プロフェシー The Mothman Prophecies (2002) 3/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1966年にウェストヴァージニアで初めて目撃され、その後も多発した実際に起きた”モスマン”事件を題材にした、主演リチャード・ギアローラ・リニーウィル・パットン他共演、監督マーク・ペリントンによるホラー・サスペンス。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■

監督:マーク・ペリントン
製作総指揮
テリー・A・マッケイ
テッド・タネンバウム
リチャード・S・ライト
製作
ゲーリー・W・ゴールドスタイン

ゲーリー・ルチェシ
トム・ローゼンバーグ
原作:ジョン・A・キール
脚本:リチャード・ヘイテム
撮影:フレッド・マーフィ
音楽:トムアンドアンディ

出演
ジョン・クライン:リチャード・ギア

コニー・ミルズ:ローラ・リニー
ゴードン・スモールウッド:ウィル・パットン
デニース・スモールウッド:ルシンダ・ジェニー
メアリー・クライン:デブラ・メッシング
アレキサンダー・リーク博士:アラン・ベイツ
エド・フライシュマン:デヴィッド・エイゲンバーグ

アメリカ 映画
配給 スクリーン・ジェム

2002年製作 119分
公開
北米:2002年1月25日
日本:2002年11月2日
製作費 $32,000,000
北米興行収入 $35,228,696
世界 $55,157,539


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ワシントンD.C.、クリスマス。
ワシントン・ポスト紙の人気記者ジョン・クライン(リチャード・ギア)は、社内のクリスマス・パーティーの誘いを断り、妻のメアリー(デブラ・メッシング)と購入予定の家を見に行く。

その家を買うことに決めたクラインは、帰宅途中、運転するメアリーがハンドルを誤って事故を起こし、彼女は頭を打ち重傷を負ってしまう。

意識を取り戻したメアリーは恐怖に怯え、「あれを見た?」とクラインに語りかけ、その後の診察を受ける。

そして、メアリーは”グリア芽主腫”という難病が見つかり、治療の甲斐もなく亡くなってしまう。

事故の日から何かを感じていたクラインは、メアリーが病院で不気味な天使のような絵を描いていたことを知る。

2年後。
クラインは、出張でヴァージニア州のリッチモンドに向っていたのだが、車が走行不能になってしまう。

最寄の民家で電話を借りようとしたクラインは、その家の主人ゴードン・スモールウッド(ウィル・パットン)にいきなり銃を向けられてしまう。

そして、ゴードンの妻デニース(ルシンダ・ジェニー)の通報で、保安官コニー・ミルズ(ローラ・リニー)が駆けつける。

クラインが、3日連続で夜中に現れたというゴードンをなだめ、ミルズは、クラインをモーテルに送り届ける。

車中でミルズは、ゴードン夫妻は善良な市民だが、最近町では奇妙な事件が多発していることをクラインに話す。

部屋を取ったクラインは、高速で走行しても5時間位かかる、ウェスト・ヴァージニアの田舎町ポイント・プレザントに来てしまったことに気づく。

町でゴードンを見かけたクラインは、昨晩のことを謝罪して、600キロもの道のりを1時間半で来てしまい、その間の記憶がないことを伝える。

そして、異常のなかった車を走らせて町を出たクラインは、翌日も、同じ時刻にゴードンの家の前にたどり着いてしまう。

それを知っていたかのように現れたミルズ保安官から、クラインは、町の人々が奇妙なものを見たという話を聞く。

ミルズから怪奇な現象だと聞いたクラインは、その資料に目を通し、メアリーが描いた絵と、同じものを見た人物がいることを知る。

目撃者によると、それは赤い目をした250センチもの生き物で、その他、奇妙な物音を聞いた者、何かを見て目が腫れ上がった者などがいた。

それらの現象に、記者として興味を持ったクラインは、科学的にそれを調査してみることを考え町に滞在する。

そしてクラインは、無言電話を受けて不気味な気配を感じたりもする。

翌日、クラインの元にゴードンが現れ、恐ろしいものを見た後、”デンバー9、99人が死ぬ”という言葉を聞いたことを伝える。

ゴードンの右耳から、出血しているのに気づいたクラインは、彼を病院に連れて行き検査させるが、異常無しと診断される。

クラインは、ゴードンの聞いた声がデンバー発の航空機、第9便で、99人の乗員乗客を乗せて墜落した事故のことだということを知る。

ミルズも、死を体現する夢を見たことをクラインに話して、ゴードンは”予言”を知らせた者”インドリッド・コールド”に会い、”赤道で300人が死ぬ”と告げられていた。

ゴードンの聞いた予言は、エクアドルの地震で300人が死亡したことで実証された。

クラインは、ゴードンが予言を受けた化学工場のセメント・プラントに向い、不気味な雰囲気を感じる。

モーテルの部屋で、ゴードンからの電話を受けたクラインは、彼から”インドリッド・コールド”が現れたとの報せを受ける。

居合わせたミルズを、ゴードンの家に向かわせたクラインは、”インドリッド・コールド”と電話で会話を始める。

”インドリッド・コールド”は、クラインの行動を全て把握していたのだが、ゴードンの家をミルズが確認しても、その姿はなかった。

クラインは”インドリッド・コールド”の声を調べるが、それは電気的に作られたもので、人間の声ではないことがわかる。

シカゴ
元物理学者で超常現象の専門家アレキサンダー・リーク博士(アラン・ベイツ)に接触したクラインは、町の人々が目撃した奇怪なものが、”蛾男(モスマン)”だということを知らされる。

昔からこの世に存在していたモスマンは、惨事の前に出現し、一般には人々は気づかないものだった。

クラインはリーク博士に、町には偶然ではなく、導かれたと説明するが、博士は、その先には死しかないことを告げて、町に戻るべきではないと忠告する。

ポイント・プレザントに戻ったクラインは、妻メアリーなどの幻覚を見てゴードンからの不審な電話を受ける。

森にゴードンを捜しに行ったクラインは、彼が死んでいるのを見つけて、警察署にメアリーが現れて、ミルズと会ったことを知る。

混乱したクラインは、再びリーク博士の元を訪ね、彼は、全てを知ろうとすることは不可能だと助言する。

クラインは、”インドリッド・コールド”からのメッセージの内容が、州知事がポイント・プレザントの化学工場を視察する際に起きる、大惨事だということを知る。

そして、州知事に取材に行く予定だったクラインは、自分がこの地に導かれたことを悟る。

しかし、事件は起きないままクラインの予言は外れ、彼は、メアリーからの電話が入るというメモを受け取った後で、ワシントンD.C.の自宅に戻る。

その後、メアリーの電話を待つクラインを、ミルズは呼び戻そうと電話で説得する。

予定時刻にメアリーからの電話が鳴るが、クラインはそれを無視してポイント・プレザントに向かう。

町に着いたクラインは、信号機の故障で立ち往生する。

そして、クラインは予言が起きるのが、この時だと気づき、橋の上で渋滞につかまっているミルズの元に向かう。

その時、オハイオ川に架かる”シルバー・ブリッジ”が崩落し始める。

ミルズの乗ったパトカーが水中に落下し、それを知ったクラインは川に飛び込む。

気を失ったミルズを助け出し、救出されたクラインは、犠牲者が36人だったことを知らされる。

その後、各地でモスマンは目撃されるのだが、ポイント・プレザントからは姿を消す。


解説 評価 感想 ■

1975年に発表された、超常現象研究家ジョン・A・キール同名著書を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

ワシントン・ポスト”紙の人気記者ジョン・クラインは、妻メアリーの運転する車で事故に遭う。
重傷を負ったメアリーは、治療の甲斐もなく、”あれを見た?”と言い残して亡くなってしまう。
クラインは、メアリーが事故の日から不気味な、天使のような絵を描いていたことを知る。
2年後、クラインは、導かれるように、ある田舎町にたどり着き、車の故障など奇怪な現象に遭遇してしまう。
そしてクラインは、行き着いた民家の主人ゴードンに、いきなり銃を向けられてしまう。
ゴードンは、保安官ミルズを呼び、クラインが、3日連続で夜中に現れたことを彼女に伝える。
ミルズは、その場の騒ぎを鎮めるが、やがてクラインは、体験した現象が。妻メアリーの死と結びついていることを知る。
そしてクラインは、その現象を操る生物である”モスマン”の存在を知り、自分が惨事を予知し、その町に導かれたことに気づくのだ・・・。
__________

斬新さには欠けるが、事実に忠実な場面と脚色をうまくミックスさせた展開は、面白味はある。

ロケは、実際の事件が起きたことで有名なポイント・プレザントではないが、超常現象の有名地としての雰囲気も良く出ている。

1967年12月15日、ポイント・プレザントで実際に起きた、謎のシルバー・ブリッジ崩落事故などを再現した場面などは、かなりリアルに描かれていて、緊迫感もある。

その崩落事故は、劇中の死亡者は36人となっているが、実際は46人だった。

主演のリチャード・ギアは、妻の死のトラウマに悩みながらも、無意識のうちに惨事の予知をする者として現場に導かれる記者を、心理的な苦悩を表現する演技に重点を置きつつ熱演している。

妻を忘れられない主人公に惹かれながら、彼をサポートする保安官のローラ・リニー、予言を聞く町の住民役ウィル・パットン、妻ルシンダ・ジェニー、主人公の妻デブラ・メッシング、主人公が助言を求める学者アラン・ベイツなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター