グーニーズ The Goonies (1985) 2/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

父親の借金を返すために海賊の宝の地図を見つけた兄弟の、”グーニーズ”の仲間達との宝探しの冒険を描く、製作スティーヴン・スピルバーグ、監督リチャード・ドナー(製作兼)、脚本クリス・コロンバス、出演ショーン・アスティンコリー・フェルドマンジョシュ・ブローリン他共演のアドベンチャー・コメディ。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:リチャード・ドナー
製作
リチャード・ドナー

ハービー・バンハード
製作総指揮
スティーヴン・スピルバーグ

フランク・マーシャル
キャスリーン・ケネディ
脚本:クリス・コロンバス
撮影:ニック・マクリーン
編集:マイケル・カーン
音楽:デイヴ・グルーシン
主題歌:The Goonies “R” Good Enough/シンディ・ローパー

出演
マイケル”マイキー”ウォルシュ:ショーン・アスティン

クラーク”マウス”デヴリュー:コリー・フェルドマン
ローレンス”チャンク”コーエン:ジェフ・コーエン
リッキー”データ”ワン:キー・ホイ・クァン
ブランドン”ブランド”ウォルシュ:ジョシュ・ブローリン
アンドレア”アンディ”カーマイケル:ケリー・グリーン
ステファニー”ステフ”スタインブレンナー:マーサ・プリンプトン
ママ・フラッテリ:アン・ラムジー
ジェイク・フラッテリ:ロバート・デヴィ
フランシス・フラッテリ:ジョー・パントリアーノ
ロトニー”スロース”フラッテリ:ジョン・マツザック
ハリエット・ウォルシュ:メアリー・エレン・トレイナー
アーヴィング・ウォルシュ:キース・ウォーカー
ロザリータ:ルーペ・オンティベロス
トロイ・パーキンス:スティーヴ・アンティン
エルギン・パーキンス:カーティス・ハンソン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1985年製作 115分
公開
北米:1985年6月7日
日本:1985年12月21日
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $61,389,680


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

オレゴン州、アストリア
囚人ジェイク・フラッテリ(ロバート・デヴィ)は、弟フランシス(ジョー・パントリアーノ)と母/ママ(アン・ラムジー)の助けで脱獄する。

マイケル”マイキー”ウォルシュ(ショーン・アスティン)が、兄のブランドン”ブランド”(ジョシュ・ブローリン)と家にいると、”グーニーズ”の仲間達で、お調子者のクラーク”マウス”デヴリュー(コリー・フェルドマン)、食べることばかり考えているローンス”チャンク”コーエン(ジェフ・コーエン)、発明家のリッキー”データ”ワン(キー・ホイ・クァン)が現れる。

そこに、ブランドとマイキーの母親ハリエット(メアリー・エレン・トレイナー)が戻る。

腕を怪我しているハリエットは、立ち退きを命ぜられているための引越しの手伝いということでロザリータ(ルーペ・オンティベロス)を連れていた。

ハリエットとロザリータは買い物に出かけ、5人は屋根裏部屋に向かい何かがないか探し始める。

マイキーは、入るなと言われていたために焦るが、そこで古い地図を見つける。

スペイン語で書かれた地図を、言葉が理解できるマウスに内容を読ませて、それが海賊”片目のウィリー”の地図だと分かる。

父が話していたことを思い出したマイキーは、地図が示す場所には、海賊達が守っていた宝が隠されていることを皆に伝え宝探しに興味を持つ。

そこに、ゴルフ場に家を明け渡すため、書類を持参したエルギン・パーキンス(カーティス・ハンソン)が現れて、それをブランドに渡して立ち去る。

マイキーは、宝物が見つかれば父親の借金が返せると考え、反対するブランドをエキスパンダーで椅子に縛り付け、4人で宝の場所に向かう。

ハリエットが戻り解放されたブランドは4人を子供用自転車で追うが、街道でパーキンスの息子トロイ(スティーヴ・アンティン)にからかわれ崖下に転落する。

マイキーらは、地図に従い海岸近くのレストランに向かう。

人影を目撃しながらレストランに近づいた4人だったが、銃弾を受けた車をチャンクが発見し、彼はパトカーに追いかけられていた者達が家にいると気づき、仲間達にそれを知らせようとする。

4人はジェイクらに見つかってしまい、マイキーがトイレに行くと言って宝を探す。

マイキーは、顔の崩れた大男(ジョン・マツザック)が、ジェイクに拘束されていることを知る。

男が食べ物を求めたため、マイキーはその場にあった食料を渡して、恐ろしくなり逃げる。

仲間の元に戻ったマイキーは、そこにブランドが来ていることに気づき、ママ・フラッテリに追い払われる。

ジェイクらは何かを車に乗せてその場を去り、宝を諦めようとする仲間達だったが、マイキーは、家を奪われてしまうために諦めきれない。

そこに、ブランドのガールフレンドのアンドレア”アンディ”カーマイケル(ケリー・グリーン)とステファニー”ステフ”スタインブレンナー(マーサ・プリンプトン)が現れる。

マイキーらはレストランに戻り宝を探し始め、暖炉の下にあるトンネルを発見する。

その場にあった、偽札の印刷機も見つけたマイキーらは、ジェイクらが悪党のフラッテリ一家だと知る。

冷蔵庫の中の死体を見つけたマイキーらは、ジェイクらが戻って来たことに気づき、トンネルを抜けて脱出しようとする。

チャンクは、冷蔵庫に取り残されて仲間達とはぐれるが、暖炉の隙間から、脱出して通報するように指示される。

建物を脱出したチャンクは、街道で車を止めてドライバーにフラッテリ一家のことを知らせるのだが、それはジェイクだった。

チャンクはジェイクとフランシスに捕えられ、死体と共に運ばれる。

マイキーらは水道管が張り巡らされた場所で、叩けば誰かに聞こえると考えるが、それが破裂してしまう。

チャンクは脅されて、ジェイクらに宝の話をしてしまう。

洞窟を進んだマイキーらは、50年前に宝を探したと言われる、探検家チェスター・コパーポットの白骨死体を見つける。

危ういところでその場の仕掛けを逃れたマイキーらは、滝のような場所にたどり着き、各種のコインを見つける。

マイキーは、そこが願い事を叶えるための、コインを投げ入れる井戸だと気づく。

トロイが地上にいることを知ったアンディは、バケツとロープを投げ入れるよう指示する。

ジェイクらは暖炉の下から地下に向かい、コパーポットの遺体を発見してマイキーらを追う。

置き去りにされたチャンクは、ジェイクらの弟である大男ロトニー”スロース”が、チョコバー欲しさに繋がれた鎖を引きちぎったために驚くものの、彼に気にいられる。

マイキーは、コパーポットの遺体の場所で見つけた鍵のようなものを使い、それを壁の溝に合わせて回す。

仕掛けが動き始めてデータが落下するものの、彼は万能フックを使い助かる。

チャンクは警察に電話をするものの、偽の通報ばかりする彼は信じてもらえない。

その頃、アンディは暗闇で、ブラントと間違えてマイキーにキスしてしまう。

現れたジェイクらに気づいたマイキーらは、彼らの追跡を逃れようとする。

骨のオルガンにたどり着いたマイキーらは、地図に書かれた指示に従い、裏面の音符をアンディが弾く。

壁の扉が開き、床が一部抜けて落下しそうになるもののそれを堪え、マイキーらは、現れた石の橋桁を渡りその場を離れる。

マイキーらは水路を滑り落下して、海賊船を発見する。

船内を調べたマイキーらは、海賊達が争い合ったことを知り、片目のウィリーの死体を見つける。

その場の財宝を手に入れようとしたマイキーらだったが、フラッテリ一家が現れ、それを奪われてしまう。

アンディが水中に落とされ、ブランドが飛び込み彼女を助ける。

その他の仲間達も落とされそうになるが、そこにチャンクとスロースが現れる。

スロースはマイキーらを逃がし、ジャンクとフランシスを縛り上げ、ママも水中に投げ落とす。

マイキーは家族のために宝物を取りに戻ろうとするが、ブラントに諦めるよう言われて、彼らはその場を脱出する。

ジェイクらは宝物を奪おうとするが、片目のウィリーの宝手を出したため、仕掛けが動き出してしまう。

出口に近づきロウソクに火をつけたデータだったが、それがダイナマイトだと気づき慌てる。

ダイナマイトが爆発して出口が塞がれるが、スロースが岩を持ち上げてマイキーらは脱出する。

スロースは岩の重みに耐えきれず逃げることが出来なったが、マイキーらは浜辺にたどり着き保護される。

マイキーとブラントは、父アーヴィング(キース・ウォーカー)と母ハリエットの到着を喜び、仲間達の両親も現れる。

マウスとステフは惹かれ合うようになり、ブランドとアンディは無事だったことを喜びキスをする。

脱出したフラッテリ一家は逮捕されそうになるが、チャンクはスロースをかばい、二人は友情を確かめ合う。

現れたパーキンスは、立ち退きの同意書にサインを求め、アーヴィングは仕方なくそれに応じようとする。

家を救えたかもしれないことを悔やむマイキーだったが、アーヴィングは、息子達が無事に戻ったことで満足してサインをしようとする。

その時、マイキーらが持ち帰った宝石をロザリータが見つけて、子供達はアーヴィングにサインを止めさせる。

マイキーらは、海賊船を見つけたことなどを駆けつけたテレビ・リポーターなどに話すが、警官はそれを信じようとしない。

しかし、沖に向かう海賊船が現れ、大人達は眼を疑い、マイキーはウィリーに感謝し、”グーニーズ”とスロースは雄叫びを上げる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

オレゴン州、アストリア
マイキー・ウォルシュと兄ブラントは、父親の借金で立ち退きを命ぜられていたたため心を痛めていた。
”グーニーズ”の仲間達、マウス、チャンク、データがマイキーの家に集まり、屋根裏部屋を調べることになる。
マイキーは、海賊”片目のウィリー”宝の地図を見つけて、父の借金を返すためにそれを手に入れることを考える。
信用しないブラントを縛り家を出たマイキーらは、地図に従い、あるレストランにたどり着く。
そこは、悪党フラッテリ一家のアジトだったが、マイキーらは、宝を探すために内部の様子を探り始める。
一旦追い払われたマイキーらは、その場に現れたブラントや、アンディ、ステフらと共に、再び店の中に侵入する。
暖炉の下のトンネルを発見したマイキーらだったが、はぐれてフラッテリ一家に捕えられてすなったチャンクが、脅されて宝のことを話してしまう・・・。
__________

製作スティーヴン・スピルバーグフランク・マーシャルキャスリーン・ケネディ、監督リチャード・ドナー(製作兼)、脚本のクリス・コロンバス、編集マイケル・カーン、音楽はデイヴ・グルーシンという、今考えると驚きの超豪華スタッフによる作品。

単純な宝探しなのだが、家族のため、子供心に健気に冒険に挑む主人公の姿はホロリとさせる場面もある、スティーヴン・スピルバーグらしい作品でもある。

単なるキッズ・ムービーとは言えない内容は、当時としてはなかなか凝った仕上がりになっている。

ドラマの中でも登場する、シンディ・ローパーが歌う楽しい主題曲The Goonies “R” Good Enoughもヒットした

その後に、「ロード・オブ・ザ・リング」(2001)シリーズで大役を務めることになる主演のショーン・アスティンをはじめ、スターの2世である子役達の共演も注目だ。

ショーン・アスティン(母:パティ・デューク)
ジョシュ・ブローリン(父:ジェームズ・ブローリン)
マーサ・プリンプトン(父:キース・キャラダイン)

その中で、父がジェームズ・ブローリンと分かっていても、公開当時は殆ど気にならなかったジョシュ・ブローリンを、脇役ではあるがどうしても注目してしまうのは致し方ないところだろうか。

家族にため宝探しに挑む主人公のショーン・アスティン、その兄役のジョシュ・ブローリン、”グーニーズ”の仲間達コリー・フェルドマンジェフ・コーエンキー・ホイ・クァン、ブラント(J・ブローリン)のガールフレンド役のケリー・グリーン、その友人役のマーサ・プリンプトン、フラッテリ一家の母親アン・ラムジー、兄弟のロバート・デヴィジョー・パントリアーノ、巨体のジョン・マツザック、主人公の両親メアリー・エレン・トレイナーキース・ウォーカー、お手伝いルーペ・オンティベロス、主人公一家に立ち退きを迫るカーティス・ハンソン、息子のスティーヴ・アンティンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター