シャーロック・ホームズの冒険 The Private Life of Sherlock Holmes (1970) 3.74/5 (31)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アーサー・コナン・ドイルの原作を基に、お馴染みの名探偵シャーロック・ホームズが、助手のワトソンと共に国家の諜報活動が絡む事件捜査に挑む姿を描く、製作、監督、脚本ビリー・ワイルダー、主演ロバート・スティーブンスコリン・ブレークリークリストファー・リージュヌヴィエーヴ・パージュのサスペンス・コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■

監督:ビリー・ワイルダー
製作:ビリー・ワイルダー
原作:アーサー・コナン・ドイル
脚本
ビリー・ワイルダー

I・A・L・ダイアモンド
撮影:クリストファー・チャリス
編集:アーネスト・ウォルター
音楽:ミクロス・ローザ

出演
シャーロック・ホームズ:ロバート・スティーブンス

ジョン・H・ワトスン:コリン・ブレークリー
ガブリエル・バラドン/イルゼ・ホフマンシュタール:ジュヌヴィエーヴ・パージュ
マイクロフト・ホームズ:クリストファー・リー
ハドスン夫人:アイリーン・ハンドル
ヴィクトリア女王モリー・モーリン
墓掘り人:スタンリー・ホロウェイ
ニコライ・ロゴーヒン:クライヴ・レヴィル
パトローヴァ:タマーラ・トゥマーノワ
老女:キャサリン・レイシー

イギリス 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1970年製作 125分
公開
イギリス:1970年12月3日
北米:1970年10月29日
日本:1971年3月13日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $1,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ロンドン、コックス銀行。
ジョン・H・ワトスン医師(コリン・ブレークリー)の保管庫が彼の死後50年経って開けられる。

そこには、名探偵シャーロック・ホームズ(ロバート・スティーブンス)と助手であったワトソンの、事件に関った貴重な品々と60件ほどの記録簿が残されていた。
__________

1887年8月。
ある事件を解決して、自宅である”ベーカー街221B”のアパートに戻ったホームズとワトソンは、家主のハドスン夫人(アイリーン・ハンドル)に迎えられる。

興味をそそる事件捜査依頼も無く、退屈で平凡な日々を送っていたホームズは、お決まりの麻薬に走ってしまう。

ワトソンは、そんなホームズを帝国ロシアバレエ団公演に誘う。

バレエ団事務総長ニコライ・ロゴーヒン(クライヴ・レヴィル)の案内で、ホームズは公演後プリマドンナのパトローヴァ(タマーラ・トゥマーノワ)の楽屋に向かう。

パトローヴァは、仕事の報酬として”ストラディバリウス”のバイオリンをホームズに進呈する。

引退するパトローヴァは子供を欲しがり、ホームズをその相手に選んだのだが、彼は血友病だと言ってそれを断る。

しかし、パトローヴァがそれを気にしないため、ホームズは、長年”男性”と暮らしている同性愛者だと言ってその場を逃れる。

祝宴で女性ダンサー達と陽気に踊るワトソンを、ニコライは同性愛者だと言って、その趣味のある男性ダンサーに近寄らせる。

名誉を傷つけられたワトソンは、アパートに帰りホームズに噛み付くが、自分達の女性関係を暴露すれば、誤解を解けることに気づく。

しかし、長年の友ワトソンも、ホームズの女性との交友を全く知らなかった。

ある日、正体不明の女性が川から引き上げられ、彼女の持っていた”ベーカー街221B”という紙切れを頼りに、馬車の御者が女性をホームズのアパートに連れて行く。

記憶もなく怯える女性(ジュヌヴィエーヴ・パージュ)の、身に着けていた衣服や指輪から、彼女がベルギー人であり、名前が”ガブリエル”だということが分かる。

翌朝、目覚めたガブリエルは、ホームズを夫のエミールだと思い込む。

ホームズは、ガブリエルの手のひらに”301”と書かれているのを見つける。

住所の紙切れの裏の印刷の染みは、その荷札の番号がガブリエルの手のひらに写ったものだった。

それを頼りに”ガブリエル・バラドン”の荷物を運んできたホームズは、ガブリエルが、失踪した鉱山技師の夫を捜すために、自分を頼って来たことを知る。

そして前夜、ガブリエルは、男にテムズ川に落とされて意識を失ったことを話し始める。

ホームズは、ガブリエルに夫への手紙を出させ、それを誰が受け取るか探ろうとする。

手紙の送り先に忍び込んだホームズらは、手紙が届いたことを確認する。

すると、部屋にいたカナリヤに餌を与えに来た老女(キャサリン・レイシー)が現れ、手紙を見つけるもののそれを置いて立ち去る。

隠れてその様子を見ていたホームズらは、カナリヤを運んだ男達の鳥かごに、スコットランドの新聞”インヴァネス新報”が敷いてあったことに気づいていた。

ガブリエルは手紙がホームズ宛だと気づき、それを開封してみると、それは、ホームズの兄マイクロフト(クリストファー・リー)からの呼び出しの内容だった。

ハドスン夫人にガブリエルを預け、ホームズとワトソンはマイクロフトがいるクラブに向かう。

マイクロフトは、ガブリエルの夫捜しが国防に関るために、手を引くことをホームズらに伝える。

それが女王の命令でもあると言われたホームズは、仕方なくその場を引き上げるが、カギはスコットランドにあると考える。

ホームズは、ワトソンとガブリエルを伴い、スコットランドインヴァネスに向かう。

しかし、ホームズのアパートにガブリエルが連れてこられた時から、何者かが彼女を監視していた。

インヴァネスに到着したホームズらは、マイクロフトが口にしていた”グレンナフリッヒ”と言われる墓地に向かう。

奇妙な葬儀を目撃したホームズらは、墓堀人(スタンリー・ホロウェイ)から情報を得る。

その後、以前捜査依頼があった軽業師と思われる者達が墓参りに現れる。

墓を掘り起こしたホームズは、棺の中のガブリエルの夫を確認し、白いカナリヤの死骸が3羽を確認する。

嘆き悲しむガブリエルを連れて、ホームズは”ネス湖”湖畔のホテルに向かう。

ワトソンが、ネス湖の怪物を目撃したと言って騒ぎ始める中、ホームズは、ガブリエルの夫の指輪が緑色に変色していたことや、カナリヤが白く脱色されていたことなどから、塩素が死に関連していることを突き止める。

8つの古城を調べたホームズらは、修復中の城に大量のカナリヤ硫酸が運び込まれるのを目撃する。

ネス湖の水上からも、城を偵察していたホームズらは、現れた怪物に驚き水中に転落してしまう。

危うく難を逃れたホームズらは、怪物が城の中に消えて行くのを目撃する。

ホテルに帰ったホームズは、怪物が機械仕掛けであり、ガブリエルの夫が作ったポンプを利用して動いていると推理する。

さらにホームズは、マイクロフトらのクラブ”ディオゲネス”が絡んでいることを察知する。

そしてホームズは、ガブリエルの夫が勤めていた会社の名前と同じ、”ヨナ”が主催するパーティーに招待される。

そこでホームズは兄マイクロフトに迎えられ、4カ国が潜水艦の開発競争を行う中、ガブリエルの夫の空気ポンプで、イギリスが一歩リードしたことを知らされる。

しかし、事故が起き、ガブリエルの夫と軽業師2名が命を落としたのだった。

そしてマイクロフトは、ガブリエルが、ドイツ帝国のスパイ、イルゼ・ホフマンシュタールであることをホームズに伝える。

さらにマイクロフトは、ホームズがライバル国のために働いていたと指摘し、夫人は既にベルギーで殺されていることを伝える。

その後マイクロフトは、ヴィクトリア女王(モリー・モーリン)を迎え、彼女に科学者や技術者、そしてホームズを紹介する。

マイクロフトは、怪物の頭部を付け、小柄な軽業師が乗り込む潜水艦”ヨナ”の内部を女王に見せる。

しかし女王は、潜水艦が軍艦だと知り、卑劣な方法で敵を攻撃する目的であることを知った彼女は、潜水艦の廃棄を命ずる。

潜水艦を、ドイツ側に渡してしまうことを考えたマイクロフトは、それをホームズに任せる。

ホテルに戻り、イルゼが、仲間に傘で合図を送っていたことを知ったホームズは、僧侶に扮した彼女の仲間に合図を送る。

潜水艦は細工が施されて沈没し、イルゼはホームズの考えで、マイクロフトらによってイギリスの諜報員と交換されることになる。

ロンドンに戻り、ホームズはマイクロフトから、イルゼが日本での諜報活動中に殺されたという連絡を受ける。

そして、ホームズは、麻薬の瓶を手にして部屋に閉じ篭る。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

興味深い事件捜査もなく、平凡な日々を過ごしていた名探偵シャーロック・ホームズの元に、ある日、夫の行方を捜している謎の女性ガブリエルが現れる。
ガブリエルの身辺を調べたホームズと助手のワトソン医師は、手掛りがスコットランドにあることに気づく。
ホームズは兄マイクロフトから、国防に関る事件から手を引くよう言われ、それがヴィクトリア女王の命令でもあると警告される。
しかし、ホームズ、ワトソン、ガブリエルは、スコットランドインヴァネスに手掛りを求めて向かい、マイクロフトが口にしていた墓地に向かう。
ホームズらはガブリエルの夫の遺体と共に、脱色された白いカナリヤを確認し、”ネス湖”のホテルに向かう。
ワトソンが、湖の怪物を目撃したと騒ぐ中でホームズは、ガブリエル夫の死が、塩素に関連していると考える。
そして、調査の結果、大量のカナリヤ硫酸が運び込まれているのを目撃したホームズらの前に、”ネス湖”の怪物が現れる・・・。
__________

当時としては桁外れの製作費1000万ドルをかけた超大作でもある。

ビリー・ワイルダー製作、監督、黄金コンビのI・A・L・ダイアモンドとの脚本も衰えを見せない痛快コメディではあるが、名探偵でありながら、麻薬に手を出したりする、完全無欠な人格者ではないホームズの人間性なども、ビリー・ワイルダーはきっちりと描き、ラストも哀愁漂う雰囲気で終わっている。

随所に登場するエピソードや人物描写など、2009年の「シャーロック・ホームズ」でも、旧作を髣髴させる場面が登場する。

また、ビリー・ワイルダーは、コメディとしては異例の3時間を越す長尺上映を予定したが、それが叶わずに2時間強に短縮されてしまった、曰く付きの作品でもある。

ネス湖の怪物ネッシーの伝説を、物語りに登場させているのがポイントで、これは、古くは6世紀頃から言い伝えられてはいる。
またネッシーが頻繁に目撃され始めたのは1933年頃からで、そうだとすると、19世紀末の物語の設定と時代背景が合わない。
その辺りは深く考えずに、怪物伝説と”最新鋭潜水艦”を融合させたアイデアは実に興味深い。

格調高き映画音楽を多く手がけたミクロス・ローザは、今回はドラマにマッチした、楽しい曲を提供している。

感情をあまり表に出さず飄々と事件捜査を続ける主人公ホームズを演ずるロバート・スティーブンス、見方によっては主演を食っている、絶妙のボケが見事なワトソン役コリン・ブレークリー、妖艶な雰囲気で謎の女性スパイを演ずるジュヌヴィエーヴ・パージュ、圧倒的存在感でドラマにアクセントを加える、現在でも活躍を続けるホームズの兄役クリストファー・リー、愉快な下宿の主人ハドソン夫人アイリーン・ハンドルヴィクトリア女王モリー・モーリン、墓堀り人スタンリー・ホロウェイ、バレエ団のクライヴ・レヴィル、プリマドンナのタマーラ・トゥマーノワなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター