ケンタッキー魂 The Fighting Kentuckian (1949) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ワーテルローの戦いの敗戦で祖国を追われたナポレオン軍兵士の家族らと地元住民の騒動を、ケンタッキー連隊員と将軍令嬢のロマンスを交えて描く、製作、主演ジョン・ウェイン、監督ジョージ・ワグナーヴェラ・ラルストンオリヴァー・ハーディフィリップ・ドーン他共演のアクション・コメディ。


アクション/アドベンチャー

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ジョージ・ワグナー
製作:ジョン・ウェイン
脚本:ジョージ・ワグナー
撮影:リー・ガームス
編集:リチャード・L・ヴァン・エンジャー
音楽:ジョージ・アンセイル

出演
ジョン・ウェイン:ジョン・ブリーン
ヴェラ・ラルストン:フローレット・ド・マルシャン
オリヴァー・ハーディ:ウィリー・ペイン
フィリップ・ドーン:ジョージス・ジェロー大佐
マリー・ウィンザー:アン・ローガン
ジョン・ハワード:ブレイク・ランドルフ
グラント・ウィザース:ジョージ・ヘイデン
ヒューゴ・ハース:ポール・ド・マルシャン将軍
オデット・ミルティル:ド・マルシャン夫人
ポール・フィックス:ボー・メリット
メエ・マーシュ:シスター・ハティー
ジャック・ペニック:ダン・キャロル大尉
ハンク・ウォーデン:アブナー・トッド
クリフ・ライオンズ:御者

アメリカ 映画
配給 Republic Pictures
1948年製作 100分
公開
北米:1949年9月15日
日本:1950年10月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1818年。
ワーテルローの戦いに破れたナポレオン軍の兵士と家族は祖国フランスを追われ、それに同情したアメリカ政府は、アラバマ準州の4郡区を彼らに譲渡した。

1年後。
ケンタッキー連隊は、アラバマ準州での5年間の任務を終え、徒歩での800マイルの故郷への旅を強いられる。

連隊員ジョン・ブリーン(ジョン・ウェイン)は、部隊を離れようと思い、馬車にいた女性フローレット・ド・マルシャン(ヴェラ・ラルストン)に声をかける。

ブリーンは、連隊が通り過ぎるまで友人の振りをして欲しいとフローレットに頼む。

同僚のラッパ手ウィリー・ペイン(オリヴァー・ハーディ)に気づかれないよう、ブリーンはそのまま馬車を乗り回す。

しかし、ブリーンはウィリーに気づかれてしまい、しつこくつけ回す彼を見て、フローレットは遠乗りを提案する。

郊外に向かい馬車を止めたブリーンは、口説く口実で馬車を走らせたのだろうとフローレットに言われながらも、彼女にキスをする

そこに、フローレットの婚約者ブレイク・ランドルフ(ジョン・ハワード)とフランス兵ジョージス・ジェロー大佐(フィリップ・ドーン)、そして、町の実力者ジョージ・ヘイデン(グラント・ウィザース)らが現れ、酒場で喧嘩をしたことでブリーンを逮捕することを伝える。

その直後、ケンタッキー連隊も現れ、ブリーンはどさくさに紛れて連隊と共に去って行く。

フランス人居留地”デモポリス”。
フローレットの父ポール・ド・マルシャン将軍(ヒューゴ・ハース)主催で、彼女とランドルフの婚約のパーティーが催される。

その場にケンタッキー連隊も現れ、ド・マルシャン将軍は彼らを歓迎し、ブリーンはフローレットと再会してご機嫌になる。

連隊は騒ぎを起こしてしまうが、彼らは遊びのつもりだったために、食事だと知らされ即刻、静まってしまう。

ブリーンは、フローレットといたいがために、ジェロー大佐の連隊に入ることを伝えるものの、5年も在籍した部隊を捨てることに躊躇もする。

フローレットはランドルフと結婚を決め、ブリーンのことは諦めようとしていたが彼の決意は固かった。

出発の合図が聞こえなかったという嘘も見え見えの、相棒のウィリーも連隊から離れブリーンと共に残ることになる。

その夜、フローレットの元に向かったブリーンは、門前払いに遭い、その場は退散して町に戻る。

ブリーンは、酒場で揉め事を起こしそうなウィリーをなだめ、その場を鎮めようとする。

そこに現れたヘイデンはブリーンに対して、職のない者は町を出るよう警告する。

二人は争いになるが、ヘイデンの愛人でもある歌手のアン・ローガン(マリー・ウィンザー)が、ブリーンに助け船を出し、彼は測量技師だということになってしまう。

その後アンは、測量技師だった恋人が事故死した真相を探るために、ヘイデンのそばにいることをブリーンに伝える。

それを知ったブリーンは、救われたお礼にアンへの協力を約束する。

ブリーンとウィリーは、見かけだけは測量技師のように振る舞っていたが、何者かに銃撃を受ける。

手に怪我を負ったブリーンが、付近の民家で手当てを受けているところに、フローレットと母親(オデット・ミルティル)が現れる。

フローレットは、両親の決めた結婚に逆らえないとブリーンに伝え、彼は母親から自分がランドルフとは比較にならない身分だと言われてしまう。

気落ちするブリーンだったが、ウィリーに励まされて夜会に向かい、ランドルフと決着をつけようとする。

楽団員に扮し屋敷に潜り込んだブリーンは、ランドルフに呼び出されるが、彼は闘いを好まず金で解決しようとする。

しかし、それも無理だとわかったランドルフは、紳士的にその場を去る。

ブリーンは、強引にフローレットを連れ去ろうとするが、彼女の父親ド・マルシャン将軍に呼び止められる。

将軍からブリーンは、フローレットとランドルフの結婚の、政治的な経緯を知らされる。

ブリーンは、弾みで娘を奪おうとする短絡的な考えを将軍に指摘され、已む無くその場は退散するしかなかった。

フランス人居留地が区画外だとジェローから聞き、その件を調べるよう言われていたブリーンは、ヘイデンの金を奪って逃げようとしていたアンと、仲間のボー・メリット(ポール・フィックス)を問い詰める。

ブリーンは、わざとそこを開拓させてヘイデンらが奪おうとしていることをメリットから聞き出して逃亡する。

ド・マルシャン将軍に、土地が区画外だと伝えたブリーンだったが、そこに、後を追って来たヘイデンとメリットが現れる。

将軍にそれを問質されたメリットは白を切り、測量技師でないことがばれてしまったブリーンは連行され、それを知ったウィリーは連隊の元に向かう。

その後、将軍をうまく騙したと言いながら、ヘイデンはメリットを射殺する。

結婚式の朝、ランドルフは、ブリーンに心を奪われていることをフローレットから知らされる。

ランドルフは、ヘイデンが土地を奪うという話を確かめに彼の元に向かうが、ブリーンと共に監禁されてしまう。

しかし、監禁されている部屋のドアは開いていて、ブリーンらが出てきたところを、ヘイデンは銃撃しようとしていたのだった。

ブリーンが勇ましく飛び出そうとするが、ランドルフが彼を殴り倒し、逃走しようとして銃撃されてしまう。

隙を見て部屋から逃げ出したブリーンは、ランドルフが息絶えるのを確認する。

ヘイデンを捜したブリーンは、アンも殺されているのを見つけ、逃亡したランドルフを追う。

ド・マルシャン将軍はヘイデンの襲撃を警戒し、フランス兵を配備していた。

ヘイデンを追ったブリーンの馬は撃たれて転倒するが、そこにフローレットが銃を持って現れる。

ブリーンはヘイデンを射殺し、苦戦するフランス兵だったが、ウィリーがケンタッキー連隊を引き連れて現れ、ヘイデンの手下を撃破する。

そして、ブリーンはめでたくフローレットと結婚することができて、連隊と共にケンタッキーに向けて旅立つ。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

祖国フランスを追われた、ナポレオン軍の兵士と家族は、アメリカ政府からアラバマ準州の4郡区を譲渡されていた。
5年間の任務を終えたケンタッキー連隊は、故郷に帰ろうとしていたが、部隊員ブリーンは、ナポレオン軍の司令官ド・マルシャン将軍の娘フローレットに出会い、一目惚れしてしまう。
フローレットは、既に富豪ランドルフと婚約していたのだが、彼女は両親の決めた結婚に不満を抱き、ブリーンに心を寄せる。
居留地に残る事を決めたブリーンと、相棒のウィリーだったが、町の実力者ヘイデンに追い出されそうになる。
ヘイデンの愛人のアンの口添えで、測量技師だということになり、ブリーンは何と町に留まり、フローレットとの駆け落ちも考える。
ブリーンは、フローレットの父親である将軍から、この結婚には政治的な背景があることを知らされ、手を引こうとも考える。
しかし、ブリーンは居留地が区画外だと知り、ヘイデンらがその土地を奪おうとしている企みを知る・・・。
__________

前年「赤い河」「アパッチ砦」「三人の名付け親」(1948)が公開され、直後には「黄色いリボン」(1949)が控えていたという、いよいよ大スターの道を歩み始めたジョン・ウェインが 自ら製作した野心作にして痛快娯楽作でもある。

ジョン・フォード作品や、今後もウェイン作品でもお馴染みになる、フォード一家の面々の出演が興味深く、ファンにはたまらなく嬉しい。

ジョージ・ワグナーが監督、原案、脚本を担当している。

既に40歳は過ぎていたものの、健康的で若々しいジョン・ウェインは、豪快な演技に加え、彼独特のナイーブな一面を見せくれる、ヴェラ・ラルストンとのロマンスも楽しい注目の一作。

チェコスロヴァキアの元フィギュアスケート選手で、オリンピック出場経験者でもあるヴェラ・ラルストンは、素人のような演技がまた新鮮でなかなかいい。

彼女は、1952年に本作の製作会社リパブリック・ピクチャーのオーナーでもある、ハーバート・J・イエーツと結婚している。

オリヴァー・ハーディの、丸々と太った愛嬌のある笑顔が非常に印象的で、60歳手前とはとても思えない、溌剌とした演技を見せてくれる。

思慮深い片腕の大佐フィリップ・ドーン、主人公を助けると見せかけて裏切る酒場の歌手役マリー・ウィンザー、主人公の恋敵であるが最後には勇敢に死んでいくジョン・ハワード、町を牛耳る悪党役のグラント・ウィザース、移住民全体の幸せのため力を尽くす将軍のヒューゴ・ハース、その妻オデット・ミルティル、この後、わずか数年で貫禄十分の名バイプレイヤーになるのが信じられない、小悪党の若造という感じの役柄のポール・フィックス、そして、いつもは、はにかみながら端役に徹するが、本作では、ケンタッキー連隊長役として、前半活躍するジャック・ペニックメエ・マーシュハンク・ウォーデンクリフ・ライオンズら、フォード一家の出演は嬉しいばかりだ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター