レッド・オクトーバーを追え! The Hunt for Red October (1990) 3/5 (25)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1984年に発表された、トム・クランシー原作、”ジャック・ライアン”シーリーズの、第一弾である”The Hunt for Red October”を基に製作された作品。
ソ連の最新鋭巨大原子力潜水艦艦長の行動と、原潜を調査するCIA情報分析官他の活動を描く、監督ジョン・マクティアナン、撮影ヤン・デ・ボン、主演ショーン・コネリーアレック・ボールドウィンスコット・グレンサム・ニール他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ショーン・コネリー / Sean Connery 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・マクティアナン
製作総指揮
ラリー・デウォーイ
ジェリー・シャーロック
製作:メイス・ニューフェルド
原作:トム・クランシーThe Hunt for Red October
脚本:ラリー・ファーガソン

編集
デニス・ヴァークラー

ジョン・ライト
撮影:ヤン・デ・ボン
音楽:バジル・ポールドゥリス

出演
マルコ・ラミウス:ショーン・コネリー
ジャック・ライアン:アレック・ボールドウィン
バート・マンキューソ:スコット・グレン
ボロディン:サム・ニール
ジェフリー・ペルト:リチャード・ジョーダン
ジェームズ・グリーア提督:ジェームズ・アール・ジョーンズ
ペトロフ:ティム・カリー
ツポレフ:ステラン・スカルスガルド
ジョーンズ:コートニー・B・ヴァンス
スキップ・タイラー:ジェフリー・ジョーンズ
ペインター提督:フレッド・トンプソン
ダヴェンポート艦長:ダニエル・デイヴィス
リセンコソ連大使:ジョス・アックランド
プーティン:ピーター・ファース

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1990年製作 135分
公開
北米:1990年3月2日
日本:1990年7月14日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $122,012,643
世界 $200,512,643


アカデミー賞 ■

第63回アカデミー賞
・受賞
音響編集賞
・ノミネート
編集・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ソ連ムルマンスク沿岸ボリャルヌイ水路。
最新鋭原子力潜水艦”レッド・オクトーバー”の艦長マルコ・ラミウス(ショーン・コネリー)は、秘かな決意を胸に、副官ボロディン(サム・ニール)に出航命令だす。

イギリス
その頃、CIAの情報分析官ジャック・ライアン(アレック・ボールドウィン)が、イギリス情報局から入手した資料と写真を基に、謎に包まれたソ連タイフーン級巨大原子力潜水艦レッド・オクトーバーの調査を終え、アメリカに帰国する。

ラングレーCIA本部。
ジェームズ・グリーア提督(ジェームズ・アール・ジョーンズ)に、その件を報告したライアンは、情報入手のため、海軍技術開発顧問のスキップ・タイラー(ジェフリー・ジョーンズ)の元に向かう。

同じ頃、レッド・オクトーバーの動きが、アメリカ原潜ダラス により確認され、バート・マンキューソ艦長(スコット・グレン)は、ソナー員のジョーンズ(コートニー・B・ヴァンス)に監視を命ずる。

ラミウス艦長は、政治士官プーティン(ピーター・ファース)が持参した、今回の指令を確認する。

しかし、ラミウスはプーティンを殺害し、命令書を燃やしてしまう。

タイラーの助言で、レッド・オクトーバーがソナーでも探知できない、最新鋭キャタピラー推進装置を装備している可能性があることをライアンは知る。

それが事実だとすると、レッド・オクトーバーは、誰にも気づかれずに、ワシントンD.C.ニューヨークを核攻撃できることになる。

レッド・オクトーバーの軍医ペトロフ(ティム・カリー)は、政治士官補充のための帰還を提言する。

ラミウスはそれを受け入れず、キャタピラーを作動させて、アメリカ軍ソナー網を掻い潜り、キューバに向かうことを乗組員に告げる。

その頃、原潜ダラスも、レッド・オクトーバーを見失ってしまい、 ライアンは、ラミウスが亡命する可能性を視野に入れる。

国家安全保障担当補佐官のジェフリー・ペルト(リチャード・ジョーダン)から、3日以内にラミウス亡命説を証明するよう命じられたライアンは、北大西洋沖の空母エンタープライズに向かう。

一方、レッド・オクトーバー撃沈の命令を遅れて受けた、ソ連の原潜コノヴァロフのツポレフ艦長(ステイラン・スカルスガルド)は、全艦隊の出撃を知り、全速力でレッド・オクトーバーを追う。

ラミウスは、レッド・オクトーバーの士官達を前にして、出航前に、司令官宛に亡命の意向を示した手紙を送っていたことを説明する。

レッド・オクトーバーの動きを察知した、原潜ダラスのマンキューソ艦長は、待ち伏せを考える。

ラミウス は、ソ連の対潜航空機から降下された魚雷をかわすが、レッド・オクトーバー艦内で破壊工作が発覚する。

同じ頃、ソ連潜水艦船団が迫り緊迫する中、ライアンは、エンタープライズからダラスに行くことを、ペインター提督(フレッド・トンプソン)に許可される。

ダラスに乗り込んだライアンは、ソ連大使リセ ンコ(ジョス・アックランド)の要請で、レッド・オクトーバーの撃沈命令がだされたことを、マキューソ艦長から知らされる。

レッド・オクトーバーとダラスは臨戦態勢となり、ライアンは、ラミウスの意図をモールス信号で窺う。

それを受けたラミウスは、亡命する場合の指示に従い、ローレンシア海溝北方グランド・バンクに向かう。

その時、レッド・オクトーバーの原子炉で異常事態が発生し、 艦を海面浮上させたラミレスは、乗組員を退艦させる。

そこに、アメリカのフリゲート艦が現れ、ラミウスは士官と 共にレッド・オクトーバーを自沈させようとする。

しかしこれは、亡命に乗組員を巻き込まないラミレスの 予定通りの計画だった。

フリゲート艦から飛び立ったヘリコプターから、魚雷が投下されてレッド・オクトーバーに向かうが、艦上のグーリア提督が、命中寸前で爆破する。

レッド・オクトーバーは、撃沈されたことになり原潜ダラスにも報告される。

ラミレスの考えは亡命だと確信するライアンは、マキューソ艦長を説得してレッド・オクトーバーに乗り込む。

マキューソ艦長は、レッド・オクトーバーの引渡しとラミウスの亡命を受け入れるが、ソ連原潜コノヴァロフから発射された魚雷が迫る。

その時、破壊工作を企てる乗組員が発砲し、ボロディンが命を落としラミウスは負傷する。

ライアンは犯人を倒し、レッド・オクトーバーは魚雷攻撃をかわし、コノヴァロフに魚雷を命中させる。
レッド・オクトーバーは、撃沈されたかのように見せかけることに成功する。

レッド・オクトーバーは深海に沈み、捜索不可能ということになる。

そして、メインペノプスコット川を進むレッド・オクトーバーの艦上で、ラミウスとライアンは静かに語り合う。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「レッド・オクトーバーを追え!」(1990)
・「パトリオット・ゲーム」(1992)

・「今そこにある危機」(1994)

*(簡略ストー リー)

ソ連の、最新鋭巨大原子力潜水艦”レッド・オクトーバー”の艦長マルコ・ラミウスは、秘かな決意を胸に出航命令だす。
その頃、CIA情報分析官ジャック・ライアンは、入手した資料と写真を基にして、謎のソ連原潜レッド・オクトーバーの調査を終え、アメリカに帰国する。
CIA本部で、本件をグリーア提督に報告したライアンは、レッド・オクトーバーが、ソナーでも探知できない、最新鋭キャタピラー推進装置を装備している可能性があることを、その後の調査で知る。
それが事実であれば、レッド・オクトーバーは、誰にも気づかれずに、ワシントンD.C.ニューヨークを核攻撃できることになる。
同じ頃、レッド・オクトーバーの動きを、アメリカ軍原潜ダラスが確認し、マンキューソ艦長は、部下に監視を命ずる。
意を決したラミウスは、政治士官を殺害して命令書を燃やし、キャタピラーを作動させる。
そしてラミウスは、アメリカ軍ソナー網を掻い潜り、キューバに向かうことを乗組員に告げるのだが・・・。
__________

巨大原子力潜水艦の動向を中心に、当時の米ソ間の政情やスパイ劇の緊迫感、原潜同士の戦いの駆け引きと迫力を、見事に描いたジョン・マクティアナンの演出と、ヤン・デ・ボンの撮影も素晴らしい、見応え十分な作品。

亡命を果たしたラミウスが、ライアンに静かに語りかけるラスト、暗闇のペノプスコット川の映像が実に美しい。

北米興行収入は約1億2200万ドル、全世界では、2億ドルを超すヒットとなった。

第63回アカデミー賞では、音響編集賞を受賞した。
・ノミネート
編集・録音賞

ショーン・コネリーの、妻を亡くした哀愁漂う表情、また、男臭さや、指揮官としての絶大なる指導力と存在感ある演技には、惚れ惚れしてしまう。

亡命者ラミウスの人間像を読み取り、緻密な分析で問題の謎を解こうとする、CIA情報分析官ジャック・ライアンを、まだスマートなアレック・ボールドウィンが、彼のキャリアの中でもベストと言える好演を見せている。

アメリカ原潜艦長役、スコット・グレンの渋みを増した、抑えた演技も印象に残る。

命を落とすラミウスの副官サム・ニール、亡命裏工作を指揮する国家安全保障担当補佐官リチャード・ジョーダン、 ライアンの上司である提督のジェームズ・アール・ジョーンズ、軍医ティム・カリー、自ら放った魚雷で撃沈してしまうソ連の原潜艦長役のステラン・スカルスガルド海軍技術顧問役のジェフリー・ジョーンズ、空母エンタープライズに乗艦する艦隊指揮官フレッド・トンプソン、原潜ダラスのソナー員コートニー・B・ヴァンスら豪華な顔ぶれ、そして各人の熱演がドラマに厚みを加えている。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター