クリミナル・サイト The Merry Gentleman (2008) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人気スターのマイケル・キートンが主演を兼ねた初監督作品。
孤独な殺し屋と夫の暴力から逃れた女性の親交を描く、ケリー・マクドナルド、トム・バストウネス、ボビー・カナヴェル共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■

監督:マイケル・キートン
製作:スティーヴン・A・ジョーンズ
製作総指揮
トム・バストウネス
ポール・J・ダガン
脚本:ロン・ラゼレッティ
撮影:クリス・シーガー
音楽
ジョナサン・サドフ
エドワード・シェアマー

出演
フランク・ローガン:マイケル・キートン

ケイト・フレイジャー:ケリー・マクドナルド
デイヴ・マーチェソン:トム・バストウネス
マイケル・エルクハート:ボビー・カナヴェル

アメリカ 映画
配給 Samuel Goldwyn Films

2009年製作 96分
公開
北米:2009年5月1日
日本:未公開
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $346,286


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ケイト・フレイジャー(ケリー・マクドナルド)は、警官である夫マイケル・エルクハート(ボビー・カナヴェル)の暴力に耐え切れずシカゴに移り住み、仕事を見つけた彼女は平穏な日々を送る。

殺し屋のフランク・ローガン(マイケル・キートン)は、ターゲットを仕留めるためにあるビルのオフィスを狙っていた際、違う部屋のケイトを見かける。

殺し屋稼業に嫌気がさしていたフランクは、仕事を済ませた後、ビルの屋上から飛び降りることを考える。

通りにに出たケイトがそれに気づき叫び声をあげたため、フランクは思い止まる。

警察が駆けつけて調べたものの異常は見つからず、ケイトは不思議に思いながらその場を去る。

翌日、出社したケイトは、殺人事件があったことを面会に来た刑事デイヴ・マーチェソン(トム・バストウネス)らに知らされ、目撃した男について質問される。

デイヴはケイトに惹かれ、彼女を誘うことを考える。

クリスマスが近づく中、社内パーティを早々に引き揚げたケイトは、ツリーを買って帰宅する。

タクシーのトランクから降ろされたツリーを部屋に持ち込もうとしたケイトは、入り口で倒れてしまう。

そこにフランクが現れ、ケイトの部屋までツリーを運ぶのを手伝う。

電話が鳴っていたためそれに出たケイトは、相手がデイヴだと分かり捜査の進展を聞く。

受話器を置いたケイトは、入り口にいたフランクに礼を言って別れる。

デイヴとの会話に戻ったケイトは、食事に誘われてそれを承諾する。

その後、同僚からの連絡を受けたデイヴは、殺人の依頼人と思われる容疑者が自殺した現場に呼び出される。

翌日、ケイトと食事をしたデイヴは、個人的に惹かれたことを彼女に伝える。

動揺したケイトは、家に帰ると言って席を立つ。

休暇を一人で過ごすことにしていたケイトは、アパートの入り口で自分を呼び出したフランクが倒れていることに気づき、彼を病院に連れて行く。

フランクは、肺炎だと診断されて入院することになる。

ケイトに感謝したフランクは、アパートを訪ねた理由を聞かれ、”メリー・クリスマス”と伝えたかったからだと答える。

翌朝ケイトは、クリスマスのお菓子を持参してフランクを見舞う。

二人は、天気のことや他愛もない話をしてひと時を過ごす。

夜になりアパートに戻ったケイトは、フランクから贈られたコートに気づく。

退院したフランクは、ケイトの部屋で役目を終えたツリーを郊外に運んで焼却し、二人は親交を深めていく。

その後もフランクはケイトのアパートに花束を届け、彼女はその優しさに触れる。

そんな時、アパートにマイケルが現れ、神に導かれ自分は変わったことを伝えてケイトに許しを請う。

マイケルは答えを聞けないまま宿泊先を伝え、職場に届けた花束は自分が贈ったことを付け加えてその場を去る。

デイヴに連絡したケイトは、家出をしてきたことなど秘密にしてきたことを正直に話す。

その場に現れたフランクは、質問を受けるケイトを見守りながら、マイケルの滞在先を知る。

マイケルの滞在するモーテルに向かったデイヴは、自殺したと思われるマイケルの死体を見つける。

安置所でマイケルの遺体を確認したケイトは、デイヴに見送られながら、迎えに来たフランクと共に帰宅する。

ケイトと食事を済ませたフランクは、複雑な思いに戸惑う彼女を優しく抱き寄せる。

フランクの存在を気にしたデイヴは、殺人事件で自殺した容疑者が出入りしていた仕立て屋で働くフランクに探りを入れる。

フランクに声をかけたデイヴは、事件の夜、ケイトが屋上で不審な男を目撃したことなどを話す。

その夜、ケイトを再び食事に誘ったデイヴは、フランクの件に触れて、彼と知り合った時期などを尋ねる。

デイヴは戸惑うケイトに、フランクが屋上の男だと伝える。

動揺したケイトはトイレに向かい、そのまま店を出てアパートには戻らず教会で過ごす。

その場に現れたフランクは、恐れるケイトに傷つける気はないことを伝える。

今後のことを気にして涙するケイトに対し、フランクは何も語らず、彼女のためにコートを置いて立ち去る。

翌日、郊外の橋の上で車を止めたフランクは、川を見つめながら帽子を捨てる。

ケイトのアパートを訪ねたデイヴだったが、彼女は対応しようとしない。

その時、考えこむケイトは何かを感じる・・・

川に落ちた帽子を拾ったフランクは、過去を捨て去り森を歩き始める。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

シカゴ
殺し屋のフランク・ローガンは、稼業に嫌気がさして自ら命を絶つことを考える。
そんなフランクは、夫の暴力から逃れて新生活を始めたケイトに、屋上から身を投げようとする姿を目撃される。
思い止まったフランクは、その後ケイトに接触するものの、肺炎を患い入院してしまう。
ケイトに介抱されたフランクは回復し、互いに心の安らぎを感じた二人は親交を深めるのだが・・・
__________

若い頃から思っていたのだが、表情がコメディアンそのものという感じでもなかったマイケル・キートンが、孤独な殺し屋を淡々と演ずるシリアスな演技に徹した作品であり、演出も兼ねた彼の意欲が窺える。

人生を捨てようとする男と、新たな生活に希望を見出そうとする女性、生きる世界が違うまま親交を深めていく、”柔らかい”時間の経過の描写は心地よささえ感じる。

かつて爆笑コメディを演じたマイケル・キートンも今一度見たいのだが、本作のようなしっとりたした雰囲気、深みのある彼の演出を今後も期待したい。

既に実力派と評価され、話題作に出演を続けていたケリー・マクドナルドの純朴な演技も見逃せない。

ヒロインに心を寄せながら事件捜査を続ける刑事トム・バストウネス、ヒロインの夫ボビー・カナヴェルなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター