【レビューを書く】 

ポストマン The Postman (1997)


3.42/5 (33)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1985年に発表された、デイヴィッド・ブリンのSF小説”ポストマン”を基に製作された作品。
戦争で崩壊した世界で、生きるために”ポストマン”(郵便配達人)になった男の運命を描く、製作、監督、主演ケビン・コスナーウィル・パットンラレンズ・テイトオリヴィア・ウィリアムズ他共演のSFドラマ。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ケビン・コスナー
製作
ケビン・コスナー

ジム・ウィルソン
スティーヴ・ティッシュ
原作:デイヴィッド・ブリンポストマン
脚本
エリック・ロス

ブライアン・ヘルゲランド
撮影:スティーヴン・ウィンドン
編集:ピーター・ボイル
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
ポストマン:ケビン・コスナー

ベスレヘム将軍:ウィル・パットン
フォード・リンカーン・マーキュリー/ジョン・スティーヴンス:ラレンズ・テイト
アビー:オリヴィア・ウィリアムズ
ブリスコー保安官:ダニエル・フォン・バーゲン
アイダホ大尉:ジェームズ・ルッソ
ブリッジシティ市長:トム・ペティ
ビリー:ショーン・ハトシー
バンディット20:ジョヴァンニ・リビシ
アイリーン・マーチ:ロベルタ・マックスウェル
エレン・マーチ:ペギー・リプトン
エディ・マーチ:ライアン・ハースト
ゲッティ大佐:ジョー・サントス
ウッディ:ブライアン・アンソニー・ウィルソン
ポストマンの娘:メアリー・スチュアート・マスターソン
オールド・ジョージ:ロン・マクラーティ
マイケル:チャールズ・エステン
ルーク:スコット・ベアストウ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1997年製作 177分
公開
北米:1997年12月25日
日本:1998年3月21日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $17,626,230


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2013年、ユタ州、ボンネビル・ソルトフラッツ
何度もの戦争を経て大都市は崩壊し伝染病が蔓延した。

生存者は災害から身を守るため各地に集落を形成して、世界は無秩序化していた。

そんな時代、放浪者(ケビン・コスナー)は一人で旅を続ける。

ある集落にたどり着いた男は、シェイクスピア劇を演じた代わりに食事を与えられる。

そこに、独裁的指導者ベスレヘム将軍(ウィル・パットン)が率いる集団”ホルニスト”が現れて人々は怯える。

ベスレヘムは、純血の白人の男を兵としてを三人差し出すよう要求し、その場を去ろうとした男を捕える

ウッディ(ブライアン・アンソニー・ウィルソン)らと共に採石場に連れて行かれ、何をしていたのかをベスレヘムに聞かれた男は、役者で劇作家だと答える。

シェイクスピア劇のセリフで語り合ったベスレヘムに、戦いには向かないため解放してくれと頼んだ男は痛めつけられる。

翌日、ベスレヘムの部下アイダホ大尉(ジェームズ・ルッソ)の指揮下で、ウッディやバンディット20(ジョヴァンニ・リビシ)と30キロを走らされた男は、奪われたラバの肉が入ったスープを食わされる。

最後に走り切ったバンディット20は食事を与えられず、男が自分の分を渡す。

訓練は続き、リーダーに戦いを挑むことが許され、アイダホは男にそれを試すかを聞く。

リーダーの器ではないと答えた男は、ゲッティ大佐(ジョー・サントス)がベスレヘムに戦いを挑み、一瞬のうちに敗れたことを知らされる。

アイダホは、ベスレヘムは見過ごしたが、黒人との混血であることは分かっているとウッディに伝える。

男を呼んだベスレヘムは、単なるコピー機のセールスだった自分が、戦争により眠っていた才能に気づいたことを語る。

有能な部下が必要なため、その気があれば考えておくようにと男はベスレヘムに言われる。

この場から逃げることをウッディとバンディット20に提案した男だったが、二人はその気にならない。

出撃した部隊は、かつて動物園だった場所で、ライオンを一頭仕留めたと言う連絡を受ける。

何人か戻らないため、アイダホに選ばれた男はナイフを渡され、その場に向かうよう指示される。

バンディット20が、逃亡の件をアイダホに話したのだった。

殺された兵士を発見した男は、吊り橋から死体と共に落下する。

ウッディとバンディット20が男を捕えるよう命ぜられ、アイダホと共に彼を追う。

川から上がった男はバンディット20に見つかり、叫ばれたために彼をナイフで刺し殺す。

そこにウッディが現れ襲いかかろうとするが、男は二人で逃げようと言って説得する。

追いついたアイダホは、ウッディに男を殺すよう命ずる。

ウッディは、アイダホの腕にナイフを投げて襲い掛かり射殺される。

男はその隙に走り去り、アイダホは彼を追うものの現れたライオンに食い殺される。

雨の中ひたすら歩いた男は足を踏み外して土手を転げ落ち、車を見つけてその中で休む。

白骨化した運転手の上着をはぎ取りライターとウイスキーを見つけた男は、この上ない喜びを感じる。

その場にあった封筒を燃やし食料も確保した男は、手紙をを見つけてそれを読み、運転手が郵便配達人だったことに気づく。

翌朝、郵便配達人を埋葬した男は、助かったことで感謝する。

パインビューという町に着いた男は郵便配達人に扮し、責任者を出すよう伝えて門を開けるよう指示する。

現れたブリスコー保安官(ダニエル・フォン・バーゲン)が対応し、男は合衆国の役人だと言って郵便ルートが復活したことを伝える。

”ポストマン”郵便配達人だと言ってもブリスコーが銃を構えたため、彼はパインビューに住む”アイリーン・マーチ”宛の手紙があることを知らせる。

ブリスコーは驚き、アイリーン(ロベルタ・マックスウェル)は自分の名を呼んだかと尋ねて門が開けられる。

妹の手紙を渡された盲目のアイリーンは、それを娘のエレン(ペギー・リプトン)に読んでもらい、ポストマンに感謝する。

ポストマンは、身の回りの世話をしてくれたフォード・リンカーン・マーキュリー、本名ジョン・スティーヴンス(ラレンズ・テイト)に案内されて食事をすることになる。

集まっていた者達から政府や大統領の話を聞かれたポストマンは、ヨーロッパの情勢やホルニストについても質問されて適当に答える。

ようやく空腹が満たされたポストマンは、自分を意識するアビー(オリヴィア・ウィリアムズ)に声をかけられてダンスをする。

アビーから自分を妊娠させてほしいと言われたポストマンは戸惑い、答えを保留する。

エレンに呼び止められたポストマンは、もう一人の妹への手紙をアイリーンから渡される。

住所も分からない手紙を受け取ったポストマンは、自分のことを正直に伝えようとするが、アイリーンから信用できる人物だと言われる。

その場を去ろうとしたポストマンは、老人から探している場所があるのだろうと言われる。

ポストマンは、130年前に建てられた郵便局を見つけて中に入り、現れたフォードになぜ郵便配達人になったのかを聞かれる。

成り行きだと答えたポストマンは、自分もなれるかと問うフォードに、郵便配達人がそれを任命することを伝える。

宣誓が必要だと言われたフォードは、それをその場で行ってもらい郵便配達人に任命される。

フォードに命を懸けるとまで言われたポストマンは驚き、現れたブリスコーには、直ぐに町を出るよう指示される。

郵便を拾ったただの流れ者だと指摘されたポストマンは、この件を報告するとブリスコーに伝えるが、きれいごとを言うならホルニストを退治してくれるのかと問われる。

朝までは居ていいとポストマンに伝えたブリスコーはその場を去る。

眠ろうとしたポストマンは、部屋の入り口に置いてある大量の手紙に気づく。

そこにアビーが現れ、ポストマンは彼女の要望に応えて愛し合う。

翌朝、郵便を届けるため再び戻ることを約束したポストマンは、町の人々に見送られながらその場を去ろうとする。

ポストマンを疑うブリスコーだったが、戻ることで郵便配達人だということが証明できると言う彼に手紙を渡す。

その後、ベスレヘムの部隊が町に現れ、郵便局に星条旗が掲げられていることに気づき、その理由を町民に問う。

フォードが郵便局を再開しようとしていたのだが、ブリスコーが隠れるよう伝える。

ベスレヘムは、アビーの夫マイケル(チャールズ・エステン)に星条旗を燃やし郵便局に火を放つよう命ずる。

マイケルは仕方なくそれに従い、フォードは裏口から逃げる。

アビーに目をつけたベスレヘムは、彼女の夫だと言うマイケルに中世の”初夜権”が復活したことを伝える。

それを拒むマイケルは、ベスレヘムに剣で刺殺される。

ブリスコーは残虐な行為に反発し、ベスレヘムは以前と違う彼らの態度を不審に思う。

ポストマンという男が現れ、新政府ができたというブリスコーの話を聞いたベスレヘムは、その男の追跡を始める。

アビーは連れ去られ、フォードは焼け残った手紙を届けると言って、ブリスコーの制止も聞かずに町を離れる。

オレゴン州、ベニング。
手紙を届けたポストマンは町民に歓迎され、彼らに希望を与える。

そこにベスレヘムの部隊が現れるが、町民は抵抗することも考える。

ポストマンは食料を与えて和平交渉をするべきだと伝え、彼がベスレヘムの元に向かう。

交渉に現れたポストマンを見ても逃げた男とは気づかないベスレヘムは、話を聞き入れずに町を攻撃し始める。

ポストマンも殺されることになるが、銃を奪ったアビーが彼を助ける。

アビーはベスレヘムを銃撃し、その隙に馬を奪ったポストマンは彼女を救い逃亡する。

銃弾を受けていたポストマンを馬から降ろしたアビーは、追手の兵士を倒す。

ポストマンの手当てをしたアビーは、雪の中、山小屋を見つけてその場で休息する。

アビーはポストマンの腕の刻印に気づき、彼がホルニストだったことを知る。

マイケルが殺されたことを知ったポストマンは、アビーを気の毒に思う。

腕の刻印についてを追及するアビーは、ポストマンの首にカミソリを突きつける。

ホルニストに連れ去られた者は彼らの仲間だと言えるのかと、ポストマンは同じ立場のアビーに問う。

その場から動こうとしないポストマンに不満を感じるアビーは、馬を殺して食料にする。

吹雪の中、峠を見に行ったアビーは川に落ちてしまい助けを求め、ポストマンに救われる。

ポストマンに介抱されたアビーは、妊娠したことを彼に伝える。

やがて春になり、アビーは峠が通れると言って小屋に火を放つ。

驚いたポストマンは出発するしかないため、アビーと共に旅立つ。

途中で二人は郵便配達人の少女に出会い、ベスレヘムに抵抗した”ポストマン”が郵便組織を整え、大統領の元で指揮を執っていることを知らされる。

その話を作っているのがフォードだということに気づいたポストマンは、アビーと共に彼らの拠点に向かう。

ポストマンからの手紙が届いたと言って、フォードは部下達にそれを伝える。

そこに現れたポストマンを歓迎したフォードは、嘘をついていることを追及される。

自分が希望の星だと思われていることを知ったポストマンは、仕方なくそれに協力する。

できる限りの手段で見事にシステム化された郵便業務を視察したポストマンは、フォードらが反ホルニスト活動を行っていることも知る。

その頃、ベスレヘムは郵便配達人の抵抗運動を知り壊滅させようとする。

ポストマンは、若いエディ・マーチ(ライアン・ハースト)らと共に郵便配達人に復帰する。

パインビュー。
約束通り町に戻ったポストマンは、ブリスコーから誤解していたと言われ彼宛の手紙を渡す。

ポストマンは、町に戻っていたアビーとなぜか心触れ合うことができない。

ベスレヘムが郵便配達人狩りを始めたことに気づいたポストマンは、エンジニアでもあった戦争経験者のオールド・ジョージ(ロン・マクラーティ)に協力を求める。

オレゴン州、エルビス。
ホルニストの部隊を迎え撃つポストマンらは敵を撃退する。

郵便配達人は戦う集団となり若者が次々と命を落とし、ポストマンは心を痛める。

危険地帯に若者を行かせるわけにはいかないポストマンは、仕事を代わり働き続ける。

フォードが敵兵の死体を送り返したため、ベスレヘムは宣戦布告と考えて各地の町を焼き払う。

パインビューでも処刑を行おうとしていたベスレヘムは、それをポストマンが監視していることを知りながら挑発する。

ブリスコーは、ポストマンに仕事を続けるよう叫びながら男達と共に銃殺される。

その後、郵便配達人の前で大統領からの手紙を読み上げたポストマンは、郵便配達組織の解体を伝える。

ベスレヘムに手を引くという手紙を出そうとしたポストマンは、届けると言い張るフォードにそれを渡す。

責任を全て背負おうとするポストマンに言葉をかけるアビーだったが、彼は郵便配達人に扮した経緯と新政府樹立などが嘘だったことを話す。

ポストマンは、安全な場所であるセント・ローズに向かうことを伝えてアビーを誘う。

見覚えのある顔だったベスレヘムのスパイ、ルーク(スコット・ベアストウ)に銃を向けられたポストマンは、将軍を立派な人物だと言う彼に、それに値するのはフォードだと伝えて、アビーと共にその場を去る。

フォードが届けたポストマンの手紙を読んだベスレヘムは、戻ったルークからフォードがナンバー2だと知らされ、処刑を中止して彼を利用するために生かす。

ブリッジ・シティに着いたポストマンとアビーは、市長(トム・ペティ)に歓迎される。

ポストマンは、ついてきたエディたビリー(ショーン・ハトシー)らに姿を現すよう伝える。

その後ホルニストの兵士が現れ、ポストマンは自分が”ポストマン”であることを市長に伝える。

ポストマンが素晴らしい人物だと思えたアビーは、マイケル以上の男性が現れることが考えられなかったと言って辛い心の内を彼に伝える。

川向うの村落に向い協力を求めたポストマンは、若者達他を集めて部隊を作りホルニストの拠点に向かう。

ベスレヘムはそれを迎え撃ち、ルークはポストマン側に寝返る。

白旗を掲げたポストマンは近づくベスレヘムに対し、ホルニストの掟に従いリーダーに挑戦する権利を伝える。

ホルニストでなければ権利がないと言うベスレヘムに腕の刻印を見せたポストマンは、それを兵士達にも確認させる。

その時点でようやくポストマンがシェイクスピア役者だと気づいたベスレヘムは挑戦を受ける。

二人は格闘となり、剣を手にしたベスレヘムに国を信じると言いながら反撃したポストマンは、彼を抑え込み戦いを止めようとする。

フォードはベスレヘムに銃を向けて止めを刺そうとするが、ポストマンはそれを制止して殺す価値がないことを伝える。

自分がリーダーだと叫ぶポストマンは、新たな定めだと言って”殺さない”ことを皆伝える。

平和に生きると言うポストマンの言葉に双方は頷き、フォードはベスレヘムに銃を向けるものの地面を撃ち納得する。

ベスレヘムはフォードの銃を奪うがゲッティ大佐に射殺され、彼は銃を捨てる。

その後、アビーの元に戻ったポストマンは、産まれた娘を抱き平和を実感する。

2043年。
ポストマンの娘(メアリー・スチュアート・マスターソン)は、亡くなった父の銅像の除幕式でスピーチする。

ポストマンが少年から手紙を受け取ろうとする銅像は披露される。

その少年だった男性は30年前を思い起こす。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2013年。
幾度もの戦争で崩壊した世界を放浪する男は、ある村落で、独裁的指導者ベスレヘム将軍率いる集団”ホルニスト”に捕えられる。
兵士としての訓練を強要された男はその場から脱走し、車で死亡した郵便配達人の上着をはぎ取り、それに扮してパインビューという町にたどり着く。
”ポストマン”と呼ばれるようになった男は歓迎され、成り行きで新政府が樹立され郵便事業が再開されたことを伝えてしまう。
自分を妊娠させてほしいというアビーと愛し合ったポストマンは、人々から手紙を渡され、自分を慕う青年フォードを郵便配達人に任命してその場を去る。
その後、他の町でも歓迎されたポストマンは、現れたベスレヘムの部隊に捕えられていたアビーを助けて逃亡する。
傷を負いながら山小屋で冬を過ごしたポストマンとアビーは旅立ち、フォードが郵便事業を組織しホルニストの抵抗活動を始めていることを知る・・・。
__________

1980年代後半から1990年代前半にかけての活躍で、一気にハリウッドの頂点を極めたケビン・コスナーが、「ウォーターワールド」(1995)の大失敗で評判を落とし、汚名挽回で挑んだ製作、監督、主演を兼ねた意欲作。

結果的に本作は、興行的に見ると「ウォーターワールド」以上の失敗作となってしまい、8000万ドルをかけた製作費に対し、北米興行収入は約1700万ドルという惨憺たる結果に終わってしまった。

同年のラジー賞でも、主要部門他を受賞してしまい、評価も悪く、その後も活動は続けるもののケビン・コスナーの長いスランプは続くことになる。

盛り上がりに欠ける3時間の長編はだれてしまい、ちぐはぐな脚本もよろしくない。

ホルニストのリーダーが、主人公に目をつけて接していたにも拘らず、再会しても主人公だと分からず、クライマックスにようやく同一人物にだと気づくなど、理解不能な演出も気になる。

色々叩かれはしたものの、主人公を雰囲気を出して演じてはいるケビン・コスナー、独裁集団のリーダー、ウィル・パットン、信念に基づき行動する青年ラレンズ・テイト、主人公と愛し合うオリヴィア・ウィリアムズ、保安官ダニエル・フォン・バーゲン、ホルニストの士官ジェームズ・ルッソジョー・サントス、本人であろうという設定の市長トム・ペティ、主人公と共に兵として捕らわれるジョヴァンニ・リビシブライアン・アンソニー・ウィルソン、郵便配達人ショーン・ハトシーライアン・ハースト、ホルニストのスパイ、スコット・ベアストウ、町の住民ロベルタ・マックスウェル、その娘役だが4歳しか違わない元クインシー・ジョーンズ夫人でラシダ・ジョーンズの母親ペギー・リプトン、元エンジニアの老人ロン・マクラーティ、ヒロインの夫チャールズ・エステンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター

* 【レビュー】作品についての感想・評価をお書き下さい。