追撃機 The Hunters (1958) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

朝鮮戦争下、先の大戦で伝説のパイロットと言われた男の、戦いに生きる思いと叶わぬ恋を描く、製作、監督ディック・パウエル、主演ロバート・ミッチャムロバート・ワグナーリチャード・イーガンメイ・ブリットリー・フィリップス他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■

監督:ディック・パウエル
製作:ディック・パウエル
原作:ジェームズ・ソルターThe Hunters
脚本:ウェンデル・メイズ
撮影:チャールズ・G・クラーク
編集:スチュアート・ギルモア
音楽:ポール・ソーテル

出演
クリーヴ・サヴィル少佐:ロバート・ミッチャム
エド・ペル少尉:ロバート・ワグナー
”ダッチ”イミル大佐:リチャード・イーガン
クリスティナ”クリス”アボット:メイ・ブリット
カール・アボット中尉:リー・フィリップス
コロナ中尉:ジョン・ガブリエル
曹長:ジョン・ドーセット
日本人局員:ノブ・マッカーシー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1958年製作 108分
公開
北米:1958年8月26日
日本:1958年10月4日
製作費 $2,440,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1952年、朝鮮戦争下、日本、伊丹エアベース(現大阪国際空港)。
到着したアメリカ空軍少佐クリーヴ・サヴィル(ロバート・ミッチャム)はバーに向かい、部下となるカール・アボット中尉(リー・フィリップス)を紹介されて話をする。

サヴィルは、飲み過ぎて泥酔するアボットを車で待たせ、レストランで彼を待つ女性クリスティナ”クリス”(メイ・ブリット)を迎えに行く。

クリスと車に向かい別れようとしたサヴィルだったが、彼女に手を貸してほしいと言われて同行する。

アボットの家に着き彼を部屋に運んだサヴィルは、戦闘で疲れ酒を飲むようになったというアボットを心配するクリスの話を聞く。

サヴィルは、そこで初めてクリスがアボットの妻だと知り驚き、その場を去る。

朝鮮。
アボットらと共に基地に向かったサヴィルは、第二次大戦の空の英雄同士でもある”ダッチ”イミル大佐(リチャード・イーガン)に歓迎される。

敵にも優秀なパイロットがいることと戦況を聞いたサヴィルは、翌日の訓練に早速参加することを伝えてその場を去る。

翌日、ジェット戦闘機”F-86 セイバー”で飛び立ったサヴィルは、イミルが見守る中、見事な飛行を披露する。

一旦、日本に戻ったサヴィルは偶然クリスと再会し、彼女を食事に誘う。

一緒に戻ったアボットがクリスに連絡もしていないことを不思議に思ったサヴィルは、彼女にその話はしたくないと言われる。

二人は、京都郊外の日本料理店で食事をして楽しい時を過ごす。

ノルウェーオスロ出身で画家志望だったクリスは、アボットと知り合い結婚したものの、彼が戦争で変わってしまった悩みなどを話す。

アボットの支えになってほしいと頼まれたサヴィルは、クリスに惹かれてしまう。

家に戻ったクリスは、送ってくれたサヴィルを受け入れようともするが、彼女は戸惑ってしまう。

クリスの気持ちを察したサヴィルは帰ろうとするが呼び止められ、彼女は許してほしいと伝える。

サヴィルが笑顔でクリスに愛を伝えその場を去ろうとすると、そこに酔ったアボットが帰宅する。

アボットは、食事をしたというサヴィルのことをクリスに尋ねるが、彼女は孤独な男性だと答える。

クリスは、自分を妻として扱ってほしいとアボットに伝え、彼は考えてみるとだけ答える。

朝鮮に戻ったサヴィルは、出撃を明日に控え飲んでいるアボットに飛ぶ気があるのかを尋ねる。

自分を立ち直らせるために、クリスがサヴィルに余計な話をしたと言って気分を害するアボットは席を立つ。

そこに編隊に入る自信過剰なエド・ペル少尉(ロバート・ワグナー)が現れ、サヴィルに挨拶する。

翌日、ペル、アボット、コロナ中尉(ジョン・ガブリエル)と共に出撃したサヴィルは、4機の敵戦闘機”MiG-15”を確認する。

戦闘となりペルが敵一機を撃墜するが、彼の勝手な行動でコロナの機が被弾する。

基地は緊急体制となり、イミルが見守る中、コロナは着陸体制にに入るものの操縦不能となり墜落する。

イミルはサヴィルらを呼び、連帯行動を乱したペルについての意見を聞く。

サヴィルは、成績は優秀だが使えない男だと言って、ペルを自分の隊から外すことを要求する。

イミルは、ペルをリーダーにすれば援護する必要はなくなるという提案をする。

サヴィルはそれに反対するが、敵機を倒すことを第一に優先するイミルは、ペルを戦力として高く評価する。

転属を願い出るサヴィルだったが、ペルを使えるのは自分しかいないと言われる。

かつて自分もペルのようだったとも指摘されたサヴィルは、それが命令であるため仕方なく承知する。

処分されないことを知ったペルは安心し、コロナは運が悪かったと口にしたためサヴィルに殴られる。

ペルは、嘘の報告をしたこととコロナの死が自分のせいだということを認める。

小隊長を命ぜられたペルは、同じ過ちを犯したら場合は命を奪うとまでサヴィルに言われる。

期待に応える覚悟を伝えたペルは、行動で示せと言われ、その後の出撃で、サヴィルと競い合いながら敵機を何機も撃墜する。

英雄として京都に戻ったサヴィルはクリスと会い、二人は各地を観光して回る。

再び心が通い、サヴィルは結婚についても口にするが、クリスはアダムを見捨てることができない。

サヴィルはクリスの気持ちを察して、アダムを守ることを約束してその場を去る。

兵舎に戻ったサヴィルは、敵のエースを攻撃させてほしいとアボットに頼まれる。

それが認められないアボットは、クリスと会ったサヴィルに、彼女と寝たのか問い侮辱したため彼に殴られる。

アボットは、敵の攻撃とクリスを交換条件にすると言い出す。

サヴィルは、なぜ自分を傷つけるのかと尋ね、臆病者が使う手段だというアボットに答えを返さず、イミルに呼ばれたため部屋を出る。

新たな任務で出撃したイミルの編隊は、援護する目的地を前に敵機の攻撃を受ける。

アボットの機は被弾したため彼は脱出し、サヴィルは敵のエースを撃墜する。

援軍の物資は無事投下されたため目的を果たしたイミルは帰還し、サヴィルはパルと共にアボットの降下地点に向かう。

燃料の少ないペルを帰還させたサヴィルは敵地に不時着し、落下傘が木の枝にかかり吊るされた状態のアボットを発見する。

敵が近づき、意識のないアボットを担いでその場を逃れたサヴィルは攻撃を受けるが、戻ったペルが援護射撃をする。

ペルの機も攻撃を受け、脱出した彼はサヴィルと合流する。

その頃、基地に呼ばれたクリスは、アボットが行方不明であることを知らされる。

更にクリスは、アボットが生存し捕虜になった可能性と、サヴィルとペルもアボットの捜索中に行方が分からなくなったことも知る。

サヴィルとペルは、敵兵の野営地を襲い武器や食料を手に入れる。

アボットの元に戻ったサヴィルは、自分は捕虜になる覚悟があるため逃げてくれと言われる。

負傷者は殺されるというサヴィルは、アボットを運び廃墟の教会に向かい疲労困憊のペルを休ませる。

暫くして眠ってしまったサヴィルらは、現れたクリスチャンの村人に食糧などを与えてもらう。

敵兵が近づきサヴィルらは身を隠すが、村人達は子供も含めて殺されてしまう。

サヴィルは腕を撃たれながらトラックの敵兵を襲撃して倒し、ペルは敵の残虐な行為にショックを受ける。

その後、荷車でアボットを運んだサヴィルとペルは、ギリシャ軍の陣地にたどり着く。

無事に帰還して日本に戻ったアボットは病院で治療を受け、現れたクリスに一緒に帰国してほしいことを伝え、長い暗闇の出口が見えた思いがすることを語る。

アボットからやり直したいと言われたクリスは、何も答えずに窓の外の中庭を眺める。

腕の治療を受け中庭で休養していたサヴィルは、見舞に来たイミルとペルと談笑する。

イミルから今回の件の質問を受けたサヴィルは、燃料が残っていたにも拘わらず帰還しなかったことは軍法会議ものだと言われる。

飛行できたことを正直に話すサヴィルだったが、イミルは、対空砲火を受け不時着したという、ペルの証言だけを報告しておくことを伝えて立ち去る。

その後サヴィルは、現れたクリスが帰国を決めたとを知り、何も言わずに別れようと伝え、その場を去る彼女に手を振る。

病院内に向かい一旦振り向いたクリスだったが、サヴィルは上空の編隊を見上げていたため彼女には気づかなかった。

戦いに生きる男の気持ちを察したクリスは立ち去り、サヴィルは尚も大空の友軍機を見つめる。


解説 評価 感想 ■

1956年に発表された、ジェームズ・ソルターの小説”The Hunters”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

1952年、朝鮮戦争下。
日本に到着した第二次大戦で活躍した伝説のパイロット、クリーヴ・サヴィル少佐は、部下となるアボット中尉の妻クリスに惹かれてしまう。
クリスは、戦闘の過酷さで酒に溺れる夫が結婚当初とは変わってしまったことで悩んでいた。
朝鮮に向かい、アボットと共に戦友イミル大佐の部隊に加わったサヴィルは、訓練を行い一旦、日本に戻る。
クリスに会ったサヴィルは、彼女の悩みを聞きつつ心通わせ、二人の思いは一つになりかけるのだが・・・。
__________

前年の戦争映画の快作「眼下の敵」(1957)のディック・パウエルロバート・ミッチャムが再び組んだ戦争ドラマ。

プライバシーがほとんど語られない戦いに生きる主人公が、部下の妻に惹かれ叶わぬ恋について考えながら信念を貫くという、その生き様を力感溢れるタッチで描くディック・パウエルの演出が見どころの作品。

大筋は当然、戦争ドラマであり、アメリカ空軍全面協力による、当時の最新鋭ジェット戦闘機”F-86 セイバー”や”MiG-15”を実際に使った空中戦は、スピード感、迫力共に見応え十分。

更に、微妙なタッチの恋愛が絡む展開、観る者の心を複雑にさせるラストなど実に興味深い。

日本が舞台として登場するが、風景のロケ以外は役者が現地で演じていることはなかったようで、殆どが日本風のセットという感じだ。

伝説のパイロットとして登場し、周囲とは一線を引く主人公を演ずるロバート・ミッチャムは、独特のゆったりした物腰で他を圧倒する存在感を示す。
心強い上官としての貫録と、女性に対しての包み込むような優しさを感じさせる実に雰囲気のある役者だ。

生意気な若造風のエリート・パイロットから、主人公と行動を共にして成長する少尉ロバート・ワグナー、指揮官である大佐のリチャード・イーガン、主人公に惹かれるパイロットの妻を魅力的に演ずるメイ・ブリット、その夫リー・フィリップス、墜落死する士官ジョン・ガブリエル、曹長ジョン・ドーセット、日本人の局員ノブ・マッカーシーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター