ペイド・バック The Debt (2011) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2007年に公開されたイスラエル映画「ザ・デットナチスと女暗殺者」のリメイク。
ナチスの残党を捕える任務で英雄となったモサド工作員の秘められた真実を描く、監督ジョン・マッデン、主演ヘレン・ミレンジェシカ・チャステインキーラン・ハインズサム・ワーシントンマートン・チョーカシュ他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

WebSite(E)


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・マッデン
製作総指揮:タルキン・パック
製作
マシュー・ヴォーン

クリス・サイキエル
エドゥアルド・ロソフ

エイタン・イヴァン
脚本
マシュー・ヴォーン

ジェーン・ゴールドマン
ピーター・ストローハン
撮影:ベン・デイヴィス
編集:アレクサンダー・バーナー
音楽:トーマス・ニューマン

出演
レイチェル・シンガー(1997):ヘレン・ミレン

レイチェル・シンガー(1965,1970):ジェシカ・チャステイン
デヴィッド・ペレツ(1997):キーラン・ハインズ
デヴィッド・ペレツ(1965,1970):サム・ワーシントン
ステファン・ゴールド(1997):トム・ウィルキンソン
ステファン・ゴールド(1965,1970):マートン・チョーカシュ
ディーター・フォーゲル(1965,1997):イェスパー・クリステンセン
サラ・ゴールド:ロミ・アブラフィア

イギリス/アメリカ 映画
配給
ミラマックス
フォーカス・フィーチャーズ
2011年製作 113分
公開
北米:2011年8月31日
日本:未公開
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $31,177,548
世界 $45,636,368


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1965年、イスラエルアタロット軍用空港
モサドの工作員であるレイチェル・シンガー(ジェシカ・チャステイン)、デヴィッド・ペレツ(サム・ワーシントン)、ステファン・ゴールド(マートン・チョーカシュ)の三名は、任務を終えて無事に帰国する。
__________

1997年、テルアビブ
ナチスによる人体実験の実行者”ビルケナウ”の外科医ディーター・フォーゲル(イェスパー・クリステンセン)を倒した任務の英雄、レイチェル・シンガー(ヘレン・ミレン)とステファン・ゴールド(トム・ウィルキンソン)の娘である作家のサラ(ロミ・アブラフィア)は、その任務について書かれた著書の出版レセプションを開く。

それに出席していたレイチェルは、動揺を隠せない。

その頃、デヴィッド・ペレツ(キーラン・ハインズ)は、何者かに呼び出され、彼を見守るステファン・ゴールド(トム・ウィルキンソン)の目の前で、トラックに飛び込み自ら命を絶つ。

モサドの幹部ステファンは、サラと、離婚したレイチェルの出席するパーティーに車いすに乗り姿を現す。

そしてレイチェルは、著書の一部を朗読し始める。

1965年、東ベルリン
フォーゲルを捕え監禁していたレイチェルは、隙を突かれて彼と格闘になる。

レイチェルは右頬を傷つけられながらも、逃亡するフォーゲルを射殺する。

1997年。
パーティーは終わり、ステファンは、前日にデヴィッドに会ったレイチェルを連れて彼のアパートに向かう。

デヴィッドが自殺したことを知らされたレイチェルは、彼のアパートで泣き崩れ、ステファンから、ある書類を渡される。

翌日、レイチェルは、ステファンからある物を受取り、指示を受けて旅立つ。

1965年、東ベルリンソビエト領。
同僚のデヴィッドに迎えられたレイチェルは、潜伏先のアパートでステファンと合流し、フォーゲルを捕えるための準備を始める。

レイチェルは不妊治療を装い、産婦人科医としてこの地に潜伏しているとみられるフォーゲルらしき医師の診察を受け、彼の顔写真などを小型カメラで盗み撮りする。

三人は、西側に脱出する方法を考え、フォーゲルを捕える準備を整えながら親交を深める。

2年間デヴィッドと共に行動をするステファンは、気難しい彼が、家族もいない孤独な男だとレイチェルに話す。

その後も、フォーゲルと思われる医師の診察を受けたレイチェルと付き添ったデヴィッドは、医師が本人だと確認できたステファンの指示で、計画の決行を告げられる。

合流以来、レイチェルとデヴィッドは惹かれ合う仲になるのだが、任務を前にお互いに気持ちを抑える。

しかし、レイチェルは成り行きでステファンと愛し合ってしまう。

翌日、再び診察を受けたレイチェルは、フォーゲルに麻酔薬を打ち眠らせる。

デヴィッドとステファンは、要請された救急隊を装い、フォーゲルを拉致することに成功する。

しかし、予定より早くフォーゲルが目を覚まして逃亡を妨害し、西側に向かう列車に乗ることに失敗した三人は、諦めてアパートに戻る。

違う脱出ルートを探る間、三人はフォーゲルを見張ることになり、監視兵に顔を見られたレイチェルは、外出を禁じられる。

フォーゲルを生かして祖国に連れ帰るため、デヴィッドとステファンは彼に食事などを与える。

しかし、フォーゲルは激しく抵抗し、デヴィッドとステファンは手を焼く。

レイチェルだけが、フォーゲルに対し必要以上に接するため、ステファンはそれを警戒する。

その状況は続き、家族のことや妊娠の兆候をフォーゲルに見抜かれたレイチェルは動揺し、更に支援するはずのアメリカが手を引いたことが、ステファンから二人に知らされる。

街では捜索が続き、孤立した三人は焦り始めて、レイチェルの精神状態は限界に近づく。

フォーゲルに食事を与えていたデヴィッドは、レイチェルが妊娠初期だということを知り、ユダヤ人を侮辱する彼に手を出してしまう。

ステファンがそれを制止し、フォーゲルの見張りと傷の手当をしていたレイチェルは、割れた陶器のボールの破片でロープを切った彼に隙を突かれて襲われ、顔を傷つけられる。

二人は格闘になり、フォーゲルはレイチェルを叩きのめしてその場から逃亡する。

フォーゲルは見つからないままだったが、ステファンは、この件は、当事者の4人しか知らないことであることに気づく。

ステファンは、フォーゲルが今回のことを公言するはずがないことを確信し、逃亡した彼を射殺して死体を処分したことにして報告しようとする。

自分達は疎か、祖国が侮辱を受けることに耐えられない思いのステファンは、この策しかないことをレイチェルとデヴィッドに伝えて説得する。

仕方なくデヴィッドは納得し、レイチェルは思案する。

1997年。
デヴィッドのアパートで、フォーゲルがウクライナで生きているという情報を見せられたレイチェルは、取り乱してステファンを責める。

ステファンは、ネット上の噂だと言って、精神異常者の老人の戯言だと伝えレイチェルを落ち着かせる。

帰国したデヴィッドのパソコンを調べ、その情報を知ったというステファンは、彼が、昨夜会った際に何を話したかをレイチェルに問う。

ステファンは、フォーゲルへの対処をデヴィッドに依頼したのだが、彼がその重圧で追い詰められて自殺したとレイチェルに伝える。

デヴィッドに、フォーゲルを捜しだして抹殺するよう命じたと言うことをレイチェルはステファンから知らされる。

精神的限界に達していたデヴィッドに、ステファンが更に重圧をかけたことに対して、レイチェルは彼を痛烈に非難する。

ステファンは、キエフの新聞記者がそれに気づいて、フォーゲルに面会を求めていることをレイチェルに知らせる。

記者がフォーゲルのいる病院を知っているはずだというステファンは、全てが明るみに出る前に、レイチェルにフォーゲルを抹殺するよう命ずる。

レイチェルはそれを拒みその場を去るが、自分達を英雄として尊敬しているサラや孫のことを考える。

翌日、レイチェルはステファンの元に向かい、ウクライナ行きを承諾する。

サラには、この件は秘密にすることをステファンに約束させ、彼からあるものを受取りレイチェルは旅立つ。

キエフ
現地に到着したレイチェルは、新聞社に向かい、30年前の任務を終了した後のことを思い起こす。
__________

サラを出産し、悶々とした日々を過ごすレイチェルは、自宅のパーティーでデヴィッドに会い、彼から、モサドを辞めて出国することを知らされる。

それを聞いて動揺するレイチェルだったが、デヴィッドも、嘘をつき続けることにたえられず限界に達していた。

デヴィッドは、出国に同行するようレイチェルを誘うが、彼女はそれを受け入れられなかった。
__________

その夜、レイチェルは新聞社に侵入して記者の資料をチェックし、フォーゲル、別名”イワン・シェフチェク”の所在を知り、それをステファンに伝える。
__________

デヴィッドが自殺する前日に会っていたレイチェルは、彼が各国を渡りフォーゲルを捜していたことを知る。

真実を伝えれば解放されると言うデヴィッドだったが、レイチェルは、それが、本を書いたサラの破滅につながることを彼に伝える。

レイチェルは、翌日のパーティーにデヴィッドを誘うが、彼は、25年前に誘ったことを語ろうとする。

過去には戻れないというレイチェルは、その場を立ち去る。
__________

病院に向かったレイチェルは、姪だと言ってフォーゲルに面会しようとする。

面会時間を待っていたレイチェルは、記者が現れたことでフォーゲルの病室を知る。

レイチェルは、面会時間の前にフォーゲルの病室を確認し、ステファンから渡された毒薬を注射器に注入する。

病室に入ったレイチェルは、毒薬をフォーゲルの点滴に注入しようとするが、彼女はそれをためらってしまう。

レイチェルを新聞記者だと思い、フォーゲルは過去を話し始めるのだが、彼女はその老人が別人で、フォーゲル成りすましていることに気づき、それをステファンに連絡する。

デヴィッドが、事実が発覚することを恐れていたのではなく、彼が真実を話すことを自分が許さなかったから、嘘をつく人生に疲れ果てていたのだと、レイチェルはステファンに告げる。

ステファンは、祖国や国民、サラのことをまず考えるべきだと答えるが、レイチェルは真実を伝えることを選び、この場にいるはずのフォーゲルを捜すと言って、彼に別れを告げて電話を切る。

レイチェルは、病棟内でフォーゲルを目撃するが、彼に気づかれ、ハサミで肩と腹部を刺されてしまう。

その場を立ち去ったフォーゲルだったが、レイチェルが刺した注射器で彼は毒殺される。

フォーゲルと面会した記者は、レイチェルが書き残していた、真実を告白した書面に気づく。

レイチェルは、フォーゲルの遺体を確認しながらその場を去り、脳裏には、任務を終えて帰国した際の、複雑な心境が思い浮かぶ。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1997年、イスラエルテルアビブ
ナチスによる人体実験を行った、”ビルケナウ”(強制収容所)の外科医フォーゲルを捕えた祖国の英雄、レイチェル・シンガー、デヴィッド・ペレツ、そしてステファン・ゴールドの任務遂行についてを書いた著書が出版される。
その著者は、レイチェルと別れた夫ステファンの娘サラであり、彼女は両親を誇りに思いながら出版レセプションを行う。
しかし、レイチェルは複雑な心境でそれを見守り、モサドの幹部であるステファンは、デヴィッドと接触を試みるが、彼が目の前で自殺してしまう。
1965年、東ベルリン
潜伏していたフォーゲルを確認した三人は、彼の拉致に成功はするものの、西側への脱出に失敗する。
別の脱出ルートを探す間、三人はフォーゲルを監禁するのだが、事態は進展せずに焦り始める・・・。
1997年。
レイチェルはデヴィッドの死を悲しみ、彼が調べていた件が自分達の破滅につながるとステファンから知らせる。
英雄視されていた三人の、任務に秘められた真実とは・・・。
__________

東西冷戦下で実行される、モサドによるナチ残党の拉致計画というストーリーだけでも興味津々だ。

更には、冒頭から漂う、英雄のはずの任務遂行者達の不穏な雰囲気、彼らの隠されえた真実は中盤で明らかになるのだが、その後の終盤にかけてのスリリングな展開は、純粋なスパイ劇を堪能できる一級のサスペンスに仕上がっている。

随所で様々なヒントを見せて、謎解きの過程と結果を巧みな描写で映し出すジョン・マッデンの演出も見応え十分だ。

それらに加え、実力派スター競演のキャスティングも豪華で、このような作品を公開することができないことや意味不明な邦題に、日本の文化意識を疑ってしまう。

ヘレン・ミレンが、モサドの元工作員を演ずるというだけでも注目だが、彼女の重厚な演技と、終盤、元工作員の技量を見せる、体を張った熱演も見ものだ。

真実の重圧に押しつぶされそうになりながら30年前の主人公を好演する、期待のスター、ジェシカ・チャステイン、同じく、嘘をつくことに怯える元工作員キーラン・ハインズ、その若年期を演ずるサム・ワーシントン、主人公の元夫であり任務に参加したトム・ウィルキンソン、その若年期のマートン・チョーカシュナチの残党である恐怖の外科医役イェスパー・クリステンセン、主人公の娘役のロミ・アブラフィアなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター