大いなる決闘 The Last Hard Men (1976) 3.04/5 (23)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

逃亡した凶悪犯に恋人を殺したことを恨まれる元保安官が、娘を浚われたための追跡劇を描く、監督アンドリュー・V・マクラグレン、主演チャールトン・ヘストンジェームズ・コバーンバーバラ・ハーシー他共演の本格派西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト ■

監督:アンドリュー・V・マクラグレン
製作
ラッセル・サッチャー

ウォルター・セルツァー
原作:ブライアン・ガーフィールド
脚本:ガードン・トゥルーブラッド
撮影:デューク・キャラハン
編集:フレッド・A・チュラック
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
サム・バーゲイド:チャールトン・ヘストン

ザック・プロヴォ:ジェームズ・コバーン
スーザン・バーゲイド:バーバラ・ハーシー
ハル・ブリックマン:クリストファー・ミッチャム
シーザー・メネンデス:ホルヘ・リヴェロ
ウィル・ギャント:ジョン・クウェイド
マイク・シェルビー:ラリー・ウィルコックス
ノエル・ナイ:マイケル・パークス
ジョージョ・ウィード:タルマス・ラスラーラ
リー・ロイ・タッカー:ロバート・ドナー
ポーチュギー・シーラズ:モーガン・ポール

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1976年製作 97分
公開
北米:1976年6月1日
日本:1977年2月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1909年。
鉄道敷設工事に従事していた囚人、凶悪犯ザック・プロヴォ(ジェームズ・コバーン)は、隙を見て看守を殺し仲間達と共に逃亡する。

ウィル・ギャント(ジョン・クウェイド)、ジョージョ・ウィード(タルマス・ラスラーラ)、リー・ロイ・タッカー(ロバート・ドナー)、マイク・シェルビー(ラリー・ウィルコックス)、ポーチュギー・シーラズ(モーガン・ポール)、そしてシーザー・メネンデス(ホルヘ・リヴェロ)らと列車の冷蔵車に乗り込んだプロヴォは、自分を捕らえた元保安官サム・バーゲイド(チャールトン・ヘストン)への復讐を誓う。

トゥーソン
プロヴォらの逃亡を知ったバーゲイドは、保安官の職を譲ったノエル・ナイ(マイケル・パークス)に、母親が先住民である彼の残虐性などを伝え警戒させる。

バーゲイドは、プロヴォが列車に乗っていると考え、到着した車両を調べ、冷蔵車内に彼らがいた痕跡を見つける。

プロヴォらが氷を捨てたことに気づいたバーゲイドは、その氷を探して追跡を始める。

ヒラベント駅。
馬を手に入れたプロヴォは、ナヴァホの居留地に隠してある、かつて奪った金貨を手に入れようともしていた。

そのために、プロヴォが、まずは手持ちの資金を手に入れるはずだと判断したバーゲイドは、彼らを誘き出そうとする。

娘スーザン(バーバラ・ハーシー)と二人暮しのバーゲイドは、引退したにも拘らず、脱獄犯を追おうとすることを心配する彼女に、決着をつけねばならない理由を話す。

追跡の末、プロヴォを追い詰めたバーゲイドは彼の小屋で銃撃戦となった。

バーゲイドの弾丸かは不明だが、プロヴォの恋人がそれに巻き込まれ死亡したことで、彼から恨まれていたのだった。

その後、スーザンの恋人ハル・ブリックマン(クリストファー・ミッチャム)が彼女を迎えに来て、二人は出かけていく。

その頃、トゥーソンに造幣局からの金貨が届くことになり、それを護衛するのがバーゲイドだとプロヴォは知る。

メネンデスはそれが罠だと言って警戒するが、プロヴォはそれを承知でその金貨を狙う。

金貨は駅に届き、バーゲイドはプロヴォが現れることを確信してそれを運ぶ。

同じ頃、プロヴォはスーザンを襲い、彼女を誘拐しバーゲイドを逆に誘い出そうとする。

思惑が外れ誰も現れなかったことで、バーゲイドはスーザンが狙われたことに気づく。

バーゲイドは自宅に向かうが、既にスーザンは連れ去られていた。

手をこまねく保安官のノエル達を見て、バーゲイドは単独でスーザンの捜索に向かおうとする。

しかし、ノエルらも追跡に協力し、ブリックマンもそれに同行しようとする。

プロヴォは、捜索隊の動きを観察するが、何の進展もないことで、ギャントが不満を訴える。

それに対しプロヴォは、山分けしても1人4000ドルになる金貨を隠してあることを告げ、ギャントらを納得させる。

夜になり、スーザンは逃亡しようとするが、落馬したところをプロヴォに捕らえられる。

その後、プロヴォは隠してあった金貨を手に入れ、居留地の先住民を買収し、バーゲイドに協力しないよう先手を打つ。

ノエルは管轄権外を理由に町に戻ることをバーゲイドに伝え、彼はブリックマンと二人だけで一味を追う。

その夜、バーゲイドは罠を仕掛け、一味のウィードを捕らえ仲間の居場所を吐かせる。

ウィードが戻らないことで、バーゲイドが近くにいることを悟ったプロヴォは、彼の目の前でギャントとシーラズにスーザンをレイプさせる。

バーゲイドはスーザンを助けようとするが、罠だと言うブリックマンに殴り倒される。

日が暮れた後、バーゲイドは草木に火を放ちプロヴォらを火責めにする。

シーラズはバーゲイドに撃たれて焼死し、ギャントも待ち伏せされ殴り殺される。

やがて夜が明け、バーゲイドはメネンデスも倒し、その死体をおとりにしてプロヴォらに近づき、ブリックマンがスーザンを見張っていたシェルビーを射殺する。

スーザンに近づこうとしたバーゲイドだったが、プロヴォに銃を突きつけられ、何発かの銃弾を浴びて崖下に転落する。

止めを刺そうとしたプロヴォだったが、バーゲイドは彼を射殺する。

そして、スーザンとブリックマンが、傷だらけのバーゲイドに歩み寄り介抱する。


解説 評価 感想 ■

ブライアン・ガーフィールドの小説”Gun Down”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

引退していた元保安官のサム・バーゲイドは、自分が逮捕して、その恋人まで殺したと思われている凶悪犯のザック・プロヴォの逃亡を知る。
プロヴォ一味を捕らえるため、先手を打っていたバーゲイドだったが、娘のスーザンが一味に誘拐されてしまう。
バーゲイドはプロヴォに誘き出されることになるが、スーザンの恋人ブリックマンの協力を得て一味に対抗する。
そして、最後の対決となった山肌で、プロヴォはスーザンを利用し、バーゲイドを誘き出そうとするのだが・・・。
__________

ジョン・フォードジョン・ウェイン作品で御馴染みの名優ヴィクター・マクラグレンの息子で、既に実績十分だったアンドリュー・V・マクラグレンの演出と、当時のトップスター、チャールトン・ヘストンと個性派のジェームズ・コバーンという魅力的な顔合わせが話題になった正統派西部劇大作。

アメリカ建国200年を記念して製作されたれた作品でもあり、既に20世紀に入っていた時代背景の中、車が登場したり、冷蔵技術の発達を描写するシーンなどが興味深い。

その時代の流れと共に、衰えた体力などを強調する場面が多いチャールトン・ヘストンが、気力だけで敵に立ち向かう、勇ましくもあり頼りなくも見える姿が今一しっくりこない、やや消化不良的な後味の作品でもある。

それに対して、今回は完全な悪役ではあるが、いつもながらのシャープな演技で個性を発揮するジェームズ・コバーンの魅力が際立つ。

クライマックスでしかその二人は対面しないのだが、双方の駆け引きなどは面白い。

軽快な音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当している。

主人公の娘を印象的に演ずる、まだ20代であったバーバラ・ハーシー、見た目よりも勇敢なその恋人、ロバート・ミッチャムの息子クリストファー・ミッチャム、保安官マイケル・パークス、逃亡犯一味ホルヘ・リヴェロジョン・クウェイドラリー・ウィルコックスタルマス・ラスラーラロバート・ドナーモーガン・ポールなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター