ロング・グッドバイ The Long Goodbye (1973) 4/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1953年に発表された、レイモンド・チャンドラー同名小説を基に製作された作品。
友人が妻を殺害して従犯扱いされ、ギャングからも大金を隠していると疑われた私立探偵が、友情を信じて真相を追求しようとする姿を描く、監督ロバート・アルトマン、主演エリオット・グールドニーナ・ヴァン・パラントスターリング・ヘイドンデヴィッド・キャラダイン、端役でアーノルド・シュワルツェネッガー共演のハードボイルド犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:ロバート・アルトマン
製作総指揮:エリオット・カストナー
製作:ジェリー・ビック
原作:レイモンド・チャンドラー
脚本:リー・ブラケット
撮影:ヴィルモス・シグモンド
編集:ルー・ロンバルド
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
フィリップ・マーロウ:エリオット・グールド

アイリーン・ウェイド:ニーナ・ヴァン・パラント
ロジャー・ウェイド:スターリング・ヘイドン
マーティ・オーガスティン:マーク・ライデル
テリー・レノックス:ジム・バウトン
ヴァーリンジャー医師:ヘンリー・ギブソン
ハリー:デヴィッド・アーキン
オーガスティンの手下:アーノルド・シュワルツェネッガー
デイヴ/ソクラテス:デヴィッド・キャラダイン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1973年製作 112分
公開
北米:1973年3月7日
日本:1974年2月23日
製作費 $1,700.000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロサンゼルス郡
私立探偵のフィリップ・マーロウ(エリオット・グールド)は、夜中だというのに、餌を欲しがる猫に起こされる。

餌を買いに行き戻ったマーロウは、夫婦喧嘩をしたと言う、怪我をした親友のテリー・レノックス(ジム・バウトン)の訪問を受ける。

レノックスは、ある者達に追われていると言って、メキシコティファナへの逃亡の協力をマーロウに頼む。

テリーをティファナに送ったマーロウはアパートに戻るが、待っていた刑事二人にレノックスのことで尋問を受ける。

何も答えようとしないマーロウは、警察に連行されてしまい、レノックスの妻殺しの従犯容疑で逮捕され、再び尋問を受ける。

傷を負ってはいたが、レノックスが殺人を犯すとは、マーロウは信じることができなかった。

マーロウは留置場に入れられるが、レノックスが自白の遺書を残して自殺したため、3日後に釈放される。

レノックスが、ティファナで死んでいないことや、彼が妻を殺すはずがないと考えるマーロウは、彼の自殺を疑う。

その後マーロウは、小説家ロジャー・ウェイド(スターリング・ヘイドン)の妻アイリーン(ニーナ・ヴァン・パラント)からの仕事の依頼を受け、彼女の家に向かう。

アイリーンは、行方が分からない、アルコール依存症のロジャーの捜索をマーロウに依頼する。

マーロウは、早速、病院に向かうが、ヴァーリンジャー医師(ヘンリー・ギブソン)と思われる男性や看護師は、ロジャーを知らないと言って白を切る。

ロジャーが病院にいると確信するマーロウは、彼を連れ戻してほしいとアイリーンに言われる。

再び病院に向かったマーロウは、ロジャーがいることを確認して、自分が私立探偵だと伝えて彼を家に連れ戻す。

マーロウは、役目を果たして帰ろうとするが、レノックスを知るアイリーンは、彼が妻を殺したことが信じられないと伝える。

アパートに戻ったマーロウは、手下を引き連れたギャングのマーティ・オーガスティン(マーク・ライデル)に、レノックスが奪った金を隠していることを疑われる。

オーガスティンは、連れてきた女の顔面をコーラの瓶で殴り、自分の怖さを教えてマーロウに金を返すよう脅す。

マーロウは、その場を去ったオーガスティンを追い、彼がアイリーンに会ったことを確認する。

翌日、マーロウは、見張り役の、オーガスティンの手下ハリー(デヴィッド・アーキン)を従えて、ロジャーの家に向かう。

アイリーンに、別れ話を切り出されたロジャーは驚きもせずに、オーガスティンに5万ドルを貸していると言う彼は、レノックスも知っていることをマーロウに伝え二人は話し込む。

アパートに戻ったマーロウは、5000ドル札が同封された、レノックスからの手紙を受け取る。

マーロウは、レノックスが自殺したという田舎町オタトクランに向かい、何も手がかりを掴めないまま戻る。

その後マーロウは、パーティーが開かれていたロジャーの家を訪ねるのだが、ヴァーリンジャー医師が現れる。

ヴァーリンジャーは、ロジャーに借金の返済を迫り、それに応じない彼を殴る。

ロジャーは動揺して、アイリーンは来客を帰してその場を鎮め、ヴァーリンジャーはロジャーから小切手を受け取る。

ヴァーリンジャーは、今後はロジャーの治療を拒否することを、アイリーンに伝えてその場を去る。

アイリーンと食事をしたマーロウは、オーガスティンからロジャーが1万ドルを借りているという、彼とは違う話を聞かされる。

レノックスはオーガスティンの手下だったため、マーロウはどのようにロジャーと関係しているか、アイリーンに探りを入れる。

ロジャーが、レノックスの妻と浮気をしていた可能性があったため、マーロウはそれをアイリーンに問い質す。

その時、マーロウとアイリーンは、ロジャーが浜辺に向かったことに気づく。

二人は、入水したロジャーを助けに行くのだが、彼は見つからないまま、警察などが駆けつけて自殺と断定される。

マーロウは、自分に隠していることがないかをアイリーンに問い、動揺する彼女は、ロジャーとレノックスの妻の関係がバレたという話を聞く。

それでもロジャーが別れようとしないために、レノックスは妻を殺したということだった。

マーロウは、そのことを警察に伝えるのだが、ロジャーとレノックスの妻が会っていたことを警察は承知していた。

警察に手を引けと言われたマーロウは、憤慨しながらその場を去り、オーガスティンの元に向かう。

金はないというマーロウを、オーガスティンは痛めつけようとするが、金が戻ったことが分かり、マーロウは解放される。

その後、街角でアイリーンを見かけたマーロウは、彼女の車を追うものの、通りで車に轢かれてしまう。

幸い軽傷だったために、マーロウは病院を抜け出してしまう。

翌日、アイリーンを訪ねたマーロウだったが、彼女は家を引き払った後だった。

マーロウは、再びオタトクランに向かい、警官と検視官に5000ドルの賄賂を渡し、レノックスが替え玉を使い自殺を偽装し、生きていることを知る。

レノックスに会ったマーロウは、アイリーンとの仲を知られたために、仕方なく妻を殺したことを知り、自分が利用されたと分かり苛立つ。

アイリーンが、ロジャーの遺産を相続したため、レノックスは大金を手中にしたのだった。

マーロウは真相を知り、自分を侮辱するレノックスをためらわずに射殺してその場を去る。

アイリーンは車で戻ってくるが、マーロウは彼女を無視して街道を歩き続ける。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ロサンゼルス郡
私立探偵フィリップ・マーロウは、妻と喧嘩をし、男達に追われていると言う親友レノックスに頼まれ、彼をメキシコティファナに連れて行く。
しかし、マーロウは、妻を殺したレノックスの共犯者として逮捕されてしまう。
一件を信じないマーロウだったが、レノックスが、殺人を自白して自殺したために釈放される。
戸惑うマーロウは、小説家ロジャー・ウェイドの妻アイリーンに呼ばれる。
アイリーンは、行方のわからないアルコール依存症のロジャーの捜索をマーロウに依頼する。
マーロウは、病院にいたロジャーを難なく連れ戻すのだが、同時にギャングのオーガスティンに、レノックスが奪った金を隠していることを疑われてしまう。
ところが、マーロウは、ロジャーやアイリーンがオーガスティンと関係していることを知り、複雑な事件の真相を探ろうとするのだが・・・。
__________

名匠ロバート・アルトマンが、1950年代の原作を現代(1970年代)を舞台にして描く、シャープな演出は今観ても斬新で、一級のサスペンスに仕上がっている。

優柔不断な作家や、どこか謎めいた存在のその妻、ただ脅しをかけるだけでない、ユーモラスなギャングなど、個性豊かな登場人物それぞれが、実に印象深い役柄として描かれている。

キャリアは十分であり、いよいよ軒並み話題作を担当し、第一人者となるジョン・ウィリアムズが音楽を担当している。

魅力的な主人公を演ずるエリオット・グールドは、キャリア・ベストと言ってもいい熱演を見せる。

こちらもヘミングウェイをモデルにした作家を好演する、際立つ長身のスターリング・ヘイドンと、エリオット・グールドが体格で引けを取らないことに気づき、終盤に登場する端役のアーノルド・シュワルツェネッガーが小柄に見えるのには驚いた。

陰謀に加担していた小説家の妻ニーナ・ヴァン・パラント、ギャングのボスを怪演するマーク・ライデル、主人公を裏切る友人ジム・バウトン、医師ヘンリー・ギブソン、ギャングのデヴィッド・アーキン、同じく、筋肉だけは凄いアーノルド・シュワルツェネッガー、そして、デヴィッド・キャラダインが、主人公と同じ留置場内で登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター