リミッツ・オブ・コントロール The Limits of Control (2009) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ある男の抹殺命令を受けた”男”が謎の協力者の手を借りながらターゲットを仕留めるまでを描く、監督ジム・ジャームッシュ、主演イザック・ド・バンコレビル・マーレイティルダ・スウィントンジョン・ハート他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ジム・ジャームッシュ
製作総指揮:ジョン・キリク
製作
ステイシー・スミス
グレッチェン・マッゴーワン
脚本:ジム・ジャームッシュ

撮影:クリストファー・ドイル
編集:ジェイ・ラビノウィッツ
音楽:BORIS

出演
孤独な男:イザック・ド・バンコレ

クレオール人:アレックス・デスカス
フランス人:ジャン=フランソワ・ステヴナン
アメリカ人:ビル・マーレイ
ブロンド:ティルダ・スウィントン
ギター:ジョン・ハート
ヌード:パス・デ・ラ・ウエルタ
ヴァイオリン:ルイス・トサル
ドライバー:ヒアム・ アッバス
モレキュール:工藤夕貴
メキシコ人:ガエル・ガルシア・ベルナル

アメリカ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ

2009年製作 116分
公開
北米:2009年5月1日
日本:2009年9月19日
北米興行収入 $425,025
世界 $1,966,571


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

クレオール人(アレックス・デスカス)とフランス人(ジャン=フランソワ・ステヴナン)から、”スペイン語は話さないか?”という合言葉をかけられた孤独な”男”(イザック・ド・バンコレ)は、”全てを主観的に考えろ”、“自分こそ偉大だと思う男を墓場に送れ”という言葉と鍵とマッチ箱を受け取り、空路スペインに向かう。

機内で、マッチ箱の中のメモを見た男は、エスプレッソでそれを飲み込み、その後、マドリードに到着して指定されたタワーに向かう。

街に出た男は、カフェでエスプレッソを2杯頼み、その後、ギャラリーでヴァイオリンが描かれた絵を見つめる。

再びカフェでエスプレッソを2杯注文した男は、席に座ったヴァイオリン(ルイス・トサル)から、マッチ箱を受けとる。

マッチ箱のメモを読んだ男は、それをエスプレッソで飲み込んでしまう。

男が部屋に戻ると、ヌード(パス・デ・ラ・ウエルタ)が全裸で彼を待ち構えていた。

携帯電話、拳銃、そして仕事中はセックスもしない主義の男は、ヌードに手を出さない。

翌日、カフェでエスプレッソを注文した男の前に、ブロンド(ティルダ・スウィントン)が現れ、古い映画が好きな彼女はそれを語りながら、男にマッチを渡し立ち去る。

その後、男はヌードともマッチ箱を交換して、電車に乗って旅立つ。

社内で、モレキュール(工藤夕貴)からマッチ箱を受け取った男は、彼女の席に向かう。

男は、モレキュールから鍵も渡され、パンが届くまで3日待ち、そしてギターが現れると言われる。

そしてモレキュールは、自分達の中に仲間でない者がいることも伝えるが、男は自分は仲間でないと言って席を立つ。

自分の席に戻った男は、メモを読みエスプレッソで飲み込む。

ある街のアパートに向かった男は、”自分こそ偉大だと思う男を墓場に送れ・・・”という歌詞で踊る、フラメンコを見せるバーで一時を過ごす。

3日が経ちパンが届き、カフェでエスプレッソを飲んでいた男の元に、ギター(ジョン・ハート)が現れる。

ギターは、メキシコ人とドライバーに会えと言ってマッチ箱を交換し、持っていたギターを置いて立ち去る。

そして男は、メモを見てエスプレッソで飲み込む。

アパートを出た男は、街角でブロンドが連れ去られるのを目撃して街を離れる。

次の街のカフェで、メキシコ人(ガエル・ガルシア・ベルナル)に会った男は、マッチを交換してメモを読みエスプレッソで飲み込む。

その後、ギターをメキシコ人に渡した男は、ドライバーの運転する車に乗り目的地に向かう。

ドライバーに鍵を渡された男は、”自分こそ偉大だと思う男を墓場に送れ”と言われて別れる。

ある家に入った男は休息を取り、その後、物々しい警備の建物を視察てし持っていた地図を燃やす。

家に戻った男は、ベッドに横たわるヌードの遺体を発見し、建物に戻り侵入する。

そして男は、ターゲットのアメリカ人(ビル・マーレイ)をギターの弦で絞め殺す。

マドリード
トイレでスウェットウェアに着替えた男は、コインロッカーに荷物を入れ、最後のマッチ箱を捨てて駅から立ち去る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

”自分こそ偉大だと思う男を墓場に送れ”という指令を受けた”男”はマドリードに到着する。
次々と現れる、謎の協力者の情報を基に目的地への旅に出た男は、指示通り行動する。
そして、武器も持たずに物々しい警備の建物に侵入した男は、ターゲットの前に姿を現す・・・。
__________

美しいスペインの風景をバックに、鮮やかな色彩感覚と幻想的な映像美が堪能できる。

淡々と任務をこなす殺し屋と思われる男が、同じ状況の繰り返しを全く違ったイメージで映し出す、鬼才ジム・ジャームッシュの独特のスタイルが活かされた作品。

無駄を省いたゆったりとした雰囲気で、スペイン各地を回る展開、そして、ジャームッシュの盟友達が集結した、国際色豊かなキャスティングなど、ファンにとっては嬉しい。

殆ど笑顔を見せないクールな存在、目的に向かい全く隙を見せない”孤独な男”役のイザック・ド・バンコレ、主人公に指令を出すクレオールアレックス・デスカスフランス人のジャン=フランソワ・ステヴナン、あっさりと殺されてしまうターゲットのアメリカ人ビル・マーレイ、古い映画好きの女性ブロンド役のティルダ・ウィントン、ギター役のジョン・ハート、ドライバーのヒアム・アッバス、殺されるヌードのパス・デ・ラ・ウエルタ、ヴァイオリンのルイス・トサル、モレキュール役の工藤夕貴メキシコ人のガエル・ガルシア・ベルナルなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター