【レビューを書く】 

ザ・ギャンブラー The Gambler (2014)


3.53/5 (34)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1974年に公開されたジェームズ・カーン主演による”The Gambler”のリメイク。
ギャンブル依存症の男の苦悩と人生を見つめ直す姿を描く、製作アーウィン・ウィンクラーロバート・チャートフ、監督ルパート・ワイアット、製作、主演マーク・ウォールバーグジョン・グッドマンブリー・ラーソンマイケル・ケネス・ウィリアムスジェシカ・ラング他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ルパート・ワイアット

製作
アーウィン・ウィンクラー
ロバート・チャートフ
マーク・ウォールバーグ
ステファン・レヴィンソン
デヴィット・ウィンクラー
原作
The Gambler
ジェームズ・トバック(オリジナル脚本)
脚本:ウィリアム・モナハン
撮影:グリーグ・フレイザー
編集:ピート・ボドロー
音楽
ジョン・ブライオン
テオ・グリーン

出演
ジム・ベネット:マーク・ウォールバーグ
フランク:ジョン・グッドマン
エイミー・フィリップス:ブリー・ラーソン
ネヴィル・バラカ:マイケル・ケネス・ウィリアムス
ロベルタ:ジェシカ・ラング
ラマー・アレン:アンソニー・ケリー
リー:アルヴィン・イン
アーニー:ドメニク・ランバルドッツィ
デクスター:エモリー・コーエン
トゥー:スティーヴン・パーク
ラリー・ジョーンズ:リーランド・オーサー
エド:ジョージ・ケネディ
宝石商:リチャード・シフ
ディーン・フューラー:アンドレ・ブラウアー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2014年製作 111分
公開
北米:2014年12月25日
日本:未公開
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $33,680,990
世界 $39,280,990


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
ギャンブル依存症のジム・ベネット(マーク・ウォールバーグ)は、入院中の祖父エド(ジョージ・ケネディ)を見舞い、全てを手に入れても辛いことばかりだと助言される。

何とかするので心配いらないと答えたジムは、エドから、遺産を継げば自分のようになると言われる。

その後エドは亡くなり、ベネットは葬儀の途中で席を外す。

闇カジノに向かったジムは、ブラックジャックで大金をスッてしまい、高利貸しのネヴィル・バラカ(マイケル・ケネス・ウィリアムス)と話し、有り金の500ドルで勝負して負けてしまう。

カジノの経営者であるコリアン・マフィアのボス、リー(アルヴィン・イン)の元に向かったジムは、7日以内に24万ドルの借金を返すようにと言われる。

ネヴィルから5万ドルを借りたジムは、リーに4万ドルを渡して1万ドルで賭けをする。

ブラックジャックで8万ドル勝ったジムは、ルーレットに全額を賭けて負けてしまう。

残り7日

大学の文学部の準教授であるジムは、カジノでアルバイトをしていた学生のエイミー・フィリップス(ブリー・ラーソン)を気にしながら講義を始める。

テニスの有力選手デクスター(エモリー・コーエン)以上の文学の才能をエイミーが隠していると指摘したジムは、なぜ他人よりも優れているかを彼女に問う。

答えを得られないジムは、今後は前に座るか休めとエイミーに伝えて講義を終わる。

母ロベルタ(ジェシカ・ラング)の家を訪ねたジムは、これ以上は援助しないと言われる。

6日

迎えに来たアーニー(ドメニク・ランバルドッツィ)と共に、彼のボスである高利貸のフランク(ジョン・グッドマン)の元に向かったジムは、26万ドルを借りようとするものの、要求する条件を受け入れられなかった。

大学に向かったジムは、昨日の真意を聞きに来たエイミーを追い返してしまう。

5日

ネヴィルからの電話を受けたジムは、フランクから借金できなかったことを話し、愛車のBMWを担保にして金を貸すと言われる。

講義を始めたジムは、注意しても携帯電話を操作するラマー・アレン(アンソニー・ケリー)を残し、他の学生を退席させて、バスケットボールのスター選手である彼と話をする。

車をネヴィルに持っていかれたジムは、訪ねて来たロベルタから、今回は深刻なのかと訊かれ、ギャングから電話があったことを知らされる。

借金の額をロベルタに教えたジムは、支払わなければ痛めつけられて家族が狙われることを伝える。

ジムを殴ったロベルタは、仕方なく彼を連れて銀行に向かい26万ドルを下ろす。

これきりだと言ってジムを罵倒したロベルタは、現金の入ったバッグを投げ捨てて、涙しながらその場を去る。

4日

バス停にいたジムを車に乗せて郊外に向かったエイミーは、彼と話しをして心触れ合う。

エイミーと共にカジノに向かったジムは、ロベルタから受け取った現金全額をスッてしまう。

その後、エイミーのアパートで話をしたジムは、不可能への挑戦だけが価値があり全てが欲しいと伝えて、彼女と愛し合う。

3日

ネヴィルに脅されたジムは、ラマーの連絡先を訊かれる。

2日

訪ねてきたリーに、返す金がないので10万ドル貸してもらうしか返済する方法はないと伝えたジムは、リーの部下に痛めつけられる。

オメガ”の腕時計を宝石商(リチャード・シフ)に売ろうとしたジムは、提示額が不満だったために店を出る。

男達に車に乗せられたジムはネヴィルの元に連れて行かれ、ラマーの連絡先を教えないために殴られる。

ネヴィルは、自分の指示通りの試合をするようラマーに話すことをジムに強要する。

指示に従わなければエイミーと共に殺すと言われたジムは、大学に向かう。

オフィスに現れたエイミーにこの場を去ると伝えたジムは、心配する彼女と別れようとする。

理由が分からず真意を語らないジムを見限ったエイミーは、その場を去る。

ラマーと話したジムは、プロになりたいと言っていた彼に、2時間で15万ドル稼げると伝える。

八百長だと話すジムは、8点差以上では勝つなと伝えて、あとはラマーの考えに任せる。

フランクに会ったジムは、26万ドルを借金して車を貸してもらう。

リーの元に向かったジムは、返済ではなく金を借りて勝って返すことを伝える。

部下のトゥー(スティーヴン・パーク)らに痛めつけられながらも、ジムは15万ドル借りてラマーに渡す。

最終日

ラマーの試合は始り、彼は指示通りにゲームを進める。

4回ミスしたラマーは交代させられ、チームは逆転されてしまう。

ゲームに復帰したラマーの活躍で逆転したチームは、7点リードする。

指示通りの結果となり満足するネヴィルは、今後も大学に残り同じように学生に”指導”してほしいとジムに伝える。

ラスベガスで、7点差以内の勝ちに大金を賭けた者がいることを知らされたジムは、誰か知っているかと訊かれて知らないと答える。

今回の件を誰にも話していないことをジムに確認したネヴィルは、二度と自分の前に現れるなと伝えて、借金と利子分を受け取る。

フランクから借りたと言われたネヴィルは、足を洗うことをジムに伝える。

ラスベガスでの賭けをデクスターに頼んだジムは、大金を持って戻った彼に5万ドル渡そうとする。

有名人になれる自分には必要ないと言われたジムは、これでお別れだとデクスターに伝えてその場を去る。

フランクをコリアン・タウンに呼び出したジムは、リー会い、金は持っているが今は自分のものだと言って、全額賭けることを伝える。

その場にフランクも現れ、ジムは全額をルーレットの黒に賭ける。

それに勝ったジムは、リーとフランクのためにやったことだと言って、自分はギャンブラーではないと伝えてその場を去る。

フランクに無一文だと伝えたジムは、余分な10万ドルは返すと言われるものの、”くたばれ”と伝える。

金を受け取らずに走り去ったジムは、エイミーのアパートに向かう。

部屋にいたエイミーは、何かを感じる。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
ギャンブル依存症である大学の准教授ジム・ベネットは、コリアン・マフィアのボス、リーに24万ドルの借金があり、返済を迫られる。
高利貸しのネヴィルから5万ドルを借りたジムは、リーに4万ドルを返し1万ドルで賭けをするものの負けてしまう。
7日以内に借金の返済をしなければならないジムは、別の高利貸しのフランクからは金を借りることができない。
そんなジムは、苦悩しながらも女子学生のエイミーと心触れ合うようになる。
母ロベルタから26万ドル受け取るものの、それをギャンブルで全額スッしまったジムは、窮地に立たされる・・・。
__________

1974年に公開されたジェームズ・カーン主演”The Gambler”のリメイク作品であり、同作の製作者アーウィン・ウィンクラーロバート・チャートフが、40年の月日を経て再び本作の製作も担当した。

猿の惑星」の新シリーズ「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(2011)をヒットさせたルパート・ワイアットの演出による、豪華スター競演の注目作。

裕福な家庭に育った主人公は、単純にギャンブル依存症になったと言うよりも、全てを手に入れなくては納得できない性格である病的な思想の持ち主で、その考えから解放されるだろうという雰囲気で終わる希望が見えるラストは爽快だ。
そんな主人公の、人生を見つめ直す姿を苦悩と共に描く人間ドラマでもある。

苦悩する主人公を演ずるため減量して役に挑んだマーク・ウォールバーグは、様々なトラブルを抱えながらも、新たな人生の道筋を見つける男性を熱演している。

人間味を感じさせながらビジネスに徹する高利貸しのジョン・グッドマン、主人公と親交を深める学生ブリー・ラーソン、主人公を追いこむ高利貸しのマイケル・ケネス・ウィリアムス、主人公の母親ジェシカ・ラング、主人公の教え子であるバスケットボールのスター選手アンソニー・ケリー、コリアン・マフィアのボス、アルヴィン・イン、その部下スティーヴン・パーク、フランク(ジョン・グッドマン)の部下ドメニク・ランバルドッツィ、テニスの有力選手である学生のエモリー・コーエン、宝石商リチャード・シフ、主人公の祖父ジョージ・ケネディ、学部長のアンドレ・ブラウアー、他リーランド・オーサーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。