マイ・フレンド・フォーエバー The Cure (1995) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

孤独な少年とエイズ患者の少年の友情とひと夏の体験を描く、監督ピーター・ホルトン、主演ブラッド・レンフロジョゼフ・マゼロアナベラ・シオラ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ピーター・ホルトン
製作
マーク・バーグ

エリック・アイスナー
製作総指揮
トッド・R・ベーカー

ビル・ボーデン
脚本:ロバート・クーン
撮影:アンドリュー・ディンテンファズ
編集:アンソニー・シェリン
音楽:デイヴ・グルーシン

出演
エリック:ブラッド・レンフロ

デクスター:ジョゼフ・マゼロ
リンダ:アナベラ・シオラ
ゲイル:ダイアナ・スカーウィッド
スティーヴンス医師:ブルース・デイヴィソン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1995年製作 98分
公開
北米:1995年4月21日
日本:1995年8月12日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $2,568,429


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ミネソタ州、スティルウォーター
12歳の少年エリック(ブラッド・レンフロ)は、待望の夏休みになるものの、隣に越して来たHIV感染者である11歳の少年デクスター(ジョセフ・マゼロ)と友人に思われ、からかわれていた。

離婚した母ゲイル(ダイアナ・スカーウィッド)と暮らすエリックは、友達もなくいつも孤独だった。

デクスターも母リンダ(アナベラ・シオラ)と二人暮らしで、柵を隔ててエリックと話すことくらいしかすることはなかった。

エリックは、空気感染しないことをデクスターに確認して柵を越え、二人は遊ぶようになる。

ゲイルは、デクスターには必要以上に近づかないようにと忠告するが、エリックは、リンダとデクスターに食事に招待される。

三人は楽しい食事をするものの、デクスターの治療法を期待するエリックの言葉を聞いて、その可能性が低いことを知るリンダは心を痛める。

翌日からエリックは、デクスターの治療法をを見つけようとして、彼にキャンディを食べさせたり葉を煎じて飲ませたりする。

その後も二人は、各種の葉でデクスターの症状が改善されるかを確かめる。

ある夜、デクスターは病院に運ばれ、リンダは、昼間に飲ませた葉について記録してあるノートをエリックに借りて息子の元に向かう。

ゲイルは、エイズ患者と行動を共にするエリックを叱り、今後は行き来させないことをリンダに電話で伝える。

エリックは、デクスターの命に別状はなかったことをゲイルから知らされ、週明けからサマー・キャンプに参加するよう指示される。

ルイジアナの医師が、ある植物からエイズの特効薬を見つけたという雑誌の記事意を知っていたエリックは、父親がいるニューオーリンズに行くことを考えデクスターを誘う。

デクスターはリンダに手紙を残し、エリックと共に筏を作りミシシッピ川を下る。

途中ボートに乗せてもらった二人は、楽しい思いをするものの、エリックはデクスターの体調が心配になる。

エリックは、死を意識する宇宙の果ての話をするデクスターを落ち着かせようとして、自分の靴を渡して彼を寝かせる。

途中、女性を乗せたボートの持ち主が先を急ごうとしないために、エリックは船内にあった300ドルを盗み、二人は陸路で目的地に向かおうとする。

バス・ターミナルで、ボートの若者に見つかった二人は追い詰められるが、デクスターがナイフで手を切りエイズだと言って脅して追い払う。

しかし、デクスターの体調が悪化したため、エリックはリンダに電話して途中まで迎えに来てもらい家に戻る。

その後、入院したデクスターをエリックは見舞い、結局はニューオーリンズの薬は嘘だったことが分かる。

エリックと芝居をして死んだ振りをしたデクスターは、看護師を驚かせた際、いつかはこうなると言われてしまう。

そのことを、エリックはデクスターの主治医スティーヴンス(ブルース・デイヴィソン)に話すが、彼は奇跡を起こす予感がすると言ってデクスターを励ます。

再び誰かを騙そうとした二人だったが、デクスターはついに力尽きて息を引き取る。

エリックとリンダは、悲しみを堪えながら病院を後にする。

治療法を見つけられなかった、自分のせいでデクスターが亡くなったと後悔するエリックに、息子に幸せを与えてくれたと言ってリンダは感謝する。

家に戻ったリンダは、現れたゲイルがエリックを叱るのを制止する。

ゲイルを家に呼んだリンダは、エリックの”親友”が亡くなったことを伝え、葬儀に出席させてほしいことと、再び彼に手をあげた場合は殺すとまで言って納得させる。

葬儀の日、デクスターに別れを告げたエリックは、リンダに挨拶してその場を去る。

エリックが片足、裸足であることに気づいたリンダは、静かに眠るデクスターの手に、エリックの靴が握らされていることを知る。

リンダは、その代わりにデクスターの靴をエリックが持って行ったことに気づく。

エリックは、デクスターのことを想いながら彼の靴を川に流す。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ミネソタ州、スティルウォーター、夏休み。
友人もいない孤独な少年エリックは、隣に越して来たHIV感染者のデクスターと友達になる。
エリックは、デクスターの母リンダが、息子の治療法がないことで心を痛めていることを知る。
食べ物の反応や生えていた葉を煎じてデクスターに飲ませ治療法を考えるエリックは、ルイジアナの医師がエイズの特効薬を見つけたことを知る。
エリックは、母親ゲイルと別れた父親が住んでいるニューオーリンズに行くことを考え、デクスターを連れて、ミシシッピ川を下り目的地に向かうのだが・・・。
__________

ミシェル・ファイファーの元夫であり、俳優、テレビ演出家でもあるピーター・ホルトンの映画初監督作品。

前年の「依頼人」(1994)のブラッド・レンフロと、「ジュラシック・パーク」(1993)のジョゼフ・マゼロ、期待の子役スターの共演が注目の作品。

孤独な少年の、HIV感染者の少年を伴った無謀で危険な旅にハラハラしてしまうのだが、子供らしい健気な行動と友情が感動を呼ぶ。

主人公二人が共に母子家庭であり、両者の母親の考えなどが対照的に描かれているあたりも、問題を抱えるアメリカ社会を象徴的に映し出す。

美少年ブームとなった日本では好評だった作品だが、残念ながら興行的には成功しなかった。

主演のブラッド・レンフロは、その後、薬物の過剰摂取で25歳の若さで亡くなってしまうことを考えると、病気の少年を演ずるジョゼフ・マゼロよりも心に感じるものがある。

HIV感染者の子を持つ辛い立場の母親を好演するアナベラ・シオラ、息子を理解しない仕事に追われる主人公の母親役ダイアナ・スカーウィッド、医師役でブルース・デイヴィソンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター