ハッピィブルー The Pallbearer (1996) 3/5 (1)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

就職もできない内気な青年が、高校時代に憧れていた女性に再会したことから真実の愛を探し求める姿を描く、製作J・J・エイブラムス、監督、脚本マット・リーヴス、主演デヴィッド・シュワイマーグウィネス・パルトローマイケル・ラパポートバーバラ・ハーシートニ・コレットマイケル・ヴァルタン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:マット・リーヴス
製作
ジェフリー・エイブラムス(J・J・エイブラムス)
ポール・ウェブスター

製作総指揮
メリル・ポスター

ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
脚本
ジェイソン・ケイティムズ

マット・リーヴス
撮影:ロバート・エルスウィット
編集:スタン・サルファス
音楽:スチュワート・コープランド

出演
トム・トンプソン:デヴィッド・シュワイマー

ジュリー・デマルコ:グウィネス・パルトロー
ルース・アバナシー:バーバラ・ハーシー
ブラッド・スコール:マイケル・ラパポート
シンシア:トニ・コレット
トンプソン夫人:キャロル・ケイン
スコット:マイケル・ヴァルタン
ローレン:ビッティ・シュラム
スーザン・デマルコ:ジーン・デビエ
フィリップ・デマルコ:マーク・マーゴリス

ルシール:エリザベス・フランツ

アメリカ 映画
配給 ミラマックス

1996年製作 98分
公開
北米:1996年5月3日
日本:1997年12月20日
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $5,612,586


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ニューヨーク
トム・トンプソン(デヴィッド・シュワイマー)は、大学を卒業して一年経つものの未だに就職できずにいた。

就職活動を続け建築業界で働くことを希望するトムは、ある日、ルース・アバナシー(バーバラ・ハーシー)からの電話を受ける。

ルースに、息子ビルが自殺したことを知らされ、親友だった自分に電話をしたと言われたトムは戸惑う。

同級生の友人スコット(マイケル・ヴァルタン)とブラッド・スコール(マイケル・ラパポート)にその件を話したトムは、ビルという親友などいなかったことで意見が一致する。

更にトムは、葬儀で棺を担いでほしいと言われていたため、スーツも用意しなければならなかった。

スコットとブラッドに断ればいいと言われたトムだったが、ルースが気の毒だと思いそれもできない。

スコットの家のパーティーに出席したトムは、高校時代に憧れだった、ジュリー・デマルコ(グウィネス・パルトロー)に声をかける。

自分を憶えているというジュリーと話を弾ませたトムだったが、彼女が人違いをしていたことに気づきショックを受ける。

パーティーも終り、トムは、スコットと恋人のシンシア(トニ・コレット)に励まされるものの、心は晴れずその場を去る。

帰宅したトムは卒業アルバムをチェックして、顔写真はないが確かに”ビル・アバナシー”が同級生だったことを知る。

翌朝、ルースが訪ねてきたため家に招き入れたトムは、弔辞も読むことになってしまう。

スコットの家に行ったトムは、その場にいたブラッドと恋人ローレン(ビッティ・シュラム)そしてシンシアに弔辞の件を伝えて、皆でその内容を考える。

そこにジュリーが現れ、全員が葬儀に出席することで話しがまとまり、トムはジュリーもそれに誘う。

葬儀当日。
トムはルースに迎えられ、彼は棺に眠るビルの顔を確認するが、やはり思い出せなかった。

ジュリーは、ビルの顔を見て涙して席に着き、トムが弔辞を読む。

ビルのことを何も知らないトムは淡々と彼のことを語るが、ブラッドらは笑いを堪えられない。

弔辞を終えたトムは席に着き、ジュリーだけが神妙な表情だった。

棺を担ぐトムは、ブラッドらの態度を批判して帰ろうとするジュリーを呼び止める。

トムは、涙していたジュリーに、ビルを知っていたのかを問う。

ジュリーは、ビルのことは知らないが心が痛んだと答え、トムは彼女をコーヒーに誘う。

憤慨した親族はトムを突き倒して棺を担ぐのを代わり、ルースは、頼んだのは間違いだったと言って彼を批判する。

ルースは、遺言があったために頼んだと言い残してその場を去る。

その後、ジュリーに電話したトムは、スコットとシンシアと共に4人で会うことになるが、母親(キャロル・ケイン)が電話に割り込んでしまったために何とかごまかす。

ルースに呼ばれたトムはビルの車を譲ると言われ、葬儀の際のことを謝罪する。

トムは、就職活動の話などをして、面接で印象をよくするために、前髪を上げるようにとルールに助言される。

興味があれば結果を教えると伝えたトムは、気軽に寄ってほしいとルースに言われてその場を去る。

スコットとシンシアを誘いジュリーに会ったトムだったが、話についていけずに盛り上がらない。

ジュリーを送ったトムは、高校時代のことを覚えていると言われ、別れ際に彼女にキスしようとするが、おでこをぶつけてしまう。

トムはジュリーに謝罪し、車を手に入れて旅することを考えている彼女が、町を離れることを知る。

二次面接で採用を断られたトムは、それをルースに知らせ、ビルの部屋に案内される。

二人は互いを求めて愛し合ってしまい、ルースは夫の話などをする。

その後も二人の関係は続き、トムは、ビルの恋愛関係などを知りたかったことを伝える。

トムは、ビルがジュリーに恋していたという自分に投影した話を作り、それをルースに語る。

ルースは、ビルが自殺した原因がジュリーだった可能性を考えるが、トムはそれを否定する。

その間トムは、レコード店で働くジュリーを監視し、ある日、そこに現れたスコットが、彼女にキスするのを目撃してしまいショックを受ける。

ジュリーから家を訪ねるという電話を受けたトムは、動揺しながら彼女を待つ。

トムは、現れたジュリーから、店に来たスコットに迫られたとという話を聞く。

それを目撃していたトムは、スコットがキスしたことを口にしてしまう。

キスしたとは言っていないジュリーは、スコットが話したのだと考えて焦り、シンシアに話すべきかなどを考える。

ジュリーは、同棲相手が結婚を望んでいることなどを話し、その後、二人は話題を変えて高校時代のことなどで盛り上がる。

トムは、ジュリーにコンサートに誘われる。

その後トムは、ルースと共に義姉ルシール(エリザベス・フランツ)のプール・パーティーに向かう。

トムは、ジュリーに電話しているところをルースに見られてしまう。

ジュリーを迎えに行ったトムだったが車が故障してしまい、レッカーを待つ間、二人は車内で話をする。

ルースのブレスレットを見つけたジュリーは、トムが彼女を慰めていることを知り、親切な行為だと言って感心する。

家に戻ったトムは、ジュリーが自分の部屋に入ってしまったために焦る。

ジュリーは、卒業アルバムの自分のページが開かれていることに気づき、トムは気まずい思いをする。

二人はいいムードになりキスして抱き合うが、そこにルースから電話が入り、母親が会話に割り込み、女性を連れ込んだと話してしまう。

ルースは、自分を欺く気かと言ってトムを脅して電話を切る。

ブラッドに相談に行ったトムは、詩でも添えてブレスレットを郵送で送り返し縁を切るよう助言される。

それを送ったトムは、コニーアイランドでジュリーと楽しい時間を過ごし、その後二人は愛し合う。

ジュリーの両親と食事をすることになったトムは準備をしていたが、そこに封筒を持ったルースが現れたため、裏口から出て車でその場を逃れる。

ジュリーは、トムを両親フィリップ(マーク・マーゴリス)とスーザン(ジーン・デビエ)に紹介する。

不機嫌なフィリップはトムを招待したことを不満に思い、ジュリーが1年間の旅に出ることに反対する。

唯一の理解者だというトムの意見を聞いた両親だったが、彼も行ってほしくないとジュリーに伝える。

そこにルースが現れて騒ぎ始め、親友の母親と寝た男だと言ってトムを罵倒する。

ジュリーは席を外してしまい、それを追うトムは、ビルは親友でもなく憶えていないとルースに伝える。

トムはジュリーを引き留めようとするが、彼女はタクシーで去ってしまう。

恒例だったボーリングで、ブラッドはローレンとの結婚を控え大いに騒いでいた。

ブラッドは、気落ちしているトムに酔って絡み、迷惑に思われたために憤慨する。

トムは、ローレンは相手に相応しくないと言って結婚を止めるように伝え、二人は諍いを起こす。

スコットが止めに入るが、トムは、ジュリーに会ったことを問い彼を軽蔑する。

翌日、トムを訪ねたスコットは、シンシアに追いだされたことを伝え、全て自分が悪かったと言って謝罪する。

子供時代の話をスコットとしていたトムは、あることを思い出し、家を出てルースの元に向かう。

トムは、昔のことをよく覚えている自分が、ビルのことを思い出すことができず、怖くなり成り行きに任せてしまったことをルースに伝える。

そこに、トムが連れて来た同姓同名の”トム・トンプソン”が現れ、ルースは人違いだったことに気づく。

トムは、車は受け取らないと”トム”に言われ、彼もビルとは知り合い程度だったことを知る。

見送りに来たルースと、お互い誰かが必要だということを確認したトムはその場を去る。

ブラッドの結婚式の日、トムは彼とのわだかまりを捨て友情を確かめ合う。

トムは、現れたジュリーに、遅れた誕生プレゼントだと言って、旅立つ彼女のために車のキーを渡す。

ジュリーは、好きな曲が流れたのでトムを誘い踊り始める。

その後、仕事を見つけたトムは、ジュリーのアパートに引っ越すことになる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ニューヨーク
トム・トンプソンは、大学を卒業して一年経つものの未だに就職できずにいた。
そんなトムは、ルースという女性から連絡を受け、親友だったという息子ビルの自殺を知らされ、葬儀で棺を担ぐことを頼まれる。
それを友人スコットとブラッドに話したトムは、覚えてもいない同級生の葬儀で、弔辞まで頼まれたことを馬鹿にされてしまう。
スコットと恋人シンシアのパーティーで、高校時代に憧れだったジュリーに再会したトムは、彼女が自分を憶えていないことを知りショックを受ける。
葬儀で問題を起こしたトムはルースに謝罪し、ビルの車を譲り受けることになり、その後、彼女と関係を持つようになってしまう。
それと同時に、ジュリーに惹かれたトムは、彼女の心を捉えようとするのだが・・・。
__________

ごく普通の若者達の恋愛模様を描いた物語で、期待の若手、実力派スター競演、J・J・エイブラムスジェフリー・エイブラムスの名前で製作を担当しているところなどが注目の作品。

ことが起きるごとに、それほど昔の話でもない学生時代を懐かしく語り楽しむ若者特有の行動など、誰でも経験のあることをさりげなく描く、マット・リーヴスの演出手腕が見所だ。

やや頼りないどこにでもいる青年で、様々な経験をして成長するデヴィッド・シュワイマー、自分を見つめ直すために旅に出るグウィネス・パルトロー、主人公と関係を持つバーバラ・ハーシー、主人公の友人マイケル・ラパポート、その恋人ビッティ・シュラム、友人マイケル・ヴァルタン、その恋人トニ・コレット、主人公の母親キャロル・ケイン、ヒロインの母親ジーン・デビエ、父親マーク・マーゴリス、ルース(バーバラ・ハーシー)の義姉エリザベス・フランツなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター