くるみ割り人形 The Nutcracker in 3D (2010) 4/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

1892年に初演されたバレエ音楽、ピョートル・チャイコフスキーの”くるみ割り人形”と、その原作である、1816年発表のE.T.A.ホフマンの”くるみ割り人形とねずみの王様”を基に製作された作品。
ねずみの王に支配されたおもちゃの王国と、人形にされた王子を救おうとする少女の活躍を描く、製作、監督、脚本アンドレイ・コンチャロフスキー、出演エル・ファニングジョン・タトゥーロネイサン・レイン他によるァンタジー大作。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■

監督:アンドレイ・コンチャロフスキー
製作総指揮:モリッツ・ボーマン
製作
アンドレイ・コンチャロフスキー

ポール・ローウィン
原作
ピョートル・チャイコフスキーくるみ割り人形
E.T.A.ホフマンくるみ割り人形とねずみの王様
脚本
アンドレイ・コンチャロフスキー

クリス・ソリミネ
撮影:マイク・サウソン
編集
マシュー・ベランジャー

アンドリュー・グレン
音楽:エドゥアルド・アルテミエフ
作詞:ティム・ライス

出演
メアリー:エル・ファニング

アルバート伯父さん:ネイサン・レイン
ねずみの王:ジョン・タトゥーロ
ねずみの女王:フランシス・デ・ラ・トゥーア
マックス:アーロン・マイケル・ドロジン
王子/NC/くるみ割り人形:チャーリー・ロウ
くるみ割り人形(声):シャーリー・ヘンダーソン
スノー・フェアリー/メアリーの母:ユリア・ヴィソトスカヤ
メアリーとマックスの父:リチャード・E・グラント

イギリス/ハンガリー 映画
配給
G2 Pictures(イギリス)
Vertigo Média Kft.(ハンガリー)
2010年製作 108分
公開
イギリス:2012年12月28日
ハンガリー:
北米:2010年11月24日
日本:未公開
製作費 $90,000,000
北米興行収入 $190,562
世界 $16,178,959


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

クリスマス。
少女メアリー(エル・ファニング)は、両親(リチャード・E・グラント/ユリア・ヴィソトスカヤ)が出掛けるため、伯父アルバート(ネイサン・レイン)を待っていた。

両親が出掛けてしまったために気落ちするメアリーだったが、弟マックス(アーロン・マイケル・ドロジン)と共に、アルバートからのプレゼントのドールハウスが贈られる。

アルバートはその他に、NCと呼ばれる”くるみ割り人形”も渡す。

アルバートと食事をして、楽しい時を過ごしたメアリーとマックスはベッドに入る。

すると、NC(シャーリー・ヘンダーソン/声)がメアリーに話しかけ、人間の子供ほどに大きくなる。

ドールハウスを見に行くと言うNCは、人形は全て生きているとメアリーに伝える。

NCは、ドールハウスの人形達を、メアリーに紹介する。

巨大になったクリスマスツリーに昇るメアリーは、NCが、人形達に殿下と呼ばれるのを不思議に思う。

上部に着いたメアリーは、母親に似たスノー・フェアリー(ユリア・ヴィソトスカヤ)に迎えられる。

妖精達と踊るように促されたメアリーは、ツリーから落下してしまうが、空を飛べることに気づき喜ぶ。

更にメアリーは、NCが、ねずみの女王(フランシス・デ・ラ・トゥーア)に魔法をかけられたことを知らされる。

するとNCは、人間の少年に変わり、スノー・フェアリーは、彼がおもちゃの王国の王子だとメアリーに伝える。

王子は、王国に戻れる可能性が出てきたため希望を抱き、メアリーとツリーの一番上に上がる。

ねずみの王(ジョン・タトゥーロ)に奪われている、黒煙が上がる王国を指さす王子は、王の母親に魔法をかけられて人形になったことをメアリーに話す。

太陽を嫌うねずみの王は、煙工場で子供のおもちゃを燃やし続けているのだった。

王子が生きているという、偵察の者の報告を受けた王は、それを女王に伝える。

女王は動揺する王に対し、さらに効果のある魔法をかけると言って、王子の復活がスノー・フェアリーの仕業だと確信する。

その頃、王子は女王の魔法で人形に戻ってしまい、彼とメアリーはツリーから落下する。

ベッドから落ちて目覚めたメアリーは、戻った両親を無視して居間に向かい、倒れたツリーの中からNCを見つけ出す。

騒ぎに憤慨する父親は、翌朝メアリーから、ねずみが巨大なツリーを攻撃し、空を飛んだという彼女の話を聞き呆れてしまう。

NCを渡すよう言われたメアリーはそれを拒み、自分の話を信じてもらえないことで心を痛める。

アルバートは、メアリーの身に何かあったような気がして家を訪れる。

父親は、アルバートが子供に悪影響を及ぼすと判断し、今後は会わないことと、ドールハウスも持ち帰るよう伝える。

しかしアルバートは、子供心を忘れてしまった父親に、それを思い出させて納得させる。

その夜、マックスも協力することになり対策を考えたNCだったが、家に忍び込んでいたねずみの王に捕えられてしまう。

それに抵抗しようとするメアリーだったが、NCや人形達は王国の煙工場に運ばれ、マックスも王について行ってしまう。

メアリーは、不思議な鏡を通り王国に入り、その場にいたアルバートに、おもちゃの後を追うよう指示されて煙工場に向かう。

拘束を逃れていたNCらは地下道をに潜む。

王は、子供達から強引におもちゃを奪い、マックスを兵士として称えようとする。

しかし、マックスはおもちゃを壊すことを拒み、メアリーの元に帰りたいと言って泣き出す。

それを見ていたメアリーは、処分されるおもちゃに紛れて工場内に侵入する。

ハウスドールの人形達に会えたメアリーは、NCも見つけて救い出す。

意識が戻らないNCは、現れたスノー・フェアリーの力でも生き返らなかったが、メアリーの思いが通じて、王子として息を吹き返す。

労働者達は、王子が生きていたことを知り抵抗を始める。

女王は、愛の力には勝てないと言って、王国から手を引こうとするが、王は王子とメアリーを襲う。

メアリーは王に捕えられ、王子は逃げる彼らを追う。

王は、マックスの力を借りて逃亡しようとする、女王の乗る飛行船にメアリーと共に現れて飛び立つ。

王子は違う建物の屋上から飛行船に飛び移り、王に襲いかかりそれは墜落する。

王と女王はねずみに姿を変えて地下に逃げ、人々は、王国を取り戻したと言って歓喜する。

煙は消えて太陽の日が射し、王子は国民に称えられる。

メアリーは、スノー・フェアリーに、ここが夢の世界だと言われ、王子に別れを告げて家族の元に戻る。

母に起こされ泣きながら目覚めたメアリーは、父にどんな夢を見たのか聞かせてほしいと言われる。

それを聞いて喜んだメアリーは、訪れたアルバートに元に駆け寄る。

アルバートは、その場に連れてきた少年”ニコラス・チャールズ”をメアリーに紹介する。

メアリーは驚き、”NC”と呼んでほしいというニコラスと、楽しい時を過ごす。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

クリスマス。
少女メアリーは、伯父のアルバートからドールハウスと”くるみ割り人形”のNCをプレゼントされる。
その夜、メアリーは話し始めたNCに驚き、巨大なツリーの上で、スノー・フェアリーが彼を少年に変える。
少年はおもちゃの王国の王子で、ねずみの王に支配され、女王の魔法で人形にされていたのだった。
太陽の日を嫌う王は、それを遮るために子供達からおもちゃを奪い煙工場で燃やし、王国は黒煙に包まれていた。
王は王子が生きていることを知り、女王は再び魔法をかけて、彼を人形にしてしまう。
目覚めたメアリーは、父親に自分が見たことを信じてもらえず心を痛める。
その夜メアリーは、弟マックスの協力を得て、NCと共に対策を考える。
しかし、現れたネズミの王はNCを捕え、マックスも連れて王国に向かう。
メアリーは、不思議な鏡を通り王国に向かい、NCとマックスを助けようとするのだが・・・。
__________

アンドレイ・コンチャロフスキーの監督作品、”くるみ割り人形”のファンタジー映画ということで注目したい作品ではあった。

クリスマスが舞台ということもあり、雰囲気は悪くはないのだが、視覚的に新鮮味もなく盛り上がりにも欠け、姉ダコタを上回るような、表情豊かなエル・ファニングの可愛らしさしか印象に残らないような作品。

批評家からは酷評され、製作会社が潰れてしまうのではないかというほどの、興行的には記録的な大失敗に終わった。
製作費9000万ドルの大作は、北米では拡大公開もされずわずか19万ドルの興行成績で、全世界でも約1600万ドルだった。
ここまで酷い結果になるとは、考えていなかっただろう。

子供達に夢を与える内容に、ナチユダヤ人迫害をイメージさる必要があるのか・・・。
気味の悪いねずみ人間のメイクも、見るに堪えないという感じだ。

上記のように、撮影当時10歳か11歳だったであろうエル・ファニングの好演だけが救いで、気の好い伯父のネイサン・レイン、彼らしいと言えば適役の、ねずみの王ジョン・タトゥーロの怪演はまずまずだ。

ねずみの女王役のフランシス・デ・ラ・トゥーア、主人公の弟アーロン・マイケル・ドロジン、王子のチャーリー・ロウ、その人形の声シャーリー・ヘンダーソン、主人公の母とスノー・フェアリーのユリア・ヴィソトスカヤ、父役のリチャード・E・グラントなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター