【レビューを書く】 

シャロン砦 The Last Frontier (1955)


3.69/5 (32)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

先住民討伐のために軍にスカウトとして雇われた男の生き様と戦いを描く、監督アンソニー・マン、主演ヴィクター・マチュアガイ・マディソンロバート・プレストンアン・バンクロフトジェームズ・ホイットモア他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト
監督:アンソニー・マン

製作:ウィリアム・ファディマン
原作:リチャード・エメリー・ロバーツ”The Gilded Rooster”
脚本
フィリップ・ヨーダン
ラッセル・S・ヒューズ
撮影:ウィリアム・C・メラー
編集:アル・クラーク
音楽:リー・ハーライン

出演
ジェド・クーパー:ヴィクター・マチュア
グレン・リオーダン大尉:ガイ・マディソン
フランク・マーストン大佐:ロバート・プレストン
コリーナ・マーストン:アン・バンクロフト
ガス:ジェームズ・ホイットモア
フィル・クラーク大尉:ラッセル・コリンズ
デッカー曹長:ピーター・ホイットニー
マンゴ:パット・ホーガン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1955年製作 98分
公開
北米:1955年12月7日
日本:1956年1月14日
北米興行収入 $1,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1860年代。
罠猟師のジェド・クーパー(ヴィクター・マチュア)とガス(ジェームズ・ホイットモア)、そして先住民のマンゴ(パット・ホーガン)の三人は、町に向かう途中で先住民に囲まれる。

三人は慌てずにその場で休息し、腹ごしらえをしながら談笑する。

そこに現れてた部族長のレッド・クラウドから銃を要求された三人は、指示に従う。

更に荷も要求されたジェドは、馬を渡せとマンゴに指示したガスに、1年、苦労して手に入れた荷だと伝える。

命には代えられないと言われたジェドは仕方なく納得し、マンゴは馬を渡す。

先住民は去り、レッド・クラウドから、この土地から去るようにと言われたマンゴは、狩り、釣り、罠も許さないと警告されたことをジェドとガスに伝える。

害は与えていないと考えるジェドだったが、マンゴから、砦を作った軍隊のせいだと言われる。

雪が降る前に軍隊を全滅させるつもりの先住民が、森に入る白人も殺す考えだと知ったジェドは納得できないものの、ガスから、文明の波がこの土地にまで押し寄せていると言われる。

それが理解できないジェドは、砦に行って荷を弁償させようとするが、軍にはかなわないと考えるガスは、カナダに行くことを提案する。

ジェドが考えを変えないために、ガスとマンゴは仕方なくシャロン砦に向かうことにする。

砦の指揮官グレン・リオーダン大尉(ガイ・マディソン)と話したジェドは、馬と毛皮そして武器をレッド・クラウドに奪われたために、その弁償を求める。

返済の代わりにスカウトの仕事を任せたいと言われたジェドは、1月25ドルの報酬に寝床と食事、そして武器が支給され、獲物の皮も自分達の者にしていいと言われる。

軍服は許さないが、相応しい働きをすれば兵士にすると言われたジェドらは、引き受けることをリオーダンに伝えて歓迎される。

給料を前払いで受け取った三人は、夜になり酒を飲んで騒ぎ始める。

警備兵を叩きのめしてしまったジェドは、コリーナ・マーストン(アン・バンクロフト)の部屋に向かい、酒があるか尋ねる。

その場にあった写真が夫のフランク・マーストン大佐(ロバート・プレストン)だと知ったジェドは、コリーナから厳罰が下ると言われる。

メドフォード砦に大佐がいることを知ったジェドは、レッド・クラウドの土地であるために、未亡人になるとコリーナに伝える。

恐ろしい話であるにも拘わらず動じないコリーナから、ケダモノの呼ばわりされたジェドは、自分は人間だと言って気分を害してその場を去る。

翌日、許可なしに砦を出て夜になってから戻ったジェドは、その件をリオーダンから責められる。

どう対処すればいいか考えたリオーダンは、兵士にしてほしいと言われ、文明になじまない者は兵士に向かないとジェドに伝える。

ガスとマンゴは軍に順応できたが、自分には無理な理由を訊いたジェドは、リオーダンから、家族を持つことを勧められる。

リオーダンが結婚していないことを確認したジェドは、ここを離れたらすると言う彼に、自分もそうすると伝える。

そこに、メドフォードのことを気にする軍医のフィル・クラーク大尉(ラッセル・コリンズ)とコリーナが現れ、リオーダンに黙っていてくれたことをジェドは彼女に感謝する。

ジェドを受け入れる気になれないコリーナだったが、友達になりたいだけだと言われる。

リオーダンからメドフォードと連絡がとれないと言われたコリーナは、夫の身を案ずる。

電信線が切れていたとリオーダンに知らせたジェドは、ガスらがメドフォードに向かったと言われる。

襲撃された砦になぜガスとマンゴを向かわせたとジェドから問われたリオーダンは、それがスカウトの仕事だと答える。

納得いかないジェドは、自分が行って二人の無事を確かめ、マーストンを捜すとコリーナに伝えてメドフォードに向かう。

警戒しながら森を進むジェドは、兵士と共に逃げて来た負傷したガスとマンゴを見つける。

シャロンから来たジェドを呼んだマーストン大佐は、100人の援軍を要請したことを伝えるが、一人で来たと言われる。

戻ってリオーダンに援軍を要請するようにと言われたジェドは、この場で待つ考えのマーストンに、レッド・クラウドに襲撃されると伝える。

援軍が来れば敵を撃退して砦を奪還すると言うマーストンは、従おうとしないジェドに銃殺刑だと伝える。

その時、襲撃を受けて負傷兵を出したマーストンは、撤退を勧めるジェドの意見を聞き入れて出発する。

シャロンに着いたマーストンは、あることで自分を恨むクラークと指揮官のリオーダンに迎えられる。

マーストンに声をかけたコリーナは、ジェドから、約束通り大佐を連れ帰ったと言われる。

夜になり、眠らずに外でたたずむマーストンは、ワシントンD.C.での事務職から西部に赴任することを志願して来たものの、勝利を味わえない自分を不甲斐なく思う。

二人で敗北は味わったと言うコリーナは、なぜ任地に同行したかを夫から訊かれ、妻だからだと答える。

出世にこだわるマーストンに、軍服と結婚したのではないと伝えたコリーナは、軍服こそが命だと言う夫の理解を得られなかった。

外にいたジェドは、マーストンとコリーナの様子を気にする。

翌朝、兵士の朝礼の様子を見守るマーストンは、東部で使い物にならない落ちこぼれの集団だとリオーダンから言われる。

援軍要請に従わなかった理由を訊いたマーストンは、リオーダンから自殺行為だと言われるものの、メドフォードを奪還してレッド・クラウドらを吊るす考えを伝える。

砦の防衛が任務であり訓練兵ばかりだと意見するリオーダンだったが、マーストンはそれを無視し、部下のデッカー曹長(ピーター・ホイットニー)に訓練時間を2倍にして兵士を鍛えるよう命ずる。

指揮官は自分だと伝えたリオーダンは、地区の上官の権限でマーストンに解任されてしまう。

その様子を見ていたジェドは、親交を深め気心知れるようになったリオーダンに対するマーストンの態度を不快に思う。

マーストンの命令で偵察に出たジェドは、レッド・クラウドが他の部族と渓谷で話し合う様子を監視する。

殺した先住民が着ていた軍服を持ち帰ったジェドは、それをマンゴに渡す。

自分に報告せず、病棟でガスとリオーダンと話していたジェドの元に向かい批判したマーストンは、レッド・クラウドがアシニボイン族と手を組もうとしていたことを知る。

雪が降る前に兵士を鍛え上げて攻撃を仕掛けると言うマーストンの考えに反対するクラーク大尉は、無謀な行為だと意見する。

司令官はマーストンだと言うリオーダンに、南北戦争時の”シャイローの戦い”を思い出すべきだと伝えて、クラークはその場を去る。

一戦で1500人の部下を失ったマーストンは、”シャイローの虐殺者”と政府に報告されたことを話し、その場にいたコリーナは複雑な思いで話を聞いていた。

それ以上、聞く気になれないコリーナは部屋を出るが、マーストンは、自分の判断は正しかったとリオーダンらに話す。

宿舎に戻ろうとしたコリーナは、待ち構えていたジェドに迫られて抵抗する。

病棟からマーストンが出てきたために彼の元に向かえと指示されたコリーナだったが、ジェドの部屋に連れて行かれて、自分の女にしたいと言われる。

マーストンに従えば全滅だと言うジェドは、自分といれば生きられるとコリーナに伝える。

愛があり必要としているとコリーナに伝えたジェドは、自分の悪い部分を修正してほしいと言って、彼女を抱き寄せようとする。

その時、先住民の襲撃があり、マーストンは、単独行動だったとデッカーから報告を受ける。

コリーナは、自分を守ろうとしてくれたジェドの愛を受け入れる。

合図してくれたガスにコリーナとの関係を知られたジェドは、自分の女にすることを伝える。

ジェドのことを考えるガスは、傷つくだけなのでコリーナのことは忘れるべきだと助言する。

生きる世界が違うと言うガスは、淑女であるコリーナが木の上や洞窟で眠れる女ではないと伝える。

自分の育て方が悪かったと言うガスの意見を、ジェドは一応、聞き入れる。

ガスを病棟に送りクラークと話したジェドは、誰かがマーストンを止めなければ悲惨なことになると言われる。

それをクラークに任せたジェドはリオーダンの元に向かい、マーストンを砦にとどめるために、マンゴをララミー砦に行かせたことを知る。

翌日から、デッカーの指揮下で兵士達の厳しい訓練は始まる。

ジェドを伴うマーストンは、水の補給と先住民の野営地の偵察に向かう。

野営地を見たマーストンは、攻撃可能であることを確認して引き揚げようとする。

クマの罠の穴に落下したマーストンは、助けようとしないで話をするジェドから、レッド・クラウドの追跡をやめて、雪が降るまで砦にいることを約束するようにと言われる。

マーストンがそれを拒むために、ジェドは彼を置き去りにしてその場を去る。

戻らない夫のことを気にするコリーナに、ジェドと一緒なので大丈夫だと伝えたリオーダンは、捜索隊を出してほしいという彼女の要請を断る。

ジェドと夫に何かあったと考えるコリーナは、それをリオーダンに話せるはずもなかった。

その後、コリーナはジェドが一人で戻ったことを確認し、リオーダンは、マーストンが消えたというジェドの報告を受ける。

クラークから、マーストンが先住民に捕らえられたのかと訊かれてジェドはそれを否定し、見失ったとしか言わない彼を、リオーダンは兵士としては不適格だと判断する。

憤慨したジェドはコリーナの元に向かい、望み通り夫は死んだと言って彼女に迫る。

それに納得しないコリーナに、リオーダンらと共に救いたかっただけだと伝えたジェドは、自分は汚れた男だと言って彼女を殴り、その場を去る。

森に向かいマーストンを助けたジェドは、砦に戻る。

自分が戻らなければジェドを絞首刑にしたと言うリオーダンを、マーストンは軍人として評価する。

マーストンは、3時間で全員を武装させるようリオーダンに指示を出す。

酔ったジェドの様子を見に行ったガスは、正しいことをしたが、女の選び方は間違ったと伝える。

兵士を整列させたマーストンは、明日の夜に出撃することと、自分の命令に従えば大丈夫だと伝える。

そこに、先住民から奪った軍服を着た酔ったジェドが現れ、同行することをマーストンに伝えた彼は、正気を失ったように叫びながら砦を出る。

その時、先住民の襲撃が始まり、数人を倒したジェドは砦に戻り、援護してくれたリオーダンから軍服を脱ぐよう指示され、それに従おうとする。

無謀な行為だとコリーナから批判されたジェドは、関係ないはずだと伝える。

コリーナから、自分のために命を大切にしてほしいと言われたジェドは、水を飲んで酔いを醒ましながら、彼女に気持ちが理解できずに混乱してしまう。

翌日、デッカーから、ジェドが兵士の士気を下げると言われたマーストンは、挑発して始末するよう指示する。

部屋に忍び込んだデッカーが自分を殺す気であることを知ったジェドは、襲いかかってきた彼と格闘になる。

屋根から落ちたデッカーは死亡し、マーストンから指示を受けたリオーダンは、ジェドを逮捕しようとする。

リオーダンにまで裏切られたと考えたジェドは、命を懸けようとした軍を批判して軍服を脱ぎ捨て、その場から逃げ去る。

塀を飛び越えたジェドを、リオーダンは撃つことができなかった。

夜になり、負傷者のガスを含めた部隊は出撃準備を整える。

幸運を祈るようにとマーストンから言われたコリーナは、シャイローでも祈ったと伝える。

心のこもらない祈りだろうと伝えたマーストンは、その場を去る。

考え直すようにと言ってマーストンを説得したリオーダンは、聞き入れようとしない彼を、通達があるまで部屋で待機させるようクラークに指示する。

ララミー砦のフィスビー将軍の命令が下る伝えたリオーダンは、1週間前に要請したので、命令書は届くはずだと言って引き下がろうとしない。

それを無視するマーストンに銃を向けようとしたリオーダンだったが、そこにマンゴが戻る。

フィスビー将軍からの要請却下の通達を受けたリオーダンは驚く。

それを確認したマーストンは、砦の護衛をリオーダンに任せて出撃する。

山の麓にいたジェドは、現れたマンゴから部隊が出撃したことを知らされ、全滅すると考える。

ジェドに銃を渡したマンゴは、この先の先住民の土地に向かうと言って立ち去る。

先住民の姿が見えないために、こちらから仕掛けると言うマーストンは、ガスを偵察に向かわせる。

ジェドは、潜んでいる先住民の背後の木に登り、ガスの様子を監視する。

ガスを弓で狙う先住民をジェドが射殺し、襲撃が開始されたことを知ったマーストンは、突撃ラッパと共に攻め込む。

激しい戦いが始めり、撃たれたガスの元に駆け寄ったジェドは、彼の死を確認する。

兵士を森に退却させたジェドは、戦いながら砦に戻とうとする。

味方を援護したリオーダンは、大砲で攻撃して門を開けるよう指示し、コリーナも銃を持ち敵に発砲する。

ジェドと兵士らは砦に戻り、先住民は引き揚げる。

勇敢に戦ったマーストンは戦死する。

やがて雪が降る季節となり、戦功を称えられたジェドは、リオーダンに兵士として認められて軍曹となる。

”解散”という号令を任されたジェドは、リオーダンから上出来だったと言われる。

そしてジェドは、自分を見つめるコリーナの愛を確認する。


解説 評価 感想
1947年に発表された、リチャード・エメリー・ロバーツの小説”The Gilded Rooster”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1860年代。
罠猟師のジェド・クーパーは、仲間のガスと先住民のマンゴと共に町に向かう途中、先住民の部族長レッド・クラウドに銃と馬と荷を奪われる。
シャロン砦に向かい、軍隊が先住民の土地を荒らしたため全てを奪われたと指揮官のリオーダンに伝えて弁償を求めたジェドは、返済の代わりにスカウトとして雇われる。
メドフォード砦の指揮官であるマーストン大佐の妻コリーナに惹かれたジェドは、彼女に強引に迫る。
ガスとマンゴがメドフォードに向かったことを知ったジェドは、彼らを捜すために森に向かい、砦を奪われて逃げて来たマーストンの部隊に出くわす。
ジェドの助言でシャロンに向かったマーストンは、周囲の反対を聞き入れず、戦功をあげるため、部隊を再編制して先住民との戦いに備えるのだが・・・。
__________

西部劇やフィルム・ノワールなど、1940年代後半から1960年代にかけて数々の名作を残したアンソニー・マンの作品。

文明からかけ離れた生活を送りながら、軍のスカウトとなった罠猟師の生き様と戦いを描いた正統派西部劇。

傲慢で粗野でありながら、その経験を活かして先住民との戦いに命を懸ける男の逞しい姿を描く、アンソニー・マンの力強い演出が見どころの作品。

西部が部隊の作品ではあるが、撮影はメキシコで行われ、国内2番目の標高を誇る”ポポカテペトル山”(5426m)の麓で撮影された。

砦他から見えるポポカテペトル山の異様な姿を効果的に使った、ウィリアム・C・メラーの撮影も素晴らしい。

”虐殺者”と言われ、南北戦争時の”シャイローの戦い”での汚名返上のため戦功をあげようとする指令官の役柄は、ジョン・フォードの傑作西部劇「アパッチ砦」(1948)でヘンリー・フォンダが演じた、”オーウェン・サーズデー中佐”を彷彿させる。
クライマックスで、全滅を覚悟して先住民に突撃して戦死する姿も、同作とほぼ同じ展開だ。

主演のヴィクター・マチュアは、無学で粗野ではあるが、生き抜く術を知る逞しい男を彼らしい迫力ある演技で熱演している。

主人公と親交を深める砦の指揮官ガイ・マディソン、軍務に全てを懸けて戦功をあげることだけを考える司令官のロバート・プレストン、その妻で、撮影当時23歳の美しいアン・バンクロフト、主人公の仲間で育ての親でもあるジェームズ・ホイットモア、同じく仲間で先住民のパット・ホーガン、砦の軍医ラッセル・コリンズ、マーストン大佐の部下である曹長のピーター・ホイットニーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。