マグニフィセント・セブン The Magnificent Seven (2016) 3.55/5 (31)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

黒澤明監督による「七人の侍」(1954)を基にしたハリウッド映画「荒野の七人」(1960)のリメイク。
町を奪おうとする悪党を倒すために開拓民に雇われた7人の男達の戦いを描く、製作総指揮、監督アントワーン・フークア、主演デンゼル・ワシントンクリス・プラットヴィンセント・ドノフリオイ・ビョンホンヘイリー・ベネットピーター・サースガード他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト
監督:アントワーン・フークア

製作
ロジャー・バーンボーム
トッド・ブラック
製作総指揮
ブルース・バーマン
アントワーン・フークア
ウォルター・ミリッシュ
ベン・ウェイスブレン
原作
七人の侍
黒澤明
橋本忍
小国英雄
脚本
ニック・ピゾラット
リチャード・ウェンク
撮影:マウロ・フィオーレ
編集:ジョン・ルフーア
音楽
ジェームズ・ホーナー
サイモン・フラングレン

出演
サム・チザム:デンゼル・ワシントン
ジョシュ・ファラデー:クリス・プラット
グッドナイト・ロビショー:イーサン・ホーク
ジャック・ホーン:ヴィンセント・ドノフリオ
ビリー・ロックス:イ・ビョンホン
ヴァスケス:マヌエル・ガルシア=ルルフォ
レッド・ハーヴェスト:マーティン・センズメアー
エマ・カレン:ヘイリー・ベネット
バーソロミュー・ボーグ:ピーター・サースガード
テディQ:ルーク・グライムス
マシュー・カレン:マット・ボマー
デナリ:ジョナサン・ジョス
マッキャン:キャム・ギガンデット
ファニング:ショーン・ブリジャース
ジョシア:ビリー・スローター

アメリカ 映画
配給
MGM
コロンビア・ピクチャーズ
2016年製作 133分
公開
北米:2016年9月23日
日本:2017年1月27日
製作費 $90,000,000
北米興行収入 $93,432,660
世界 $162,360,640


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1879年、ローズ・クリーク。
泥棒男爵”と呼ばれる金鉱の所有者バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)は、開拓民の町の人々を追い出そうとする。

教会で集会を開いた人々は、ボーグが人を雇っていることを知り、対策を考える。

エマ・カレン(ヘイリー・ベネット)の夫マシューは法律が守ってくれると考え、戦おうとするものに対しジョシア(ビリー・スローター)はそれを拒み、牧師は神が守ってくれると信じ、商人は金で解決すると言い出し、話はまとまらない。

ジョシアは家族のために町を出ることを提案するが、マシューは開拓した土地を手放す気にはならない。

そこに手下を連れたボーグが現れ、持参した瓶の中身をジョシアの息子アンソニーに確かめさせる。

それが”土”で土地を意味すると言うボーグは、一家族に20ドル払うことを伝えて皆を銃で脅し、教会に火を放つ。

3週間後に戻ることを伝えたボーグは、条件に同意するものは権利譲渡書にサインしておくようにと指示する。

手下に牧師を痛めつけさせたボーグに歯向かったマシューは、容赦なく射殺される。

マシューに駆け寄ったエマは泣き崩れ、抵抗する人々は射殺される。

雇っているシャープ保安官に、死体は野ざらしにしろと指示したボーグは、その場を去る。

アマドール・シティ
カンザスインディアン準州ら7つの州の巡回裁判所の委任執行官である賞金稼ぎのサム・チザム(デンゼル・ワシントン)は、お尋ね者を捜すため酒場に向う。

バーテンダーと話したチザムは、銃を向ける者達に発砲する。

カウンターに隠していた銃を手にしようとした、お尋ね者だったバーテンダーはチザムに射殺される。

恐れおののいた客はその場から去り、流れ者のギャンブラー、ジョシュ・ファラデー(クリス・プラット)だけが残る。

外は騒ぎになり、自分が委任執行官であることを伝えたチザムは、皆を納得させる。

町を守るためのガンマンを探していたエマは、チザムに目をつける。

話をしようとしたエマを制止した友人のテディQ(ルーク・グライムス)は、町を乗っ取った者に大勢が殺されたことをチザムに伝えて、彼を雇おうとする。

酒場を出たファラデーは、二人の男に因縁をつけられ銃を奪われる。

テディQの話に興味を示さないチザムを呼び止めたエマは、農民の自分達を苦しめ土地を奪おうとするボーグのことを話す。

ボーグを知るチザムは、町の人々から集めた全財産をエマから見せられ、夫を殺されたと言う彼女の目的を訊く。

エマは、正義であり、当然、復讐も考えると答える。

廃坑に連れて行かれたファラデーは、カードの手品で二人を油断させて、隙を見て銃を奪い一人を射殺する。

もう一人の耳を撃ち脅したファラデーは、銃を取り戻してその場を去る。

エマとテディQから町の様子などを聞いたチザムは、サクラメントにいるボーグが3週間後に戻ることを知らされる。

町には農民の男が40人いて、一応、戦う覚悟があることをチザムは確認する。

賭けで取られた馬を取り戻そうとしたファラデーは、金がないことを相手に伝え、その場に現れたチザムがそれを買い戻そうとする。

以前、会っていたチザムから使える男を探していると言われたファラデーは、エマとテディQから金を見せられて仕事を受ける。

町を出たファラデーは、バーソロミュー・ボーグが相手だと知り難色を示し、チザムから嫌なら馬を置いて去れと言われる。

ファラデーは、テディQとボルケーノ・スプリングスに向かい、フランスカナダ人のグッドナイト・ロビショー(イーサン・ホーク)を捜すよう、チザムから指示される。

エマを連れてある家に向かったチザムは、その場にいた、テキサス・レンジャーを殺したメキシコ人の無法者ヴァスケス(マヌエル・ガルシア=ルルフォ)に手配書を見せて、委任執行官であることを伝える。

仕事の提案をするチザムから、それを受ければ指名手配のままでいられると言われたヴァスケスは、それを引き受ける。

ボルケーノ・スプリングス。
ロビショーは、自分と組んでいる東洋人のビリー・ロックス(イ・ビョンホン)と男との拳銃の早打ちの賭けを余裕で見守る。

同時に見えた勝負でビリーの勝ちだと言われた男は、真剣に決闘する提案をする。

ガンベルトを外したビリーは、頭に刺してあった櫛のようなナイフで相手を倒し、ロビショーが掛け金を集める。

その様子をテディQと見ていたファラデーは、ロビショーに声をかける。

サム・チザムの名前を出したファラデーとテディQの話を聞いたロビショーは、ビリーと行動することを条件に仕事を受ける。

チザムと合流したロビショーは再会を喜び、ビリーを紹介される。

酔っていたファラデーは、ビリーがナイフの達人だということをチザムに伝える。

その後、クロウ族を300人殺したジャック・ホーン(ヴィンセント・ドノフリオ)の家に向かったチザムらは、伝説の男を殺したと言う、その場にいた二人の男の話を聞く。

チザムらはそれを信じるはずもなく、二人は、襲い掛かってきたホーンに呆気なく殺される。

6年前に会ったことをホーンに伝えたチザムは、ボーグとその一味を倒すために協力を求めるが、彼は何も答えずに立ち去る。

その後、チザムらは、谷を通り岩場で野営をする。

テディQに銃の使い方を教える代わりに酒をもらったファラデーは、隙を見せると命を落とすと彼に伝える。

チザムと話したロビショーは、農民を助けるためだけが目的でないと思い、金か札束またはダイヤが手に入るのではないかと考える。

農民は全てを自分達に捧げるつもりだと言うチザムに、今回の戦いに別の理由はないのかと尋ねたロビショーは、答えを得られなかった。

翌朝、目覚めたチザムらは、現れたホーンから、何者かが近づくことを知らされる。

姿を現したコマンチの戦士レッド・ハーヴェスト(マーティン・センズメアー)と話したチザムは、戦いに向かうことを伝える。

捕えた鹿の生肉を渡されたチザムは、それを食べて友情を示し、彼が同行することを仲間に伝える。

ローズ・クリーク。
ビリーを伴い町に向かったチザムは、ハープ保安官から、武器は持ち込み禁止だと言われる。

それに従い銃を渡したチザムだったが、仲間達はどうするか分からないと保安官に伝える。

現れたファラデーらは、保安官と助手を威嚇し、チザムは、町がほしいなら自分に会いに来いとボーグに伝えるよう、部下のマッキャン(キャム・ギガンデット)に指示する。

攻撃の合図をしたマッキャンだったが、見張りを殺したレッド・ハーヴェストが弓で一人を倒す。

一触即発状態から撃ち合いが始まり、チザムらは次々と敵を倒すが、銃の名手のはずのロビショーは発砲することができない。

逃げた男を狙うロビショーだったが、ファラデーから撃つようにと言われても引き金を引くことはできなかった。

歩み寄ってロビショーの銃を確認したビリーは、弾詰まりだとファラデーに伝える。

各人が何人殺したか確認したチザムは、怖気づいたハープ保安官が床下に隠れていることに気づく。

保安官にバッジを外させたチザムは、町と谷を押さえたので取り戻したければ取引だと伝える。

チザムは、”カンザスリンカーン郡、来なければ腰抜けだ”とボーグに伝えるようにと保安官に指示する。

”サム・チザム”だと名前を伝えたチザムは、保安官をボーグの元に向かわせる。

チザムらは、町の人々の姿が見えないことを気にする。

エマとテディQが、自分達を助けに来てくれたことを皆に伝える。

銃弾を受けたロビショーは、仲間に知られないようにする。

エマから人々に紹介されたチザムは、自分が委任執行官であることを伝える。

更に過酷な戦いになると話すチザムだったが、勝ち目がないと言う者も現れる。

戦いたくなければ去ればいいと言うエマの言葉の後でチザムは、町に残りたいなら、戦うために自分達に力を貸してほしいと伝える。

人々の分かれる意見を一つにしようとするチザムは、今日のことが伝わり敵が現れるまで、3週間ではなく1週間しかないことも話す。

明朝から訓練だと皆に伝えるチザムの言葉を聞いたエマは、不安が募る。

翌日、町を去る者もいる中、エマと共に現れた人々は、対抗するための訓練を始める。

しかし、農機具以外を手にしたことがない男達は、戦闘意欲もなく、まともに銃も撃てない。

南北戦争時、”アンティータムの戦い”で23人を射殺した伝説の南軍狙撃兵、またの名を”死の天使”と呼ばれたロビショーは、ファラデーから銃を渡される。

動揺しながら的の人形の頭部を見事に撃ち抜いたロビショーは、銃をファラデーに渡してその場を去る。

まともに戦っても勝ち目はないと考えたチザムらは、罠などを仕掛けることも考える。

金鉱に向かったチザムらはボーグの手下を殺し、働かされている者達を解放し戦いに協力させて、爆薬などを奪い町に戻る。

サクラメント
町を奪われたことをボーグに知らせたハープ保安官は、相手がリンカーン郡のチザムら7人であることを伝える。

たった7人で22人の手下を殺されたと聞いたボーグは、保安官を射殺して、手下である先住民のデナリ(ジョナサン・ジョス)に、町を襲撃する者を集めさせる。

一人で射撃の練習をするエマと話したファラデーは、彼女の意気込みは認める。

今の勢力で戦う方法を考えたチザムは、町の外に塹壕を掘り、罠や仕掛けをあらゆる場所に設置し、レッド・ハーヴェストを偵察に向かわせる。

日々、苦しみに耐えていた自分達に、楽しい思いと戦う勇気を与えてくれたことを牧師から感謝されたチザムは、戦う目的はあるが命を落とす者もいると伝える。

翌日、焼け落ちた教会には鐘が戻され、7人と人々の気持ちは一つになる。

偵察から戻ったレッド・ハーヴェストは、ボーグらが明朝、襲ってくることをチザムに伝える。

その夜、町を去ろうとするロビショーを引き留めたチザムは、自分に失望することになると伝える。

戦争で多くの死を見過ぎたロビショーは、今でも殺戮は続くと言って怯える。

ロビショーを落ち着かせたチザムは、戦争は終わったと言って、必要であることを伝える。

臆病で卑怯者である今の自分は軽蔑すべき男だと言うロビショーは、昔のことを覚えていてほしいとチザムに伝えてその場を去る。

死を覚悟しながらも仲間達が残ることを確認したチザムは、教会に向かい責任を感じる。

チザムは、現れたエマから、自分が町を出たロビショーの代わりに戦うと言われる。

翌朝、子供達は避難し、6人は戦いの準備を整え、チザムは、町の外で待機するボーグらの大軍を確認する。

ボーグの指示でデナリらは突撃し、塹壕に隠れていたホーンが、仕掛けてあった爆薬を爆破する。

戦いは始まり、人々は犠牲者を出しながら勇敢に戦う。

ファラデーは脇腹を撃たれ、ヴァスケスはマッキャンを射殺する。

劣勢のボーグはガトリング銃を用意させ、加勢するため町に戻ってきたロビショーが、それをチザムに伝える。

ガトリング銃の威力で多くの人々は命を落とし、テディQを助けたホーンが、デナリの弓を受けて息絶える。

危険を感じたチザムは、女と子供を野原に逃がす。

教会の塔に上ったロビショーは、ビリーと共に銃撃を始める。

弾が切れたエマに迫るデナリは、レッド・ハーヴェストと戦い殺される。

ファラデーからガトリング銃を潰すと言われたチザムは、馬の金はチャラにすると伝えて彼を掩護する。

馬に乗ったファラデーは、追われながらガトリング銃の場所に向かう。

ガトリング銃の銃撃を受けたロビショーは塔から落下し、銃弾を受けたビリーも息絶える。

銃撃されたファラデーは落馬し、更に銃弾を受けながら、瀕死の状態で葉巻をくわえる。

火を点けてくれた敵に銃を向けられたファラデーは倒れこむが、ダイナマイトに点火する。

それを投げたファラデーは、敵もろともガトリング銃を爆破する。

町に向かったボーグは、手下の二人をチザムに殺される。

ボーグから、どこかで会っているかと訊かれたチザムは、1867年10月14日、元南軍兵を雇いカンザスで土地を奪わせたことを伝える。

銃を抜いたボーグの手を撃ったチザムは、教会に逃げ込もうとする彼の脚も撃つ。

命乞いをするボーグの手を取り、手下が犯した自分の母親と殺した二人の妹のために祈れと伝えたチザムは、吊るされた際の首の傷を見せる。

祈るようにと言われチザムに首を絞められたボーグは、ブーツに隠してあった銃を手にするものの、エマに射殺される。

エマに歩み寄り、彼女を気遣いながら銃を受け取ったチザムは教会を出る。

チザムは、無事だったレッド・ハーヴェストと共にホーンの死体を馬に乗せたヴァスケスから、ファラデーが命を落としたことを知らされる。

ロビショーとビリーの死も確認したチザムは、テディQに銃を渡し、牧師に4人の埋葬を任せる。

町の人々に感謝されたチザムらは旅立ち、エマは、ようやく訪れた平和を実感する。

その後、ロビショー、ビリー、ファラデー、ホーンは町外れに埋葬され、エマは、勇気と名誉と共に戦った”magnificent/崇高な”男達のことを語り継ぐ。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1879年、ローズ・クリーク。
泥棒男爵”と呼ばれる金鉱の所有者ボーグは、土地を奪うために開拓民を追い出そうとする。
ボーグに歯向かい夫を殺されたエマは、友人のテディQと共にガンマンを探し、委任執行官で賞金稼ぎのサム・チザムに町の現状を話して雇おうとする。
全財産を見せられたチザムは、相手が因縁のあるボーグだと知り仕事を引き受けて、腕の立つギャンブラーのファラデーを仲間にする。
その後チザムは、南北戦争時代の伝説の狙撃兵ロビショーと相棒であるナイフの名手のビリー、賞金首のメキシコ人ヴァスケス、豪傑ホーン、そして先住民の戦士レッド・ハーヴェストを仲間にする。
ローズ・クリークに着いた7人は、戦う方法を知らない人々と共に、攻撃を仕掛けてくるボーグに対抗するために準備を始めるのだが・・・。
__________

黒澤明の傑作「七人の侍」(1954)を基にした、ハリウッド映画である西部劇の名作「荒野の七人」(1960)の56年ぶりのリメイクということで、大いに話題になった作品。

西部劇が廃れて久しい時代だからこそ、製作することに意義があると言える、ファン待望の一作。

オリジナルである「荒野の七人」(1960)の製作総指揮を担当したウォルター・ミリッシュが、本作でも製作総指揮に参加していることに注目したい。

時代設定が西部劇とはいうものの、半世紀以上の時代の流れがあり、旧作と比較し過ぎるのは邪道で、本作単体で考えて観ればまずまず楽しめる。

純粋な正統派西部劇ファンからすると、厳しく言えば、なかなか雰囲気を出して作ってはいるが、キャラクターに深みがなく、旧作のポイントである、割の合わない仕事であることがあまり印象深く描かれていない点なども気になる。

最も盛り上がるのが、エンドロールでエルマー・バーンスタインのオリジナル作のテーマ曲が流れる場面では、ファンとしては納得できないのが正直なところだ。

北米興行収入は約9300万ドルで、全世界では1億6300万ドルのヒットとなった。

9000万ドルの製作費をかけているだけあり、セットなども確り作られている。
決まり過ぎているようにも思えるコスチュームはいまいちだが、薄汚い顔のメイクなど細かい部分も当時をうまく再現している。

オリジナル作との類似点はあるが、舞台はメキシコの寒村ではなく開拓民の町で、ガンマンのキャラクターもそのままの設定ではなく、複数を合わせ持つ役柄などとして工夫が凝らされている。

盟友とも言えるアントワーン・フークア作品だけに、やはり、ガンマンのリーダーである主役はデンゼル・ワシントンというのは納得で、彼が演ずるような役でないようにも思えるが、流石に圧倒的な存在感を発揮している。

デンゼル・ワシントン以外で特に印象に残ったのは、伝説の狙撃兵でありながら、多くの死を見過ぎたために怯える日々を送るイーサン・ホークの深い演技で、社会問題化する現代の”心的外傷後ストレス障害”的な描き方が興味深い。

最も気になるのが、東洋人が登場する設定で、原点が日本映画の傑作「七人の侍」(1954)にも拘らず、日本人が起用されない情けなさだ。
イ・ビョンホンがナイフの名手をそれなりに演じているだけに、よけい残念だ。

勇敢に戦って命を落とす流れ者のギャンブラー、クリス・プラットクロウ族を300人も殺した伝説の豪傑ヴィンセント・ドノフリオメキシコ人のお尋ね者マヌエル・ガルシア=ルルフォコマンチの戦士マーティン・センズメアー、夫(マット・ボマー)を殺され、7人と共に戦う開拓民の女性ヘイリー・ベネット、人々を苦しめる悪党のリーダー、ピーター・サースガード、その手下ジョナサン・ジョスキャム・ギガンデット、開拓民のルーク・グライムスショーン・ブリジャースビリー・スローターなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター