シャドウハンター The Mortal Instruments: City of Bones (2013) 3.57/5 (30)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2007年に発表された、カサンドラ・クレアのベストセラー、アーバン・ファンタジー小説”The Mortal Instruments”シリーズ”City of Bones”を基に製作された作品。
妖魔を倒せる聖杯の秘密を知るシャドウハンターだった少女の戦いを描く、監督ハラルド・ズワルト、主演リリー・コリンズジェイミー・キャンベル・バウアーレナ・ヘディジャレッド・ハリスジョナサン・リース・マイヤーズ他共演のアーバン・ファンタジー。


ファンタジー


スタッフ キャスト
監督:ハラルド・ズワルト
製作
ロバート・クルツァー
ドン・カーモディ
製作総指揮
ロバート・シェイ
マイケル・リン
マーティン・モスコウィック
原作:カサンドラ・クレアCity of Bones
脚本:ジェシカ・ポスティゴ・パケット
撮影:ガイア・ハルトリ・アンドレセン
編集:ジョエル・ネグロン
音楽:アトリ・オーヴァーソン

出演
クラリー・フレイ:リリー・コリンズ
ジェイス・ウェイランド:ジェイミー・キャンベル・バウアー
アレク・ライトウッド:ケヴィン・ゼガーズ
イザベル・ライトウッド:ジェマイマ・ウェスト
サイモン・ルイス:ロバート・シーハン
ジョスリン・フレイ:レナ・ヘディ
ルーク・ギャロウェイ:エイダン・ターナー
ホッジ・スタークウェザー:ジャレッド・ハリス
ヴァレンタイン・モーゲンスターン:ジョナサン・リース・マイヤーズ
サミュエル・ブラックウェル:ロバート・メイレット
エミール・パングボーン:ケヴィン・デュランド
マグナス・ベイン:ゴッドフリー・ガオ
アラリック/人狼:ハリー・ヴァン・ゴーカム
マダム・ドロシア:CCH・パウンダー

アメリカ/ドイツ/カナダ 映画
配給
スクリーン・ジェムズ
Entertainment One
2013年製作 130分
公開
北米:2013年8月21日
日本:2014年4月19日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $31,165,420
世界 $95,396,570


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
高校生のクラリー・フレイ(リリー・コリンズ)は、軍人だった父を亡くし、画家である母ジョスリン(レナ・ヘディ)と暮らしていた。

友人のルーク・ギャロウェイ(エイダン・ターナー)と帰宅したジョスリンは、親友のサイモン・ルイス(ロバート・シーハン)と電話で話したクラリーが書いたメモのマークを気にして、それをルークに見せる。

クラリーに話すようにとルークに促されたジョスリンは、まだ早いと考えるものの、教えるべきだと言われる。

サイモンと詩の朗読会に行ったクラリーは、カプチーノの泡が例のマークになっていることに気づく。

帰り道で、クラブの看板にもマークが描かれていることに気づいたクラリーは、サイモンと共に店内に入る。

ある男女が気になり、男が異様な雰囲気のジェイス・ウェイランド(ジェイミー・キャンベル・バウアー)に殺されるのを目撃したクラリーは、叫び声をあげてしまい店を出る。

サイモンに幻覚だと言われたクラリーは、帰宅してそのまま眠ってしまう。

翌朝、目覚めたクラリーは、夜中に無意識のまま例のマークを描いていたことに気づく。

部屋中に貼られていたそのマークに驚くクラリーは、動揺しながら出かけようとする。

ジョスリンに呼び止められて話があると言われたクラリーは、サイモンが迎えに来たために、帰ってから聞くと伝えて出かける。

クラリーの部屋に入ったジョスリンは、壁中のマークを見て驚く。

カフェで、自分が描いたマークをサイモンに見せていたクラリーは、外に現れたジェイスに気づく。

身を隠したクラリーだったが、店に入ったジェイスは彼女にしか見えなかった。

押し入ってきたエミール・パングボーン(ケヴィン・デュランド)とサミュエル・ブラックウェル(ロバート・メイレット)に襲われたジョスリンは、なぜこの場所が分かったのかとエミールに問い、娘に感謝するようにと言われる。

裏口から路地に出てジェイスと話したクラリーは、マークを見せて、その意味を尋ねる。

クラリーは、マークを見たジェイスから、マンデイン/人間ではないと言われる。

エミールに襲われるものの、反撃して叩きのめしたジョスリンは、クラリーに電話をする。

電話に出たクラリーは、帰らないようにと言うジョスリンから、”ヴァレンタインは生きている”とルークに伝えることを指示される。

ドアを壊そうとするエミールに聖杯は渡さないと伝えたジョスリンは、隠してあった液体を飲んで意識を失う。

ルークと連絡がつかないクラリーはアパートに戻り、部屋は荒らされてジョスリンの姿がないことに気づく。

その場にいた犬がおぞましい姿となり襲い掛かってきたため、クラリーはガス爆発を起こして撃退する。

ばらばらになった生物は再生するものの、現れたジェイスがそれを倒す。

それが妖魔だと言うジェイスは、クラブで殺した男も同じだと伝える。

下の階に住む占い師マダム・ドロシア(CCH・パウンダー)の部屋に向かいジョスリンのことを訊いたクラリーは、彼女から、カードを引くよう指示される。

聖杯のエースを引いたクラリーは、ジェイスから、それが”モータルカップ”だと言われる。

ドロシアから、ジョスリンがシャドウハンターだったと言われたクラリーは、母がどこにいるかを尋ねる。

占ったドロシアは記憶が封印されていると言って、ジョスリンがクラリーを守るために魔法使いを雇ったと伝える。

その理由が分からないと言うクラリーは、部屋の侵入者に気づき、消火器で殴りかかるもののサイモンだった。

見えないはずだったジェイスを紹介されたサイモンは、デーモンハンターだと言う彼の姿が見えたので挨拶する。

ジョスリンが飲んだ液体の容器を見つけたジェイスは、ルークに訊いてみると言うクラリーとサイモンと共に彼のアパートに向かう。

入り口が開いていないために裏から入り、サイモンに見張りをさせたクラリーとジェイスは、内部で、人間ではなかったルークがエミールとサミュエルに痛めつけられていたために助けようとする。

ジェイスは二人に襲い掛かり、クラリーを連れて外に向かい、駆け付けた警官が妖魔だと気づき殺す。

その場から逃げようとしたクラリーは、父親のように思っていたルークが人間ではなかったために動揺するが、ジェイスから、命を懸けて守ると言われる。

ジェイスとサイモンと共にある場所に向かったクラリーは、その場が研究所だと気づき、傷をステラ(身体にルーン文字を刻むスティック)で手当されて気を失う。

翌朝、目覚めたクラリーは、腕の傷を癒した文字が”ルーン文字”だとサイモンから知らされるが、ジェイスから、それが効くのは人間ではないからだと言われる。

自分もシャドウハンターだと言われたクラリーは、アレク・ライトウッド(ケヴィン・ゼガーズ)と妹のイザベル(ジェマイマ・ウェスト)から、自分達の師であるホッジ・スタークウェザー(ジャレッド・ハリス)の元に向かうよう指示される。

ハンターの避難場所だったこの場は、聖杯を失ったために人数が激減し、増やすには天賜の杯がいるとジェイスはクラリーに話す。

ホッジに会ったクラリーは、母ジョスリンは最高のシャドウハンターだったと言われる。

反乱を起こし聖杯を奪ったヴァレンタイン・モーゲンスターン(ジョナサン・リース・マイヤーズ)は、それを違う目的で使い、自分の体で実験し、妖魔を召喚して汚れた血を取り込んで制御する力を得た。

ジョスリンが聖杯を奪い姿を消したため、彼女しかその行方を知らないと考えたクラリーだったが、ホッジから、誰かに話したはずだと言われる。

それが自分だと気づいたクラリーは、サイレントブラザーズの元に向かうと言うジェイスに同行する。

ホッジは呪いで建物の外に出られないため、ジェイスと共に墓地に向かったクラリーは、骨の力を借りているサイレントブラザーズから記憶を戻される。

無意識の中で書いた文字”BANE”が、有名な魔法使いマグナス・ベイン(ゴッドフリー・ガオ)のことだとジェイスから知らされたクラリーは、彼に会ってみたいと伝える。

マグナスがブルックリンでは高位の魔法使いであるため、イザベルの協力で身なりを整えたクラリーは、自分を嫌っているアレクが、ジェイスに気があるゲイではないかと考える。

イザベルから、罪ではないがこの場では禁じられていると言われたクラリーは、ジェイスらと共にあるクラブに向かう。

ジョスリンが姿を消したことをマグナスに伝えたクラリーは、自分にかけた魔法の効力が年々、弱まり、母がいずれ話すつもりだったことを知らされる。

母を連れ戻したいと言うクラリーは、その場にあったジョスリンの絵に気づき、マグナスがそれを買っていたことを知る。

軍人だった亡くなった父の絵を見つけたクラリーは、それがただの兵士で、父ではなかったことを知りショックを受ける。

全て自分のためにしたとことをマグナスから知らされたクラリーは、記憶は偽物だったと考えるが、それは宝の地図であり聖杯が導いてくれると言われる。

サイモンがヴァンパイアにさらわれたことをジェイスから知らされたクラリーは、教会に向かい武器を手に入れる。

あるホテルに向かったジェイスは、アレクからクラリーが足手まといだと言われるが、彼女もハンターだと伝える。

その様子を、ルークが監視していた。

廃墟となったホテルでサイモンを見つけて助けたクラリーらは、ヴァンパイアに襲われて戦いとなる。

敵が大挙して現れたため、その場から逃れたクラリーらは、ヴァンパイアが恐れる日の出が近いために屋上に向かう。

研究所に戻ったクラリーは、アレクから出て行くようにと言われるが、ジェイスを愛しているために嫉妬していると反論する。

憤慨したアレクは、もう一度、言ったら殺すと伝えてクラリーを脅す。

サイモンの様子を見ていたクラリーは、彼から眼鏡なしでもいられるようになったと言われる。

寄り添う二人の様子を見たジェイスは、それを気にする。

サイモンがヴァンパイアに噛まれたことに気づいたクラリーは、何も言わずに彼を見守る。

ジェイスの元に向かい、”バッハ”の曲をピアノで弾いていた彼から、妖魔は2つの音の動きが生む特定の周波数に弱いので、バッハは意図的にそれを組み込んでいたと言われる。

ジェイスから、妖魔はバッハの曲が苦手であり、彼はシャドウハンターだったと言われたクラリーは、どの次元にも行ける装置ポータルを見せられ、母ジョスリンの元に向かおうとする。

訓練を積まなくては無理だと言われたクラリーは、誕生日だと知っていたジェイスに祝ってもい、そして二人は惹かれ合う。

クラリーを部屋に送ったジェイスは、その場にサイモンがいたために気分を害し、その場を去る。

家に帰ると言うサイモンは、クラリーとジェイスがキスしていたことを気にする。

クラリーに愛を告げたサイモンは、ジェイスは利用しているだけだと言って立ち去る。

スケッチブックに描いたものを取り出せる自分のパワーに気づいたクラリーは、ホッジから、記憶が戻る度にそれは強まると言われる。

聖杯の場所が分かったとジェイスに知らせたクラリーはアパートに向かい、ドロシアに、母が描いたカードを見せてほしいと伝える

その間、アレクとイザベルは、クラリーの部屋を調べる。

ジェイスは、その場にあったピアノでバッハの曲(ゴルトベルク変奏曲)を弾き、それを気にするドロシアの前で、クラリーはカードの中から聖杯を取り出す。

妖魔だったドロシアは暴れ始めてクラリーを叩きのめし、アレクにダメージを与えて聖杯を奪う。

アパートから出たドロシアは、現れたサイモンから声をかけられるが、部屋に閉じ込められているクラリーに気づく。

サイモンはドロシアを叩きのめし、クラリーは彼女から聖杯を奪い返す。

ドロシアは姿を消し、クラリーは聖杯をカードの中に戻し、サイモンに抱きつく。

ジェイスらは傷ついたアレクを研究所に運び、イザベルは、クラリーのせいだと言って彼女を責める。

イザベルに謝罪したクラリーはホッジの元に向かい、カードの中から聖杯を取り出す。

クレイヴの呪いで自由を失ったとを話すホッジは、ポータルから現れたヴァレンタインに聖杯を渡す。

ポータルの中のジョスリンは無事だとクラリーに伝えたヴァレンタインは、聖杯が本物かを確かめようとする。

娘だったクラリーに自分の血を飲ませようとしたヴァレンタインだったが、それに逆らったクラリーはポータルの中に飛び込む。

ある街角で気づいたクラリーは、現れたルークが人狼だったことに気づく。

ホッジから呪いを解く約束だと言われたヴァレンタインは、聖杯と引き換えだと伝える。

呪いは幻覚だとホッジに伝えたヴァレンタインは、妖魔を召喚することを考えるが、クラリーは戻ってくると言われる。

ジェイスが兄だとクラリーに嘘をつけば二人を傷つけられると言うホッジは、ヴァレンタインを納得させる。

現れたマグナスから、アレクを助けるために必要なものを用意するよう指示されたイザベルは、サイモンと共にそれを探す。

この場を破壊することを考えるヴァレンタインは、”ジョナサン”と言う本名をジェイスに伝え、それを知っている理由を問われる。

ヴァレンタインが本当に自分の父親なのかルークに尋ねたクラリーは、優秀なハンターだったヴァレンタインは、ジョスリンに聖杯を奪われた後で怯えて自殺を装い、息子を道連れにしたことを知る。

それが兄で名は”ジョナサン”だと、ルークはクラリーに伝える。

ヴァレンタインが自分の父親だと知ったジェイスは動揺する。

ジョスリンを見つけたサイモンは。て、それを電話でクラリーに知らせる。

仲間のアラリック(ハリー・ヴァン・ゴーカム)に電話をしたルークは、彼らと共に研究所に向かう。

その場をサイモンに任せたイザベルは、用意したものを持ってアレクの元に戻る。

エミールとサミュエルが現れたためにサイモンはその場を離れ、マグナスから敵が侵入したと言われて警戒するイザベルと出くわす。

仲間を連れたルークとクラリーらが現れ、イザベルは、妖魔が侵入したことを彼らに知らせる。

襲い掛かってきた妖魔に対し、ステラで手のひらに文字を書いたクラリーは、それで相手の動きを止める。

その間に逃れたクラリーらは、ジョスリンに近づくヴァレンタインに襲い掛かる。

ヴァレンタインから、現れたジェイスは兄だと言われたクラリーは、それを信じようとせずに、兄は死んだとルークから聞いたと伝える。

ジェイスはヴァレンタインの話を信じるため、クラリーは動揺する。

カードから聖杯を取り出すようクラリーに強要するヴァレンタインが彼女に乱暴するため、ジェイスは彼に襲い掛かる。

傷ついたルークはエミールに見つかるものの、狼に返信して襲い掛かる。

ホッジがサミュエルと戦い、妖魔を退治しながらサイモンとイザベルを逃がす。

ジェイスを殺そうとしたヴァレンタインは、カードから取り出した聖杯を持つ手をクラリーがポータルの中に入れたため、それを阻止しようとする。

ポータルの中の聖杯を掴むことができないヴァレンタインは、クラリーから、自分の父親でないからだと言われる。

ヴァレンタインに聖杯を渡したクラリーは、彼をポータルの中に蹴り入れる。

その直後に、ヴァレンタインはクラリーに襲い掛かろうとするが、ジェイスからステラを渡された彼女は、それで表面を固める。

ポータルは爆発し、意識を失っていたクラリーはとジェイスは目覚める。

ジョスリンに寄り添うクラリーは、母の指が動いたことに気づき安堵する。

クラリーとルークは、入院したジョスリンに付き添う。

様子を見に来てくれたサイモンに、ジョスリンの意識が戻るのを待つしかないと伝えたクラリーは、彼に謝罪する。

サイモンから少し休むようにと言われたクラリーはアパートに戻り、ステラで腕に文字を刻み、そのパワーで部屋を片付ける。

現れたジェイスから、皆や自分が必要としているので戻る気はないかと訊かれたクラリーは、勇敢な人間だと言われる。

人間ではないと呟き、その場を去ろうとするジェイスを呼び止めたクラリーは、彼のバイクに乗り、聖杯のカードをしっかり守るようにと言われる。

今回の体験に戸惑うクラリーに、世界は同じで変わったのは君だけだと伝えたジェイスは、”伝説は本物だ”と話していたホッジの言葉を伝えて、バイクで走り去る。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
高校生のクラリー・フレイは、画家である母ジョスリンと暮らしていた。
あるマークが常に気になるクラリーは、親友のサイモンと共に向かったクラブで、異様な雰囲気の青年ジェイスが男を殺すのを目撃する。
妖魔を倒せる聖杯を守るシャドウハンターだったジョスリンは、同じ能力を持つクラリーに真実を話そうとするものの、反乱者に襲われて姿を消してしまう。
クラリーの前に現れたジェイスは、彼女の記憶と共に封印されている聖杯の所在を、反乱者のヴァレンタインに知られないために、彼女を仲間達の元に連れて行き守ろうとするのだが・・・。
__________

カサンドラ・クレアのベストセラー、アーバン・ファンタジー小説の映画化で、監督はオランダ人のハラルド・ズワルト、若手人気スター、実力派のベテラン他共演のファンタジー・アクション。

平凡な少女が、母の血を受け継ぐ妖魔を狩る”シャドウハンター”だったという設定で、その正体が明らかになっても、主人公が恐るべきパワーを発揮するという内容ではない。

主人公が、周囲のハンターに守られながら、妖魔を倒す鍵となる”聖杯”を巡って繰り広げられる戦いを描く物語は、主人公がシャドウハンターの世界に足を踏み入れるまでと、パワーを持つ母親の今後が気になる状況で終わるため、当然、続編が製作されることが考えられたが、その構想は残念ながら中止になった。

上記のように、戦いがキャラクターごとに分散され、それほど派手でないために、アクションも控えめで迫力に欠ける。

製作費に6000万ドルをかけた作品ではあるが評価も低く、北米興行収入は約3100万ドルと振るわず、全世界では1億ドルに迫る成績を残したものの、期待外れに終わった。

記憶と共に封印されていた秘密を知る、ひ弱な高校生を熱演するリリー・コリンズ、彼女を守り愛も芽生えるシャドウハンターのジェイミー・キャンベル・バウアー、同じくケヴィン・ゼガーズ、その妹ジェマイマ・ウェスト、主人公の友人ロバート・シーハン、シャドウハンターである主人公の母レナ・ヘディ、その友人で人狼のエイダン・ターナー、シャドウハンターの師であるジャレッド・ハリス、聖杯を狙う反乱者ジョナサン・リース・マイヤーズ、その部下ロバート・メイレットケヴィン・デュランド、魔法使いのゴッドフリー・ガオ、人狼のハリー・ヴァン・ゴーカム、主人公と同じアパートに住む妖魔だった占い師のCCH・パウンダーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター