ロイ・ビーン The Life and Times of Judge Roy Bean (1972) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

悪党に痛めつけられた流れ者ロイ・ビーンが無法の地となった町と荒野を、仲間にした保安官達と共に正義で一変させようとする奮闘を描く、監督ジョン・ヒューストン、主演ポール・ニューマンヴィクトリア・プリンシパルアンソニー・パーキンスネッド・ビーティエヴァ・ガードナージャクリーン・ビセット他共演による異色の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・ヒューストン
製作:ジョン・フォアマン
脚本:ジョン・ミリアス
撮影:リチャード・ムーア
編集:ヒュー・S・フォウラー
衣装デザイン:イデス・ヘッド
音楽:モーリス・ジャール
主題歌:アンディ・ウィリアムス

出演
ポール・ニューマンロイ・ビーン
ヴィクトリア・プリンシパル:マリー・エレーナ
アンソニー・パーキンス:ラ・サール牧師
ネッド・ビーティ:テクター・クリティス
ジム・バーク:バート・ジャクソン
エヴァ・ガードナーリリー・ラングトリー
ジャクリーン・ビセット:ローズ・ビーン
リチャード・ファーンスワース:無法者
ステイシー・キーチ:バッド・ボブ
ジョン・ヒューストンジェームズ”グリズリー”アダムズ
ロディ・マクドウォール:フランク・ガス
タブ・ハンター:サム・ドッド
アンソニー・ザーブ:詐欺師
ビル・マッキニー:ファーメル・パーリー
マット・クラーク:ニック・ザ・グラブ
マイケル・サラザン:ローズの夫

アメリカ 映画
配給 First Artists
1972年製作 123分
公開
北米:1972年12月18日
日本:1973年10月


アカデミー賞 ■

第45回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

19世紀末。
テキサスペコス川は文明の境界線で、川より西は法も秩序もなく、無法者とガラガラ蛇だけが住む荒野が広がっていた。
___________

銀行を襲ったという、流れ者のロイ・ビーン(ポール・ニューマン)は、酒場の悪党どもに身包みはがされて痛めつけられてしまう。

酒場にいたメキシコ娘マリー・エレーナ(ヴィクトリア・プリンシパル)は、ビーンを見つけて介抱する。

マリーから拳銃を受け取ったビーンは悪党どもに復讐するが、そこにラ・サール牧師(アンソニー・パーキンス)が現れる。

裁きは神に任せるべきだと、ビーンにそれを悟らせたラ・サールは、悪党どもを埋葬する。

その後ビーンは、自分が”判事”として正義となることを決めて、ラ・サールに告げる。

マリーに感謝したビーンは、酒場を裁判所を兼ねた自宅に改造し、彼女を続き小屋に住まわせて村人を悪党から守ろうとする。

極悪非道な悪党がはびこるこの地で、ビーンの行く末を気にしながらラ・サールは去っていく。

イギリスの女優リリー・ラングトリー(エヴァ・ガードナー)の大きなポスターを壁に貼り、その後ビーンは精力的に仕事をこなす。

ある日、バート・ジャクソン(ジム・バーク)率いる無法者達が現れるが、それほどの悪党とも思えない彼らを、ビーンは保安官に任命し、殺人犯のサム・ドッド(タブ・ハンター)を捕らえる。

ビーンはサムを裁判にかけて、容赦なく絞首刑を言い渡し刑を執行する。

保安官となったバート、ファーメル(ビル・マッキニー)、ニック(マット・クラーク)、そしてバーテンダー、テクター(ネッド・ビーティ)らは、獲物を追うハンターのように無法者達を捕らえ、やがて押収金が大量に集まる。

それを資金として、ビーンは荒野を町に変え、町には善良な人々が住み着き、彼は裕福な実力者となる。

その間、マリーは美しく変貌して、ビーンは彼女に憧れのリリーと同じドレスを着させ、暮れなずむ夕陽の前で2人は寄り添う。

その時、流れ者グリズリー・アダムズ(ジョン・ヒューストン)からビーンは黒熊を譲り受け、その熊が相棒となり同居が始まる。

そんなビーンに挑戦する、無法者バッド・ボブ(ステイシー・キーチ)が現れる。

しかし、町で暴れまわるバッド・ボブを、ビーンは一撃で仕留めてしまう。

ある日、弁護士フランク・ガス(ロディ・マクドウォール)が現れ、ビーンの土地の所有権を主張して、怒ったビーンはガスを熊の檻に監禁してしまう。

ビーンと話をつけたガスは、檻から出され弁護士事務所を開業し平穏な暮らしを取り戻すが、心の中で彼への復讐を誓う。

ガスが仕組んだと思われる、殺し屋がビーンを襲おうとした事件が起きるが、殺し屋は熊と格闘となり死亡し、熊も撃ち殺されてしまう。

駆けつけたガスは、ビーンが無事だったことを知ってその場を立ち去り、周囲に仲間をつけて次の計画を企む。

やがてマリーは妊娠し、春にはビーンの子供が生まれることになる。

ガスに言いくるめられた保安官達の妻は、元娼婦にも拘らず妊娠したメキシコ人マリーを軽蔑して、自分達を侮辱したビーンに怒りを露にする。

ビーンは已む無く妻達に謝罪するが、それは大芝居で皮肉を込めたものだった。

憧れのリリーが公演でサンアントニオにやって来ることになり、正装したビーンは意気揚々と公演会場に向かう。

しかし、公演のチケットは完売してビーンは劇場に入ることが出来なかった。

そこに詐欺師(アンソニー・ザーブ)が現れ、リリーの楽屋番に扮し、ビーンを騙して金を奪って逃げる。

町に戻ったビーンは、子供を生んだマリーが臨終を迎えていることを知る。

ビーンはマリーに、彼女の欲しがっていたオルゴールを贈るが、彼女は息を引き取ってしまう。

飲んだくれていて遅れた医者を、ビーンは絞首刑にしようとするが、町長に任命されたガスがそれを制止する。

信頼していた保安官達も、ガスに丸め込まれたことを知ったビーンは町から姿を消してしまう。

その後、町はガスに支配され、保安官達の生活も一変し、落ちぶれてしまう。

時は流れ、ビーンの娘ローズ(ジャクリーン・ビセット)は、彼の書き残した本でしか父親を知らずに育つ。

石油王とまでなったガスは、自分に盾突く者は撃ち殺し、再び無法の町と化していく。

ローズはガスに立ち退きを命ぜられるが、彼女はそれを拒否して敢然と立ち向かう。

ある日ローズは、未だに馬に乗る老人の姿を見かけ、何か懐かしいものを感じる。

その老人こそ生きていたロイ・ビーンで、彼は落ちぶれて、老いぼれとなった元保安官達を集める。

ローズを引き取り育てたテクターの前に、ビーンと保安官達が現れ、彼は多くを語らずにローズ達とポーカーを始める。

一勝負終えたビーンらは、彼らを取り囲むガスの手下達に立ち向かい、彼らの正義で町の悪を一掃して姿を消す。

町は昔に戻り、やがて美しさの変わらないリリーが町を訪れる。

リリーは、今では”ロイ・ビーン記念館”となった、かつての酒場を訪れる。

ビーンは他界し、ローズは結婚して夫(マイケル・サラザン)と幸せに暮らしていることをリリーは知らされる。

記念館の館長のテクターは、リリーに彼の拳銃と一通の手紙を贈る。

そしてリリーは、一度も会うことのなかったビーンからの、自分への熱い想いを綴った手紙を読み微笑む。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

19世紀末、テキサス
銀行を襲った流れ者のロイ・ビーンは、酒場の悪党どもに身包みはがされて痛めつけられてしまい、メキシコ娘マリーに介抱される。
回復したビーンは、悪党どもに対して復讐を果たして、現れたラ・サール牧師に、自分が”判事”となり正義となることを伝える。
イギリスの女優、リリー・ラングトリーの特大ポスターを壁に貼り、酒場を裁判所を兼ねた自宅に改装し、ビーンは仕事に励む。
その後ビーンは、無法者のバートらを保安官にして悪党を捕らえて、大量の押収金を手にする。
そしてビーンは、それを資金に荒野を町に変えていくのだが・・・。
__________

多くの奇妙なキャラクターやエピソードなどが、ユーモアを交え絶妙なタッチで描かれた、”風変わり”なコメディ・ウエスタンとも言えるが、主人公の男臭さや人間味を感じさせる人物描写や友情を、ジョン・ヒューストンらしく痛快に描いた作品でもある。

第45回アカデミー賞では、アンディ・ウィリアムスが唄う挿入歌”Marmalade Molasses and Honey”が歌曲賞にノミネートされた。

モーリス・ジャールの楽曲も、楽しいものになっている。

実際にはロイ・ビーンは、1903年に78歳で亡くなっていて、ドラマの始まりの時点で老人だったはずで、かなりの脚色となっている。

主人公を演ずるポール・ニューマンは、いつものスマートさから一変、浮世離れして野暮ったさがあるものの、愛すべきキャラクターのロイ・ビーンを豪快に演じている。

主人公の命を助けて、見初められるヴィクトリア・プリンシパル、牧師アンソニー・パーキンス、主人公に献身的に仕えるバーテンダーのネッド・ビーティ、弁護士から成り上がり、主人公に復讐を誓うロディ・マクドウォール、娘のジャクリーン・ビセット、保安官のジム・バーク、ビル・マッキニーマット・クラーク、無法者のタブ・ハンターステイシー・キーチリチャード・ファーンスワース、詐欺師アンソニー・ザーブ、写真だけで登場のJ・ビセットの恋人であり夫役のマイケル・サラザン、そして、主人公に熊を譲る実在の人物のグリズリー・アダムズを演ずる監督のジョン・ヒューストンと、ポスターだけで終わってしまうのかと思いきや、クライマックスでようやく登場する女優リリー・ラングトリーを演ずるエヴァ・ガードナーの出演は嬉しい。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター