ドクター The Doctor (1991) 3/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

喉に腫瘍が見つかった心臓外科医が、患者の立場として人生を見つめ直す姿を描く、「愛は静けさの中に」(1986)で組んだ、監督ランダ・ヘインズ、主演ウィリアム・ハートエリザベス・パーキンスクリスティーン・ラーチアダム・アーキン共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■

監督:ランダ・ヘインズ
製作:ローラ・ジスキン
原作:エドワード・E・ローゼンバーム
脚本:ロバート・キャスウェル
撮影:ジョン・シール
編集
ブルース・グリーン

リサ・フラックマン
音楽:マイケル・コンヴァーティノ

出演
ウィリアム・ハート:ジャック・マッキー
エリザベス・パーキンス:ジューン・エリス
クリスティーン・ラーチ:アン・マッキー
マンディ・パティンキン:マレー・カプラン医師
チャーリー・コースモー:ニッキー・マッキー
アダム・アーキン:エリー・ブルムフィールド医師
ウェンディ・クルーソン:レスリー・アボット医師

アメリカ 映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ
1991年製作 123分
公開
北米:1991年7月24日
日本:1992年2月1日
製作費 $38,000,000
北米興行収入 $38,120,905


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

心臓外科医ジャック・マッキー(ウィリアム・ハート)は、手術中に、音楽をかけながら執刀し、患者に特別な感情を抱かぬようインターン達に忠告したりする、医療は単なる職業だと割り切る医師だった。

ジャックは優秀な医師だったが、患者に気持ちを入れ込み過ぎる、エリー・ブルムフィールド医師(アダム・アーキン)を軽蔑していた。

高級車に乗り、高台の邸宅に住むジャックは、妻アン(クリスティーン・ラーチ)や、息子ニッキー(チャーリー・コースモー)の日常生活にも無関心な楽天家だった。

そんなジャックは、喉に違和感を感じ、同じ病院内の女医レスリー・アボット(ウェンディ・クルーソン)の診察を受ける。

その結果、腫瘍が見つかったジャックはショックを受けるが、アボット医師は事務的な意見しか告げずに、彼に早期治療を勧める。

帰宅したジャックの異変に気づいたアンは、彼から喉頭部の癌だろうということを知らされる。

翌日、生体検査を受けようとしたジャックは、外来患者と同じ扱いをされ不満と不安を感じながら、同僚のマレー・カプラン医師(マンディ・パティンキン)に励まされる。

ジャックは、自分の勤める病院でありながら、その治療システムを、患者の立場で体験することになり戸惑ってしまう。

検査の結果、腫瘍が悪性だと判明し、ジャックは翌日から放射線治療を受けることになる。

妻アンはショックを受け、ジャックは、検査を始める前には拒否した車椅子で運ばれる。

放射線治療を始めたジャックは、カプランの休暇をとれという忠告も聞かずに仕事を続ける。

毎日の治療で、長時間の待ち時間や不手際に、医者の立場から不満を漏らすジャックは、同じ治療を受ける末期の癌患者ジューン・エリス(エリザベス・パーキンス)と知り合う。

彼女は、交通事故の際たまたま腫瘍がみつかり、早期治療が受けられず、手遅れになってしまったのだった。

MRIの結果、癌のリンパ節への転移がなかったことを知ったジャックは、カプランと共に束の間の喜びを味わう。

やがてジャックは、ジューンとの出会いをきっかけに、医者としてではなく、患者の立場に立った不安や苦しみを実感していく。

その後、治療の効果が上がらず、再びMRIを受けることになったジャックは、自分を気遣う妻アンよりも、ジューンを心の拠り所にし始める。

ジャックは、ジューンの夢を叶えるために、リノのインディアン・ダンス・ショーを見せてあげようと思い二人で旅立つ。

旅の途中ジェーンは、ダンス・ショーよりも、今のこの時間が自分には大切だとしみじみ語り、ジャックとダンスを踊る。

黙って家を出たジャックはアンに連絡を入れ、治療がうまくいっていないことと、脳腫瘍の女性患者と一緒だということを伝える。

アンは、ジャックの信頼を得ていないことを感じ、彼の心から離れていく。

数日後、病院で手術をしようとしていたジャックは、執刀直前で自信を失いその場を離れる。

ジューンの元に向かったジャックは、何を語りたいのかをうまく表現できず、壊れかけていく人生への不安を伝えて立ち去る。

そんなジャックは、事務的な説明しかしないアボット女医の治療に見切りをつける。

そしてジャックは、嫌っていたブルムフィールドに、自分の腫瘍の摘出手術を依頼する。

ジャックは、訴訟を起こされている同僚のカプランが、患者の病歴を隠していたことを調べ、自分の責任も問われかねないことも覚悟しながら、彼に有利な証言をすることを拒む。

病院を訪れたアンは、ジャックから翌日、手術を受けることを知らされ、彼が自分から離れていったことに失望する。

そして、ジャックは、昏睡状態に陥ったジェーンの病室に向かい、意識のない彼女に自分の支えになってほしいと語りかける。

結局、ジューンは帰らぬ人となり、帰宅したジャックはそれをアンに伝える。

翌日、同僚達に見守られながらのブルムフィールドの手術は成功したが、ジャックは声帯の一部も切除され、声を失う可能性もでてくる。

アンは手術の成功を喜んだものの、ジャックへの不信感は拭い切れず、声の出ない彼に辛くあたる。

しかし、ジャックは筆談で、アンが必要だということを熱心に伝える。

そして、”愛してる”と、自分の気持ちを小さな声で口にしたジャックは、アンと抱き合い二人の気持ちは通じ合う。

その後、仕事に復帰したジャックは、患者の気持ちを知るために、インターン達に72時間、患者の体験をさせる。

そしてジャックは、亡くなる前に書き残した、ジューンの手紙を受け取る。
__________

”こんな小話があるの、手術の前に読んでね・・・。

広い農場を持った農夫が、鳥や動物に畑を荒らされぬよう柵や罠をはり、かかしを立てました。

それは成功するが、やがて農夫は孤独になり、寂しくて畑の真ん中で手を伸ばし動物達を呼びました。

でも動物達は、一匹も寄ってこない。
農夫を、新しいかかしだと思っていたのです。

そうなのよジャック、手を下せばいいのよ、そうすれば動物達は集まって来るわ・・・。”
__________

そして、屋上で、微笑みながら手紙を読んだジャックの元には、鳩が集まってくる。


解説 評価 感想 ■

1988年に発表された、医師エドワード・E・ローゼンバームの実体験を基にした著書”A Taste of My Own Medicine”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

心臓外科医のジャック・マッキーは、人の命を預かる医師という職業を、単なる”仕事”と割り切っていた。
そんなジャックは、喉に違和感を感じて、腫瘍が発見されショックを受ける。
ジャックは、同じ病院内で立場を変え、自分が患者として扱われることになり戸惑ってしまう。
そんな時、脳腫瘍の末期癌患者ジューンと知り合ったジャックは、彼女との出会いをきっかけに、患者の立場で、医療に対する不安や苦しみを考え始めるようになる・・・。
__________

愛は静けさの中に」(1986)に続き、ランダ・ヘインズウィリアム・ハートが組んだ意欲作でもある。

しかし、北米での作品としての評価は意外に低く、興行的には、まずまずの結果に終わった。

製作費 $38,000,000
北米興行収入 $38,120,905

死に行く者にとっての時間の尊さや、その気持ちに接していくにつれ、自らの果たすべき道を見つけていくという一外科医の心の動きを、ウィリアム・ハートは、いつもながら繊細に演じている。

自分の腕に酔う、冒頭の手術シーンの悪ふざけから一転、上品さも漂うエリート外科医という役柄は、ウィリアム・ハートのイメージによく合っている。

今にして思えば、本作の数年前ぐらいが彼の全盛期ではあるが、年齢を重ねた最近の活躍も見逃せない。

経済的には恵まれていても、奔放な夫にわだかまりを持ち続ける妻役のクリスティーン・ラーチや、役作りのために髪の毛を剃り落としてまで挑んだ癌患者エリザベス・パーキンスの好演も光る。

主人公の同僚医師マンディ・パティンキン、息子チャーリー・コースモー、当初から患者の立場で物事を考える主人公の手術を担当するアダム・アーキン、人としての”心”が感じられない女医のウェンディ・クルーソンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター