ザ・インタープリター The Interpreter (2005) 3.25/5 (4)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

国連を舞台にしたアフリカの複雑な人権問題と大統領暗殺計画を描く、製作、監督シドニー・ポラック(監督としては本作が遺作)、製作アンソニー・ミンゲラ、主演ニコール・キッドマンショーン・ペンキャサリン・キーナー他共演のサスペンス。


ドラマ(社会派)

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督 シドニー・ポラック
製作総指揮
G・マック・ブラウン
アンソニー・ミンゲラ
シドニー・ポラック
脚本
チャールズ・ランドルフ
スコット・フランク
スティーヴン・ザイリアン

撮影:ダリウス・コンジ
編集:ウィリアム・ステインカンプ

音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
ニコール・キッドマン:シルヴィア・ブルーム
ショーン・ペン:トビン・ケラー捜査官
キャサリン・キーナー:トッド・ウッズ捜査官
イェスパー・クリステンセン:ニルス・ラッド
イヴァン・アタル:フィリップ
クライド・クサツ:リー・ウー国連内警察局長
ジョージ・ハリス:クマン=クマン
アール・キャメロン:マトボ共和国大統領エドモンド・ズワーニ
ヒューゴ・スピーア:サイモン・ブルーム
シドニー・ポラック:ジェイ・ペティグリュー

アメリカ/イギリス/フランス 映画
配給 ユニバーサル/UIP
2005年製作 128分
公開
北米:2005年4月22日
日本:2005年5月21日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $72,515,360
世界 $162,944,923


受賞 ■

L.A.映画批評家協会賞
キャサリン・キーナー/助演女優賞受賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

アフリカのマトボ共和国で育った、国連本部で通訳をするシルヴィア・ブルーム(ニコール・キッドマン)は、ふとしたことから、国内での非人道的残虐行為を非難されている、同国大統領暗殺計画を知ってしまう。

当局に報告したシルヴィアの、警護を担当することになったシークレットサービスのトビン・ケラー(ショーン・ペン)は、2週間前に妻を亡くしていた。

ケラーは、同僚のトッド・ウッズ(キャサリン・キーナー)とシルヴィアの警護にあたることになる。

暗殺対象者を守ることを、第一優先に考えるケラーは、それをシルヴィアに伝え、彼女の言動を疑ってかかる。

ケラーの早過ぎる復帰を気遣う上司ジェイ・ペティグリュー(シドニー・ポラック)は、マトボ大統領エドモンド・ズワーニ(アール・キャメロン)の生命を守ることに、全力をあげるよう再び彼に指示を出す。

シルヴィアが、ズワーニ大統領に両親を殺されたことを知った、大統領の警護主任ニルス・ラッド(イェスパー・クリステンセン)は、彼女の政治的立場などを聞き出そうとするが、ケラーはそれに不快感を示す。

ラッドは、シルヴィアが、反政府集会に参加した証拠写真をケラーに送る。

そしてケラーは、ズワーニに最も恨みを持つ身近な人間がシルヴィアだということを、彼女にはっきりと伝える。

その後ケラーらは、国連本部で演説をするズワーニ暗殺を阻止するため、爆薬や銃器の捜査を始める。

その頃、シルヴィアの部屋から盗まれた仮面を被った何者かが、彼女のアパートの窓越しに現れ、逃走する事件が起きる。

ケラーは、怯えるシルヴィアに優しく語りかけ、彼女に妻が2週間前に死んだことを話す。

翌日、シルヴィアは、兄サイモン(ヒューゴ・スピーア)と、マトボで行動を共にしていたフランス人カメラマンのフィリップ(イヴァン・アタル)と再会し、兄の無事を知らされる。

その後シルヴィアは、マトボからの亡命者で反ズワーニ運動の指導者クマン=クン(ジョージ・ハリス)に接触するため、路線バスに乗り込む。

二人のシークレットサービスと、爆弾を持った男もバスに乗り込み様子を窺い、シルヴィアはバスから降りるが、その後、バスは爆破されてしまう。

クマン=クマンは死亡し、ケラーがシルヴィアを追及すると、彼女は自分が、反ズワーニの過激派だったことを告白する。

フィリップが、シルヴィアに手紙を残し自殺しているのがみつかり、兄サイモンも死亡していたことを彼女は知る。

バスの爆破犯がシルヴィアを襲うが、ケラーが駆けつけて彼を射殺する。

そして、シルヴィアは、ケラーに国に帰るという伝言を残して姿を消してしまう。

物々しい警戒態勢の中、ズワーニが入国し、ケラーは、国連ビルに暗殺者が既に侵入していることを知る。

ズワーニの演説が始まり、暗殺者が銃口を向けようとするが、黒幕だった警護主任ラッドが彼を射殺する。

騒然となった会議場で、ケラーは、暗殺者の傍らにいたラッドが犯人だと察知し、彼を逮捕する。

その頃、シルヴィアは、出国すると見せかけて国連ビルのズワーニの控え室に侵入し彼に銃を向ける。

そこに現れたケラーは、シルヴィアに銃を置くように説得する。

シルヴィアは、ズワーニを希望の星だと思い、崇拝していた頃の彼の著書を読ませてから、銃をケラーに渡す。

そしてシルヴィアは、兄サイモンの残した、虐殺された犠牲者のリストを国連で読み上げる。

安全保障理事会は、ズワーニを、反人権的行為で国際刑事裁判所に告訴する。

シルヴィアは、ケラーの証言により、危険人物リストから外され、マトボに帰国することになる。

そして、シルヴィアは今後の友情を誓い合い、ケラーに別れを告げる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

アフリカのマトボ共和国で育った、国連本部で通訳をするシルヴィア・ブルームは、非人道的残虐行為を非難されている、同国大統領ズワーニ暗殺計画を知ってしまう。
報告を受け、彼女の警護を担当することになったシークレットサービスのトビン・ケラーは、2週間前に妻を亡くしたばかりだった。
暗殺の対象者を守ることを、第一優先に考えるケラーは、シルヴィアの言動を疑ってかかる。
シルヴィアが、ズワーニ大統領に両親を殺されたことを知った、大統領の警護主任ラッドは、彼女の政治的立場などを探るが、ケラーがそれに不快感を示す。
ラッドは、シルヴィアが、反政府集会に参加した証拠写真をケラーに送り、現状でズワーニに最も恨みを持つ身近な人間が彼女だと、本人に率直に伝える。
そして、国連本部での爆薬や銃器の捜査も始まり、シルヴィアの周辺でも不審者が現れ、彼女は怯えてしまう。
そんなシルヴィアに、ケラーは優しく語りかけて、妻が2週間前に死んだことを話し、二人は心通じ合うことが出来るのだが・・・。
__________

本作で描かれている、アフリカ諸国で頻発する非人道的行為や虐殺は、大きな社会問題になっている。

主演の両アカデミー受賞者を見事に使いこなすシドニー・ ポラックの、緊迫感ある、テンポの良い演出は、一級のサスペンスとして見応え十分である。

役者志望だったシドニー・ ポラックは、本作でもショーン・ペンの上司役で出演している。
*自作「トッツィー」(1982)など多数の作品に出演している。

デリケートで難しい問題を扱った作品にも拘らず、ニューヨーク市と国連本部が全面協力するロケは効果抜群で迫力満点だ。

製作費8000万ドルの大作で、北米興行収入は約7300万ドル、全世界では約1億6300万ドルのヒットとなった。

過激派というミスマッチな役柄を迫真の演技で演ずるニコール・キッドマンは、正体を隠すために地味に演じても、とにかく美しさが際立つ。

妻を亡くしたばかりの、ベテランのシークレットサービスを演じたショーン・ペンは、渋さも増した重みのある演技を見せてくれる。

ケラー(S・ペン)の同僚キャサリン・キーナーは、目立ち過ぎずも存在感を発揮している。

マトボ大統領護衛官でありながら、実は民族浄化を正当化しようとした事件の黒幕イェスパー・クリステンセン、マトボ大統領アール・キャメロン、主人公の兄ヒューゴ・スピーア、彼と行動を共にしたフランス人カメラマン、イヴァン・アタル国連内警局長クライド・クサツ、反ズワーニ運動の指導者ジョージ・ハリスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター