パトリオット The Patriot (2000) 4.4/5 (5)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アメリカ独立戦争を勝利に導いた農民などを中心にした民兵達の活躍を、壮大なスケールで描く、監督ローランド・エメリッヒ、主演メル・ギブソンジョエリー・リチャードソンクリス・クーパートム・ウィルキンソンジェイソン・アイザックス他共演のスペクタクル超大作。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■

監督:ローランド・エメリッヒ
製作
ディーン・デヴリン
マーク・ゴードン
ゲイリー・レヴィンソン

脚本:ロバート・ローダット
撮影:カレブ・デシャネル
編集:デイヴィッド・ブレナー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
ベンジャミン・マーティン:メル・ギブソン
(モデル/フランシス・マリオン)
ガブリエル・マーティン:ヒース・レジャー
シャーロット・セルトン:ジョエリー・リチャードソン
ハリー・バーウェル大佐:クリス・クーパー
チャールズ・コーンウォリス将軍:トム・ウィルキンソン
ウィリアム・ダヴィントン大佐:ジェイソン・アイザックス
チャールズ・オハラ将軍:ピーター・ウッドワード
(モデル/バナスター・タールトン)
ジャン・ヴィルヌーヴ少佐:チェッキー・カリョ
オリバー牧師:ルネ・オーベルジョノワ
アン・ハワード:リサ・ブレナー
ダン・スコット:ドナル・ローグ
ジョン・ビリングス:レオン・リッピー
トマス・マーティン:グレゴリー・スミス
ウィルキンス大尉:アダム・ボールドウィン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2000年製作 164分
公開
北米:2000年6月28日
日本:2000年9月23日
製作費 $110,000,000
北米興行収入 $113,330,342
世界 $215,294,342


アカデミー賞 ■

第73回アカデミー賞
・ノミネート
撮影・録音・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1776年、サウス・キャロライナ州。
イギリスの圧制が続き、大陸会議が独立宣言を決議しようとしている中、大陸軍のハリー・バーウェル大佐(クリス・ク
ーパー
)は、軍のための課税を要請する。

フレンチ・インディアン戦争の英雄で、妻に先立たれ、7人の子供と共に、今は農夫として静かに暮らすベンジャミン
・マーティン(メル・ギブソン)は、開戦には断固反対する。

しかし、マーティンの親心を理解しない、18歳になる長男ガブリエル(ヒース・レジャー)は入隊してしまう。

バーウェル大佐が、ガブリエルを自分の部下にすることで、マーティンを気遣う。

その後、チャールスタウン(現チャールストン)は、イギリス軍のチャールズ・コーンウォリス将軍(トム・ウィルキンソン)の手によって陥落する。

北部での大陸軍の敗北は続き、マーティンの農場にも戦火が近づきつつあった。

ある日、負傷したガブリエルが家に戻り、両軍の負傷兵の介抱をしていたマーティンの家に、イギリス軍のウィリアム・ダヴィントン大佐(ジェイソン・アイザックス)が現れる。

冷酷非情なダヴィントンは、ガブリエルをスパイと決め付け て、吊るし首にしようとする。

ダヴィントンは、ガブリエルを助けようとした弟のトマス(グレゴリー・スミス)を射殺してしまう。

屋敷も焼かれたマーティンは、連行されたガブリエルを追い、 敵兵20人を皆殺しにしてガブリエルを救い出す。

ガブリエルは、父の制止を振り切り戦場に戻り、マーティンは、子供達を、妻の妹シャーロット・セルトン(ジョエリー・リチャードソン)に預けて自らも旅立つ。

かつての戦友、バーウェル大佐の元に向かったマーティンは、ガブリエルを自分の部下にして、大陸軍の大佐として戦闘に加わる決心をする。

その頃、イギリス軍のコーンウォリス将軍は、卑劣な手段で戦闘を続けるダヴィントン大佐の行動を戒める。

マーティンは、ガブリエルと共に手分けをして志願兵を集め、フランス兵のジャン・ヴィルヌーヴ少佐(チェッキー・カリョ)らと共に、ゲリラ戦を繰り広げ、戦果をあげていく。

そんな時、ガブリエルは幼馴染のアン・ハワード(リサ・ブレナー)と愛し合うようになる。

捕虜になっていた、オリバー牧師(ルネ・オーベルジョノワ)ら部下を救うために、コーンウォリス将軍との取引に向かったマーティンは、捕虜を救い出し、ダヴィントンと対面して復讐を誓う。

マーティンに騙されたことを知ったコーンウォリス将軍は激怒し、ダヴィントンに、彼を捕らえるよう指示を出す。

シャーロットに匿われている、マーティンの子供達の元に向かったダヴィントンは、屋敷を焼き討ちにする。

しかし、マーティンらが駆けつけ、間一髪でシャーロットと子供達を救い出し、奴隷達の村落に預ける。

シャーロットと子供達の元で、休暇を過ごしたマーティンらは、久しぶりの平穏な日々を過ごす。

やがて、ガブリエルとアンは結婚式を挙げ、マーティンとシャーロットも愛し合うようになる。

ダヴィントンは、マーティンの居場所を知るためアン達を脅し、教会に閉じ込めて火を放つ。

町に到着したマーティンの部隊は犠牲者を埋葬し、復讐するために、ガブリエルらはダヴィントンを追う。

ダヴィントンを見つけ、彼を銃撃したガブリエルだったが、 傷を負っただけの彼に剣で刺されてしまう。

そしてガブリエルは、駆けつけたマーティンの目の前で息を引き取る。

戦意を失ったマーティンは、バーウェル大佐の励ましで、ガブリエルの星条旗を掲げ部隊に合流する。

そして決戦の日、カウペンスの戦いイギリスの大軍を迎え撃つ大陸軍は、民兵が中心を陣取り白兵戦を優位に進める。

ダヴィントンを見つけたマーティンは、息子トマスの騎兵のおもちゃを溶かした弾丸を銃に込める。

マーティンはダヴィントンを銃撃し、弾丸は彼の腕を捉え、二人は剣を交える。

ダヴィントンが、マーティンを切りつけて止めを刺そうとするが、彼はそれをかわし、ダヴィントンを銃剣で突き刺し命を奪う。

その後、コーンウォリス将軍は撤退の命令を出し、大陸軍は勝利する。

そして、イギリス軍を北に追いやり、コーンウォリス将軍は降伏し、アメリカは独立を勝ち取る。

マーティンは、バーウェルとヴィルヌーヴに別れを告げ、シャーロットと子供達を連れて農場に戻り、新世界に向けて新たなる希望を抱く。


解説 評価 感想 ■

妻に先立たれ、7人の子供と平穏に暮らしていた退役軍人が、非情な敵軍士官に息子を殺されたのをきっかけに再び戦場に赴き、独自の戦略により正規軍の勝利に貢献するという、家族愛と勇気を描いたドラマ。

*(簡略ストー リー)

1776年、サウス・キャロライナ州。
イギリスの圧制が続き、大陸会議は、独立宣言を決議しようとしていた。
そんな中、大陸軍のバーウェル大佐は、軍のための課税を要請する。
しかし、フレンチ・インディアン戦争の英雄であり、子供と共に、今では農夫として暮らす退役軍人ベンジャミン・マーティンは、開戦に反対する。
マーティンの気持ちも理解せず、長男ガブリエルは入隊し、その後、チャールスタウンは、イギリス軍のコーンウォリス将軍の手によって陥落する。
ある日、負傷したガブリエルが家に戻り、イギリス軍のダヴィントン大佐が現れる。
冷酷なダヴィントンは、ガブリエルを処刑しようとするが、彼を助けようとした弟が射殺されてしまう。
屋敷も焼かれたマーティンは、連行されたガブリエルを救い出し、子供達を妻の妹シャーロットに預ける。
そしてマーティンは、戦友バーウェル大佐の元に向かい、大陸軍の大佐として戦闘に加わる決心をする・・・。
__________

主人公マーティンは独立戦争で活躍し、その後、民兵となった実在の人物フランシス・マリオン、対する残忍なイギリス軍大佐のダヴィントンは、バナスター・タールトンがモデルとなっている。

大地で相対する、米英両軍の大規模な戦闘場面や、CGを駆使した迫力ある映像と演出は、いかにもローランド・エメリッヒらしい見応えある仕上がりになっている。

製作費1億1000万ドル、北米興行収入は約1億1300万ドル、全世界では約2億1500万ドルのヒットとなった。

第73回アカデミー賞では、撮影・録音・作曲賞にノミネート された。

ジョン・ウィリアムズの、美しく勇壮でもある音楽も印象に残る。

家族を愛し、勇猛果敢に民兵達を率いるメル・ギブソンの、戦略家でもある頼もしい戦いぶりは見所の一つで、大スターの貫禄十分だ。

その、血気盛んな長男を演ずる新鮮な魅力のヒース・レジャー、主人公と子供達を献身的に支えるジョエリー・リチャードソン大陸軍大佐で主人公の良き友クリス・クーパーコーンウォリス将軍役トム・ウィルキンソン、冷酷で残忍なイギリス軍大佐ジェイソン・アイザックス、頼もしいフンス軍少佐チェッキー・カリョ、民兵として勇敢に戦う牧師ルネ・オーベルジョノワ、残虐なイギリス軍の犠牲になるリサ・ブレナーなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター