華麗なるギャツビー The Great Gatsby (1974) 3/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1925年に発表された、F・スコット・フィッツジェラルド同名小説の、1926年のサイレント作品と1949年に続く3度目の映画化。
謎の富豪がかつての恋人に再会し、彼女との生活を取り戻そうとする姿を隣人の青年の目から描く、監督ジャック・クレイトン、脚本フランシス・フォード・コッポラ、主演ロバート・レッドフォードミア・ファローブルース・ダーンサム・ウォーターストン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:ジャック・クレイトン
製作:デヴィッド・メリック
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
脚本:フランシス・フォード・コッポラ
撮影:ダグラス・スローカム
編集:トム・プリーストリー
衣装:セオニ・V・アルドリッジ
音楽:ネルソン・リドル

出演
ジェイ・ギャツビー:ロバート・レッドフォード

デイジー・ブキャナン:ミア・ファロー
トム・ブキャナン:ブルース・ダーン
ニック・キャラウェイ:サム・ウォーターストン
ジョージ・B・ウィルソン:スコット・ウィルソン
マートル・ウィルソン:カレン・ブラック
ジョーダン・ベイカー:ロイス・チャイルズ
パミー・ブキャナン:パッツィ・ケンジット
ギャッツ:ロバート・ブロッサム
ブリキ男:ヴィンセント・スキャヴェリ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1974年製作 143分
公開
北米:1974年3月27日
日本:1974年8月
製作費 $6,500,000
北米興行収入 $26,533,200


アカデミー賞 ■

第47回アカデミー賞
・受賞
衣装デザイン・音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1920年代、ニューヨーク郊外のロングアイランド
イェール大学大学を卒業して、ウォール街で働くことになったニック・キャラウェイ(サム・ウォーターストン)は、従妹のデイジー・ブキャナン(ミア・ファロー)と、夫で学友のトム(ブルース・ダーン)を訪ねる。

ニックは、対岸で、謎の富豪ジェイ・ギャツビー(ロバート・レッドフォード)の隣人になったことを二人に知らせる。

ギャツビーは2週間おきに盛大なパーティーを催し、ニックは、それを眺めながら食事をして観察する。

トムは、ニックを連れて修理工のジョージ・B・ウィルソン(スコット・ウィルソン)の元に向かうが、彼の妻マートル(カレン・ブラック)は、トムの愛人だった。

トムとマートルは、お互いの結婚相手を憎むが、トムは、カトリックであるデイジーと離婚することができなかった。

そんなデイジーは、従兄のニックを、ジョーダン・ベイカー(ロイス・チャイルズ)に紹介して結婚させようかとも考える。

ある日、ギャツビーのパーティーに招待されたニックは、そこでジョーダンと顔を会わせて楽しい時間を過ごす。

しかし、ギャツビーが第一次大戦中、政府のスパイとして殺人を犯したとか、石油成金だというような噂を聞く。

そして、パーティーには決して顔を出さないギャツビーに呼ばれたニックは、隣人としての軽い挨拶を交わす。

その後、ギャツビーはニックに自分の身の上を話して、彼に仕事を紹介しようとする。

ある日ジョーダンは、ギャツビーがデイジーに会いたがっていることをニックに伝え、彼の家で二人を会わせる段取りをする。

その当日、デイジーを待つギャツビーは落ち着かない表情を見せ、彼女が現れると8年振りの再会を喜ぶ。

そしてギャツビーは、ニックも伴い屋敷に戻り内部を案内し始める。

その後、ギャツビーはデイジーを度々屋敷に招いて昔を懐かしみ、彼女の夫トムはマートルと密会を重ねる。

かつて、第一次大戦が始まり、入隊したギャツビーは、デイジーと知り合い恋に落ちた。

デイジーは、フランスに出征したギャツビーを待つ約束を破り、シカゴの大富豪トムと結婚してしまったのだった。

ギャツビーのパーティーに招待されたトムとデイジーだったが、トムはギャツビーを嫌い正体を暴こうとする。

デイジーと暮らすことを決意したギャツビーは、トムにそれを話そうとする。

ニックとジョーダンも同席し、トムに話を切り出そうとするギャツビーだったが、彼はそれが出来ずに、デイジーを含めた5人で、ニューヨークに繰り出すことになる。

途中、ウィルソンのスタンドで給油したトムは、彼から、妻マートルと西部に越すことを告げられる。

プラザホテル”に部屋を取った5人だったが、デイジーが自分を愛していると言うギャツビーとトムは、険悪な雰囲気になる。

トムは、ギャツビーを密造酒や麻薬の密売人だと罵り、ギャツビーは取り乱したデイジーを追い、ホテルを飛び出してしまう。

ロングアイランドへの帰り道、トムはウィルソンの家で、マートルが事故死したことを知る。

トムは目撃者の話から、ギャツビーが轢き逃げをしたと思い込む。

しかし、取り乱したデイジーの運転する車が、マートルを轢き殺したというのが真相で、ニックはギャツビーからそれを知らされる。

ウィルソンは、マートルを轢いた車がトムの物だと知っていたため、彼が妻を迎えに来ての事故だと確信し、トムの屋敷に向かう。

トムからマートルに贈られた、宝石を持ったウィルソンが屋敷に現れ、それを知ったデイジーは怯えてしまう。

ニックとプールで泳ぐ約束をしていたギャツビーだったが、トムから事情を聞いたウィルソンに射殺されてしまう。

その直後ウィルソンも自殺し、ギャツビーの屋敷は警官やマスコミで混乱する。

その後ニックは、ギャツビーの父親ギャッツ(ロバート・ブロッサム)の訪問を受け、家出した息子からの仕送りを受けていたことを知らされる。

ギャツビーの葬儀を済ませたニックは、デイジーに連絡もつかなかった。

ニックはトムと出くわし、彼からギャツビーの死は当然の報いだと言われる。

トムとヨーロッパに向かう、デイジーとも再会したニックは、真実を知っているとも知らず、夫との生活を取り戻し何もなかったかのように振舞う彼女を、無言で見送る。

そしてニックは、ギャツビーの夢がはかなく散ったことを理解しながら、彼の屋敷を去っていく。


解説 評価 感想 ■

製作、監督、脚本バズ・ラーマン、主演レオナルド・ディカプリオで再びリメイクされた。

参考:
・「華麗なるギャツビー」(2013)

*(簡略ストー リー)

1920年代。
ウォール街で働くことになったニックは、従妹のデイジーが暮すロングアイランドに住むことになり、彼女の夫で富豪で学友のトムの屋敷を訪ねる。
ニックは、謎の富豪ジェイ・ギャツビーの隣人になったことを二人に知らせる。
ギャツビーは、第一次大戦中に政府のスパイとして殺人を犯したとか、石油成金だというような噂が流れていた。
ニックは、ギャツビーと知り合いになるが、戦争中、彼とデイジーが愛を誓い合った仲だったことを知る。
デイジーは、フランスに出征したギャツビーとの約束を破り、シカゴの大富豪トムと結婚してしまったのだった。
その後、ギャツビーは、デイジーとの生活を強引に取り戻そうとするのだが・・・。

__________

当時の若手No1スターであるロバート・レッドフォード主演、同じ年の12月「ゴッドファーザーPART II」(1974)公開が控えていた、フランシス・フォード・コッポラの脚色などが話題を呼び、大ヒットした作品。

第47回アカデミー賞では、衣装デザインと音楽賞を受賞した。

1920年代らしいファッションや、俗物的な人々の様子はうまく表現はされているが、貧乏故に結婚できなかった、かつての恋人を手に入れるために、財を成して野望を抱く男の心情よりも、全体的に華麗で鮮やかな描写が際立っている。

主演のロバート・レッドフォードは、神秘的な雰囲気が、中盤から一気に消え去ってしまうところで、一代で財を築いた謎の野心家というよりも、”レッドフォード”そのものという印象に変わってしまうのがやや残念だ。

恋を追う女性と思いきや、轢き逃げ事件後はギャツビーのことには一切触れないミア・ファロー、その夫ブルース・ダーン、事件の真相、そしてギャツビーを唯一人理解する隣人サム・ウォーターストン、妻の命まで奪われ、それをギャツビーの責任だと思い込み、彼を殺害してしまう修理工のスコット・ウィルソン、その妻カレン・ブラック、デイジー(M・ファロー)の友人ロイス・チャイルズ、デイジーの娘パッツィ・ケンジット、端役でヴィンセント・スキャヴェリなども出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター