フューリー The Fury (1978) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アメリカの元諜報員が、超能力を持つ息子を諜報活動に利用する陰謀を阻止しようとする姿を描く、監督ブライアン・デ・パルマ、主演カーク・ダグラスジョン・カサヴェテスエイミー・アーヴィングチャールズ・ダーニング他共演のサスペンス。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:ブライアン・デ・パルマ
製作:フランク・ヤブランス

原作:ジョン・ファリス
脚本:ジョン・ファリス
撮影:リチャード・H・クライン
編集:ポール・ハーシュ

音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
カーク・ダグラス:ピーター・サンザ
ジョン・カサヴェテス:ベン・チルドレス
エイミー・アーヴィング:ギリアン・ベラヴァー
チャールズ・ダーニング:ジム・マッキーヴァー博士
キャリー・スノッドグレス:ヘスター
アンドリュー・スティーヴンス:ロビン・サンザ
フィオナ・ルイス:スーザン・チャールズ医師
キャロル・ロッセン:エレン・リンドストローム医師
ジョイス・イーストン:キャサリン・ベラヴァー
ルターニャ・アルダ:キルステン
ウィリアム・フィンレイ:レイモンド・ダンウッディー
デニス・フランツ:ボブ・エグルストン
マイケル・オドワイヤー:マーティ・オブライエン
ダリル・ハンナ:パム
ローラ・イネス:ジョディ
ジェームズ・ベルーシ:浜辺の若者

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1978年製作 117分
公開
北米:1978年3月10日
日本:1978年9月
北米興行収入 $5,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1977年、中東
アメリカの元諜報員ピーター・サンザ(カーク・ダグラス)は、シカゴの大学に進学する息子のロビン(アンドリュー・スティーヴンス)を、友人であるベン・チルドレス(ジョン・カサヴェテス)に預けることにする。

チルドレスは、超能力を持つロビンを諜報活動に利用しようとしてピーターの命を狙う。

それは成功したかに思えたが、ピーターは一命を取り留めて姿を消す。

1978年。
ロビンを追ってシカゴに潜伏していたピーターは、息子と同じ超能力を持ち、彼を見つけられる可能性のある高校生ギリアン・ベラヴァー(エイミー・アーヴィング)の情報を入手するが、チルドレスがそれに気づく。

学校の授業中、ギリアンはテレパシーの実験で異常な反応を起こし、その後、意地の悪いクラスメイトの妊娠を言い当ててしまう。

またギリアンには、接するとその人物に起きたことなどが見えて、出血させてしまうという能力も備えていた。

チルドレスに追われる身となったピーターは、老人に変装して街に出る。

見張られているのを察知したピーターは、警官のボブ・エグルストン(デニス・フランツ)とマーティ・オブライエン(マイケル・オドワイヤー)に銃口を向けて車で逃走する。

追ってきたチルドレスらを振り切ったピーターは、ボブの車を奪い、車ごと海中に落下してしまう。

ピーターは、恋人で、パラゴン精神科研究所の看護師のヘスター(キャリー・スノッドグレス)に助けを求める。

母キャサリン(ジョイス・イーストン)とパラゴン研究所を訪れたギリアンは、気心の知れたエレン・リンドストローム医師(キャロル・ロッセン)に迎えられる。

所長であるジム・マッキーヴァー博士(チャールズ・ダーニング)に挨拶したギリアンとキャサリンは、研究所の豪華な施設内を案内される。

母に別れを告げ、研究所に滞在することになったギリアンは、マッキーヴァー博士から自分の才能を生かすよう助言を受ける。

ギリアンは研究所のへスターと楽しい日々を過ごし、人々は彼女に親切に接してくれる。

ある日、ギリアンは階段でマッキーヴァー博士の手に触れてしまい、彼から逃げたロビンが窓から飛び降りてしまう幻覚を見てしまう。

ギリアンに手を握られたマッキーヴァー博士の手は出血し、彼女は興奮してその場を立ち去る。

本格的な実験を試されることになったギリアンは、研究所にいたロビンよりも能力が高そうなことがわかる。

マッキーヴァー博士の元を訪れたチルドレスは、ロビンが自分の手元で桁外れの能力を発揮していることを彼に伝える。

ギリアンの才能を確認したチルドレスは、ピーターが彼女の元に現れることをマッキーヴァー博士に伝えて警戒させるが、ヘスターが2人の会話を聞いてしまう。

リンドストローム医師は、マッキーヴァー博士に怪我をさせて動揺するギリアンに、ロビンの写真を見せる。

すると、中東でピーターが襲われた時の模様が幻覚として現れ、リンドストローム医師ギリアンに手を握られて大量出血して気絶してしまう。

チルドレスは、ギリアンをロビンのいる施設に移そうとして、ヘスターの連絡を受けたピーターは、ギリアンを研究所から連れ出そうとする。

その夜、ロビンが苦しめられている幻覚を見てしまったギリアンは、ヘスターに誘われて研究所を出る決心をする。

ロビンに付き添うスーザン・チャールズ医師(フィオナ・ルイス)は、怒りが激しくなっているロビンに、休養が必要なことをチルドレスに伝える。

ロビンとスーザンは、チルドレスに24時間の外出を許可され、遊園地に向かう。

アラブ人観光客の集団を見たロビンは、次第に怒りが込み上げ、彼らが乗る観覧車を超能力で破壊してしまう。

研究所の職員の隙を見て、ギリアンを逃がそうとしたヘスターは、ピーターが放った弾丸を受けた車に撥ねられ死亡する。

しかし、ピーターは、ギリアンを救出することに成功する。

逃亡中のピーターとギリアンは直ぐに打ち解けて、彼女はロビンとテレパシーで通じ合っていることをピーターに伝える。

ロビンを出産して死んだ妻のことを、ギリアンに語ったピーターは、その後、恋に落ちたヘスターを自分が殺してしまったとに罪悪感を感じ、単独でロビンを救い出そうとする。

しかしギリアンは、自分を救えるのはロビンしかいないことをピーターに話し、彼と共にロビンの元に向かう。

ギリアンが近くに来たことを察したロビンは、スーザンに対し怒りを露にして、彼女を失血死させてしまう。

ピーターとギリアンは、施設内で捕らえられるのだが、チルドレスは、怒り狂うロビンの元にピーターを向かわせる。

ロビンは、父ピーターを思い出せず彼に飛び掛かり、窓を突き破ってしまう。

ピーターは、ロビンを必死に捕まえていたが、彼は落下して、ギリアンに自分の能力を伝授し息を引き取る。

そして、ロビンの死に絶望したピーターも身を投げる。

翌朝、チルドレスは、ギリアンにロビンの後を継がせようと、目覚めた彼女に歩み寄る。

自分を正当化しようと、ギリアンを抱きしめたチルドレスだったが、彼女は怒りを爆発させる。


解説 評価 感想 ■

1976年に発表された、ジョン・ファリスの同名小説の映画化で、彼自身が脚本も担当している。

*(簡略ストー リー)

1977年、中東
アメリカの元諜報員ピーター・サンザは、シカゴの大学に進学する息子ロビンを、友人のチルドレスに預けることにする。
しかし、チルドレスは、超能力を持つロビンを諜報活動に利用するため、ピーターの命を狙う。
ピーターは、一命を取り留めて姿を消し、その後、ロビンを追いシカゴに潜伏していた。
ロビンを捜せる可能性のある、超能力を持つ高校生ギリアンの存在を知ったピーターだったが、チルドレスもそれに気づく。
ピーターは、変装などをしてチルドレスらの追跡をかわす。
その頃、ギリアンは、精神科研究所に滞在することになるが、そこにはロビンも収容されていた・・・。
__________

超能力を持つ息子を誘拐された、元諜報部員の活躍を描くサスペンスのように始まる作品だが、周囲に危害を加えてしまうもう一人の超能力少女を中心に展開するホラーに変わっていくあたりが、いかにもブライアン・デ・パルマらしい作品とも言える。

エイミー・アーヴィングの出演及びキャラクター等が、2年前の「キャリー」(1976)に似ているが、同作に比べるとやや深みがなく、映像、演出的にも、少女が研究所から逃亡する場面の他は、平凡なサスペンス・ホラーという感じで、新鮮味もないのは残念だ。

ジョン・ウィリアムズの音楽も、インパクトに欠ける。

1970年代に入っても、精力的に仕事をこなしていた主演のカーク・ダグラスは、60歳を過ぎていたにも拘らず、見事な肉体美と体を張ったアクションで熱演している。
途中、控えめな登場となるが、クライマックスでは再び存在感を示してくれる。

超能力を、国家の秘密工作に利用しようとする黒幕のジョン・カサヴェテス、同じ能力の青年とテレパシーで通じ、自分の能力に怯える少女エイミー・アーヴィング、陰謀に加担する研究所長のチャールズ・ダーニング、主人公に協力する研究所の看護師役のキャリー・スノッドグレス、終始、怒りを抑えきれない超能力青年アンドリュー・スティーヴンス、その付い医師のフィオナ・ルイス、同じく医師役のキャロル・ロッセン、警官デニス・フランツの他、無名時代のダリル・ハンナローラ・イネスジェームズ・ベルーシなども端役出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター