裸者と死者 The Naked and the Dead (1958) 3.48/5 (29)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

太平洋戦争中、”第112騎兵連隊”の一員として”フィリピンの戦い”に参加した経験を基に、ノーマン・メイラーが1948年に発表した同名小説を基に製作された作品。
監督ラオール・ウォルシュ、出演アルド・レイクリフ・ロバートソンレイモンド・マッセイ他による戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■
監督:ラオール・ウォルシュ
製作:ポール・グレゴリー
原作:ノーマン・メイラー
脚本
デニス・サンダース

テリー・サンダース
撮影:ジョセフ・ラシェル
編集:アーサー・シュミット
音楽:バーナード・ハーマン

出演
サム・クロフト軍曹:アルド・レイ

ロバート・ハーン中尉:クリフ・ロバートソン
カミングス将軍:レイモンド・マッセイ
ウィラ・メイ/リリー:リリー・セント・シア
ミルドレッド・クロフト:バーバラ・ニコルズ
ブラウン:ウィリアム・キャンベル
ギャラガー:リチャード・ジャッケル
リッジス:ジェームズ・ベスト
ロス:ジョーイ・ビショップ
ゴールドスタイン:ジェリー・パリス
レッド:ロバート・ギスト
ウードロー・ウィルソン:L・Q・ジョーンズ
ダルソン大佐:ケイシー・アダムス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1958年製作 131分
公開
北米:1958年8月6日
日本:1958年10月28日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1943年、太平洋戦争の最中、ホノルル
出撃を控えたサム・クロフト軍曹(アルド・レイ)の部隊は、”ジャングル・バー”でリリー(リリー・セント・シア)のダンスに熱狂する。

その後、破竹の勢いで太平洋の各地を奪った日本軍に、アメリカ軍は反撃を開始する。

輸送艦上で、クロフトは浮かれるウードロー・ウィルソン(L・Q・ジョーンズ)らに喝を入れる。

そして、アメリカ軍は、日本軍が占拠する南太平洋の孤島に上陸を開始し、クロフトの部隊は浜辺に難なくたどり着く。

クロフトは、部下達に早速,塹壕掘りを始めさせ、兵士らは厳しい彼の命令に嫌気がさしてくる。

奥地に進んだ部隊は日本兵を捕らえ、タバコやチョコレートを与えるが、その後クロフトが射殺してしまう。

それを見たギャラガー(リチャード・ジャッケル)は、殺人だと言ってクロフトを罵る。

更に、クロフトは他の捕虜も射殺しようとするが、それをロバート・ハーン中尉(クリフ・ロバートソン)が制止する。

ハーンは、クロフトから敵が持っていた地図を受け取り、捕虜を司令部に連行する。

島では師団本部が設営され、カミングス将軍(レイモンド・マッセイ)は、敵の前線に総攻撃をかけ、10週間以内に島を落とす考えを示す。

本部に戻ったクロフトは、地図を渡した代わりに補充兵の確保をハーンに申し出る。

カミングス将軍は、友人の息子のハーンを厚遇し副官に指名する。

しかし、ハーンは士官の特権を利用する、上官ダルソン大佐(ケイシー・アダムス)に率直に意見するなど、頑迷な態度を崩さない。

雨の夜、クロフトは、結婚までしたものの裏切られたミルドレッド(バーバラ・ニコルズ)のことを想い起こす。

側面を攻撃されたという報告を受けたカミングス将軍は、クロフトらの部隊を前線に送り、川を渡ろうとする敵軍を全滅させる。

本部に戻った部隊の中で、ウィルソンが蒸留酒を作ろうとして注目を集めていた。

同じ頃、牧師に呼ばれたギャラガーは、妻が出産時に死亡し、子供だけが助かったという連絡にショックを受ける。

出来た酒を部下らと飲んでいたクロフトは、ウィルソンが恋人リリーの絵を内側に描いたポンチョを見せ、のぼせているのに逆上し怒りをぶちまける。

カミングス将軍に呼ばれたハーンは、態度に柔軟性のないことを指摘され、清潔に整理整頓された将軍のテントを管理することを命ぜられる。

師団の進退を求められたカミングス将軍は、島の背後から敵に攻撃を仕掛けようとする。

テント内に、ハーンがわざとタバコの吸殻を捨てたことを知ったカミングス将軍は、彼を呼び出し説教を始める。

権力に従おうとしないハーンに対し、カミングスは脅迫とも思える圧力を加え彼を屈服させる。

そして、ハーンは副官を解任され、クロフトの偵察部隊に指揮官として配属される。

舟艇で上陸地点に向かったクロフトとハーンの小隊は、目標の海岸に上陸し川をさかのぼり奥地に向かう。

敵の斥候を見つけたクロフトらは、手榴弾でそれを全滅させる。

渓谷に近づいたところで不意打ちをくらい、ウィルソンが銃弾を浴び息絶えてしまう。

ハーンは、渓谷に日本兵が待機している気配を感じ撤退しようとするが、クロフトはその状況から突破できると判断する。

夜の偵察で進退を決めることになり、クロフトは部下を偵察に出す。

敵が多数いることが分かるが、戦果を上げることにこだわるクロフトは、それをハーンに隠す。

ハーンは再び谷に向かう決断をするが、先頭に立った彼は敵の銃弾を浴びてしまう。

クロフトは、部下三人に担架でハーンを舟艇に運ばせて、敵の確認は終わったと言う、部下らの意見を無視し前進を命ずる。

山を登った小隊は、崖からの転落で一人を失うが、クロフトは先を急ぐ。

ギャラガーらは、クロフトの前進命令に反発するが、彼は部下に銃口を向け命令に従わせる。

しかし、クロフトは山腹で待ち伏せしていた敵に射殺されてしまい、小隊は一時退却する。

敵が大挙して戦車や大砲と共に浜に向かっているのを確認した小隊は、無線でそれを本部に連絡する。

その報告を受けた本部のダルソン大佐は、総攻撃をかけようとする。

司令部にいたカミングス将軍は、それを聞き師団本部に戻り、その状況を把握するよう命ぜられる。

ギャラガーは、死を待つよりも帰国して子供に会うことを選び、小隊の生存者を連れ、海岸の舟艇に戻ろうとする。

海岸にたどり着いたハーンらだったが、舟艇は撤退した後で彼らは絶望する。

その時、遥か沖合いに迎えの舟艇が現れ、それに乗り込んだハーンは、部下を待つよう指示する。

そこにギャラガーらも現れ、ハーンは彼らに感謝する。

そして、双方の総攻撃は始まるが、部隊本部に戻ったカミングス将軍は、勝手な行動を執ったダルソン大佐を一喝する。

カミングス将軍は、空からの援護がなければ攻撃は成功するわけがないと言い張るが、そこに、日本軍の司令部を占拠し敵が敗走中だという連絡が入る。

その後、カミングス将軍が帰還したハーンを見舞い、彼は恐怖や権力ではなく、愛や心意気そして神の力に救われたことを将軍に語る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
太平洋戦争の最中、日本軍が占拠する南太平洋の孤島に上陸した、アメリカ軍の小隊のサム・クロフト軍曹は、周囲の意見を聞き入れず、私利私欲や戦果を上げることにこだわる男だった。
クロフトは、部下には憎まれながらも勇敢に戦い、司令官のカミングス将軍の戦績に大きく貢献する。
一方、友人の息子ということで、カミングス将軍の副官になったハーン中尉は、権力や特権を利用しようとする士官の意見にあからさまに反発した結果、将軍にも見放されてしまう。
そして、前線のクロフトの偵察隊の指揮官を命ぜられたハーンは、重傷を負ってしまうのだが・・・。
___________

70歳を過ぎたラオール・ウォルシュの晩年の力作で、戦争アクションとしても楽しめるが、権力や抑圧で全てを支配しようとする力に抵抗する士官と兵卒達が、愛や心で掴み取る勝利や希望など、重厚なテーマを骨格として描いた、ヒューマン・ドラマの要素も取り入れた作品。

舞台となるのは南太平洋の孤島ではあるが、アメリカ陸軍全面協力により、パナマでロケーションされた、戦闘場面もまずまずの迫力で描かれた作品で、劇場公開はされたもののソフト化はされていない。

音楽は、ヒッチコック作品などでお馴染みのバーナード・ハーマンなのだが、彼にしてはやや平凡な感じを受ける。

頼れる鬼軍曹というよりも、勇敢だが利己主義な男で通し、終盤呆気なく命を落とすアルド・レイ、育ちがよいだけに、権力の圧力や特権に反発する中尉におクリフ・ロバートソン、権力で全てを支配できると考える司令官の将軍レイモンド・マッセイ、兵士達の憧れのダンサー、リリー・セント・シア、主人公の妻バーバラ・ニコルズ、司令官の参謀ケイシー・アダムス他、兵卒でリチャード・ジャッケルL・Q・ジョーンズが、なかなか印象深い役を演じている。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター