天使の贈りもの The Preacher’s Wife (1996) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1947年公開のヘンリー・コスター監督作品で、ケーリー・グラント主演「気まぐれ天使」のリメイク。
教会の窮地を救うために神から派遣された男と牧師家族との交流を描く、監督ペニー・マーシャル、主演デンゼル・ワシントンホイットニー・ヒューストンコートニー・B・ヴァンスグレゴリー・ハインズライオネル・リッチー他共演のハートウォーミング・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:ペニー・マーシャル
製作:デブラ・マーティン・チェイス
原作:ロバート・ネイサン
脚本
ロバート・E・シャーウッド(オリジナル脚本)
レオナルド・ベルコヴィッチ

ナット・モールディン
アラン・スコット
撮影:ミロスラフ・オンドリチェク
編集:ジョージ・ボウワーズ
音楽:ハンス・ジマー

出演
デンゼル・ワシントン:ダドリー
ホイットニー・ヒューストン:ジュリア・ビッグス
コートニー・B・ヴァンス:ヘンリー・ビッグス牧師
グレゴリー・ハインズ:ジョー・ハミルトン
ジェニファー・ルイス:マーガレット・コールマン
ロレッタ・デヴァイン:ベヴァリー
ジャスティン・ピエール・エドムンド:ジェレマイア・ビッグス
ライオネル・リッチー:ブリスロー
ポール・ベイツ:ソウル
レックス・モンソン:オスバート
ダーヴェル・デイヴィスJr.:ハキム
ウィリアム・ジェイムス・スティガーズJr.:ビリー・エルドリッジ
マルセラ・ローリー:アンナ・エルドリッジ
シシー・ヒューストン:ハヴァーガル夫人

アメリカ 映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ
1996年製作 123分
公開
北米:1996年12月13日
日本:1996年12月21日
北米興行収入 $48,093,211


アカデミー賞 ■

第69回アカデミー賞
・ノミネート
作曲賞(ミュージカル/コメディ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

経営難に悩む、聖マタイ教会のヘンリー・ビッグス牧師(コートニー・B・ヴァンス)は、ゴスペル・シンガーで美しい妻ジュリア(ホイットニー・ヒューストン)と5歳の息子ジェレマイア(ジャスティン・ピエール・エドムンド)とで慎ましい暮らしを送っていた。

クリスマスが近づき、教会経営に行き詰ったヘンリーは、ただ神に祈るしかなかった。

そんな時、家の外で雪遊びをしていたジェレマイアと友達のハキム(ダーヴェル・デイヴィスJr.)の前に、奇妙な男が現れる。

その男ダドリー(デンゼル・ワシントン)は、ヘンリーに神から使わされたと伝えるが、それを信じてもらえない。

車のエンジンがかからず、神頼みをしたヘンリーの元に、再びダドリーが現れ、彼は自分を天使だと言い張る。

そしてダドリーは、窮地のヘンリーを全力で守ることを伝える。

それを信じるはずもないヘンリーだったが、ダドリーとの帰り際の握手で、彼は何かを感じる。

そんな時、ジュリアがゴスペルを練習している最中に、教会のボイラーが壊れてしまう。

ジェレマイアは、親友のハキムが里子に出されることになり別れを悲しむ。

そんな光景を見たダドリーは、派遣された牧師補佐ということで教会のオフィスに現れ、ジュリアやクリスマスの間に滞在する彼女の母マーガレット・コールマン(ジェニファー・ルイス)に挨拶をする。

その後ダドリーは、気落ちしているジェレマイアを励まし、子供と過ごす時間を与えるために、ヘンリーの秘書であるベヴァリー(ロレッタ・デヴァイン)に休暇を与えてしまう。

ヘンリーは、教会周辺の土地を開発しようと考えるジョー・ハミルトン(グレゴリー・ハインズ)のオフィスに呼ばれ、新しい教会との交換条件として立ち退きを迫られる。

ジュリアは、ヘンリーから、教会をハミルトンに明け渡したと知らされて失望してしまう。

ヘンリーは信者や病人に尽くそうとして、ジュリアとの約束を守れずダドリーに彼女の相手を頼む。

ダドリーとクラブに行ったジュリアは、かつてヘンリーに救われたブリスロー(ライオネル・リッチー)と再会し、ステージで歌うことを促される。

ジュリアの素晴らしい歌声を聴いたダドリーは、何とか彼女やその家族を幸せにしてあげようと心から思う。

帰宅したダドリーは、忙し過ぎて全てが中途半端なヘンリーに、一つのことを誠心誠意やり遂げることをアドバイスする。

それを励みにしたヘンリーは、無実の罪で審理にかけられている、自分が面倒を見続けていた少年ビリー・エルドリッジ(ウィリアム・ジェイムス・スティガーズJr.)を釈放させることができる。

相変わらず忙し過ぎるヘンリーは、ジュリアをダドリーに任せてばかりいたために、彼女はダドリーに心を寄せてしまう。

それに気づいたヘンリーは、ジュリアには近づくなとダドリーに警告して、彼を追い出そうとする。

ダドリーは、ジュリアの母マーガレットにもそのことについて忠告されてしまう。

街をさ迷ったダドリーは、ジュリアとヘンリーに昔を思い出させて、教会のボイラーを新品に交換してしまう。

神の恵みに感謝したヘンリーは、ハミルトンに教会を渡すことを断り、ジェレマイアの友達ハキムを呼び戻す。

既にハミルトンとは契約を済ましていたので、ダドリーはクリスマスに、信者達の前で教会を手放すことを話す決意をする。

ダドリーはハミルトンの屋敷に向かい、彼に、人間としてとるべき道を悟らせる。

そしてクリスマスの日、ダドリーはジュリアに別れを告げる。

教会では、ヘンリーが信者に向かい話し始めるが、肝心な移転についての話しを取り止め、彼は”愛”についてを語り始める。

それを聞いたダドリーは、役目を果たせたことを喜ぶ。

ジュリアの賛美歌で教会内の信者は一体化し、その場にいたハミルトンも改心する。

教会の前で、ダドリーに出くわしたヘンリーとジュリアには、彼の記憶がなくなるのだが、ジェレマイアだけは覚えていたのだった。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

牧師ヘンリー・ビッグスは、ゴスペル・シンガーの美しい妻ジュリアと5歳の息子ジェレマイアとで慎ましい生活を送っていた。
教会は経営難で、しかもそれにつけこまれて、開発業者に立ち退きを要求されていた。
そんな時、一家の前に、神の使いだという男ダドリーが現れる。
ヘンリーらの窮地を救うために、神から派遣されたというダドリーだったが、それを全く信じてもらえない。
しかしヘンリーは、根気よく自分の使命を伝えるダドリーと握手を交わした瞬間、何かを感じるのだった・・・。
__________

ロマンチックな雰囲気を漂わせながら、ペニー・マーシャルが描く下町人情ドラマではあるが、歌手として頂点を極めていたホイットニー・ヒューストンの歌なども存分に楽しめる、娯楽作に仕上がっている。

第69回アカデミー賞では、ハンス・ジマーが作曲賞(ミュージカル/コメディ)にノミネートされた。

演技派として、着実にキャリアを築いていたデンゼル・ワシントンは、牧師一家の存在を邪魔することなく、控えめな演技で主人公の天使を演ずる。
表情や仕草だけでも観客を唸らせる見事な表現力を見せてはくれるが、人情味のある天使役では、なんとなく物足りなさを感じてしまうところが、また彼らしいとも言える。

献身的な牧師の妻を好演するホイットニー・ヒューストン、教区の信者のために奔走し、妻や息子への愛が疎かになってしまう牧師コートニー・B・ヴァンス、教区の土地を乗っ取ろうとする開発業者グレゴリー・ハインズ、牧師の義母ジェニファー・ルイス、秘書ロレッタ・デヴァイン、息子ジャスティン・ピエール・エドムンド、クラブのバンドマン、ライオネル・リッチーH・ヒューストンの実母シシー・ヒューストンも聖歌隊のメンバーで出演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター