ゴッドファーザー The Godfather (1972) 5/5 (42)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1969年に発表された、マリオ・プーゾの大ベスト・セラー同名小説の映画化。
イタリアからの貧しい移民でありながら、暗黒街を支配するボスに成り上がった男とその家族を描く一大叙事詩。
監督、脚本フランシス・フォード・コッポラ、主演マーロン・ブランドアル・パチーノジェームズ・カーンロバート・デュヴァルジョン・カザールダイアン・キートンタリア・シャイア共演によるハリウッド映画史上に残る不朽の名作。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:フランシス・フォード・コッポラ
製作
アルバート・S・ラディ
グレイ・フレデリクソン
原作:マリオ・プーゾゴッドファーザー
脚本
フランシス・フォード・コッポラ
マリオ・プーゾ
撮影:ゴードン・ウィリス
編集
ウィリアム・H・レイノルズ
ピーター・ジナー
衣装デザイン:アンナ・ヒル・ジョンストン
音楽:ニーノ・ロータ

出演
マーロン・ブランド:ドン・ヴィトー・コルレオーネ
アル・パチーノ:ミケーレ“マイケル”コルレオーネ
ジェームズ・カーン:サンティノ“ソニー”コルレオーネ
ロバート・デュヴァル:トム・ヘイゲン
ジョン・カザール:フレデリコ“フレド”コルレオーネ
ダイアン・キートン:ケイ・アダムス・コルレオーネ
リチャード・S・カステラーノ:ピーター・クレメンザ
タリア・シャイア:コンスタンツァ“コニー”コルレオーネ・リッジ
モルガーナ・キング:カルメーラ・コルレオーネ
エイブ・ヴィゴダ:サル・テッシオ
スターリング・ヘイドン:マクラスキー
ジョン・マーリー:ジャック・ウォルツ
リチャード・コンテ:ドン・エミリオ・バルジーニ
アル・レッティエリ:ヴァージル・ソロッツォ
レニー・モンタナ:ルカ・ブラージ
ジャンニ・ルッソ:カルロ・リッジ
リチャード・ブライト:アル・ネッリ
アル・マルティーノ:ジョニー・フォンテーン
アレックス・ロッコ:モー・グリーン
シモネッタ・ステファネッリ:アポロニア・ヴィッテッリ・コルレオーネ
コラッド・ガイパ:ドン・トマジーノ
ジョン・マルティーノ:ポーリー・ガット
トム・ロスキー:ロッコ・ランポーネ
ジョー・スピネル:ウィル・チッチ
サルヴァトーレ・コリシット:ボナセーラ
アンジェロ・インファンティ:ファブリツィオ

アメリカ映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1972年製作 175分
公開
北米:1972年3月24日
日本:1972年7月15日
制作費 $6,000,000
北米興行収入 $134,966,411
世界 $245,066,411


アカデミー賞 ■

第45回アカデミー賞・受賞
作品
主演男優(マーロン・ブランド/受賞拒否)
脚色賞
・ノミネート
監督
助演男優
(アル・パチーノ/ジェームズ・カーン/ロバート・デュヴァル)
編集・録音・作曲(ドラマ)・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1945年8月下旬、ニューヨーク
娘コニー(タリア・シャイア)の結婚式の日、ドン・ヴィトー・コルレオーネ(マーロン・ブランド)の元を訪れる来客は後を絶たない。

結婚式には頼みごとは断れないという、シシリーの仕来りがあるからだ。

葬儀屋ボナセーラ(サルヴァトーレ・コリシット)は、暴行された娘の敵討ちをドン・ヴィトーに依頼する。

ドンは、今までの無礼を詫び、友の証を見せれば、それを受けることをボナセーラに伝える。

そして、ボナセーラはドンの手に口付けし、敬愛の証として彼を”ゴッドファーザー”と呼ぶのだった。

しかしドンは、ファミリーを動かすには合法かつ各方面への根回しが必要で、自分達が単なる殺し屋集団ではいけないことを、養子である次期”コンシリアーリ”(相談役)、弁護士のトム・ヘイゲン(ロバート・デュヴァル)に耳打ちする。

結婚式には、戦争の英雄で、ドンの末息子のマイケル(アル・パチーノ)も、ガールフレンドのケイ・アダムス(ダイアン・キートン)を連れて出席していた。

中庭に集まる来客を気にしながら、仕事をこなすドンの元に、彼に忠誠を誓う、用心棒兼殺し屋のルカ・ブラージ(レニー・モンタナ)が、祝福の言葉を告げに現れる。

女好きの長男ソニー(ジェームズ・カーン)は、人目も気にせずに部屋に愛人を呼び寄せて愛し合う。

その時、中庭がざわめき、スター歌手ジョニー・フォンテーン(アル・マルティーノ)がハリウッドから駆けつけ、コニーのために曲を捧げる。

マイケルはケイに家族のことを正直に話すが、自分はファミリーの仕事には関わらないと言い切る。

ジョニーの名付け親でもあるドンはそれを喜び、早速、彼の悩みを聞く。

自分にぴったりの新作映画の役があり、それで復活できるかもしれないという落ち目のジョニーだった。

しかし、映画のプロデューサーのジャック・ウォルツ(ジョン・マーリー)が、首を立てに振らないというのだ。

ジョニーの不甲斐ない態度に、情けなさも感じるドンだったが、早速トムをハリウッドに送る手はずを整える。

パーティーに戻ったドンは、ファミリーを集めて記念写真を撮ろうとするが、マイケルはケイも呼び寄せる。

ハリウッドに到着したトムは、ウォルツのスタジオで彼と交渉を始める。

しかし、誰の依頼かを知らぬまま、ウォルツはトムを追い払ってしまう。

トムが、ヴィトー・コルレオーネの代理で来たことを知ったウォルツは、態度を一変させてトムを屋敷に招く。

夕食中、穏やかだったウォルツが、自分が育てた女優の卵を奪った、ジョニーに対しての怒りをトムにぶつけ、再び彼を追い出してしまう。

翌朝ウォルツは、ベッドの中で、自分の宝のサラブレッドの首を見つけ、ジョニーの映画出演を認めてしまう。

一方、麻薬売買の高利益を、新しいビジネスにしようとしているヴァージル・ソロッツォ(アル・レッティエリ)が、政治家や警察をも牛耳る、潤沢な資金を持つコルレオーネ・ファミリーに接触してくる。

ドン・ヴィトーは、その話に前向きではなかったが、トムとソニーは、今後の金脈となる麻薬ビジネスに興味を示す。

ニューヨークの5大ファミリーの一つ、タッタリアの後ろ盾があるソロッツォを警戒しながら、話し合いに応じたドンだったが、彼はその提案を断る。

また、その場でソニーが口を挟み、コルレオーネ側の手の内をソロッツォに知られてしまう。

ルカ・ブラージを呼んだドンは、ソロッツォについて探りをいれさせようとする。

しかし、ルカは消されてしまい、 トムがソロッツォに連れ去られる。

その頃、仕事を終えたドンは、運転手のポーリー・ガット(ジョン・マルティーノ)が病気だと知り、それを気にしながら次男フレド(ジョン・カザール)と共に帰宅しようとする。

フレドを車で待たせ、果物を買っていたドンは、現れた男達に銃撃されてしまう。

ラジオシティ・ミュージックホール”で「聖メリーの鐘」を観終わったマイケルとケイだったが、 彼女が、ドンの暗殺記事が掲載された新聞記事を見つける。

ドンが死んだとは書かれていなかったため、マイケルはソニーと連絡を取り、彼から、父が重体だということを知らされる。

その後、トムを拉致したという連絡がソロッツォからソニーに入り、釈放するトムから提案を聞けと言われる。

ドンが殺されたことをトムに知らせたソロッツォは、ソニーに、タッタリア・ファミリーと手を打つことを説得させようとして、それをトムに強要する。

しかし、ドンが一命を取り留めたことがわ分かり、とにかく話をまとめさせようと、ソロッツォはトムを解放する。

ソニーは幹部を集め、戻ってきたマイケルも含めて対策を考える。

そしてソニーは、ファミリーを裏切ったと思われるポーリーの抹殺を、ドンの腹心ピーター・クレメンザ(リチャード・S・カステラーノ)に命ずる。

もう一人の腹心サル・テッシオ(エイブ・ヴィゴダ)は、ルカ・ブラージの防弾チョッキに包まれた魚が届けられたことで、彼が殺害され沈められたことを悟り、ソニーらに知らせる。

翌日クレメンザは、ポーリーの運転で、殺し屋のロッコ・ランポーネ(トム・ロスキー)を連れて出かける。

クレメンザは、郊外で用を足すため車を止めさせ、ロッコがポーリーを始末する。

ケイに会い食事をしたマイケルは、その後ドンの病院に立ち寄るが、護衛が一人もいないことに気づき、父の病室を変えようとする。

護衛に扮したマイケルは、殺し屋の車が行きかう中、怯えることもなく冷静に振舞える自分に気づく。

その後、タッタリアの息がかかる、悪徳警官マクラスキー警部(スターリング・ヘイドン)が現れ、マイケルは彼に殴られてしまうが、 そこにトムが駆けつけて彼を連れ戻す。

ドンの銃撃に激怒したソニーは、タッタリア・ファミリーの息子を殺害してしまう。

トムは、先走るソニーに冷静さを保つよう説得し、マイケルは、ドンが必ず殺されるはずだと言って、ソロッツォを始末することを提案する。

堅気のマイケルを指名して、既にソロッツォが話し合いを要求してきていた。

マイケルはそれを受け、ソロッツォとマクラスキーを自分の手で殺すことをソニーらに伝える。

家業を嫌っていたマイケルの、突然の変貌を笑うソニーらだったが、ビジネスだと割り切るマイケルに押し切られてその準備を始める。

そして、相手の指定した話し合いはブロンクスのレストランだと分かり、事前に拳銃が隠される。

マイケルを拾ったソロッツォとマクラスキーは、現場に向かい食事を始める。

ソロッツォが和解を申し出る中、マイケルはトイレに行くと言って席を立ち、拳銃を探して席に戻る。

そしてマイケルは、ソロッツォとマクラスキーを殺害し、拳銃を捨ててその場を立ち去る。

その後、ドン・ヴィトーのいない間、5大ファミリーの抗争は激化する。

やがてドンは退院するが、マイケルがファミリーの仕事に関わったことを知りショックを受ける。

シシリー島。
逃亡していたマイケルにも魔の手が近づき、後見人ドン・トマジーノ(コラッド・ガイパ)がそれを心配する。

ある日、散歩中のマイケルは、コルレオーネ村の若い娘アポロニア・ヴィッテッリ(シモネッタ・ステファネッリ)に一目惚れしてしまう。

アポロニアの家族に、誠意を持って接したマイケルは彼女との交際を許される。

一方、ファミリー幹部の仕事を任せてもらえない、コニーの夫カルロ・リッジ(ジャンニ・ルッソ)は、不満を妻にぶつけて彼女を傷つける。

それを知ったソニーは激怒し、カルロを袋叩きにする。

シシリーでは、マイケルとアポロニアの結婚式が盛大に執り行われる。

その間ケイは、音信普通のマイケルの安否を気遣いトムの元を訪ねるが、彼はケイに何も語らなかった。

カルロはファミリーを裏切り、ソニーを誘き出すため、妻コニーにわざと暴力を振るう。

ソニーは完全に罠にはまり、護衛も付けずにコニーの元に向かい、その途中に暗殺されてしまう。

ドンは屋敷の異常に気づき、トムからソニーの死を知らされて悲しみに暮れる。

葬儀屋ボナセーラはドンに呼ばれ、ソニーの無残な遺体を、母親カルメーラ(モルガーナ・キング)が、見るに耐える姿にして欲しいとの依頼を受ける。

ソニーの死はマイケルにも知らされるが、ボディーガードのファブリツィオ(アンジェロ・インファンティ)の裏切りで、新妻アポロニアが、マイケルの身代わりになり爆殺されてしまう。

回復したドンは、ニューヨークの5大ファミリー幹部を集め和解の席を設ける。

そしてドンは、シシリーのマイケルの安否を気遣い和解に応じ、黒幕がエミリオ・バルジーニ(リチャード・コンテ)だと気づく。

やがて、マイケルはアメリカに戻り、1年後にケイの前に姿を現す。

体調の優れないドンの仕事を手伝うようになったマイケルは、5年でファミリーを合法化することを考えていた。

突然、現れたマイケルに戸惑うケイだったが、彼の申し入れを受けて二人は結婚する。

ソニー亡き後、次男のフレドは跡継ぎの器でなく、マイケルが、ドンの仕事を受け継ぐことになる。

バルジーニの脅威を感じる、幹部クレメンザやテッシオは尚もドンの指示を仰ごうとする。

しかしドンは、自分を信じるなら、マイケルに従うようにと二人に言い聞かせる。

マイケルは、ソニーを罠にはめたカルロを、あえて身近に置いて泳がせ、トムをコンシリアーリから顧問弁護士として、側近兼殺し屋にアル・ネッリ(リチャード・ブライト)を置く。

ドンの力が衰える中、ネバダ移転を計画するマイケルは、新たなビジネス展開を画策し、その前に始まる”戦争”には、トムが向かないと判断したのだった。

ラスベガス
マイケルは、フレドを預けてあるモー・グリーン(アレックス・ロッコ)から、ホテルとカジノを強引に買取ろうと考える。

ジョニー・フォンテーンに迎えられたマイケルは、ショーの出演契約を求め、彼はそれを快諾する。

現れたモー・グリーンは、唐突に買収を持ちかけられて憤慨し席を立ってしまう。

その後、ドンはマイケルに自分の全てを与え、ファミリーのために、愚か者になりたくない一心で生きてきたことを語る。

息子マイケルが、人を操れる統率力があることを認めるドンに、彼は、それ以上の権力者になってみせることを約束する。

さらにドンは、バルジーニとの話し合いを持ちかけてくる身内が裏切り者だと言って、マイケルに警戒させる。

そして、ドンは静かくこの世を去り、盛大な葬儀が執り行われ、バルジーニからの会談の申し入れの意向を、テッシオがマイケルに伝える。

ネバダに、ファミリーの拠点を移す計画を実行する為に、マイケルは敵の粛清を始め、それは味方の裏切り者にも及ぶ。

コニーとカルロの子供の洗礼の日、子供の名付け親となったマイケルは、その後、バルジーニやタッタリア、そして、モー・グリーンらを部下に抹殺させる。

そしてマイケルは、ファミリーを裏切ったテッシオやカルロの命も奪う。

ネバダに移転する準備が進む中マイケルは、、夫カルロの殺害を追求するコニーをなだめる。

そのことを問い詰めるケイに、マイケルは無関係だと答え、ケイは安堵の表情を浮かべキッチンに向かう。

オフィスでは、クレメンザらが”ドン・マイケル・コルレオーネ”に忠誠を誓う。

以前とは全く違う、尊大で力強いマイケルに戸惑いながら、その姿を見つめるケイだったが、ネッリがオフィスのドアを無造作に閉める。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ゴッドファーザー」(1972)
・「ゴッドファーザーPARTII」(1974)
・「ゴッドファーザーPARTⅢ」(1990)

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
マフィアの5大ファミリーの中で、中心的な存在であり、絶大な権力を持つドン・ヴィトー・コルレオーネは、タッタリア・ファミリーから、新たなビジネスとして麻薬取引への参入を持ちかけられる。
今後の金脈とも考えられる麻薬に手を出すことを渋るドン・ヴィトーは、その後、命を狙われる。
やがて、家業に興味を示さなかったドン・ヴィトーの三男のマイケルまで巻き込む、ファミリー間の抗争へと発展する。
気短で先走る長男ソニーも殺害される中で、ドンのルーツであるシシリーに逃亡していたマイケルにも魔の手が迫り、ドンは5大ファミリーの和平に合意する。
その後、マイケルがファミリーを引き継ぐことになり、勢力が衰えたと考えられたコルレオーネ・ファミリーは、ネバダへの移転で新規事業拡大を画策する。
そして、マイケルはドンの死を機に、全権力を手中にする計画を実行に移す・・・。
__________

1990年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品。

万人受けする内容でないにも拘らず、当時の興行収入記録を保持する「サウンド・オブ・ミュージック」(1965)を破り、全世界で大ヒットした。
(全世界2億4500万ドル)

北米興行収入 $134,966,411

第45回アカデミー賞では9部門にノミネートされて、作品、主演男優、脚色賞を受賞した。
また、主演賞のマーロン・ブランドは受賞を拒否して話題になり、更には2年後「
ゴッドファーザーPARTII」(1974)でも作品賞を受賞、シリーズが連続で作品賞を受賞するという、史上初の快挙を成し遂げることになる。

・ノミネート
監督
助演男優
(アル・パチーノ/ジェームズ・カーン/ロバート・デュヴァル)
編集、録音、作曲(ドラマ)、衣装デザイン賞

2年前の「パットン」(1970)に続き、アカデミー脚本賞を受賞した監督フランシス・フォード・コッポラの手腕は、人生経験の浅い弱冠33才の若者に、これほど奥深い演出が出来るものかと思うほど完璧な仕上がりを見せている。

とにかく本作(Part2も)は、全てにおいて隙がない。
コッポラの演出と脚本はもとより、出演者の素晴らしい演技、1940-50年代のアメリカを見事に映し出した映像、ニーノ・ロータの哀愁漂うドラマチックな主題曲、シシリー島の美しいロケーションなどは妥協のない本物の成せる技だ。

ドラマの冒頭、主人公が葬儀屋から娘の復讐を依頼される場面、何も語らず話をじっと聞く後姿。
正面に回るカメラが、頬を軽く手でなでるマーロン・ブランドをアップで捉える。
まず、このシーンだけで彼の演技に圧倒される。

製作側はマーロン・ブランド出演を渋ったが、彼はそれを押しきり出演を勝ち取り、誰もが認める最高の演技を見せたというのだから皮肉な話だ。
”問題児”的な役者の出演に難色を示す側、プレイドを捨てる覚悟で挑んだ実力派スター、双方の思惑を想像するだけでも興味深い。

まだ若手売出し中、もしくは無名に近いドンの息子を
演ずる、三男アル・パチーノ、長男ジェームズ・カーン
養子のロバート・デュヴァル、次男ジョン・カザールは、
それぞれ全く違うタイプの役柄を演じ、主人公の父親
マーロン・ブランドを支える大きな役割を担っている。

ジェームズ・カーンは暗殺されてしまうが、「Part2」では、アル・パチーノロバート・デュヴァルの、更に磨きのかかった演技が見れることになる。

不安を抱えながらもファミリーの一員になるダイアン・キートン、ドンの右腕リチャード・S・カステラーノと裏切るエイブ・ヴィゴダ、ドンの娘でコッポラの実妹タリア・シャイア、その母親モルガーナ・キング、麻薬ビジネスにコルレオーネ・ファミリーを巻き込もうと画策するアル・レッティエリ、映画プロデューサー役ジョン・マーリー、5大ファミリーを牛耳ろうとする黒幕リチャード・コンテ、悪徳警官のスターリング・ヘイドン、ドン(M・ブランド)のボディーガード兼殺し屋役のレニー・モンタナフランク・シナトラがモデルの落ち目の歌手アル・マルティーノバグジー・シーゲルがモデルであるラスベガスの支配者アレックス・ロッコシシリー島でマイケルと結婚する美しい村娘シモネッタ・ステファネッリ、現地のマイケルの後見人コラッド・ガイパ、ドンの娘婿ジャンニ・ルッソ、マイケルの右腕役のリチャード・ブライト、殺し屋トム・ロスキージョー・スピネル、葬儀屋役のサルヴァトーレ・コリシット、シシリーでマイケルを裏切る男アンジェロ・インファンティなどが共演している。

当初、マイケル役のオーディションでは、「ディパーテッド」(2006)でも元気な姿を見せてくれたマーティン・シーンも候補に上がった。

アル・マルティーノ演ずる人気下降気味の歌手ジョニー・フォンテーンはフランク・シナトラがモデルであり、彼が出演できることになる映画は「地上より永遠に」(1953)がモデルだ。
あるパーティーで、原作者のマリオ・プーゾを紹介されたシナトラが、「うせろっ!」と怒鳴ったのは有名な話。

また、後に父親フランシスの才能を受け継ぐことになるソフィア・コッポラが、マイケルが名付け親になるタリア・シャイアの”息子”役で出演している。

A・パチーノD・キートンが、ラジオシティ・ミュージックホールで上映されていた名作「聖メリーの鐘」(1945)(「我が道を往く」1944の続編)を観終わり劇場から出てくる場面がある。
ドンが銃撃された、恐ろしい襲撃事件を知るシーンが、心和むヒューマン・ドラマを観た後だというところなども、一層の衝撃を与える、なかなか面白い演出だ。

そして、重厚な物語は、私の長い映画人生でN.o1作品と言える、「ゴッドファーザーPARTII」(1974)に続くことになる。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター