ラスト・オブ・モヒカン The Last of the Mohicans (1992) 4/5 (14)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1826年に発表された、ジェームズ・フェニモア・クーパーの”モヒカン族の最後”を基に製作された作品。小説”Leatherstocking Tales”シリーズ5作品中の2作目。
製作、監督、脚本マイケル・マン、主演ダニエル・デイ・ルイス、 マデリーン・ストウピート・ポスルスウェイト他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:マイケル・マン
製作総指揮
ジェームズ・G・ロビンソン

製作
マイケル・マン

ハント・ロウリー
原作:ジェームズ・フェニモア・クーパーモヒカン族の最後
脚本
マイケル・マン

クリストファー・クロウ
撮影:ダンテ・スピノッティ
編集
ドヴ・ホウニグ

アーサー・シュミット
音楽
トレヴァー・ジョーンズ

ランディ・エデルマン

出演
ホークアイ/ナサニエル・ポー:ダニエル・デイ・ルイス

コーラ・マンロー:マデリーン・ストウ
アリス・マンロー:ジョディ・メイ
チンガチェック:ラッセル・ミーンズ
ダンカン・ヘイワード少佐:スティーヴン・ウェディントン
マグア:ウェス・ステューディ
アンカス:エリック・シュウェイグ
エドモンド・マンロー大佐:モーリス・ローヴス
ルイ=ジョセフ・ドゥ・モンカルム将軍:パトリス・シェロー
ジャック・ウィンスロプ:エドワード・ブラッチフォード
ビームス大尉:ピート・ポスルスウェイト
アンブローズ少佐:コルム・ミーニイ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1992年製作 112分
公開
北米:1992年9月25日
日本:1993年3月13日
製作費 $37,000,000
北米興行収入 $75,505,856


アカデミー賞 ■

第65回アカデミー賞
・受賞
録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1757年。
フレンチ・インディアン戦争”3年目、アメリカ東部。
イギリス陸軍のダンカン・ヘイワード少佐(スティーヴン・ウェディントン)は、コーラ(マデリーン・ストウ)とアリス(ジョディ・メイ)の姉妹を、父であるエドモンド・マンロー大佐(モーリス・ローヴス)の元に送り届けるための、護衛隊を指揮する
ことになる。

コーラはヘイワードに求婚されるのだが、答えを返せないでいた。

その後ヘイワードは、モホーク族のマグア(ウェス・ステューディ)をガイドに、部隊を出発させる。

しかし、実はマグアは、フランス軍と結託するヒューロン族で、待ち伏せしていた仲間達と部隊を襲い、コーラ達に襲い掛かる。

全滅しかけた部隊だったが、そこに、モヒカン族の酋長であるチンガチェック(ラッセル・ミーンズ)、息子のアンカス(エリック・シュウェイグ)、そしてホークアイ(ダニエル・デイ・ルイス)が現れコーラ達を救う。

命を救われたコーラとアリスそしてヘイワードは、目的地の砦まで、ホークアイらに案内されることになる。

途中、焼き討ちに遭った友人一家の埋葬もせず、先を急ぐホークアイに興味を持ったコーラは、彼がイギリス人で、チンガチェックの養子だということを知る。

そして、ホークアイらは、フランス軍と交戦中の砦に到着し、無事にコーラ達をマンロー大佐の元に送り届ける。

ホークアイはマンロー大佐に感謝されるが、辺境地の移民やモホーク族の危険を伝えても、軍隊にそれを支援する余力はないことを知らされる。

大佐は、フランス軍との戦いに専念するようヘイワードに伝え、司令部に援軍要請の伝令を出す。

ホークアイらの襲撃を逃れたマグアは、フランス軍司令官のルイ・ジョセフ・ドゥ・モンカム将軍(パトリス・シェロー)に戦況を報告し、子供達の命と妻を奪ったマンローとその娘達への復讐を誓う。

その頃、砦ではホークアイとコーラが、お互い惹かれ合うものを感じ、彼女はヘイワードの求婚を断る。

民兵のジャック・ウィンスロプ(エドワード・ブラッチフォード)が、砦から脱出するのを手助けして、コーラと愛し合ったホークアイは、ビームス大尉(ピート・ポスルスウェイト)に逮捕されてしまう。

コーラは、処刑されることになったホークアイをかばい、父マンロー大佐やヘイワードと対立する。

やがて、フランス軍の総攻撃が始まり、マンロー大佐はそれに屈し降伏する。

降伏条件を受け入れたイギリス軍は解放されるが、マグア率いるヒューロン族が彼らに襲い掛かる。

マグアはマンロー大佐を殺して家族の仇を討ち、コーラとアリスを殺そうとするが、ホークアイやアンカスが彼女らを救い、カヌーに乗り湖から川に向かう。

滝の手前でカヌーを捨てたホークアイは、コーラとアリスを、同行していたヘイワードに託し滝壺に身を投げる。

その後、コーラ達はマグアらヒューロン族に捕らえられ、部族の村に連れて行かれる。

アンカスとチンガチェックは、ホークアイやアリスに思いを寄せながら、コーラ達を追い村にたどり着く。

マグアは酋長に、ヘイワードはフランス軍に売り、コーラとアリスは火炙りにすることを提案する。

そこにホークアイが現れ、ヘイワードを通訳にして、誇り高いヒューロン族は、イギリスフランスと同じよう蛮行を行うべきでないと、姉妹と将校を解放するよう説得する。

酋長はマグアの行動を戒め、彼をアリスと結婚させて、ヘイワードはイギリス軍に返そうとする。

そして酋長は、コーラを火炙りにして、マグアの子供を弔うよう指示し、ホークアイには立ち去るよう告げる。

しかし、マグアは酋長の言葉に反発して、アリスを連れ村を去り、ヘイワードがコーラの身代わりになり火炙りにされる。

コーラを連れて村を去ったホークアイは、ヘイワードを苦しみから救うために射殺する。

マグアに連れられた、アリスを追ったアンカスは、単独でヒューロン族に立ち向かうが、マグアに殺されてしまう。

絶望したアリスも崖から身を投げてしまい、マグアを追ったチンガチェックは、彼を殺し息子の仇を討つ。

そしてチンガチェックは、神に召されたアンカスや部族の者が、最後のモヒカン族となった自分を迎え入れるよう、ホークアイと共に祈りを捧げる。


解説 評価 感想 ■

同じ題材として、「モヒカン族の最後」(1920)、1932年にハリー・ケリー主演で、1936年にはランドルフ・スコット主演で映画化されている。

*(簡略ストー リー)

1757年、アメリカ東部。
フレンチ・インディアン戦争の最中、イギリス陸軍のヘイワード少佐は、マンロー大佐の娘コーラとアリスを大佐のいる砦に護送する任務を命ぜられる。
途中、ガイドに扮して部隊に付き添ったヒューロン族のマグアは、家族を奪ったマンロー大佐への復讐を果たすため、娘達を殺そうとする。
しかし、モヒカン族の三人、酋長のチンガチェック、息子アンカス、そしてイギリス人の養子ホークアイが現れ彼女らを助ける。
ホークアイらはコーラ達を砦に案内し、移民や部族の保護を大佐に求めるのだが、それは叶わなかった。
その間、ヘイワードの求婚を断ったコーラは、心触れ合うようになった、ホークアイとの愛を深めていくのだが・・・。
____________

フレンチ・インディアン戦争”を一つのテーマにした、マイケル・マンらしい、リアリズムを追求した作品であるだけでなく、血統が滅びかける部族の誇りを懸けた戦い、その部族に育てられた青年と、イギリス人女性の愛を描いた、壮大なドラマに仕上がっている。

植民地政策の犠牲になる、アメリカ先住民達に巻き起こる紛争が、その勇ましく激しい戦いの影で、もの悲しさを感じる。

第65回アカデミー賞では、録音賞を受賞した。

翌年の「クリフハンガー」(1993)の音楽によく似ている、トレヴァー・ジョーンズの主題曲は印象に残る。

演技派ダニエル・デイ・ルイスが、精悍な表情で長髪をなびかせ、鍛え上げた肉体で森林を駆け巡る姿は、彼のイメージを一新して実に新鮮で、一流スターの役者魂も感じさせてくれる。

戦火の中で、一際映える美貌のマデリーン・ストウは、美しさだけでなく純朴なヒロインを好演している。

彼女の妹ジョディ・メイ、その父親役モーリス・ローヴス、ただ一人のモヒカン族の血統となる酋長ラッセル・ミーンズ、息子のエリック・シュウェイグ、最後に勇気を見せるイギリス軍少佐スティーヴン・ウェディントンヒューロン族の武闘派役ウェス・ステューディフランス軍司令官ルイ=ジョセフ・ドゥ・モンカルム将軍のパトリス・シェロー、民兵のエドワード・ブラッチフォード、軍人として端役出演のピート・ポスルスウェイトコルム・ミーニイなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター