将軍の娘 エリザベス・キャンベル The General’s Daughter (1999) 4.5/5 (4)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1992年に発表された、ネルソン・デミル同名小説の映画化。
副大統領候補とも噂される陸軍中将の娘殺害事件と関連する軍上層部が絡む陰謀を描く、監督サイモン・ウェスト、主演ジョン・トラヴォルタマデリーン・ストウジェームズ・クロムウェルティモシー・ハットンジェームズ・ウッズ他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:サイモン・ウェスト
製作:メイス・ニューフェルド
原作:ネルソン・デミル
脚本
クリストファー・バートリニー

ウィリアム・ゴールドマン
撮影:ピーター・メンジースJr.
編集:グレン・スキャントルバリー
音楽:カーター・バーウェル

出演
ジョン・トラヴォルタ:ポール・ブレナー
マデリーン・ストウ:サラ・サンヒル
ジェームズ・クロムウェル:ジョセフ・キャンベル中将
ティモシー・ハットン:ウィリアム・ケント大佐
ジェームズ・ウッズ:ロバート・ムーア大佐
レスリー・ステファンソン:エリザベス・キャンベル大尉
クラレンス・ウィリアムズ三世:ジョージ・ファウラー大佐
ブラッド・バイアー:ブランスフォード
ジョン・ビーズリー:ドナルド・スレシンジャー大佐

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1999年製作 116分
公開
北米:1999年6月18日
日本:1999年11月6日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $102,678,089
世界 $149,705,852


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ジョージア州、フォート・マッカラム陸軍基地。
副大統領候補の噂さも出ているジョセフ・キャンベル中将(ジェームズ・クロムウェル)が、退役を迎え祝賀会が開かれる。

ベトナム戦争の退役軍人で、陸軍省CID(犯罪捜査部)の捜査官ポール・ブレナー(ジョン・トラヴォルタ)は、基地内で車がパンクしてしまう。

通りがかったエリザベス・キャンベル大尉(レスリー・ステファンソン)の手助けで、ブレナーはタイヤ交換ができる。

ブレナーは、”第5心理作戦部”所属のエリザベスを訪ね、彼女に昨晩のお礼をするのだが、セクハラだと迷惑がられ、仕方なく退散する。

その後、囮捜査がばれて襲われたブレナーは、相手を倒し警察の事情聴取を受けていたが、基地内の市街戦演習場で死体が発見されたとの報せを受ける。

MPのウィリアム・ケント大佐(ティモシー・ハットン)に呼び出されたブレナーは、レイプされた女性の全裸死体発見現場に案内される。

ブレナーは、その女性がエリザベスだということに気づき、彼女がキャンベル将軍の娘だと聞き驚いてしまう。

レイプ犯罪のカウンセラーで、ブレナーの元恋人のサラ・サンヒル(マデリーン・ストウ)も現場に呼ばれ、彼は気が進まないまま、二人で捜査を始める。

サラとキャンベル将軍の屋敷に向かったブレナーは、副官のジョージ・ファウラー大佐(クラレンス・ウィリアムズ三世)に迎えられ将軍と面会する。

キャンベル将軍は、FBIが動き出す前に事件を解決して、娘をスキャンダルのネタにされることを避けたいとの意向をブレナーに伝える。

ブレナーは、未成年で入隊してベトナムに派兵された際に、部隊長が大尉のキャンベルだったことを将軍に告げる。

そして、戦場で彼に励まされたことを語り、捜査に全力を尽くすことを約束する。

ファウラー大佐は”軍隊式処分”を考え、犯人逮捕時には事前に連絡するようブレナーに伝える。

エリザベスの部屋や自宅を調べたブレナーとサラは、彼女と上官ロバート・ムーア大佐(ジェームズ・ウッズ)に、深い関係があったことを知る。

さらに2人は、エリザベスには異常な性癖があったことも知るが、ブレナーは、証拠品のビデオテープなどを外部に渡さないようにする。

しかしブレナーは、地下室で一人のところを何者かに襲われて、気を失ってしまう。

現場に戻った2人だったが、サラは、レイプ殺人にしては変わっている殺害方法に注目する。

そして、エリザベスが、首席だった成績が一時がた落ちし、なんとか陸軍士官学校(ウェストポイント)を卒業したことも分かる。

ブレナーはムーア大佐に探りを入れ、現場に指紋が出たことで彼を逮捕する。

サラは、もう一度、現場を調べるが、軍人らしき者に襲われ、軍に泥を塗るようなことをするなと脅される。

ブレナーはそれを知り、キャンベル将軍の直属の部下が犯人だと突き止め、その男から、将軍が隠そうとしたエリザベスの秘密を聞かされる。

エリザベスは、父親キャンベル将軍への反発から、基地内の殆どの男達と関係を持っていたというのだ。

ケント大佐が、重要容疑者であるムーア大佐を釈放したと知ったブレナーは彼の自宅に向かい、自殺したムーアの死体を発見する。

ブレナーはムーアの死を他殺と見るが、ファウラーは、犯人である彼ムーアが、自殺したという結論で事件を処理しようとする。

しかし、ブレナーはそれに反発し、サラと、エリザベスの秘密が隠されていると思われる陸軍士官学校に向かう。

2人は、精神科医のスレシンジャー大佐(ジョン・ビーズリー)から、エリザベスが在学中、夜間演習で同僚兵士にレイプされたことを聞かされる。

そして、スレシンジャー大佐のエリザベスの医療カルテを見た2人は犯人達を確定し、優秀な彼女が、男達に恨まれていたことを知る。

そして、現場からはファウラー大佐の靴跡が見つかる。

ブレナーは、軍服でキャンベル将軍を訪ね、事件の犯人がムーアでないことを主張する。

キャンベル将軍は7年前のレイプ事件の際、軍と士官学校を守るために、それを揉み消そうとエリザベスを説得した結果、彼女が自分を憎み始めたことを認め事件を振り返る。
__________

エリザベスは殺されたのではなく、7年前の再現をして現場に父キャンベル将軍を呼び出したが、将軍は娘を見捨ててその場を立ち去さった。

その後、将軍から助けを求められた、ファウラーが現場に到着した時には、エリザベスは死んでいたため、彼は将軍が彼女を殺したと判断した。
__________

キャンベル将軍の副官として、彼と生死を共にする覚悟でいたファウラーは、男達と関係を持っていたエリザベスの名誉を守ろうとする。

ファウラーが語った、エリザベスと関係を持った”男達”の中にケント大佐がいたことを知ったブレナーは、現場に向かったサラを追う。

そこに現れたケントは、到着したブレナーとサラの前で犯行を認め、自ら仕掛けた地雷を踏んで自爆する。

事件は解決し、キャンベル将軍は、今回のブレナーの働きに感謝する。

しかしブレナーは、キャリアのために、娘を見捨てた将軍が彼女を殺したと言い放ち、犯罪隠ぺいの容疑で、彼を軍法会議において告訴することを告げ、さらに彼を非難する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ジョージア州、陸軍基地。
副大統領候補の噂さも出ているジョセフ・キャンベル中将の娘、大尉のエリザベスが、全裸死体で発見される。
呼び出された陸軍省CID(犯罪捜査部)の捜査官ポール・ブレナーは、元恋人である、レイプ犯罪のカウンセラーのサラと共に捜査を始める。
二人と面会したキャンベル将軍は、娘の死をスキャンダルのネタにされるのを阻止するために、早急に事件を解決するよう要請する。
エリザベスの周辺を調べたブレナーらは、彼女が上官ムーア大佐と深い関係にあり、更に異常な性癖があったことを知る。
そして、ブレナーとサラは、エリザベスの秘密が隠されていると思われる、陸軍士官学校に向かうのだが・・・。
__________

ドラマの根幹にある、軍内部の女性兵士への差別問題については、エンディングでそれが消滅するだろうという、統合参謀本部議長のコメントが明記されているだけあり、アメリカ国内でも、大きな問題として関心が高いことが分かる。

女性エリート士官が、惨たらしい殺人事件に巻き込まれるショッキングな序盤から、新事実が明らかになっていく更なる驚き、軍人と捜査官という立場を切り替えながら、捜査を進める主人公と元恋人のカウンセラーの手際のよさが、その行動力と共にシャープに描かれている。

興行収入は、北米で約1億ドルを超え、全世界では約1億5000万ドルに迫るヒットとなった。

精彩のない落ちぶれた軍人風で登場する、やや太めのジョン・トラヴォルタだが、茶目っ気がある砕けた人柄と軍人らしさを兼ね備えた、メリハリある演技で観客を唸らせる。
下士官である捜査官が、最上級将校を罵倒するラストは痛快でもある。

カウンセラーである、冷静な補佐マデリーン・ストウの質素な美しさも印象的で、別れた恋人という設定ではあるが、”脂ぎった”演技で画面を占領するジョン・トラヴォルタとの相性も良い。

親として娘を選ばず、軍職にこだわるという大罪を犯してしまう将軍のジェームズ・クロムウェル、被害者と関係を持ち証拠を隠すために彼女を殺害した犯人ティモシー・ハットン、被害者の上官で、事件の犠牲者となるジェームズ・ウッズ、美しさとその行動のギャップに驚く被害者のレスリー・ステファンソン、将軍とその娘をあくまで守ろうとする副官のクラレンス・ウィリアムズ三世などが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター