王子と踊子 The Prince and the Showgirl (1957) まだ評価されていません。


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ローレンス・オリヴィエと妻ヴィヴィアン・リー主演で1953年ロンドンウエスト・エンドで初演され、その後、ブロードウェイでも上演されたテレンス・ラティガンの舞台劇の映画化。
製作、監督、主演ローレンス・オリヴィエマリリン・モンロー共演によるロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:ローレンス・オリヴィエ
製作:ローレンス・オリヴィエ
原作:テレンス・ラティガン
脚本:テレンス・ラティガン
撮影:ジャック・カーディフ
編集:ジャック・ハリス
音楽:リチャード・アディンセル

出演
摂政チャールズ大公:ローレンス・オリヴィエ

エルシー・マリーナ/エルザ・ストルゼンバーグ:マリリン・モンロー
ニコラス:ジェレミー・スペンサー
皇太后:シビル・ソーンダイク
ノースブルック:リチャード・ワッティス
ホフマン:エスモンド・ナイト
サニングデール夫人:マクシーヌ・オードリー
コールボーイ:ハロルド・グッドウィン
メイシー・スプリングフィールド:ジーン・ケント
ファニー:ダフニー・アンダーソン
支配人:チャールズ・ヴィクター
外交官:デヴィッド・ホーン

イギリス 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1957年製作 116分
公開
北米:1957年6月13日
日本:1957年10月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1911年6月21日、ロンドン
イギリス国王ジョージ5世の戴冠式に出席する予定である、カルパチア王国ニコラス8世国王(ジェレミー・スペンサー)、皇太后(シビル・ソーンダイク)、そして、国王の父親である摂政チャールズ大公(ローレンス・オリヴィエ)一行が到着する。

大公の侍従役ノースブルック(リチャード・ワッティス)は、全く知識のなかったカルパチアや、気難しい大公についてを知らされ、イギリス外務省から派遣されて接待を始める。

その夜、ミュージカル”ココナッツ・ガール”を観劇した大公は、出演者のエルシー・マリーナ(マリリン・モンロー)に目を留め、夜の夕食会に招待する。

ノースブルックがエルシーを迎えに行くのだが、大公についての説明が、彼女には全く理解できない。

カルパチア大使館を訪れたエルシーは、大公と二人きりの食事だと知り、その場を去ろうとする。

ノースブルックが、何んとかエルシーを引き止めようとしている時に大公が現れ、彼女は、言われるがまま彼の部屋に招かれる。

ところが、エルシーにウォッカとシャンパンを振舞った大公は、その後、食事もせずに雑務を始めてしまう。

一人で食事をしていたエルシーは、ニコラス国王や皇太后と軽い挨拶を交わした後、再び大公と二人になる。

酔いの回ったエルシーは大公を侮辱してしまい、憤慨した彼は、エルシーを追い払おうとする。

冷静になった大公は、恋に飢える胸の内をエルシーに語り彼女に迫る。

召使いにバイオリンまで弾かせてムードを出していた大公だったが、そこにノースブルックが現れる。

ノースブルックは、エルシーとの約束通りに、伯母が入院したという嘘をつき、彼女が帰れるように仕組む。

しかし、酔ったエルシーは、そんな約束も忘れてしまい、大公がノースブルックを追い払う。

大公と恋に落ちるとまで言い始めたエルシーだったが、酔いつぶれてしまい、大公は再び不機嫌になる。

翌朝、戴冠式が迫る中、大公は、エルシーが大使館内に宿泊したのを知り驚き、スキャンダルを恐れる。

そんなことはお構いなく、陽気に振舞うエルシーは大公に愛を語る。

焦った大公は、何んとかエルシーを追い払おうとする。

その後、国王ニコラスがエルシーの元に現れ、彼女は、国王に頼まれて、ドイツ大使館への電話をかける。

ドイツ語で話すニコラスの会話を聞いたエルシーは、それを理解できたことを彼に伝える。

ニコラスは、摂政である父の大公から実権を奪い取る計画を立てていたのだが、それを知ったエルシーに、危険が迫ると警告する。

それを全く気にしないエルシーは、ダンサー仲間メイシー・スプリングフィールド(ジーン・ケント)らに気づき、バルコニーから声をかける。

自分のことをとやかく言われえた大公は憤慨するが、別れの挨拶の代わりとして、エルシーにブローチを贈り、苛立ちながら戴冠式に向かう。

大使館を去ろうとしたエルシーだったが、皇太后に呼び止められる。

皇太后は、エルシーを侍女長として戴冠式に連れて行くと言い出す。

それを知った大公は、エルシーにカルパチア王国の堅忍勲章を授けるよう皇太后に命ぜられる。

エルシーは、別れの時でなくなったこと大公に伝えてブローチを彼に返す。

そしてパレードは始まり、劇場の前を通ったエルシーは、自分に気づいたメイシー達に手を振り、はしゃいでしまう。

そんな奔放なエルシーを見て、厳格な大公も思わず微笑み彼女もそれに応える。

ウェストミンスター寺院
戴冠式が始まり、エルシーは、荘厳なその雰囲気に圧倒されて感激の涙を流す。

大使館に戻り、ニコラスがドイツ大使館に電話したことを知った大公は、その夜に開かれる、舞踏会への彼の出席を禁ずる。

エルシーが、ドイツ語を理解することを知った大公だったが、彼女は、ニコラスとの約束で、その内容を話さなかった。

仕方なく大公は、その場を去ると言うエルシーのドレスに、別れの言葉を語りながらブローチをつけてキスする。

ニコラスの舞踏会出席を許可した大公は、彼に相手を探すよう命ずる。

気の進まないニコラスは、エルシーをパートナーに選んでしまい、それを受けた彼女は、大公にブローチを返して、その場を去る。

夜の舞踏会に出席した大公は、エルシーとニコラスを捜すようノースブルックに命ずる。

大公は、二人を見つけてエルシーと踊った後、彼女とニコライを大使館に帰す。

大使館に戻った大公は、エルシーになかなか別れを告げられずにいたが、彼女がニコラスのメモを持参する。

それは、一部の反乱分子の意見は聞かず、父チャールズ大公の下、国民が団結することを願う文書だった。

大公は、政敵を一旦逮捕して解放し、それを全世界に公表することで、支持を得る方法を思いつき、機嫌良くエルシーとの時間を過ごそうとする。

愛情や政治について、率直に意見を述べるエルシーを、大公は愛しく思うようになる。

翌朝、自分に愛情を示す父を不審に思うニコラスは戸惑い、現れたノースブルックにそれを伝える。

大公は、エルシーを密かにカルパチアに招くことを決意し、ノースブルックに、その用意をするよう指示する。

18ヵ月後にニコラスに政権に譲ることを、大公はエルシーに伝え、彼女を呼び寄せることは話さずに、ドレスに別れのブローチをつける。

現れた皇太后は、エルシーに感謝して勲章を授け、その場を去る。

そして、大公ら一行はカルパチアに向かい、エルシーは劇場に戻る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

ヨーロッパの小国カルパチア国王ニコラス一行が、イギリス国王ジョージ5世の戴冠式出席のためロンドンを訪れる。
ニコラス国王の父で摂政のチャールズ大公は、気難しい性格でありながら、寂しさを紛らすために、舞台女優のエルシー・マリーナを大使館に招く。
ほんの遊びのつもりの大公は、用の済んだエルシーを返そうとするが、上品さのかけらもない彼女は、意外にも国王や皇太后に気に入られてしまう。
何とかエルシーに別れを告げようとする大公だったが、彼の愛情や、公務に対する考えに率直に意見する彼女に、大公は次第に心を奪われていく。
そして、立場上スキャンダルを避けようとする大公は、エルシーとの愛を手に入れる秘策を考える・・・。
__________

ローレンス・オリヴィエ自身のための舞台劇だけに、製作、監督、主演を兼ねた彼の意欲作で、ロンドンという土地柄に全くそぐわない雰囲気ではあるが、とてつもないインパクトのあるヒロイン、マリリン・モンローを起用した異色のロマンチック・コメディ。

本作製作の舞台裏を描いた「マリリン 7日間の恋」(2011)を参考にすると一層興味深く観れる。

重厚さの中からユーモアを醸し出す絶妙な演技を見せるローレンス・オリヴィエは圧巻で、厳格さと気品漂う、彼の物腰やセリフ回しは、見事としか言いようがない。

本作で癇癪を起こす場面が多々あるオリヴィエだが、「マリリン 7日間の恋」でも描かれているように、トラブル続きのマリリン・モンローに対して怒りをぶつけているようにも見える・・・。

場所がロンドンに変わっても、ほとんどいつもの彼女そのもののイメージで登場するところがポイントであるマリリン・モンローの、愛らしい笑顔は輝いている。
前年の「バス停留所」(1956)で演技派としての評価を得て挑んだ、彼女の魅力を堪能できる。

少年国王のジェレミー・スペンサー、皇太后を貫禄で演ずる大ベテランのシビル・ソーンダイクイギリス外務省から派遣される大公の接待役であるリチャード・ワッティス、侍従役のエスモンド・ナイト、大公と親しい婦人マクシーヌ・オードリー、ヒロインのダンサー仲間ジーン・ケントダフニー・アンダーソン、劇場支配人役のチャールズ・ヴィクター、外交官デヴィッド・ホーンなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター