荒野のガンマン The Deadly Companions (1961) 3.38/5 (29)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

児童文学作家A・シド・フライシュマンの小説”The Deadly Companions”を基に彼自身が脚本を担当した作品で、サム・ペキンパーの監督デビュー作。
敵討ちの相手を見つけた男と軽蔑され町を出た女の因果を背負いながらの旅、そして復讐とロマンスを描く、主演モーリン・オハラブライアン・キース他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト ■

監督:サム・ペキンパー
製作:チャールズ・B・フィッツシモンズ
原作:A・シド・フライシュマン”The Deadly Companions”
脚本:A・シド・フライシュマン

撮影:ウィリアム・H・クローシア
編集:スタンリー・ラブジョン
音楽:マーリン・スカイルズ

出演
キット・ティルドン:モーリン・オハラ

イエローレッグ:ブライアン・キース
ビリー・ケプリンガー:スティーヴ・コクラン
ターク:チル・ウィルス
パーソン:ストローザー・マーティン
カクストン医師:ウィル・ライト
キャル:ジェームズ・オハラ

アメリカ 映画
配給 Pathé-America
1961年製作 93分
公開
北米:1961年6月6日
日本:1962年5月26日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

南北戦争の数年後。
ある男を捜していた元北軍兵イエローレッグ(ブライアン・キース)は、酒場でイカサマをしたために縛り首にされそうになっていたターク(チル・ウィルス)を助ける。

タークの手の傷を見たイエローレッグは、それが自分が付けたものだと気づき助けたのだが、彼こそが捜していた男だった。

イエローレッグは、タークと拳銃使いの相棒であるビリー・ケプリンガー(スティーヴ・コクラン)を銀行強盗に誘い、ヒラ・シティーに向かう。

町に着き酒場に向かった三人は、その場で礼拝を始めた牧師パーソン(ストローザー・マーティン)に帽子を脱ぐよう指示される。

しかし、イエローレッグだけがそれに従わず、その場を去り、町医者のカクストン(ウィル・ライト)の元に向かい、かつて、銃弾を受けた肩の傷を診てもらう。

自分のことを知っていたカクストンに、イエローレッグは敵を見つけたことを伝える。

イエローレッグは、その証拠として、噛んだ傷跡が相手の手に残っているとカクストンに話す。

酒場では、酒を飲めないビリーが痺れを切らし、銃を振りかざして人々を驚かせる。

しかし、父親がいない子を生んだと、人々から軽蔑されている女性キット・ティルドン(モーリン・オハラ)が、ビリーに平手を食らわせる。

ビリーは、美しく気の強いキットが気に入り、彼女に強引にキスをしてタークと共にその場を立ち去る。

礼拝が終り、ダンスホールで働くキットを追ったビリーだったが、イエローレッグが銀行を襲うことを告げる。

その時、他の強盗が銀行を襲い、イエローレッグはそれを倒そうとする。

しかし、肩の傷の影響で撃ち損じたイエローレッグは、キットの息子を銃撃してしまい、子供は命を落としてしまう。

イエローレッグは、キットに正直に自分の弾が当たったことを伝え、酒でそのことを忘れようとする。

悲しむ暇もないキットは、この町に息子を埋葬する気のないことを町長やパーソン牧師に伝え、死んだ夫が眠っているというシリンゴに向かおうとする。

護衛もいない道中で、アパッチに襲われる危険もあるため、男達はそれに反対するが、キットの気持ちは変わらない。

そんな時、イエローレッグがキットの護衛を買って出るが、彼女はそれを拒み、息子の遺体を馬車に積み込み独り旅立つ。

イエローレッグら三人はキットを追い、再び彼女に追い払われるものの、水にはまり、馬車の車輪が外れた彼女を助け、彼らは旅に同行することになる。

アパッチに殺された男の死体を確認したイエローレッグは、先を急ぐキットに、力になりたいことを伝えるが、憎しみだけで生きる彼女は心を開こうとしない。

その夜、野営をした一行はビリーが見張りにつき、彼の元に歩み寄ってきたタークは、アパッチを集めて軍を組織するなどと、意味不明なことを話し始める。

その後、タークと見張りを交替したビリーは、キットに迫り襲い掛かる。

しかし、ビリーはイエローレッグに叩きのめされ、この場から立ち去るよう命ぜられる。

寝ている間に、敵のタークも姿を消してしまい、イエローレッグは、町に戻るであろう二人を追うため、キットを連れて自分も戻ろうとする。

それを拒んだキットを残し、イエローレッグは二人を追うが、彼女が気になり戻ることにする。

キットは、馬に逃げられたために身動きできないでいたが、敵を追えないイエローレッグは、仕方なく彼女と先を急ぐ。

二人は、アパッチを目撃した後に休息を取り、イエローレッグは、夫が殺されたことや、息子が私生児だと言われ、人々から軽蔑された悔しさなどをキットから聞く。

夜になり、イエローレッグはアパッチの馬を奪い、その場を離れ、追跡を逃れるために馬車を埋める。

キットは、息子も埋葬しようとするイエローレッグに銃を向けて、それを許さなかった。

その後、脅しをかけてくるアパッチの追跡に気づきながら、馬を一頭失いつつも、心通うようになった二人は前進する。

翌朝、馬が殺されていることに気づいた二人は、徒歩で棺桶を運び洞窟に隠れる。

アパッチを待ち伏せしようとするイエローレッグに、キットは感謝の気持ちを伝える。

そして、洞窟に侵入したアパッチをキットが射殺し、その後、二人はシリンゴに到着する。

墓が見つからずにキットはショックを受けるが、イエローレッグが、夫の墓があったことを彼女に伝え、二人は喜び合う。

しかし、そこに、ヒラ・シティーで銀行を襲い現金を手に入れたビリーとタークが現われ、イエローレッグの銃を奪う。

ビリーは、イエローレッグにタークを殺すように命ずるのだが、息子の死を事故だと言うキットは、唯の人殺しは愛せないと彼に伝える。

イエローレッグは、自分がなぜ帽子を脱がないかを説明し、タークに頭の皮を剥がされそうになったことをキットに伝える。

その傷が取るに足りないことだと言い切るキットは、誰にでも心の傷はあることをイエローレッグに伝え、彼の気は晴れる。

二人は愛を確かめ合うが、イエローレッグは、戻ったタークに銃を向ける。

逃げるタークを銃撃するイエローレッグだったが、肩が上がらずに狙いが定まらない。

ビリーがタークを銃撃するが、イエローレッグとの勝負に気を取られたビリーは、タークの弾丸を受けてしまう。

イエローレッグは、タークを叩きのめし頭の皮をはごうとするが、キットに制止されてそれを思い留まる。

キットはイエローレッグの気持ちを察し彼を抱きしめる。

イエローレッグは、現われた追っ手に同行していたパーソン牧師に、キットの埋葬のために祈りを捧げてもらう。

そして、イエローレッグとキットは、意味不明なことを話しながら連行されて行くタークを見守りながら、新たな人生に向かって旅立つ。


解説 評価 感想 ■

独特の手法を使ったバイオレンス映画の先駆者サム・ペキンパーの監督デビュー作品。

*(簡略ストー リー)

南北戦争時代、南軍兵に頭の皮を剥がされそうになったイエローレッグは、その敵であるタークを見つける。
タークと拳銃使いの相棒ビリーを引き連れ、イエローレッグは、仲間になり銀行強盗を計画すると見せかけて、復讐のチャンスを窺う。
しかし、ある町で他の強盗を倒そうとしたイエローレッグは、誤って少年を銃撃してしまう。
少年の母親キットは、私生児を生んだと言われ町の人々に軽蔑されたいたため、夫の存在を証明しようと、息子を夫が眠る町に埋葬しようとする。
事故とはいえ、少年を殺してしまったことで罪を感じるイエローレッグは、アパッチの居住区である、危険地帯を通るキットの護衛を買って出る。
イエローレッグは、当然それを断るキットを追い、タークとビリーを連れて町を出るのだが・・・。
__________

独自の映像感覚で、ハリウッドに一時代を築いたサム・ペキンパーの演出は、その後を思いながら観ると平凡だが、単なる復讐撃ではなく、心に傷を持った者同士が触れ合うことで、その苦悩を克服していくという、力強いテーマで描かれた異色作でもある。

上記のように、今観るとペキンパーの演出ばかりを気にしてしまうのだが、モーリン・オハラ他、主な登場人物の個性が実に興味深い。

40歳を過ぎたモーリン・オハラは相変わらず美しく、一本気で気が強い女性は、ジョン・フォード作品で彼女が演じた女性像そのままで、ファンにとっては嬉しい。
また、美しい歌声で、主題歌を彼女が歌っているのも注目だ。

ついに見つけ出した敵を前に、誤って少年を射殺してしまう、ブライアン・キースの苦悩、虚勢を張り銃を振りかざす、極悪人には成りきれない拳銃使いスティーヴ・コクラン、復讐の対象ではあるが、意味不明な言動から正気を失っているような、ワンポイント的でユニークなキャラクターのチル・ウィルスの存在も面白い。

町の牧師ストローザー・マーティン、医師役のウィル・ライト、そして、かつては”ジェームズ・フィッツシモンズ”の彼の本名で「静かなる男」(1952)などにも出演した、モーリン・オハラの実弟ジェームズ・オハラも町民役で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター