プロフェッショナル The Professionals (1966) 4.67/5 (3)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

メキシコの革命家に誘拐された富豪の妻救出のため雇われた、特技を持つプロ達の戦いを描く、製作、監督リチャード・ブルックス、主演バート・ランカスターリー・マーヴィンロバート・ライアンジャック・パランスクラウディア・カルディナーレラルフ・ベラミーウッディ・ストロード共演のアクション・ウエスタン。


西部劇


スタッフ キャスト ■

監督:リチャード・ブルックス
製作:リチャード・ブルックス

原作:フランク・オルーク
脚本:リチャード・ブルックス
撮影:コンラッド・ホール
編集:ピーター・ツィナー

音楽:モーリス・ジャール

出演
バート・ランカスター:ビル・ドルワース
リー・マーヴィン:ヘンリー”リコ”ファーダン
ロバート・ライアン:ハンス・アーレンガー
ジャック・パランス:ジーザス・ラザ
クラウディア・カルディナーレ:マリア・グラント
ラルフ・ベラミー:ジョー・グラント
ウッディ・ストロード:ジェイコブ・シャープ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1966年製作 118分
公開
北米:1966年11月2日
日本:1966年12月1日


アカデミー賞 ■

第39回アカデミー賞
・ノミネート
監督・脚色・撮影賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1917年、メキシコ
革命家の活動が激しくなるこの地で、資産家のジョー・グラント(ラルフ・ベラミー)の妻マリア(クラウディア・カルディナーレ)が、革命家ジーザス・ラザ(ジャック・パランス)一味に誘拐され、身代金10万ドルを要求されていた。

グラントは妻の救出に、それぞれ特技を持つ男達を雇う。

リーダー格のヘンリー”リコ”ファーダン(リー・マーヴィン)は銃器のプロ、ハンス・アーレンガー(ロバート・ライアン)は馬の専門家、ジェイコブ・シャープ(ウッディ・ストロード)は地理に明るくライフルと弓の名手だった。

グラントは一人に1000ドル、成功したらさらに9000ドルの報酬を約束する。

ファーダンは、ラザが勇敢な革命家だということを知るため、グラントに身代金を払うよう提案する。

しかし、身代金を払ってもマリアの命の保障がないないことを、グラントはファーダンに伝える。

グラントが、ラザを毛嫌いすることに疑問も持つファーダンは、不可能に近い計画に気乗りしないが、もう一人の男、爆薬の専門家ビル・ドルワース(バート・ランカスター)を仲間に入れることでそれに同意する。

刑務所にいたドルワースを、700ドルの保釈金で出所させたファーダン達は、メキシコに向かう。

ラザの手下らしき足跡を見つけたファーダンは、シャープを斥候に出し、現れた10人のメキシコ人を始末する。

昼間は灼熱地獄、夜は凍てつく寒さの厳しい環境に慣れながら、ドルワースが偵察で先行して一行は先を急ぐ。

後続に危険を知らせたドルワースは、メキシコ人に捕らえられるが、追いついたファーダンらが敵を倒し彼を救い出だす。

谷間にダイナマイトを仕掛けた4人は、逃亡時に敵を迎え撃つ準備を始める。

そして一行は、ラザ一味が残虐な方法で列車を奪うのを目撃し、彼らの砦に到着する。

砦にマリアがいることを確認した4人は、政府軍が攻めてくると思い込んでいるラザを、陽動作戦で混乱させようとする。

成功する見込みのない不安を、ドルワースはファーダンに伝えるが、彼は爆破のタイミングで計画の成否が決まることをドルワースに告げる。

始末した10人のことを知られたファーダンは、警戒をするラザの部下の偵察をかわし、いよいよその夜、計画を実行に移す。

アーレンガーを隠れ家の列車に残し、ファーダンら3人は砦に侵入して、ドルワースが給水塔に爆薬を仕掛け、シャープはダイナマイトを括り付けた弓矢を準備する。

しかし、爆破寸前で、ラザがマリアの部屋に入ったため、ファーダンがラザを殴り倒し、その瞬間に給水塔が爆破される。

シャープの弓が砦内を爆破して、その場が大混乱となる中、ドルワースはラザを射殺しようとするが、マリアがそれを制止する。

ドルワースとファーダンはそれに驚くが、彼女を連れて砦を脱出する。

しかし、アーレンガーの待つ列車は、ラザの手下に奪われていた。

アーレンガーは機転を利かして味方に危険を知らせ、マリアを人質にとった4人は、列車を奪い逃亡する。

ラザはそれを追うが、列車を奪い返した時には既に5人は姿を消していた。

逃亡途中マリアは、これは誘拐ではなく、ラザと一緒に育った自分が、父の遺言で、無理矢理グラントと結婚させられたことを告白する。

グラントとの契約があるファーダンは、彼女の話を無視するが、マリアは馬を奪い逃げようとする。

ドルワースが、谷間に仕掛けた爆薬を爆破させ、近づいていたラザの行く手を阻みマリアも連れ戻される。

マリアは、何度となくラザの元に帰ることを望み、ラザと同志でもあったドルワースは心が動く。

ファーダンは、マリアをグラントに渡す考えを変えずに、ラザ一味が迫ったのを知りつつ国境に向かう。

ラザを迎え撃ち時間を稼ぐために、残ろうとしたファーダンだったが、ドルワースが残ることになり一行は先を急ぐ。

一人でラザの手下を倒したドルワースは、ラザに傷を負わせてその場に留まり、ファーダンらが逃げ延びるための時間を稼ぐ。

ファーダンらは、グラントとの待ち合わせ場所に到着し、負傷したラザを連れたドルワースも一行に追いつく。

グラントも到着して、ラザを見つけて殺そうとするが、ドルワースはそれを制止し、ファーダンがグラントに銃を向ける。

強引にマリアを取り戻そうとするグラントから、ファーダンはマリアを引き離す。

ファーダンは、マリアを誘拐したのはグラントだと言い放ち、ラザとマリアを馬車に乗せて逃がす。

そして、仕事をやり遂げた4人は、報奨金の1万ドルを放棄して、ラザとマリアの後を追っていく。


解説 評価 感想 ■

1964年に発表された、フランク・オルークの小説”A Mule for the Marquesa”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

1917年、メキシコ
革命家の活動が激しくなる頃、資産家グラントの妻マリアが、革命家ラザ一味に誘拐されて、身代金10万ドルを要求される。
グラントは、銃器のプロでリーダー格ヘンリー”リコ”ファーダン、馬の専門家アーレンガー、地理に明るくライフルと弓の名手シャープら、特技を持つ男達を雇い、マリアを救出するため、一人に1万ドルの報酬を約束する。
ラザをよく知るファーダンは、グラントに身代金を払うよう提案するが、マリアの命の保障はなかった。
ファーダンは、グラントがラザを嫌うことに疑問も持つが、不可能に近い計画に気乗りしない。
しかし、爆薬の専門家ビル・ドルワースを仲間に入れることでファーダンはそれに同意し、彼らはメキシコに向かうのだが・・・。
__________

銃や馬、ダイナマイトに弓などのプロ達が、人質救出に向かうという、見せ場満載の内容に男のロマン感じ、正統派西部劇ではないが、十分に楽しめる痛快娯楽作品。

190cmを超す、長身の男達を見ているだけで迫力満点だが、ダイナマイトの爆破シーンや派手な銃撃戦などを効果的に使った、一級のアクション映画。

バート・ランカスターは188cm

第39回アカデミー賞では、監督、脚色、撮影賞(カラー)にノミネートされた。
監督リチャード・ブルックスのノミネートは、この手の作品にしては珍しい。

モーリス・ジャールの、軽快な音楽も印象的だ。

図太い声で、統率力のあるリーダーを演ずるリー・マーヴィンと、バート・ランカスターのひょうきんなキャラクターも魅力的だ。

ユーモアのセンスもあるバート・ランカスターの役柄と、かなりニヒルなリー・マーヴィンとが、入替わった配役でも面白かったかもしれない。

メキシコの革命家がはまり役のジャック・パランスは、悪役という設定だが、人格者や紳士の雰囲気があるラルフ・ベラミーが、実は傲慢な人物だったお陰で、”善人”として描かれているラストもなかなかいい。

馬の専門家ということで、人は撃てるが馬は撃てないという、やや頼りないロバート・ライアンは、彼にしては地味な役柄だった。

ジョン・フォードに可愛がられたウッディ・ストロードの、長身(194cm)でバランスのとれた逞しい肉体は、いつ見ても惚れ惚れする。

男臭いストーリーに華をそえる、クラウディア・カルディナーレの魅力も際立つ。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター