ホット・ロック The Hot Rock (1972) 3.87/5 (30)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ニューヨークを舞台にした、巧みなアイデア満載の面白味のあるストーリーで人気のある、D・E・ウェストレイクの小説の雰囲気を、「ブリット」(1968)などの鬼才ピーター・イエーツが見事に映像化した、ロバート・レッドフォードジョージ・シーガル共演の犯罪アクション・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:ピーター・イエーツ
製作
ハル・ランダース
ボビー・ロバーツ
原作:
ドナルド・E・ウェストレイク
脚本:
ウィリアム・ゴールドマン
撮影:
エド・ブラウン
編集
フランク・P・ケラー
フレッド・W・バーガー
音楽:
クインシー・ジョーンズ

出演
ロバート・レッドフォード:ジョン・ドートマンダー
ジョージ・シーガル:アンディ・ケルプ
ロン・リーブマン:スタン・マーチ
ポール・サンド:アラン・グリーンバーグ
ゼロ・モステル:エイブ・グリーンバーグ
モーゼス・ガン:アムーザ博士
トポ・スウォープ:シス
ウィリアム・レッドフィールド:フーヴァー警部
リー・ウォレス:ストラウス医師

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1972年製作 100分
公開
北米:1972年1月26日
日本:1972年6月


アカデミー賞 ■

第45回アカデミー賞
・ノミネート
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

盗みのプロ、ジョン・ドートマンダー(ロバート・レッドフォード)は、刑期を終えて出所する。

義弟アンディ・ケルプ(ジョージ・シーガル)の出迎えを受けたジョンは、彼から早速、仕事を持ちかけられる。

ブルックリン美術館に向かったジョンとケルプは、”サハラの石”というダイヤモンドを見に行く。

中央バタウイ国の永世国連大使アムーザ博士(モーゼス・ガン)は、自国の所有物と主張する”サハラの石”を盗み出すことをジョンとケルプに依頼する。

報酬一人につき2万5000ドルで経費はなしと、アムーザ博士に言われたジョンはその場を立ち去るが、ケルプが博士と交渉して、何とかジョンを引き止める。

ジョンは週150ドルの経費で手を打つが、博物館の構造や警備などを心配する。

金庫破りのプロでもあるケルプは、錠前店を経営していたが、ジョンは妹や子供のことを考えて彼を仲間から外そうとするが、仕方なく使うことにする。

ジョンとケルプは運転のプロのスタン・マーチ(ロン・リーブマン)と爆弾のプロ、アラン・グリーンバーグ(ポール・サンド)を仲間に引き入れ、アムーザ博士の出方次第では、ダイヤも奪おうとする計画の準備を始める。

ジョンとケルプは夜間の博物館に侵入し、スタンが車の事故を起こし、アランがそれを派手に爆破させる。

博物館の職員が事故に気を取られている隙に、警備員に扮したジョンとケルプがダイヤを奪おうとする。

しかし、ジョンの心配していた通り、ケルプがダイヤのケースを開けるのに手こずってしまう。

ジョンはケルプを励まして彼は見事に鍵を開け、医師に扮したアランがスタンを助けようとする。

アランも博物館に侵入し、3人でケースを持ち上げダイヤを奪おうとする。

重いケースに3人が四苦八苦している間に、警備員が戻ってきてしまう。

何とかダイヤを奪った3人だったが、ダイヤを持っていたアランが、捕まる寸前にそれを飲み込んでしまう。

弁護士である、アランの父親エイブ・グリーンバーグ(ゼロ・モステル)からの要請で、彼を刑務所から脱獄させることになったジョンらは、アムーザ博士に、経費の上乗せを要求して準備を進める。

大型トラックを調達し、夜中に刑務所に侵入したジョンとケルプは、同室の囚人と騒ぎを起こしたアランと合流する。

そして3人は、トラックの荷台に積載してあった車で迎えに来たスタンに救い出される。

しかし、アランがダイヤを警察署の留置場に隠したと言い出し、刑務所を襲撃するため、ケルプはアムーザ博士にヘリコプターを用意させる。

警察署の屋上に降り立った4人は、電話線を切り爆弾と催涙弾で署内を混乱させる。

しかし、ダイヤは見つからず、アランは弁護士である父エイブに全てを話したことを仲間に知らせる。

ジョンらは、アランもグルになりエイブを騙して脅迫し、ある銀行の貸し金庫の鍵を奪い取る。

銀行に偵察に行ったジョンとケルプだったが、金庫を開けるには、名義人本人の署名がいることが分かり、それを知るエイブは4人を嘲り笑う。

自分名義の貸し金庫を作り、金庫の担当者を催眠術にかけることを思いついたジョンだったが、アムーザ博士はエイブと手を組み、4人と手を切ろうとする。

銀行に向かったジョンは、自分の貸し金庫を確認して、担当者に催眠術の暗示の言葉を語りかけ、エイブの金庫を開けさせる。

ジョンはダイヤを手に入れて銀行を後にするが、そこにアムーザ博士とエイブが現れる。

颯爽と街を歩くジョンは、3人の待つ車に乗り逃走する。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

出所した盗みのプロ、ジョン・ドートマンダーは、義弟で金庫破りのプロ、ケルプから早速、仕事を持ちかけられる。
ジョンとケルプは、中央バタウイ国の永世
国連大使アムーザ博士から、自国の所有物と主張する”サハラの石”を、ブルックリン美術館から盗み出すことを依頼される。
報酬一人につき2万5000ドルと経費でそれを受けた2人は、運転のプロのスタンと、爆弾のプロのアランを仲間に引き入れ、博士の出方次第では、ダイヤも奪おうとする計画の準備を始める。
計画は実行され、3人は苦労しながらダイヤを奪うが、アランがそれを飲み込んでしまい逮捕される。
そして、ジョンらは、アムーザ博士に経費の上乗せを要求し、アランを脱獄させようとするのだが・・・。
__________

犯罪をスポーツのように描く、軽快で無駄のないピーター・イエーツの演出は冴え、個性豊かな出演者の軽妙な演技も見逃せない。

1970年代初頭の作品には思えない、古臭さを全く感じさせない作品。

クインシー・ジョーンズの、粋な音楽も印象に残る。

第45回アカデミー賞では、編集賞にノミネートされた。

主人公達がヘリコプターで警察署を襲撃するシーンで、マンハッタンの上空を飛ぶヘリが、建設中の”ワールドトレードセンター・ツインタワー”に接近する映像は非常に興味深い。
9.11”(アメリカ同時多発テロ事件)以後に、テレビ放映された際には、このシーンがカットされたこともある。

お決まりの色男というよりも、偏屈なところが強調され、それがなかなかいい味を出している、30代半ばの若々しいロバート・レッドフォードが、実にに魅力的だ。

実際は彼よりも年上だが、義弟役であるコミカルな演技を見せてくれるジョージ・シーガル、スピード狂のロン・リーブマン、インテリの爆弾のプロ、ポール・サンド、その父親で弁護士のゼロ・モステル、ダイヤ強奪の依頼人モーゼス・ガン、また、端役だが警察署の警部でウィリアム・レッドフィールド、主人公の主治医でリー・ウォレスらが登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター