権力を利用して、若い二人の女性を破滅させてしまうまでの迫力と、全てが間違いだと知り罪の意識から憔悴してしまうフェイ・ベインターの名演も光る。

本作は彼女の遺作となった。

お調子者である能天気な、マーサの叔母ミリアム・ホプキンスの特異なキャラクターが、かなり印象的に描かれているのは、前記の様に旧作の主演者でもある彼女に対するウィリアム・ワイラーの敬意を感じる。

事件のきっかけを作る、わがままな生徒カレン・ボルキン、彼女に脅されて利用されるヴェロニカ・カートライト、子役二人の演技も見逃せない。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター