007/黄金銃を持つ男 The Man With the Golden Gun (1974) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

007シリーズ、第9作。
1965年に発表された、
イアン・フレミング原作のシリーズ最終作を基に製作された作品。

監督ガイ・ハミルトンロジャー・ムーアクリストファー・リーブリット・エクランドモード・アダムス共演。


007シリーズ


スタッフ キャスト ■

監督:ガイ・ハミルトン
製作
アルバート・R・ブロッコリ

ハリー・サルツマン
原作:イアン・フレミング
脚本
リチャード・メイボーム

トム・マンキーウィッツ
撮影
テッド・ムーア

オズワルド・モリス
編集
レイモンド・ポウルトン

ジョン・シャーリー
メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー
音楽
ジョン・バリー

モンティ・ノーマン:ジェームズ・ボンドのテーマ
主題歌”
The Man with the Golden Gun
主題歌:
ルル

出演
ジェームズ・ボンド:
ロジャー・ムーア

フランシスコ・スカラマンガ:クリストファー・リー
メアリー・グットナイト:ブリット・エクランド
アンドレア・アンダース:モード・アダムス
J・W・ペッパー保安官:クリフトン・ジェームズ
ニック・ナック:エルヴェ・ヴィルシェーズ
ハイ・ファット:リチャード・
ヒップ:スーン=テク・オー
ロドニー:マーク・ローレンス
ラザー:マーネ・メイトランド
M:バーナード・リー
Q:デスモンド・リュウェリン
マネーペニー:ロイス・マクスウェル

イギリス 映画
配給
ユナイテッド・アーティスツ

1974年製作 124分
公開
イギリス:1974年12月19日
北米:1974年12月19日
日本:1974年12月21日
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $20,972,000
世界 $97,600,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

100万ドルで殺しを請け負う”黄金銃を持つ男”という異名を持つ、フランシスコ・スカラマンガ(クリストファー・リー)は、殺し屋ロドニー(マーク・ローレンス)を相手に、自らの腕を磨くため黄金銃で彼を倒す。

ロンドン
その頃、
MI6本部長M(バーナード・リー)の元に、諜報員ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)を抹殺するという脅迫文と共に、”007”と刻まれた一発の黄金の弾丸が届けられる。

それは、スカラマンガから送られて来たもので、行方のわからない謎の男スカラマンガに、ボンドが暗殺される恐れが出てきた。

そのためMは、現在の任務に支障が出る可能性があり、ボンドに、任務から外すことを伝える。

スカラマンガの所在は誰にも知られず、KGBやギャングを牛耳る悪の帝王だった。

ボンドは、自分が先にスカラマンガを見つけた場合は、事態が変わることをMに確認して、スカラマンガを捜そうとする。

そしてボンドは、Mの秘書マネーペニー(ロイス・マクスウェル)の情報を基にベイルートに飛ぶ。

殺人に使われた、スカラマンガの黄金の弾丸を手に入れたボンドは、Q(デスモンド・リュウェリン)の協力を得て弾丸の製造者を突き止めマカオに向かう。

マカオに着いたボンドは、黄金の弾丸を作った男ラザー(マーネ・メイトランド)を脅し、その引渡し場所で弾丸を受け取った女性(モード・アダムス)を追い香港に向かう。

ボンドは、連絡員メアリー・グッドナイト(ブリット・エクランド)に追跡を邪魔されるが、彼女はその女性が乗っていった車から、ホテルを探りあててボンドを案内する。

女性の部屋に忍び込んだボンドは、彼女がスカラマンガの情婦アンドレア・アンダースだということを知る。

アンドレアからスカラマンガの特徴を聞き出したボンドは、知らぬ振りをしてスカラマンガに弾丸を渡すよう、彼女に強要する。

ボンドは、アンドレアから聞いたナイトクラブに向かうが、目的のスカラマンガは現れず、ある男が、ボンドの傍らで黄金の弾丸を撃ち込まれて射殺される。

警察に扮した現地情報員ヒップ(スーンテク・オー)に連行されたボンドは、沈没した”クイーン・エリザベスⅡ世号”内部の支部に案内される。

そこで、ボンドを待ち構えていたMやQから、殺された男が、太陽エネルギーの研究家で、エネルギー危機を救う画期的な装置”ソレックス・アジテーター”を完成させていたことを知らされる。

ボンドは、その男と関係していた実業家、大富豪のハイ・ファット(リチャード・)に会うためタイに向かう。

バンコクに到着したボンドは、スカラマンガに成りすましファットの屋敷内に忍び込み、彼と会い夕食の招待を受けて、その場を立ち去る。

しかし、ボンドの正体をスカラマンガやファットは見破っていた。

その夜、ファットの屋敷に向かったボンドは、スカラマンガの手下ニック・ナック(エルヴェ・ヴィルシェーズ)に襲われ捕らえられてしまう。

翌朝、ボンドは格闘技で戦うことを強要されるが、隙を見て逃亡し、ヒップと彼の姪達に救われる。

しかし、ボンドは逃げ遅れてしまい、運河でボートを奪い逃亡する。

ボンドは追っ手を難なくかわすが、アメリカからの観光客で、以前、目を付けられた保安官J・W・ペッパー(クリフトン・ジェームズ)に目撃される。

一方、スカラマンガは、ファットから”ソレックス”を奪い彼を抹殺する。

香港に戻ったボンドは、グッドナイトとの夜を過ごそうとするが、そこにアンドレアが現れる。

ボンドは、自分を殺す強迫文を送ったのが、アンドレアだということを彼女から知らされる。

スカラマンガから逃れられなくなっていたアンドレアは、ボンドに彼を殺させようとしたのだ。

アンドレアは、”ソレックス”をボンドに渡すことを約束し、彼と愛し合おうとする。

そのため、ボンドはグッドナイトをクローゼットに押し込み、アンドレアとベッドを共にする。

アンドレアは、”ソレックス”を盗み出しボンドに渡すつもりでいたが、彼女はキック・ボクシング会場で殺されていた。

そしてボンドは、その会場でスカラマンガと対面する。

ボンドは、床に落ちていた”ソレックス”を見つけ、それをピーナッツ売りに扮したヒップに渡す。

しかし、それを受け取ったグッドナイトが、スカラマンガの車のトランクに閉じ込められてしまう。

それを知ったボンドは、スカラマンガの車を追跡しようとして、ショールームの車を奪う。

その車に乗っていたペッパー保安官を同乗させたまま、ボンドはスカラマンガの車を追う。

ペッパーはボンドに気付き、彼が任務で誰かを追跡していることを知り檄を飛ばす。

バンコク市街からスカラマンガは郊外に逃げ、ボンドは警察に追われながらもそれを激しく追跡する。

ボンドは、倉庫に隠れたスカラマンガを追い詰めるのだが、スカラマンガは車にジェットウイングを装着して飛び立ってしまう。

香港に戻ったボンドは、Mにスカラマンガ逃亡を報告し、グッドナイトの通信信号から居場所を特定する。

ボンドは、空路(Republic RC-3 Seabeeで)スカラマンガのアジトに向かうが、中国領域ということで危険が伴う。

現場に到着したボンドは、スカラマンガに歓迎されて、ファットの財産を奪い建設した、島の内部の施設に案内される。

そしてボンドは、太陽光線と”ソレックス”を利用した兵器のテストを見せられる。

スカラマンガはボンドとランチを共にすることになり、そこにグッドナイトが現れる。

ボンドを殺し、偉大な芸術家のようになるのが望みだと言うスカラマンガは、彼に決闘を申し込む。

それを受けたボンドは、姿を消したスカラマンガを追い、ニック・ナックにマジックルームに案内さる。

ボンドは、スカラマンガを倒しグッドナイトと合流する。

グッドナイトが、スカラマンガの手下を、施設内で冷却されていたヘリウム溶液の中に突き落としたために温度が急上昇して爆発寸前となる。

ボンドは、”ソレックス”を取り外そうとするのだが、グッドナイトが誤って兵器を作動させてしまう。

太陽が雲に隠れている間に、ボンドは”ソレックス”を装置から外し、施設から逃げ出して帆船で島から脱出する。

ボンドとグッドナイトは、香港に到着するまでの間を楽しもうとするが、船内に潜んでいたニック・ナックに襲われる。

そしてボンドは、小柄なニック・ナックをかごに閉じ込め、Mからの連絡を無視して、グッドナイトと愛し合う。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

MI6のMの元に、諜報員ジェームズ・ボンドを抹殺するという脅迫文と共に、”007”と刻まれた一発の黄金の弾丸が届けられる。
それは、100万ドルで殺しを請け負う”黄金銃を持つ男”という異名を持つ、スカラマンガから送られて来たものだった。
そのためMは、現在の任務からボンドを外すのだが、自分が先にスカラマンガを見つけた場合は事態が変わると彼は考える。
Mにそれを確認したボンドは、誰も知らないと言われるスカラマンガの所在を捜そうとする。
ボンドは、Mの秘書マネーペニーの情報を基にして
ベイルートに飛び、殺人に使われた黄金の弾丸を手に入れ、Qの協力を得てその製造者を突き止めマカオに向かう。
その後ボンドは、黄金の弾丸を作った男が、それをある女性に渡したのを確認して彼女を追う。
香港に着き、ボンドは、連絡員のグッドナイトに接触し、女性の部屋に忍び込む。
ボンドは、彼女がスカラマンガの情婦アンドレアだということを知る。
そしてボンドは、彼女を利用してスカラマンガの居場所を突き止めようとするのだが・・・。
__________

黄金の弾丸を発射出来る組み立て式の黄金銃や、壊れた橋をジャンプするカーアクション、更にジェットウイングを装着し空を飛ぶ車等々、ボンドの秘密兵器は控えめながら、見せ場も多いアクション大作に仕上がっている。

しかし、純粋なスパイ劇からはかけ離れてしまった、コメディ色の強いアクションに終始し、1300万ドルに膨れ上がった製作費は、多くの派手なシーンで活かされてはいるが、結局、興行収入は前作を下回る結果に終わった。

北米興行収入 $20,972,000
世界 $97,600,000

上海から来た女」(1948)をヒントにした、マジックルームの決闘シーンなど、工夫を凝らした場面はあり、プーケット島近郊の自然も美しい。

特に香港イギリス情報部支部が、火災のため沈没座礁し、傾いたクイーン・エリザベスⅡ世号の中にあるという設定がなかなか面白い。

船は、本作の撮影後1975年に解体された。

軽快でリズミカルなルルの主題歌”The Man with the Golden Gun”も楽しい曲に仕上がっている。

前作「死ぬのは奴らだ」(1973)で初登場し、好評だったロジャー・ムーアが、女好きな反面、女性にかなり冷たい態度をとったりするシーンがあるのも興味深い。

”黄金銃”がなくとも存在感抜群の名優クリストファー・リーは、周知の通り、高齢になるに連れて活躍している。
彼は原作者
イアン・フレミングとは従兄弟になる。

かなりドジな情報員ブリット・エクランドは、ピーター・セラーズの元妻で、当時既に30歳を過ぎていたものの、あどけなさが残り、色気よりもコミカルな演技で楽しませてくれる。

オクトパシー」(1983)でもボンド・ガールを、「美しき獲物たち」(1985)ではカメオ出演しているモード・アダムスが、呆気なく殺されてしまうのには驚く。

前作の「死ぬのは奴らだ」(1973)の保安官役があまりの好評で、観光客として再び登場するクリフトン・ジェームズ、愛嬌ある小人の殺し屋エルヴェ・ヴィルシェーズタイの実業家リチャード・、現地の情報員スーン=テク・オー、そしてレギュラーのMのバーナード・リー、今回はあまり活躍の場がないQのデスモンド・リュウェリン、さらにはマネーペニー役のロイス・マクスウェルと、お馴染みの顔ぶれも、sもちろん登場する。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター