鏡の国の戦争 The Looking Glass War (1969) 3.9/5 (29)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1965年に発表された、イギリスのスパイ小説家ジョン・ル・カレによる同名小説の映画化。
ロシアの新型ミサイル情報を得るために、東ドイツに送り込まれた密入国者であるポーランド人青年が挑む秘密作戦を描く、監督、脚本フランク・ピアソン、主演クリストファー・ジョーンズラルフ・リチャードソンアンソニー・ホプキンス他共演のスパイ・サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■

監督:フランク・ピアソン
製作:ジョン・ボックス
製作総指揮:M・J・フランコヴィッチ
原作:ジョン・ル・カレ
脚本:フランク・ピアソン
撮影:オースチン・デンプスター
編集:ウィリー・ケンプレン
音楽:アンジェラ・モーリー

出演
クリストファー・ジョーンズ:ライザー
ラルフ・リチャードソン:ルクレック
アンソニー・ホプキンス:ジョン・エイヴリー
ピア・デゲルマルク:アンナ
ポール・ロジャース:ホールデン
スーザン・ジョージ:スーザン
シリル・シャップス:刑事
マイケル・ロビンス:トラック運転手
アンナ・マッセイ:サラ・エイヴリー
ガイ・デギー:フリッチャ
ティモシー・ウェスト:テイラー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1969年製作 107分
公開
北米:1970年2月4日
日本:1970年5月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

フィンランド
イギリスの諜報員テイラー(ティモシー・ウェスト)が殺され、所持していたフィルムが紛失する。

報告を受けた、イギリス諜報部長ルクレック(ラルフ・リチャードソン)は、妊娠した恋人スーザン(スーザン・ジョージ)に会うため密入国したポーランド人のライザー(クリストファー・ジョーンズ)に目を付ける。

ルクレックは、ライザーを、自由と引き換えに東ドイツに潜入するスパイに仕立て上げる。

諜報部は、東ドイツで目撃された、ロシアの新型ミサイルの情報を得るため秘密作戦を開始する。

諜報員ジョン・エイヴリー(アンソニー・ホプキンス)は、命令でフィンランドヘルシンキに向かうことになるが、 自分の仕事を理解しない妻サラ(アンナ・マッセイ)に、彼は怒りをぶつける。

秘密の多い夫は、浮気して自分から心が離れていたと思ったサラは、エイヴリーから、小さな子供がいる同僚が殺されたことを聞くが、やはり夫の態度が許せなかった。

フィンランドから戻ったエイヴリーは、 ルクレックにフィルムがなかったことを報告して、ライザーの訓練に加わる。

しかしエイヴリーは、ライザーがスパイとして見込みがないことをルクレック伝える。

そんな時、ライザーは諜報部員の目を盗み逃亡してしまい、スーザンのアパートに向かい楽しい時を過ごす。

しかし、スーザンが中絶したことを知ったライザーは、彼女に怒りをぶつけ、殴り倒して部屋を飛び出す。

駆けつけたエイヴリーは、ライザーが重要任務についていることをスーザンに伝える。

ルクレック、エイヴリー、ホールデン(ポール・ロジャース)、そしてライザーは西ドイツに向かい、やがてライザーは、単独で国境を越え東ドイツに潜入する。

若い兵士に気づかれそうになり、ライザーはその男を殺し、目的地のカルクシュタットに向かう。

途中ライザーは、トラック運転手(マイケル・ロビンス)と出会い、カルクシュタットまで同乗することになる。

運転手に、兵士を殺したことを見破られたライザーは、彼を殺しトラックを奪い先を急ぐ。

街道で、男の子を連れたアンナ(ピア・デゲルマルク)に出会ったライザーは、彼女の運転でカルクシュタットに向かう。

ライザーのトラックは、検問で止められて怪しまれるが、当局は、彼を泳がせて動向を探ろうとする。

湖で休息したライザーは、アンナから自分と逃げようと誘われるが、それを断り、彼女と別れカルクシュタットに向かう。

カルクシュタットに着いたライザーは、ミサイルの写真を撮った男フリッチャ(ガイ・デギー)に会い、写真が合成写真だったことを知る。

自分の役目が終わったと判断したライザーは、連絡用の無線機を処分しようとするが、当局の刑事(シリル・シャップス)に見つかり街まで送られる。

ホテルに監禁状態になったライザーは、湖で別れたアンナに再会して愛し合う。

やがて、地響きと共にミサイル運搬車が現れ、ライザーは、無線でルクレックらに連絡しようとするが、それを当局は傍受して発信地を特定する。

その時、既に東側の手に落ちたライザーは用済みとなり、諜報部の計画は中止されようとしていた。

エイヴリーは、ゲームを楽しむがごとく、最前線にいる者を切り捨てる上層部を激しく非難する。

同じ頃、無線発信するライザーは当局に発見され、アンナと共に銃殺される。

やがて、フィンランドの空港近くで、子供達がテイラーの手に入れたフィルムを発見し、意味もわからず遊び道具にする。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

冷戦下。
フィンランドイギリス諜報員が殺され、所持していた秘密情報のフィルムが紛失する。
その報告を受けた諜報部長ルクレックは、妊娠中の恋人スーザンに会うために密入国した、ポーランド人ライザーに目を付けて代役にしようとする。
ルクレックは、ライザーの自由を約束して、彼を、スパイとして東ドイツに潜入させるための訓練を始める。
準備の整った情報部は、ライザーを目的地に送り込み、ロシアの新型ミサイルの情報を入手するために、秘密作戦を開始するのだが・・・。
__________

東西冷戦下、激しい諜報合戦に巻き込まれた、東側亡命希望の青年の悲劇を、フランク・ピアソンが、綿密に練られたスパイ計画と共に、青春群像のように描いた異色のスパイ・サスペンス。

表面上の平和を維持しながら、水面下でうごめく泥仕合には、消耗品のように扱われた尊い命が多数あったことを、痛烈に皮肉った作品でもあり、そのようなセリフ、場面を強調して描いている。

政治には無関心な青年が、自由のために使命を果たそうとする姿を想像もせずに、切り捨てようとする諜報部上層の、非情さや怖さなども良く伝わってくる。

常識としてそれを理解しているはずの、最前線の諜報員(アンソニー・ホプキンス)が、上司に対し、怒りを露にして非難する場面で、さらにそれを強調している。

”紅顔の美青年”クリストファー・ジョーンズの、スパイ劇には相応しくない、若者らしい屈折した役柄が新鮮でもある。

中立的ではあるが、冷戦の奥深さを理解して作戦の指揮を執る諜報部長ラルフ・リチャードソン、その後の活躍を予感させる熱演が印象に残る、若々しいアンソニー・ホプキンス、国籍不明的な魅力と美しさが際立つ、現地の女性役、スウェーデン出身のピア・デゲルマルク、そして、主人公の恋人、18歳のキュートな魅力が印象意的なスーザン・ジョージの出演も見逃せない。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター