インフォーマント! The Informant! (2009) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1990年代に実際に起きた、国際的な価格カルテル事件を基に製作された作品。
製作総指揮ジョージ・クルーニー、監督、撮影スティーヴン・ソダーバーグマット・デイモン主演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
製作
グレゴリー・ジェイコブズ

ジェニファー・フォックス
マイケル・ジャッフェ
ハワード・ブラウンスタン
カート・アイケンウォルド
製作総指揮
ジョージ・クルーニー

ジェフ・スコール
マイケル・ロンドン
原作:カート・アイケンウォルド
脚本:スコット・Z・バーンズ
撮影:スティーヴン・ソダーバーグ
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:マーヴィン・ハムリッシュ

出演
マーク・ウィテカーマット・デイモン

ブライアン・シェパード捜査官:スコット・バクラ
ボブ・ハーンドン捜査官:ジョエル・マクヘイル
ジンジャー・ウィテカー:メラニー・リンスキー
ミック・アンドレアス:トム・パパ
マーク・シェヴィロン:トム・ウィルソン
テリー・ウィルソン:リック・オーヴァートン
ディーン・ペイズリー捜査官:アラン・ハーヴェイ
ジェームズ・エプスタイン:トニー・ヘイル
オーブリー・ダニエル:クランシー・ブラウン
カーク・シュミット:エディ・ジェイミソン
リズ・テイラー:ラスティ・シュウィマー
ウィテカー:フランク・ウェルカー
ウィテカー夫人:キャンディ・クラーク
アレクサンダー・ウィテカー:ルーカスキャロル
イケダ・ヒロカズ:神田瀧夢

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2009年製作 108分
公開
北米:2009年9月18日
日本:2009年12月5日
製作費 $21,000,000
北米興行収入 $33,313,582
世界 $41,771,168


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1992年10月、イリノイ州ディケーター
穀物関連の大企業ADM/アーチャー・ダニエルズ・ミッドランドの若き管理職マーク・ウィテカー(マット・デイモン)は、リジンの大幅減産を追求され、副会長ミック・アンドレアス(トム・パパ)から生産回復を急かされる。

ウィテカーは、生産減に追い込まれたウィルス汚染の原因が日本のライバル会社” 味の素”で、 社内にはそのスパイもいることをアンドレアスに伝える。

さらにウィテカーは、それを解決するために巨額の裏金を要求されていることも知らせる。

しかし、会社側はそれを恐喝事件と判断し、ウィテカーFBIから聴取を受ける。

実は会社側の違法行為を知っていたウィテカーは、それをリークしようとするが、セキュリティ担当マーク・ シェヴィロン(トム・ウィルソン)に見張られていたために、それをFBIに話せない。

ウィテカーの妻ジンジャー(メラニー・リンスキー)は、 家の社用回線に盗聴器を仕掛けることになっていたFBI捜査官ブライアン・シェパード(スコット・バクラ)に、その秘密を打ち明けることを夫に提案する。

そしてウィテカーは、リジンに関する国際的な価格カルテル交渉を、会長とその息子アンドレアスに指示されていることをシェパードに話す。

スプリングフィールド
シェパードは、そのカルテルについての協議を始め、FBIの本格的なウィテカーとの接触が始まる。

自宅回線もいじられたことを知ったウィテカーは、それをシェヴィロンに訴え、その裏でシェパードの上司ディーン・ペイズリー(アラン・ハーヴェイ)と会うことになる。

盗聴器も持たされたウィテカーは、通常の業務をこなすが、シェパードから周囲が警戒し始めていることも知らされる。

その後、日本側からの連絡も途絶え、ウィテカーは会社の方針が変わり、リジンの生産も回復したことをシェパードに伝えるが、彼は徹底的に捜査しようとする。

会社側から昇給も提示されたウィテカーは、カルテルがなくなったことでFBIと手を切ろうとする。

しかし、シェパードは納得せずにウィテカーを呼び出し、ポリグラフを使い彼がまだ何かを隠していることを知り、それを追求する。

ボブ・ハーンドン捜査官(ジョエル・マクヘイル)も加わった追求で、カルテルは今も続き、それがリジン以外にも広がっていることをウィテカーは白状する。

カリフォルニア州、アーヴァイン
その後、ウィテカーFBIへの協力を続け、アンドレアスとテリー・ウィルソン(リック・オーヴァートン)らを伴った日本側との会合に向かう。

FBIは、その場に隠しカメラを仕掛け、会合の様子を録画するが、決定的な証拠をつかめない。

1994年3月、ハワイ
そして、再び会合を盗撮したFBIは、その場でカルテルの合意が得られた証拠を手に入れる。

その後FBIでは、年棒35万ドルのウィテカーがどうして内部告発者になったかなどが話題になり、 シェパードは政府が彼を守れるのかを心配する。

しかし、当のウィテカーは、これで上層部が消えて、自分がADMのトップになると言い出し、妻ジンジャーはそれが理解できず戸惑ってしまう。

1995年6月27日。
FBIADMに対する強制捜査が始まるが、ウィテカーが社員のカーク・シュミット(エディ・ジェイミソン)らに、その情報を漏らしていたことをシェパードは知らされる。

その後、ADM側はウィテカーに弁護士を付けるが、彼はFBIに協力することを告げて、個人で弁護士ジェームズ・エプスタイン(トニー・ヘイル)を雇う。

そして、マスコミの話題にまでなってしまったウィテカーに、シェパードやエプスタインは手を焼いてしまう。

1995年8月。
やがて、ウィテカーADM乗っ取りを企て、 カルテルも自らが発案していたとの内部調査報告を、会社の顧問弁護士オーブリー・ダニエル(クランシー・ブラウン)が報告する。

それをシェパードが承知していたことになり、ウィテカーは250万ドルを会社から盗み取っていたことも分かり、 捜査対象がADMから彼に移される。

そして、ウィテカーのマネーロンダリングや送金詐欺、そして脱税などが発覚し、彼がリベートとして受け取った金額は900万ドルに膨れ上がる。

ついに、ウィテカーはジンジャーまで騙し、自分が拉致されて逃れたことにしてテレビ出演までしてしまう。

ウィテカーは、ADMやシェパードを訴えると言い出すが、両親(フランク・ウェルカー/キャンディ・クラーク)が事故死したという嘘も知られてしまう。

精神異常を装おうとしたウィテカーは、偽の精神科医がシェパードにばれてしまう。

1997年10月。
ウィテカーは法廷で罪を認め謝罪し、有罪となり服役する。

2002年。
服役中のウィテカーは大統領に対し恩赦を嘆願して、シェパードに対しても謝罪する。

ウィテカーは、それに立ち会ったハーンドン捜査官に、FBIに協力しなければ1150万ドルも盗まなかったことを告げる。

それを聞いたハーンドンは、950万ドルと言っていた金額がまた増えたことに驚いてしまう。

その後、横領は全て自分が考えたことをウィテカーは認め、ADMは和解金と政府への罰金に5億ドル以上を費やした。

2006年12月、サウスキャロライナ州、エッジフィールド
ウィテカーは釈放され、妻ジンジャーの出迎えで家族の元に戻る。

そして、”サイプレス・システムズ”のCOO兼、事業本部長となったウィテカーだったが、大統領の恩赦は受けられなかった。


解説 評価 感想 ■

作品では、実在の企業や名称などとは関係がないことを明記しているが、ロゴを多少変えたADM味の素協和発酵などの企業は実名で登場し、もちろん主人公のマーク・ウィテカーの役柄は実名で登場する。

*(簡略ストー リー)

穀物関連の大企業ADMの若き幹部マーク・ウィテカーは、ライバル企業のスパイの陰謀で、リジンの減産に追い込まれた対処に追われる。
裏金も要求された会社側は、恐喝事件としてFBIに通報し、ウィテカーがそれに協力することになる。
ウィテカーは、会社が日本企業などを巻き込んだ価格カルテルを行っていることを、捜査官シェパードに知らせる。
FBIウィテカーに、会社に知られぬよう内部の情報を入手させ、ついにカルテル合意現場の盗撮に成功する。
ADMに強制捜査が入り経営陣が逮捕され、事件は解決したかに見えたが、シェパードはウィテカーの言動に不信感を持ち始める・・・。
____________

利益を優先する企業の犯罪の内部告発という社会性があり、またスリリングなストーリーを期待するのだが、会社とFBIが、高収入のエリート社員に翻弄される姿を描いたコメディ作品。

人気スターのマット・デイモンと「オーシャンズ11」(2001)他でも組んでいる、スティーヴン・ソダーバーグとのコンビが話題になった。

彼らの作品にも拘らず興行成績は、全世界でも約4200万ドルに終わってしまった。

製作費 $21,000,000
北米興行収入 $33,313,582

コメディということで、とぼけた演技も新鮮味のあるマット・デイモンは、体重も増やしてかつらをつけて、マーク・ウィテカー本人に成りきって熱演している。

横領金額が膨れ上がっていくに従い、周囲の混乱が増していく演出はなかなか面白い。

しかし、独禁法を犯したサンプルのような、世間を揺るがす大事件が題材だっただけに、リアリティはまずまず感じるが、奥深いドラマとして見てみたかったような気もする。

主人公に振り回される、FBI捜査官スコット・バクラジョエル・マクヘイル、上司のアラン・ハーヴェイ、主人公の妻メラニー・リンスキー、弁護士のトニー・ヘイル、会社側副会長トム・パパ、重役のリック・オーヴァートンエディ・ジェイミソン、セキュリティーのトム・ウィルソン、秘書ラスティ・シュウィマー、弁護士クランシー・ブラウン、そして主人公の母親役キャンディ・クラークなども共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター