ルーザーズ The Losers (2010) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

DCコミックの”Vertigo”から、2003-2006年にかけて発行されたコミック”The Losers”を基に製作された作品。
CIAや政府に関る男に裏切られた元米陸軍特殊部隊員が、同じ男を狙う謎の女と手を組み復讐を誓い戦いに挑む姿を描く、主演ジェフリー・ディーン・モーガンゾーイ・サルダナクリス・エヴァンス他共演、監督シルヴァン・ホワイトによるハード・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■

監督:シルヴァン・ホワイト
製作総指揮
スティーヴ・リチャーズ
アンドリュー・ローナ

サラ・オーブリー
スチュアート・ベッサー

製作
ジョエル・シルバー

アキヴァ・ゴールズマン
ケリー・フォスター
原作:アンディ・ディッグルThe Losers
脚本
ピーター・バーグ

ジェームズ・ヴァンダービルト
撮影:スコット・キーヴァン
編集:デヴィッド・チェセル
音楽:ジョン・オットマン

主題歌:ジャーニーDon’t Stop Believin’

出演
フランクリン・クレイ大佐:ジェフリー・ディーン・モーガン
アイシャ・アル=ファディール:ゾーイ・サルダナ
ジェイク・ジェンセン:クリス・エヴァンス
ウィリアム・ローク:イドリス・エルバ
リンウッド”プーチ”ポルテウス:コロンバス・ショート
カルロス”クーガー”アルヴァレス:オスカル・ハエナダ
マックス:ジェイソン・パトリック
ウェイド:ホルト・マッキャラニー
ヴィクラム:ピーター・マクディッシ
ファディール:ピーター・フランシス・ジェームズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2010年製作 97分
公開
北米:2010年4月23日
日本:未公開
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $23,580,735
世界 $29,379,723


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ボリビア
アメリカ陸軍特殊部隊員、通信と技術を担当するジェイク・ジェンセン(クリス・エヴァンス)、長距離射撃手カルロス”クーガー”アルヴァレス(オスカル・ハエナダ)、運送と重火器担当のリンウッド”プーチ”ポルテウス(コロンバス・ショート)、爆薬と戦術担当のウィリアム・ローク(イドリス・エルバ)、そして、作戦の式を執るフランクリン・クレイ大佐(ジェフリー・ディーン・モーガン)は、武器の密売人の標的である、ファディール(ピーター・フランシス・ジェームズ)を追っていた。

攻撃目標を見つけたチームは、その場に子供達がいることを確認し、作戦を中止させようとする。

CIAや政府に関係している、指令を出す謎の男”マックス”(ジェイソン・パトリック)に、それを許可されないクレイは、現場に向かい、攻撃寸前で子供達を救い出す。

その後クレイらは、自分達の代わりに子供達をヘリコプターに乗せるものの、爆破されてしまう。

子供達25人の死亡に、市民はアメリカ政府に対し怒りをぶつける。

政府は、チームの5人の死亡を発表し、その存在自体を抹消してしまう。

その後もボリビアに潜伏して、マックスへの復讐を考えるクレイの前に、謎の女アイシャ・アル=ファディール(ゾーイ・サルダナ)が現れる。

二人はクレイの部屋でお互い牽制し合い、その後、格闘となるが、目的がマックスということで意見が一致して、その日は別れる。

アイシャが、かなりの危険人物だと知ったクレイだったが、仲間を集め、彼女も追い求めるマックスへの復讐のために協力を約束する。

アリゾナノガレス
アイシャの手配で帰国を果たしたクレイら5人は、ニュー・メキシコに向かい軍用ヘリを奪い、マイアミ警察仕様にペイントする。

その後アイシャは、マックスが、次世代の破壊兵器を手に入れる危険性を5人に伝える。

マイアミ
5人は、マックスの部下ウェイド(ホルト・マッキャラニー)を襲ってヘリで護送車を奪い、その中にあった多国籍企業”ゴライアス”製のハードディスクを見つける。

それにアクセスできず、目的を失ったクレイは、アイシャを殺そうとする。

しかし、社内に侵入すれば、それにアクセスできる可能性をアイシャは指摘する。

クレイはアイシャを生かすことにするが、ロークがそれに反対し、二人は争いになる。

ロークはとりあえずクレイの考えに従うことになり、アイシャは拘束を解かれる。

プエルト・リコアレシボ天文台
マックスに、ハードディスクを奪われた釈明を求められたウェイドは、それをクレイらが奪ったことを伝える。

ヒューストン
アイシャと愛し合ったクレイは、翌日、ロークと、一応わだかまりを捨て、”ゴライアス”に向かったジェンセンを待つ。

ジェンセンは、社内に侵入してアルゴリズムを盗み出し、ハードディスクの中身を読み取り、アイシャの言っていたことが正しかったことが分かる。

ハードディスクの中には、マックスの、マフィアのための無記名電子債券4億ドルが隠されていた。

ジェンセンは、その手がかりが、ロサンゼルス港にあることも突き止める。

ロサンゼルス港。
ジェンセンと仲間達は、アイシャがファディールの娘だと知り、クレイと一緒の部屋にいた彼女に銃を向ける。

アイシャは隙を見てその場を逃れ、5人はマックスと武器商人ヴィクラム(ピーター・マクディッシ)との取引現場に向かうが、ロークの裏切りで捕らえられてしまう。

マックスはヴィクラムとの取引で、核兵器4基と”ドゥカティ”を手に入れるが、計画変更だと言って現金を渡さなかった。

クレイらは、連行後に処刑されることになり、プーチが両足に銃弾を受ける。

しかし、そこにアイシャが現れロケット弾を撃ちこみ、4人を助ける。

その後マックスは、核兵器を起動させて世界戦争を起こし、ヴィクラムに罪を着せようとする。

アイシャは、父親がマックスの計画を止めようとしていたことをクレイに伝え、彼が父親を殺したかを問う。

クレイは、ファディールを殺したことを正直にアイシャに伝え、それを聞いた彼女は激怒するものの、マックスを捜すことを優先する。

5人は、マックスの取引場所に突入し銃撃戦を始め、クレイとロークは一騎打ちとなる。

クレイを叩きのめしたロークは、現金が積まれたたジェット機で飛び立とうとする。

マックスは核兵器を起動させてヴィクラムを射殺し、ウェイドが、”ドゥカティ”でジェット機を追う。

クーガーが”ドゥカティ”を銃撃し、ウェイドがその勢いでジェット機のエンジンに突入し、ロークは爆死する。

クレイはマックスを追い詰めるが、彼は、ボタンから手を離すと十秒で爆発する、核兵器の起爆装置を海に投げ捨ててしまう。

クレイは海に飛び込み起爆装置をキャッチし、ジェンセンらに迎えられる。

マックスからの電話を受けたクレイは、顔を覚えたことを伝え”再会”を約束する。

クレイはアイシャから、マックスを殺してから、父のことはケリをつけようと言われ、それに同意する。

その後チームは、プーチを妻の出産に立ち合わせるために、彼を病院に侵入させる。

プーチには無事に男の子が産まれ、後日、クレイらチームのメンバーと、ジェンセンの姪のサッカーの試合を見に行く。

ジェンセンは、倒された姪の元に駆け寄るが、大柄な女性審判にフィールドから出され、揉め事を起こす。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

フランクリン・クレイ大佐率いる、各分野のエキスパートを集めた、アメリカ陸軍特殊部隊の5人は、CIAや政府に関る謎の男マックスに裏切られ、その存在を抹消される。
クレイらはボリビアに潜伏していたが、彼の前に謎の女アイシャが現れる。
お互いの目的がマックスだと分かった二人は、アイシャの指示に従い密かにアメリカに入国し、復讐の準備を始める。
行動を開始したクレイらは、あるハードディスクを奪い、その中に、マックスの無記名の電子債券4億ドルが隠されていることを知る。
一方、債権を奪われたマックスは、武器の密売組織と手を組み、破壊兵器を手に入れることを企む。
そして、クレイらはその取引場所を突き止めて、攻撃を仕掛けようとするのだが、アイシャの正体が明らかになる・・・。
__________

有り勝ちな、裏切られた荒くれ者達の復讐劇という感じは脱しきれず、魅力的なキャストの個性も生かされていない、今一歩という思いしか残らない作品。

男臭い各キャラクターや、どこかで見たようなチームの構成も新鮮味がなく、アクションを含め映像的にも平凡な仕上がりに終わっている。

北米興行収入で製作費を上回れず、全世界のトータルでも3000万ドルに達しない結果に終わった。

そんな中で、チームの指揮官であるジェフリー・ディーン・モーガンが、スーパーマン的な強さを発揮することはないのだが、渋さを感じさせる魅力的な男を演じているのが印象的だ。

対照的に、全く彼らしくない悪役ジェイソン・パトリックはミスキャスト気味で、続編での再登場を予感させるクライマックスも、あまり期待できないというところだろうか。
(続編ができればの話だが・・・)

謎の女を無難に演ずるゾーイ・サルダナ、彼らしいユーモア溢れる演技が楽しめる、チーム・メンバーのクリス・エヴァンス、仲間達を裏切るイドリス・エルバ、ひょうきんな運送重火器担当のコロンバス・ショート、百発百中のスナイパー役オスカル・ハエナダ、マックス(J・パトリック)の部下ホルト・マッキャラニー、武器商人ピーター・マクディッシ、ヒロインの父ピーター・フランシス・ジェームズなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター