偉大なるアンバーソン家の人々 The Magnificent Ambersons (1942) 4/5 (25)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1918年に発表された、ブース・ターキントンの小説”The Magnificent Ambersons”を基に製作された作品。
19世紀末から20世紀初頭の激動の時代を舞台に、大富豪一家の発展と没落を描く、製作、監督、脚本オーソン・ウェルズ、編集ロバート・ワイズ、主演ジョゼフ・コットンドロレス・コステロアン・バクスターティム・ホルトアグネス・ムーアヘッドレイ・コリンズ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:オーソン・ウェルズ
製作:オーソン・ウェルズ
製作総指揮:ジョージ・シェーファー
原作:ブース・ターキントンThe Magnificent Ambersons
脚本:オーソン・ウェルズ

撮影:スタンリー・コルテス
編集:ロバート・ワイズ
美術・装置
アルバート・S・デアゴステイーノ

A・ローランド・フィールズ
ダレル・シルヴェラ
音楽:バーナード・ハーマン

出演
ユージーン・モーガン:ジョゼフ・コットン

イザベル・アンバーソン・ミネファー:ドロレス・コステロ
ルーシー・モーガン:アン・バクスター
ジョージ・アンバーソン・ミネファー:ティム・ホルト
ファニー・ミネファー:アグネス・ムーアヘッド
ジャック・アンバーソン:レイ・コリンズ
アンバーソン少佐:リチャード・ベネット
ロジャー・ブロンソン:エルスキン・サンフォード
ウィルバー・ミネファー:ドン・ディラウェイ
ナレーター:オーソン・ウェルズ

アメリカ 映画
配給 RKO

1942年製作 88分(オリジナル版148分)
公開
北米:1942年7月10日
日本:1988年4月1日
製作費 $1,100,000


アカデミー賞 ■

第15回アカデミー賞
・ノミネート
作品
助演女優賞(アグネス・ムーアヘッド
撮影(白黒)・美術(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

19世紀末、インディアナ州、インディアナポリス
帰郷した青年ユージーン・モーガン(ジョゼフ・コットン)は、好意を抱く、町の名士である富豪アンバーソン少佐(リチャード・ベネット)の娘イザベル(ドロレス・コステロ)に会いに行く。

ユージーンはそれを拒まれ、その後イザベルは、青年実業家のウィルバー・ミネファー(ドン・ディラウェイ)と結婚してしまう。

イザベルとウィルバーの一人息子ジョージは甘やかされて育ち、人々に迷惑をかけても反省もせず、いずれ報いを受けるだろうと考える者は多かった。

その後、成長してもジョージ(ティム・ホルト)の性格は変わらなかったが、”報い”とも縁はなかった。

ある日、アンバーソン家の舞踏会が開かれ、招待されたユージーンはイザベルに迎えられ、彼女から息子のジョージを紹介される。

ジョージは、その後に現れたルーシー(アン・バクスター)をエスコートするが、母イザベルが、嫌な印象を受けたユージーンと踊っているのが気になる。

ユージーンが自分に手を振ったのだと言う、若いルーシーの顔の広さにジョージは驚く。

ルーシーは、この町が、発明家であり車の開発に従事している父親の故郷であり、それが、ジョージが気にするユージーンであることを伝える。

ジョージは驚くもののマイペースで話し、世間で認められるような職業などに全く興味のないことをルーシーに伝える。

ユージーンとイザベルは、かつてを思い出して踊り続ける。

夜も更けて帰ることにしたユージーンは、ルーシーを伴いその場を去ろうとする。

ジョージは、母や叔母のファニー(アグネス・ムーアヘッド)と踊っていた馴れ馴れしいユージーンについてを、叔父のジャック(レイ・コリンズ)に尋ねる。

ユージンはアンバーソン家と関係があり、彼が女性にもてたことをジャックはジョージに話す。

ジョージは、翌日、ソリに乗ることをルーシーに提案し、強引にそれを決めてしまう。

ユージーンと車に乗って帰るルーシーは、ジョージのことなどを話し、父親がイザベルに好意を抱いていたことを知るが、彼は、今でも同じ気持ちだと答える。

その後ジョージは、父ウィルバーが投資に失敗したことなどをイザベルから聞き、その相手がユージーンだったため、彼が来たのではないかと追及する。

それを否定するウィルバーは、ユージーンが来た理由など自分で聞けと言って寝室に向かう。

尚もユージーンのことや父親の態度を気にするジョージは、ファニーにその件で話をする。

しかしファニーは、昔の友人ユージーンに会い楽しい時を過ごすことに問題はなく、細かいことにこだわり過ぎだと言って、ジョージを鬱陶しく思い苛立つ。

ジョージは、母を口実にユージーンに近づこうとしたと言って、ファニーを軽蔑し苦笑いする。

翌日、ユージーンの車が雪道で立ち往生する中、馬に引かれたソリで走るジョージとルーシーは横転してしまう。

二人も車に乗ることになり、イザベルやファニー、ジャックも乗せた車を押すよう言われたジョージは、役に立たない車が益々嫌いになる。

その後、ウィルバーが亡くなり、ユージーンがイザベルに求婚するのも時間の問題だとジョージとジャックに言われからかわれたファニーは、動揺して泣き出してしまう。

暫くして、イザベルとファニーは、ジョージを伴い成功したユージーンの自動車工場を見学し、久し振りに幸せな気分になる。

ユージーンとイザベルは再燃した愛を深め、彼女は、この件をジョージに話す時期を窺う。

ジョージとルーシーも愛し合う仲になり、彼は度々、結婚を迫る。

しかし、将来への考えがないジョージに不安を抱くルーシーは、他人からの干渉を嫌い働く気のない彼を説得することができない。

そんなある日、食事の席で、ジョージは招待したユージーンの車の開発を批判してしまう。

ユージーンはそれを否定はせずに、文明の変化は避けられないと言って席を立つ。

イザベルやジャックは、結婚まで考える相手の父親を非難するジョージの考えが理解できない。

ジョージの言動に反対しないファニーは、ユージーンとイザベルが婚約するという噂が流れていることを話し、ジョージを動揺させる。

その噂を確かめようとしたジョージの行動を知ったジャックは、ユージーンとイザベルの結婚に何の問題があるのかを問うが、ジョージはただ納得できないだけだった。

ジョージはイザベルを誘いに来たユージーンに対し、結婚は許さないことと、二度と母に会わないでほしいと言って彼を追い払ってしまう。

その後、ユージーンに会ったジャックがイザベルの部屋に向かったことを知ったジョージは、その様子を探ろうとする。

ファニーがそれを制止し、イザベルがいなくても自分に振り向かないユージーンは諦め、考えを変えたことをジョージに伝える。

ユージーンは、イザベルに手紙で気持ちを伝え、今回の件は彼女の判断に任せる。

その手紙をジョージに読ませたイザベルは理解を求め、時間が必要だと考えた彼女は、ユージーンにそれを伝える手紙を書くことを決め、息子と共に旅に出ることにする。

ルーシーに会ったジョージは、彼女が今回の件を知らないので動揺する。

ジョージは、母親と世界旅行に出発するため二度と会えないと伝えるのだが、ルーシーは悲しみもしない。

気分を害したジョージは別れを告げて去るのだが、それが彼のためだと判断したルーシーのせめてもの心遣いだった。

心無い言葉を口にしなければならなかったルーシーは、彼を見送りながら涙し、薬局で気付け薬を飲もうとするが気を失ってしまう。

その後、病気になり様態が悪化したイザベルの様子を見て帰国したジャックは、それをユージーンとルーシーに伝える。

父親の元に戻りたい気持ちがあるイザベルの望みは叶い、彼女はジョージと共に帰国し、ジャックとファニーに迎えられる。

イザベルを訪ねたユージーンだったが、ジョージに面会を断られる。

それでも会おうとしたユージーンは、ファニーやジャックからも会うのは無理だと言われてしまう。

ジョージは、ユージーンが帰ったことを知った自分を気遣う母イザベルから、最後に一度だけ彼に会いたいと言われる。

イザベルは息を引き取り、娘を亡くしたアンバーソン少佐は人生を見つめ直し、土地や財産、事業などが全て空しいものだと思える。

少佐は、アンバーソンの家名が通用しない場所に旅立つ日が近いことを悟っていた。

その後、少佐も亡くなり、財産管理ができていなかったアンバーソン家は破産する。

試練を受け入れたジョージを励ましたジャックは、旅立つために彼と駅で別れる。

ユージーンとルーシーは今後についてを考え、彼女は、もう少しこの場で父と暮らしたいことを伝える。

ジョージは、法律事務所で働くものの薄給の身で、ファニーの財産を使うしか生活する方法はなかった。

しかし、投資した会社が倒産したためファニーは財産を失っていた。

イザベルにジョージの面倒を見ることを約束したファニーは、安い下宿を探すために苦労したことを語りながら涙する。

ジョージは、今後どうやって生活をしていくかを考えファニーを励ます。

弁護士事務所を辞めて、すぐに金になる危険な仕事を求めたジョージは、手放すことになったアンバーソン邸に向かう。

かつて人々が願っていた、ジョージ・アンバーソンが”報い”を受ける時がきたのだった。

しかし、既に一家は人々の記憶から消え去っていた。

その頃、普及した自動車の事故は多発し、化学工場に勤務していたジョージは車に轢かれてしまう。

それを知ったユージーンとルーシーは、ためらいなくジョージの元に向かう。

ユージーンは、ジョージが無事だということをファニーに伝える。

母親イザベルが呼んでくれたと言うジョージが、自分達に許しを請い握手を求めたとユージンはファニーに語る。

ジョージがイザベルと同じ心の持ち主であったと言うユージーンは、その場に息子を見守る母親がいたとファニーに話す。

ユージーンは、イザベルが、愛する者にようやく思いが伝わったと考えただろうと語り、それを聞いたファニーは、この上ない幸福な思いで微笑む。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

19世紀末、インディアナ州、インディアナポリス
帰郷した青年ユージーン・モーガンは、町の名士である富豪アンバーソン少佐の娘イザベルに好意を示すものの、会うこともできない。
その後イザベルは実業家ウィルバーと結婚し、その一人息子のジョージは甘やかされて育つ。
ジョージは人々に迷惑をかけ、彼が”報い”を受ける日が来ると多くの人が思った。
成長したジョージの性格は変わらず、ある日、彼は舞踏会に招待したユージーンを母イザベルから紹介される。
自動車を開発する発明家だというユージーンをよく思わないジョージだったが、彼の娘ルーシーと親交を深める。
やがて父ウィルバーが亡くなり、ジョージは、母と結婚も噂されるユージーンを憎むようになる。
ジョージと愛し合うようになっていたルーシーだったが、将来のことを何も考えず家名に頼る彼を理解できなくなる・・・。
__________

前年の「市民ケーン」(1941)の衝撃的デビューも冷めやらぬ中、オーソン・ウェルズの主宰する”マーキュリー劇団”により製作された、監督、脚本を兼ねた彼の才能を世に知らしめた作品として非常に高い評価を得た。

太平洋戦争開戦間もない時期の作品であるため、日本で公開されなかったのは理解できるが、この名作をお蔵入りにして1988年まで公開できなかったことは疑問だ。
因みに、「市民ケーン」(1941)も日本公開は1966年。

若きオーソン・ウェルズが傑出した才能の持ち主であることが窺えるのは、本作が前年に「市民ケーン」を製作した同一人物の作品に思えないところだ。

フランソワ・トリュフォーの言葉にもあるが、「市民ケーン」という作品を受け入れられない者が製作したように思える。
つまり、オーソン・ウェルズ自身が、他の作品で自らの作品を批評しているとも言えるような作風に注目したい。

第15回アカデミー賞では、作品、助演女優賞(アグネス・ムーアヘッド)、撮影(白黒)、美術(白黒)にノミネートされた。

1991年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

残念なのは、オリジナルが148分に対して本作が60分も短いことで、その編集をしたのが「市民ケーン」も担当したロバート・ワイズだ。

主人公はアンバーソン家の嫡男とも言えるため、やや控えめな登場と演技に徹する、発明家を演ずるジョゼフ・コットン、甥と苦難の道を共にするアグネス・ムーアヘッド、叔父役のレイ・コリンズ、法律事務所のエルスキン・サンフォードなど、”マーキュリー劇団”の役者が顔を揃えている。
*4人は「市民ケーン」にも出演。

アンバーソン家の長女ドロレス・コステロ、発明家の娘を印象深く演ずる、撮影当時まだ19歳のアン・バクスター、アンバーソン家の嫡男を好演するティム・ホルト、家長リチャード・ベネット、イザベル(ドロレス・コステロ)の夫ドン・ディラウェイ、そしてオーソン・ウェルズがナレーターを担当している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター