テルマ&ルイーズ Thelma & Louise (1991) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

気晴らしの旅行のはずの女性2人が、襲われた相手の男を射殺したために犯罪者となりメキシコへの逃避行を描く、製作、監督リドリー・スコット、主演スーザン・サランドンジーナ・デイヴィスハーヴェイ・カイテルマイケル・マドセンブラッド・ピット共演のアドベンチャー・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:リドリー・スコット
製作
リドリー・スコット

ミミ・ポーク・ギトリン
脚本:カーリー・クーリ
撮影:エイドリアン・ビドル
編集:トム・ノーブル
音楽:ハンス・ジマー

出演
ルイーズ・エリザベス・ソウヤー:スーザン・サランドン

テルマ・イヴォンヌ・ディッキンソン:ジーナ・デイヴィス
ハル・スローコム警部:ハーヴェイ・カイテル
ジミー・レノックス:マイケル・マドセン
ダリル・ディッキンソン:クリストファー・マクドナルド
J.D.:ブラッド・ピット
マックス:スティーヴン・トボロウスキー
ハーラン・パケット:ティモシー・カーハート
トラック・ドライバー:マルコ・セント・ジョン
パトロール警官:ジェイソン・ベギー

アメリカ 映画
配給 MGM

1991年製作 129分
公開
北米:1991年5月24日
日本:1991年10月19日
製作費 $16,500,000
北米興行収入 $45,361,000


アカデミー賞 ■

第64回アカデミー賞
・受賞
脚本賞
・ノミネート
監督
主演女優(スーザン・サランドン)
主演女優(ジーナ・デイヴィス)
撮影・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

快活な性格の女性レストランのウェイトレス、ルイーズ・エリザベス・ソウヤー(スーザン・サランドン)は、親友で、内気なテルマ・イヴォンヌ・ディッキンソン(ジーナ・デイヴィス)を二日間のドライブ旅行に誘っていた。

自分本位の夫ダリル(クリストファー・マクドナルド)にはそれを話さないまま、テルマはルイーズと共に、彼女の店の支配人の山荘へと”サンダーバード”(1966年型)で向かう。

その途中、バーに寄った二人は、ハーラン・パケット(ティモシー・カーハート)という男に声をかけられるもののルイーズが彼を追い払う。

その後テルマは、ハーランにダンスに誘われて陽気に楽しみ気分が悪くなり表に出る。

ハーランはテルマに乱暴しようとするが、銃を手にして現れたルイーズが、それを制止する。

ルイーズは、動揺するテルマを連れてその場を去ろうとするが、ハーランに侮辱されたため、彼を射殺してしまう。

警察に行きレイプされかけたと事情を話すというテルマだったが、ルイーズは、彼女がハーランと一晩中踊っていたことで信用されないと答える。

落ち着いて話し合いを始めた二人だったが、解決策は浮かばない。

同じ頃、現場の捜査を始めたハル・スローコム警部(ハーヴェイ・カイテル)は、ウェイトレスの証言で二人が犯人でないことと、女好きのハーランが殺されても当然だと言われる。

アーカンソー州。
モーテルの部屋を取ったルイーズとテルマは、今後のことを考えて対立してしまう。

テルマを落ち着かせたルイーズは、恋人のジミー・レノックス(マイケル・マドセン)に連絡して、まとまった金を電報送金して欲しいと頼む。

ルイーズは、オクラホマシティに向かうことをテルマに伝え、そこにジミーが送金してくれることも知らせる。

そしてルイーズは、逃亡のためにメキシコに向かう考えをテルマに伝える。

ジミーに電話をして、金の件を確かめたルイーズはダリルに連絡させる。

身勝手なことばかり言うダリルを見限ったテルマは、電話を切ってしまう。

ヒッチハイカーの青年J.D.(ブラッド・ピット)に乗せて欲しいと頼まれ、彼が気に入ったテルマだったが、ルイーズはそれを断り出発する。

テルマは、メキシコに向かうことをルイーズに伝えて、彼女から、かつて嫌な思い出がある、無法者の土地テキサスを避けて国境を越えると言われる。

その頃、ルイーズの”サンダーバード”に目を付けたスローコムは、彼女の家に侵入し、レストランにも向かい、ダリルにも会って情報を仕入れる。

その後、J.D.を見かけた二人は、彼を乗せて先を急ぐ。

オクラホマシティ
ジミーが送金したはずのモーテルに向かったルイーズは、その場に彼が来ていたために驚いてしまう。

J.D.と別れたルイーズとテルマは、ジミーから現金を受け取り安堵する。

ジミーの部屋に向かったルイーズは、今回の件を聞かれても何も話せず、彼は苛立つ。

冷静になったジミーから指輪を渡されたルイーズは、彼がこの場に来たのが、自分に求婚するためだったことを知る。

雨のため車も捕まらず戻ったJ.D.は、意気投合したテルマのことが忘れられないことを伝える。

ジミーの気持ちは理解したルイーズだったが、今はタイミングが悪いと言って、自分のことを忘れるよう伝える。

J.D.を部屋に入れて楽しんでいたテルマは、彼が学生ではなく、仮釈放違反の強盗だと知る。

既にJ.D.の虜になっていたテルマは、彼を警戒せずに愛し合う。

ルイーズもジミーと一夜を過ごし、彼は何も聞かないことを約束して指輪は渡し、待っていることを伝えてその場を去る。

カフェに現れたテルマは、J.D.とのことでご機嫌だったのだが、ルイーズは、現金が気になり部屋に向かう。

J.D.は現金を奪って姿を消し、それを知ったルイーズは絶望する。

テルマは、泣き崩れるルイーズを連れてモーテルを出る。

FBIのマックス(スティーヴン・トボロウスキー)と共に、スローコムはダリルの家に向かい、電話に盗聴器などを仕掛けて協力を要請する。

J.D.から強盗の手口を聞いていたテルマは、ある店で現金を奪い、ルイーズを驚かせて逃走する。

スローコムやダリルらは、テルマの強盗の様子を監視カメラ映像で確認する。

ジミーに会い、ルイーズに現金を渡したことを知ったスローコムは、逮捕され同じ額を所持していたJ.D.を追求する。

ケチな強盗のJ.D.のせいで、ルイーズとテルマが窮地に立たされ犯行に及んだことを悔やむスローコムは、彼を脅して全てを吐かせようとする。

ルイーズは、ダリルの家の盗聴を気にしながらテルマに電話をさせる。

テルマは、ダリルの反応で警察に気づき電話を切り、ルイーズが再びかけてスローコムと話す。

スローコムは、まだ殺人罪に問われていない二人を助けたいことをルイーズに伝える。

しかし、J.D.が話したため、ルイーズは自分達の行き先がメキシコであることが知られたことで電話を切る。

J.D.にメキシコ行きを話したテルマを責めるルイーズだったが、二人は目的地に向かうしかなかった。

ニューメキシコ州。
二人はパトロール警官(ジェイソン・ベギー)に車を止められるが、テルマが銃で彼を脅し、ルイーズが彼の拳銃を奪い無線機を撃って壊す。

警官をパトカーのトランクに閉じ込めた二人は、ある店でスローコムに電話をして、ルイーズが、一件は事故だったと主張する。

それを証明するために出頭するべきだとスローコムに言われたルイーズは、自分がテキサスでレイプされた経験があることを彼が知っていることで動揺する。

逆探知を警戒したテルマは電話を切るが、スローコムは二人の居場所を突き止め、管轄外だと言うマックスの言葉を遮り、彼女らを救うための捜査を続ける。

テルマは、ルイーズが警察と取引していないことと、以前のような生活には戻れないことを確認して先を急ぎアリゾナに向かう。

殺人の容疑がかかったことをテルマに伝えたルイーズは、生死を選べと言われたことも知らせる。

街道で会うのが三度目のトラック・ドライバー(マルコ・セント・ジョン)の誘いを受けた二人は、彼の下品な態度を非難して謝罪を求める。

それを断られた二人は、タンクローリーを銃撃して爆破し、その場から走り去る。

その事件を知ったスローコムとマックスは現場に向かい、警察に追われたルイーズとテルマは、カーチェイスを繰り広げる。

グランド・キャニオン
ヘリコプターで到着したスローコムらと、パトカーに追い詰められたルイーズとテルマは、警官に銃で狙われる。

スローコムは、何んとか二人を助けようとするが、彼女らは、投降を促す警官の指示に従わない。

捕まりたくないと言うテルマは、渓谷に向かって突き進むようルイーズに伝える。

スローコムは、ルイーズとテルマを止めようとするが、二人は車を爆走させ渓谷に飛び込む。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ウェイトレスのルイーズ・ソウヤーは、平凡な主婦で親友のテルマ・ディッキンソンをドライブ旅行に誘う。
テルマは、身勝手な夫ダリルに黙ったまま家を出て、ルイーズと共に旅立つ。
途中で立ち寄ったバーで、二人はハーランという男に声をかけられ、テルマがレイプされそうになる。
かつて同じ経験をしたルイーズは、ハーランに侮辱されたために彼を射殺してしまう。
動揺するテルマを連れて、その場を逃れたルイーズは、恋人ジミーに連絡を入れて、まとまった金を送金してもらおうとする。
刑事スローコムは、FBIと共に捜査を始め、目を付けたルイーズとテルマの周辺を洗う。
その頃ルイーズは、一人ででもメキシコに逃れようと考えるのだが・・・。
__________

既に世界的な名声を得ていたリドリー・スコットが、徹底した映像派としてのこだわりが作風に生かされた作品で、エイドリアン・ビドルの撮影の素晴らしさが際立つ。

主人公の人物像などを掘り下げて表現するカーリー・クーリの脚本も秀逸。
(アカデミー脚本賞受賞)

地道に生きれば、それなりの人生を送れるはずの主人公の二人、気晴らしに出た旅の事件がきっかけで、自らの生き方を再発見するという、ヒューマン・ドラマの要素も絡めた作品。

本作を、1990年代の”アメリカン・ニュー・シネマ”などと安っぽい表現をするのは正しくない。
そのような二番煎じ的な考えは、類い稀な才能を発揮し続ける、製作者のリドリー・スコット他に対して失礼だ。

第64回アカデミー賞では脚本賞を受賞した。
ノミネート
監督
主演女優
(スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス)
撮影・編集賞

共にオスカー候補となった、熱演の主人公スーザン・サランドンジーナ・デイヴィスの役柄は、性格が真反対ながら、それが交互して助け励まし合い、新たな考えや自己に目覚めて行く姿が、実に興味深く描かれている。

その二人の事件を捜査するものの、根からの悪人でないことを見抜き、彼女らを救おうとする刑事を好演するハーヴェイ・カイテル、ルイーズ(S・サランドン)の恋人役マイケル・マドセン、テルマ(G・デイヴィス)の夫クリストファー・マクドナルド、端役ではなく、強盗を魅力的に演ずる若きブラッド・ピットFBI捜査官スティーヴン・トボロウスキー、主人公に射殺される男役のティモシー・カーハート、トラック・ドライバーのマルコ・セント・ジョン、パトロール警官ジェイソン・ベギー等が共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター