バスビー・バークリーの集まれ!仲間たち The Gang’s All Here (1943) 3.17/5 (29)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

天才振付師にして映画監督、絶頂期だったバスビー・バークリーらしいミュージカル・コメディ。
主演アリス・フェイジェームズ・エリソンユージン・パレット他共演。


ミュージカル


スタッフ キャスト ■
監督:バスビー・バークリー
製作
ウィリアム・ゴーツ

ウィリアム・ルバロン
原作
ナンシー・ウインター
ジョージ・ルートJr.
トム・ブリッジス
脚本:ウォルター・ブロック
撮影:エドワード・クロンジャガー

編集:レイ・カーティス
美術・装置
ジェームズ・バセヴィ

ジョセフ・C・ライト
トーマス・リトル
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
イーディー・アレン:アリス・フェイ

アンディ・メイソン:ジェームズ・エリソン
アンドリュー・メイソン・シニア:ユージン・パレット
ヴィヴィアン・ポッター:シーラ・ライアン
ドリータ:カルメン・ミランダ
本人:ベニー・グッドマン/楽団
フィル・ベイカー:フィル・ベイカー

ポッター夫人:シャーロット・グリーンウッド
ペイトン・ポッター:エドワード・エヴェレット・ホートン
本人:トニー・デマルコ
パット・ケイシー:デイヴ・ウィルロック

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1943年製作 103分
公開
北米:1943年12月24日
日本:未公開


アカデミー賞 ■
第16回アカデミー賞
・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
大富豪アンドリュー・メイソン(ユージン・パレット)の息子アンディは、軍曹として従軍していたが、休暇で一流ナイトクラブ”ニューヨーカー”に来ていた。

そこに、常連客の父メイソンとビジネス・パートナーであるペイトン・ポッター(エドワード・エヴェレット・ホートン)が現れたため、アンディは二人をからかう。

その後アンディは、歌手のイーディー・アレン(アリス・フェイ)に一目惚れし、クラブのオーナー、フィル・ベイカー(フィル・ベイカー)から彼女の情報を仕入れる。

翌日アンディは、”兵隊クラブ”でベニー・グッドマン楽団の演奏に聞き入り、その場にいたイーディーをつかまえダンスを踊る。

イーディーのことを知らない振りをしたアンディは、”ニューヨーカー”に向かう彼女に付添い、ショーを見ることになる。

クラブの仕事が終わり、イーディーはアンディとの時を過ごし、強引な彼に次第に惹かれ始める。

アンディは、幼馴染みのポッターの娘ヴィヴィアン(シーラ・ライアン)とも親しくなる。

そして休暇も終わり、アンディはイーディーに別れを告げ戦場へと向かう。

その後アンディは、太平洋で戦功を立て勲章を受章し、新聞記事にも掲載される英雄となる。

それを知ったメイソンは、アンディの帰還を祝うパーティーを、”ニューヨーカー”を借り切って行うことを決める。

早速、メイソンはポッターとクラブに向かうが、オーナーのベイカーに、新作ショー発表のために、クラブは閉鎖中だと言われてしまう。

そこでメイソンは、クラブの楽団ごと移動させ、ポッターの邸宅でパーティーを開き、軍事国債を売り、それを入場券にすることを考える。

メイソンとポッターは、クラブのスター、ドリータ(カルメン・ミランダ)を紹介され、リハーサルを見せられる。

もちろん、そのショーにはイーディーも出演することになっていた。

ベニー・グッドマン楽団を率いて、ベイカーはポッター邸に向かうが、迎えに来たヴィヴィアンの恋人が、知人でもある今回の主役アンディだということを知る。

そしてベイカーは、イーディーとヴィヴィアン双方の恋人が、同じような境遇だということに頭をかしげる。

ポッター邸に到着した一行を、メイソンやポッターそして夫人(シャーロット・グリーンウッド)が迎えるが、ベイカーと夫人はかつてパリで共に過ごした仲だった。

会場の準備は進み、ヴィヴィアンの美しさに惹かれた有名なダンサー、トニー・デマルコが、彼女と共にステップを踏み、ヴィヴィアンの思わぬ才能が知られる。

ベイカーは、ヴィヴィアンをトニーと共にショーに出すことを、パリでの夫人とのことをばらすと脅迫し、ポッターにも承諾させる。

その夜、ショーに出演することが決まったヴィヴィアンは、ドリータに恋人アンディの写真を見せる。

ドリータは、アンディがイーディーにのぼせ上がっていた軍曹だと知り驚いてしまう。

そこにイーディーが現れ、ドリータは彼女に知られないようにアンディの写真を持ち出す。

しかし、写真はイーディーに見つかってしまい、ドリータはそれを、彼女への誕生日のプレゼントだということにしてしまう。

翌日ヴィヴィアンは、イーディーらの部屋で写真を見つけ、手違いだろうと思いそれを部屋に持ち帰る。

ドリータは、以前、クラブで写真を撮られたことのあるポッターに言い寄るが、堅物の彼に迫られそうになる。

そこに夫人が現れ、ポッターは投資の話だと弁解しながら顔の口紅を拭う。

そして、イーディーはヴィヴィアンの部屋にある写真を見つける。

ヴィヴィアンは、伏せてあった写真が婚約者だと言うが、それはベイカーの写真だった。

その頃、帰還したアンディは、”ニューヨーカー”のショーで歓迎パーティーを開くことを、父メイソンから聞かされる。

アンディは、クラブのイーディーと結婚することを父に告げ、大事になりそうだと焦ったメイソンは心の準備をする。

ドリータは写真のことをイーディーに追求され、彼女とヴィヴィアンが同じ男性を愛していることを話してしまう。

イーディーはショックを受け、現れたアンディをヴィヴィアンに紹介され、彼の連れのパット・ケイシー(デイヴ・ウィルロック)と仲良くする振りをする。

アンディと二人になったイーディーは、ヴィヴィアンは単なる幼馴染みだと言う彼を見限ってしまう。

そして、パーティーの夜、ベニー・グッドマン楽団の演奏でショーは始まり、ドリータとトニー・デマルコのダンス、イーディーの悲しげな歌と、ヴィヴィアンとトニーのダンスが続く。

心沈むイーディーだったが、ヴィヴィアンがブロードウェイトニーと組むことになり、アンディのことは諦めることになったことを知らされる。

ショーはフィナーレを迎え、イーディーは満面の笑みで登場し、人々に祝福されながらアンディとの愛を確かめる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
大富豪メイソンの息子アンディは、ナイトクラブの歌手イーディー・アレンに一目惚れする。
従軍しているアンディは、イーディーと惹かれ合うようになり、休暇を終えて戦地に向かう。
やがてアンディは英雄となり帰還することになり、父メイソンは祝賀パーティーを開くことを考える。
会場をビジネス・パートナーのポッター邸に決め、クラブのショーを丸ごと移動させる計画が進められる。
ポッターの娘ヴィヴィアンは、アンディの幼馴染みとして婚約者のつもりでいた。
そして、ショーのメンバーに、アンディを想い続けるイーディーがいたため、トラブルの予感を抱えながら、パーティーの準備は進む・・・。
__________

1930~50年代にかけ、整ったグループ・ダンシングなど、革新的なアイデアで観客を圧倒するレビューを考案したバスビー・バークリーの、快心作と言っていい。

スクリーンを彩る、アリス・フェイを中心とする華やかな女優陣、個性溢れる豪華な共演者、そして、美しい見事なカラー映像に映し出されるレビューの数々、どれを取っても、超一流の成せる技がスクリーン全体に広がる素晴らしさを堪能できる。

巨大バナナを使ったコミカルなパフォーマンスや、蛍光リングをを駆使した幻想的なレビューなど見所十分だ。

第二次大戦中ということもあり、戦時国債を入場券にするというアイデアなども興味深い。

月並みな表現だが、戦時中にこのような作品が作れる、アメリカの底知れぬ国力と国民の心の余裕には改めて驚かされる。

第16回アカデミー賞では、その見事なセットなどが評価され、美術賞にノミネートされた。

アリス・フェイの、しっとりとした大人の女性の魅力や美しさが際立ってはいるが、実は彼女はまだ20代後半であり、上品で落ち着いた雰囲気など、派手なショーとのバランスも実にいい。

主人公に魅了される、大富豪の息子役のジェームズ・エリソン、その父親ユージン・パレット、アンディ(J・エリソン)の幼馴染みで、ダンスの才能が開花するシーラ・ライアン、彼女の父親で堅物のエドワード・エヴェレット・ホートンと陽気な母シャーロット・グリーンウッド、ドラマにアクセントを加えるクラブ・ダンサー役のカルメン・ミランダ、クラブ・オーナーのフィル・ベイカー、そして本人役でベニー・グッドマンとその楽団、ダンサーのトニー・デマルコなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター