ゴッドファーザーPARTII The Godfather, Part II (1974) 5/5 (51)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

強大なマフィア”コルレオーネ・ファミリー”を一代で築いたドンの晩年から、世代交代するまでを描いたマリオ・プーゾ原作による「ゴッドファーザー」(1972)の続編。
父ヴィトー・コルレオーネから引き継いだファミリーをより強固な組織にしようとする三男マイケルと、移民少年のヴィトーがファミリーを築き上げていく過程を対比して描く、
フランシス・フォード・コッポラ、主演アル・パチーノロバート・デュヴァルリー・ストラスバーグマイケル・V・ガッツォジョン・カザールダイアン・キートンタリア・シャイア共演によるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:フランシス・フォード・コッポラ
製作
フランシス・フォード・コッポラ
フレッド・ルース
グレイ・フレデリクソン
原作:マリオ・プーゾゴッドファーザー
脚本
フランシス・フォード・コッポラ
マリオ・プーゾ
撮影:ゴードン・ウィリス
編集:リチャード・マークス
美術・装置
ディーン・タヴォラリス
アンジェロ・P・グラハム
ジョージ・R・ネルソン
衣装デザイン:サドラ・ヴァン・ランクル
音楽
ニーノ・ロータ
カーマイン・コッポラ

出演
アル・パチーノ:ドン“マイケル”コルレオーネ
ロバート・デ・ニーロ:ヴィトー・コルレオーネ
リー・ストラスバーグ:ハイマン・ロス
マイケル・V・ガッツォ:フランキー・ペンタンジェリ
ロバート・デュヴァル:トム・ヘイゲン
ジョン・カザール:フレデリコ“フレド”コルレオーネ
ダイアン・キートン:ケイ・アダムス・コルレオーネ
タリア・シャイア:コンスタンツァ“コニー”コルレオーネ・リッジ
モルガーナ・キング:カルメーラ・コルレオーネ
G・D・スプレイドリン:パット・ギアリー上院議員
リチャード・ブライト:アル・ネリ
トム・ロスキー:ロッコ・ランポーネ
ドミニク・チアニーズ:ジョニー・オラ
ブルーノ・カービー:ピーター・クレメンザ
ジョン・アプリア:サル・テッシオ(若年期)
アメリゴ・トット:マイケルのボディーガード
ガストン・モスチン:ドン・ファヌッチ
ジョー・スピネル:ウィル・チッチ
フランチェスカ・デサピーオ:カルメーラ・コルレオーネ(若年期)
レオポルド・トリーステ:シグナー・ロベルト
トロイ・ドナヒュー:マール・ジョンソン
ハリー・ディーン・スタントンFBI捜査官
ジュゼッペ・シラート:フランシスコ・チッチオ
ダニー・アイエロ:トニー・ロサト
ジェームズ・カーン:サンティノ“ソニー”コルレオーネ
エイブ・ヴィゴダ:サルヴァトーレ・テッシオ


アカデミー賞 ■

第47回アカデミー賞・受賞
作品・監督
助演男優(ロバート・デ・ニーロ)
脚色・美術・作曲賞
・ノミネート
主演男優(アル・パチーノ)
助演男優(リー・ストラスバーグ/マイケル・V・ガッツォ)
助演女優(タリア・シャイア)
衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

(●1901~1925年)
(○1958~1959年)

●1901年
9歳のヴィトー・アンドリーニは、
シシリーコルレオーネ村のマフィア、ドン・チッチオ(ジュゼッペ・シラート)に、両親と兄を殺され、身を隠し移民としてアメリカ、ニューヨークに向かう。

エリス島
移民局で、無口な少年ヴィトーは、コルレオーネという姓をもらい、天然痘の疑いで3ヶ月隔離される。

○1958年
コルレオーネ・ファミリーは、
ニューヨークから本拠地を西部のネバタ州タホー湖畔に移していた。

そこでは、ドン“マイケル”コルレオーネ(アル・パチーノ)の長男アンソニーの、聖餐式の盛大なパーティーが行われていた。

その日のマイケルに、面会に来る来客は絶えない。

ネバダの利権を狙うパット・ギアリー上院議員(G・D・スプレイドリン)は、マイケルに賄賂を要求する。

しかし、ギアリーにファミリーを侮辱されたマイケルはそれを断る。

その後、マイケルの元に、マイアミを仕切る大物、ハイマン・ロス(リー・ストラスバーグ)の右腕ジョニー・オラ(ドミニク・チアネーゼ)が現れる。

マイケルは、義兄のトム・ヘイゲン(ロバート・デュヴァル)や右腕ロッコ・ランポーネ(トム・ロスキー)らに、席を外すよう指示を出す。

そしてオラは、コルレオーネ・ファミリーへのロスの協力を約束する。

マイケルに当てつけるように、子供を置き去りにして、次々と恋人を変える妹コニー(タリア・シャイア)は、新しい結婚相手マール・ジョンソン(トロイ・ドナヒュー)と共に現れる。

コニーは、マイケルに金の無心をするが、彼は絶縁をほのめかす。

マイケルの兄フレド(ジョン・カザール)は、手に負えない妻のことでマイケルに謝るが、彼は弟に気を使うなとフレドを慰める。

ニューヨークのファミリーを、亡きドン・ヴィトーの右腕だったクレメンザから受け継いだフランク・ペンタンジュリ(マイケル・V・ガッツォ)は、マイケルにロス配下のロサト兄弟を叩き潰す許可を得ようとする。

マイケルは、今はロスとの諍いを回避する必要があるとフランクを説得するが、彼は聞く耳をもたない。

その後、妻ケイ(ダイアン・キートン)の元に戻ったマイケルは、5年でファミリーを合法化すると言ったことを彼女に問われ、努力しているとだけ答える。

寝室に向かった二人は突然、銃撃されてしまい、命に別状はなかったものの、敷地内は騒然となる。

ロスを含め、影で動き出している問題を憂慮し、自分に何かあった場合の全権をトムに託し、マイケルは急遽ネバダを発とうとする。

●1917年
家族を持ったヴィトー(ロバート・デ・ニーロ)は、小さな食料品店で地道に働いていた。

ある日ヴィトーは、妻カルメーラ(フランチェスカ・デサピーオ)と食事中に、ある男(ブルーノ・カービー)から、荷物を預かるように言われる。

それが拳銃だと知ったヴィトーは、カルメーラには内緒でそれを預かることにする。

数日後、辺りを仕切る顔役ドン・ファヌッチ(ガストン・モスチン)が、自分の甥を雇うようヴィトーの働く店に姿を現す。

店の主人は、仕方なくヴィトーに辞めてもらうことにするが、ヴィトーは何も言わず、主人に今までの礼を言い立ち去る。

帰宅したヴィトーは、妻カルメーラに何も語らず笑顔を見せて食卓につく。

やがてヴィトーは、町のチンピラで、銃を預かったピーター・クレメンザ(ブルーノ・カービー)と共に、家族を養う為に仲間を集めて悪行に手を染めていく。

○1958年
マイケルは、ボディーガード(
アメリゴ・トット)と共にロスに会いにマイアミに向かう。

ロスとの関係を保ちながら、彼の出方を探るため、マイケルはフランクを裏切者に仕立て上げ、彼を始末することをロス伝える。

その足で、ニューヨークのフランクを訪ねたマイケルは、自分を襲ったと思われる黒幕ロスに、密通している裏切り者を探す為、ロサト兄弟と手を打つよう彼に命ずる。

ロスの右腕オラは、通じていたフレドにフランクとロサト兄弟の会談についての情報を探らせようとする。

ロサト兄弟との会談で、フランクはトニー・ロサト(ダニー・アイエロ)に殺されそうになるが、彼は一命を取り留める。

思惑通りにいかなかった計画は、マイケルの知らぬところで、兄フレドからロスに情報が漏れていた。

コルレオーネ・ファミリーを脅した、ギアリー上院議員を陥れるために、売春婦殺しを仕立て上げ、それをもみ消したトムは、議員をファミリーの擁護者にすることに成功する。

キューバハバナに向かったマイケルとロスは、政治不安を逆手に取り、ビジネスを広げようとしていた。

フルヘンシオ・バティスタ大統領との会談を終えたマイケルは、路上で命を懸ける勇敢な反政府分子の行動を見て、革命が成功するかもしれないと感ずる。

大統領への賄賂200万ドルを、マイケルが用意する手はずだったのだが、彼は慎重に事を運ぼうとする。

その金を運んできたフレドは、マイケルと出かけた席で、自分が情けない男で、権力を握れた弟マイケルを嫌っていたことを語る。

マイケルは、ロスが自分を殺そうとしていることをフレドに知らせ、その前にロスを消すことも話す。

体調を崩したロスは現金の受け渡しを焦り、マイケルにそれを催促する。

マイケルは、フランク殺害を命じたのがロスだということを確かめようとするが、昔から変わらない自分達のビジネスのやり方を彼に告げ、パートナーになるかをマイケルに問い姿を消す。

その夜マイケルは、コルレオーネ側についたギアリー議員を迎え夜を過ごす。

しかしマイケルは、オラとフレドが通じていたことを知り愕然とする。

マイケルは、ボディーガードにオラを殺害させて、ロスも消そうとするが、フレドの裏切りでロスの殺害は失敗に終わる。

1959年1月1日。
キューバ革命当日の未明、マイケルは裏切ったフレドを見捨てる。

バティスタ大統領は亡命することを告げ、マイケルは市内の混乱を避け、一度は見限ったフレドを連れて逃亡しようとする。

しかし、フレドは人ごみの中に姿を消し、マイケルはハバナから脱出する。

マイケルはネバタに戻り、ロスはマイアミの病院に入院し、フレドはニューヨークに潜んでいることが分かる。

そしてマイケルは、妻ケイが流産したことをトムから知らされる。

●1919年
町で目立ち始めた、ヴィトー達の噂を知ったファヌッチは、彼らの商売の上がりを要求してくる。

ヴィトーは一応それを承知するが、それに従おうとするクレメンザやサルヴァトーレ・テッシオ(ジョン・アプリア)を説得して、ファヌッチと交渉しようとする。

ヴィトーは、単独でファヌッチと交渉を始め、要求額を下回る金額で話をつける。

町の大通りがフェスタで賑わう中、ビルの屋上からファヌッチを追っていたヴィトーは、隠してあった拳銃を手に彼の自宅に向かう。

ファヌッチを待ち伏せたヴィトーは、躊躇せずに彼を射殺し拳銃を捨てて家族の元に戻る。

○1959年
ワシントンD.C.
犯罪調査委員会の公聴会が開かれ、フランクの右腕ウィル・チッチ(ジョー・スピネル
)がその場に呼ばれる。

チッチは、ファミリーのボス”マイケル・コルレオーネ”の命令で、殺人も犯したことを証言する。

その頃、マイケルはケイには会わず、母カルメーラ(モルガーナ・キング)に父ヴィトーの考えを確認しに行く。

カルメーラは、マイケルの考えることで間違えないことを彼に告げる。

●1920年代初頭
ファヌッチの死後、住民の悩みや頼みごとに応えるヴィトーは、次第に頭角を現し町を支配していく。

ヴィトーは、妻カルメーラの知人が家を追い出されそうになっていることを知り、彼女のために家主シグナー・ロベルト(レオポルド・トリーステ)を説得しに行く。

ロベルトは、ヴィトーのことを知らなかったために憤慨するが、近所で自分のことを聞くよう彼に伝えたヴィトーは、家賃半年分を渡してその場を立ち去る。

その後、ヴィトーの噂を聞いたロベルトは態度を一変し、住人に対する誠意を伝え、渡された金を返して、飼い犬も許可し、家賃を値下げまでして怯えて帰っていく。

○1959年
マイケルは公聴会にに呼ばれるが、委員であるギアリー
上院議員の口添えもあり、自分が組織犯罪の黒幕であることを完全に否定する。

しかし、マイケルに裏切られたと思い込む、逮捕されてFBIに保護されているフランクが、コルレオーネ側には命取りとなりかねない存在になる。

所在不明だったフレドを許し、タホー湖に呼び戻していたマイケルは、彼から公聴会の手助けになる情報を得ようとする。

マイケルは、フレドから情報は聞き出すが、彼が完全にロスと通じていたことを知り兄弟の縁を切る。

母カルメーラが生きている間はフレドを生かしておくよう、マイケルは、右腕のアル・ネリ(リチャード・ ブライト)に指示を出す。

いよいよ、公聴会ではフランクが証言することになりファミリーの全貌が明かされようかという時、マイケルはシシリーからフランクの兄を呼び寄せる。

そしてフランクは、その場で”ゴッドファーザー”の存在を否定し、供述書に反した話をし始め、マイケルに有利な証言をしてしまう。

公聴会に付き添っていたケイは、マイケルとファミリーの生活に耐えられなくなり、彼に別れ話を持ちかける。

それを聞き入れないマイケルに対し、子供を流産ではなく堕胎したことをケイは告げる。

それを聞いたマイケルは激怒し、ケイをファミリーから追放してしまう。

●1925年
故郷シシリーからの、オリーブオイルの輸入などのビジネスでも成功していたヴィトーは家族を伴い里帰りをする。

しかし、それは、かつて家族を殺された、ドン・チッチオへの復讐の旅だった。

ヴィトーは、予定通りチッチオを殺害してシシリーを去って行く。

○1959年
母カルメーラが亡くなり、改心した妹コニーが、フレドを許すようマイケルに懇願する。

コニーの頼みを聞き入れ、フレドの元に向かったマイケルは彼を抱きしめる。

しかし、ファミリーへの裏切りは許されるものではなかった。

マイケルは、引退したのも同然のロスを尚も追って抹殺することを考えるが、トムはそこまでする必要があるかを問う。

ラスベガスのホテルから誘われているトムを牽制しながら、マイケルは、自分の元で働く気があるのかを彼に確かめ、ロッコに抹殺指令を出し、必ずや実行させることを告げる。

ファミリーを救ったフランクは、トムの面会を受け、皇帝への謀反が失敗した古代ローマ人の、財産や家族が守られる方法などを語り合い二人は別れる。

ケイは、コニーに頼み込み子供達に会うことができるが、そこにマイケルが現れ、彼女は屋敷から追い出されてしまう。

ロスは、空港でロッコに暗殺され、今回の一連の仕事の片がつく。

フランクは、古代ローマ人に倣って自ら命を絶ち、護衛のFBI捜査官(ハリー・ディーン・スタントン)に発見される。

そして、タホー湖に留まることを許されていたフレドは、ネリにボートの上で射殺される。
__________

真珠湾攻撃”のあった1941年12月7日の父ヴィトーの誕生日、家族が集まる食卓を囲んだ光景をマイケルは想い浮かべる。

そしてマイケルは、タホー湖の湖畔で一人思いに耽る。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ゴッドファーザー」(1972)
・「ゴッドファーザーPARTII」(1974)
・「ゴッドファーザーPARTⅢ」(1990)

*(簡略ストー リー)

ニューヨークから、拠点をネバタタホー湖畔に移していたコルレオーネ・ファミリーのドン、マイケルは、政情の不安定なキューバを利用した新たるビジネス展開を模索していた。
そのパートナーとなるはずの、父ヴィトーの盟友である大物ハイマン・ロスとの、互いを牽制した”戦い”が始まる。
マイケルは身内の裏切り者を探し、それが実兄のフレドだと知り愕然とする。
ロスとのビジネスは、
キューバ革命によって流れてしまい、マイケルは迫る組織の危機と裏切り者を排除するための計画を実行に移す・・・。

ニューヨーク
1901年、家族を地元のマフィアに殺された9歳少年ヴィトー・アンドリーニは、
シシリーコルレオーネ村を脱出し、移民としてアメリカに向かう。
その後、地道に働いて家族を持ったヴィトーは、街を牛耳る大物に職を奪われたのをきっかけに、裏社会に入り頭角を現す。
やがてヴィトーは、強大な権力を持つマフィアのボスに伸し上っていく・・・。
__________

前作「ゴッドファーザー」(1972)を凌ぐ、深みのあるストーリーと新たな登場人物、ファミリーを築くドン・ヴィトーのルーツや、組織の誕生までの秘話などを随所に挿入しながら展開する。
時代の流れを利用した、若きドンが仕掛ける新たなるファミリー拡大への野望と、その結果訪れる悲劇を描く壮大なドラマ。

1993年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。
(Part1は1990年に登録された)

第47回アカデミー賞では、9部門にノミネートされ、作品、監督、助演男優(ロバート・デ・ニーロ)脚色、美術、作曲賞を受賞した。
・ノミネート
主演男優(
アル・パチーノ)
助演男優(
リー・ストラスバーグ/マイケル・V・ガッツォ)
助演女優(
タリア・シャイア)
衣装デザイン賞

フランシス・フォード・コッポラは、前作で果たせなかった監督賞を受賞し、続編が1作目に続き作品賞を獲得したのは史上初の快挙。

少年ヴィトーがシシリーを追われ、新天地で成り上がっていくストーリーを、時代を前後させる、巧みな手法で描いているところが興味深い。

巨大な組織の頂点を、家族の愛と共に手中にしよとする若きヴィトーと、権力を掌握するが失う物も大きいマイケルの悲劇を、過去の映像を同時進行させて描き、観客に比較をさせようとしている。

驚くべきは、若きヴィトーが家族と住むリトル・イタリアの街並みのセットの見事なこと。
美術・装置で
アカデミー賞受賞は納得だが、作り物とは思えないほど美しく、20世紀初頭の人々の様子や衣装を含め、正に芸術品そのものとも言える。

アカデミー作曲賞を受賞した、ニーノ・ロータコッポラの父カーマイン・コッポラの、前作の哀感漂うメロディに加え、逞しく生き抜いた時代を表現する、力強さが加わった主題曲も素晴らしい。

前作のマーロン・ブランドに劣らない、アル・パチーノの重厚な演技は、小柄ながらも、巨大な組織を動かすドンの秘めたパワーと冷酷な怖さも感じさせる。

特筆すべきは、前作でソニー役を予定していた若きヴィトー役のロバート・デ・ニーロだ。
その完璧と言える演技は、各方面でも絶賛された。
人を引きつけて統
率できる人物の表情や物腰などを、これだけ見事に演じられる30歳のデ・ニーロに、当時、天才俳優が現れたと、子供心に驚いたものだ。

コルレオーネ・ファミリーを潰しにかかる黒幕ハイマン・ロスを演ずるリー・ストラスバーグ、彼の策略と微妙に絡むF・ペンタンジェリ役のマイケル・V・ガッツォは、共にアカデミー助演賞の候補に上がっただけあり強烈な印象を残す。

血生臭い戦いに徐々に向かなくなる弁護士で、主人公の義兄ロバート・デュヴァル、ファミリーのために行った裏切りを許されないジョン・カザール、巨大なファミリーを動かす夫についていけないダイアン・キートン、主人公を憎むが、妹として”家族”の絆を保とうとするタリア・シャイア、その母親モルガーナ・キング、ファミリーの罠にはまる悪徳政治家G・D・スプレイドリン、無表情なマイケルの側近兼殺し屋リチャード・ブライト、同じくトム・ロスキー、そして、若き日のクレメンザ役を好演する、ブルーノ・カービーとテッシオのジョン・アプリア、リトル・イタリアのドン、ガストン・モスチンFBI捜査官ハリー・ディーン・スタントンなどが共演している。

また、フランク(M・V・ガッツォ)の部下で、前作に続き出演するジョー・スピネル、往年の二枚目スター、トロイ・ドナヒュー、フランクを絞め殺そうとする殺し屋ダニー・アイエロ、そして、ラストの回想シーンでジェームズ・カーンも登場する。

私の長い映画人生の中で、よく聞かれるのが”あなたのベスト作品は?”という問いかけだ。

20年近く前までは、一本に絞ることは難しかったのだが、今では本作だと言い切っている。

1991年にLDで発売された、「The Godfather Epic 1901-1959」という、Part1とPart2を年代を追って描く、アメリカでテレビ放映された、7時間余りの特別版は見応えがある。
2作にはないシーンが約1時間も追加された年代記で、非常に解りやすい構成になっている。

私はLD版をもってはいるが、この特別版については、現在DVDなどでもリリースされていないために残念でならない。

実は上記のように、現代の悲劇と過去の栄光を対比させているところに”PART2”の価値と意味があるので、”1901-59”版は、大袈裟に言えば邪道という意見もあり、批評家の評価は良くない。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター