パージ:大統領令 The Purge: Election Year (2016) 3.53/5 (30)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

スリラー映画「パージ」シリーズの第三作。
大統領選最中に行われる、1年に一度だけ、あらゆる犯罪が合法になる“パージ”支持派と反対派との対立を描く、監督、脚本ジェームズ・デモナコ、主演フランク・グリロエリザベス・ミッチェルミケルティ・ウィリアムソン他共演のスリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・デモナコ

製作
ジェイソン・ブラム
マイケル・ベイ
アンドリュー・フォーム
ブラッドリー・フラー
セマスチャン・K・ルメルシエ
脚本:ジェームズ・デモナコ
撮影:ジャック・ジューフレ
編集:トッド・E・ミラー
音楽:ネイサン・ホワイトヘッド

出演
レオ・バーンズ:フランク・グリロ
チャーリー・ローン上院議員:エリザベス・ミッチェル
ジョー・ディクソン:ミケルティ・ウィリアムソン
マルコス・ダリ:ジョセフ・ジュリアン・ソリア
レイニー・ラッカー:ベッティ・ガブリエル
アール・ダンジンガー:テリー・セルピコ
ケイレブ・ワレンズ:レイモンド・J・バリー
ダンテ・ビショップ:エドウィン・ホッジ
エドウィッジ・オーウェンズ:カイル・セコー
ドーン:ライザ・コロン・ザヤス
トミー・ローズランド:デヴィッド・アーロン・ベイカー
ハーモン・ジェームズ:クリストファー・ジェームズ・ベイカー
チーフ・クーパー:エイーサン・フィリップス

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2016年製作 109分
公開
北米:2016年7月1日
日本:2017年4月14日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $79,213,380
世界 $118,587,900


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1年に一度だけ、あらゆる犯罪が合法になる“パージ”の夜に、一人だけが生き残る”ママの選択”というパージのゲームにより、チャーリー・ローンの家族は惨殺される。

ワシントンD.C.
18年後、パージの2日前。
パージを推進するケイレブ・ワレンズ(レイモンド・J・バリー)率いる”NFFA”は、エドウィッジ・オーウェンズ牧師(カイル・セコー)を大統領候補として擁立していた。

パージ反対派のリーダー、ダンテ・ビショップ(エドウィン・ホッジ)は、貧困層を減らすための殺人を公認するNFFAを非難する。

オーウェンズは、18年前のパージで目の前で家族を惨殺されたため、その廃止を訴える対抗馬の上院議員チャーリー・ローン(エリザベス・ミッチェル)との選挙で苦戦していた。

選挙戦の報告を受けたワレンズは、今年のパージでは、反対派を排除するために手段を選ぶなと命ずる。

公開ディベートでオーウェンズと激しい論戦を繰り広げるローンの警護を担当する元警官のレオ・バーンズ(フランク・グリロ)は、会場を見回り警戒する。

それをテレビで見ていた食料品店を経営するジョー・ディクソン(ミケルティ・ウィリアムソン)は、ローンは勝てないと言う、その場にいた救急救命士のレイニー・ラッカー(ベッティ・ガブリエル)に反論する店員マルコス・ダリ(ジョセフ・ジュリアン・ソリア)の意見を聞く。

希望を持つのもほどほどにした方がいいとマルコスに伝えたジョーは、この世の中がよくなるとは思っていなかった。

3月20日、パージまで1日。
NFFAの広報官トミー・ローズランド(デヴィッド・アーロン・ベイカー)は、10等級の政府職員もパージの対象になることを発表する。

富裕層のようにシェルターに避難することを拒むローンは、国民の支持を得るために自宅に残ることをバーンズに伝えて、万全の警備を求める。

パージを翌日に控え、世界各国からパージに参加しようとする若者が入国する。

商品にいたずらをして万引きしようとした女子高生のキミーら3人を注意したジョーだったが、彼女らは反抗する。

そこに現れたレイニーが有名な元ギャングだと知っていたキミーは、万引きしたチョコバーを返すように言われて、仕方なく彼女の指示に従う。

感謝するジョーは、更生させたことで自分を家族と考えてくれるレイニーの気持ちを嬉しく思う。

パージが近づく中、バーンズは、ローンの自宅をガードする準備を始める。

混乱が起こることを理由に、保険会社からパージの保険料を上げるという連絡を受けたジョーは苛立つ。

数千ドルを明日までに払わなければ補償されないことを、ジョーはレイニーとマルコスに伝える。

店は自分の全てだと言うジョーは、自衛するしかないと考える。

パージの夜、開始まで12分。
バーンズら警護官は、ローンの自宅と周辺を監視して警戒する。

ジョーは、店の建物の屋上で武器を用意して見張り、レイニーは救護車で迎えに来たドーン(ライザ・コロン・ザヤス)と共に街を見回ろうとする。

12時間部屋を出ないようにとローンに伝えたバーンズは、家の窓をシャッターで封鎖する。

パージは始まり、バーンズを部屋に呼んだローンは、警護官になった理由を訊く。

数年前に息子を殺されたバーンズは復讐を考えたものの、こんな夜は消し去りたいと思うようになったことを話す。

家族を殺されたローンも同じ思いなのだが、自分の無謀なやり方に意見するバーンズに、まともな方法では勝てないと伝える。

現れたマルコスが一緒に見張ると言うため、家で隠れていろと伝えたジョーは、武装したキミーらが来たことに気づく。

ジョーとマルコスに発砲されたキミーは、一旦、引き揚げる。

NFFA側のスパイだった警護官のチーフ・クーパー(エイーサン・フィリップス)とエリックは、準備ができたことを連絡し、アール・ダンジンガー(テリー・セルピコ)をリーダーとした武装チームがローンの自宅に迫る。

入り口を見張る警護官を射殺したダンジンガーらを、エリックが家に入れる。

監視カメラの映像がおかしいことに気づき、狙撃手などが殺害されていることを知ったバーンズは、ローンの元に向かう。

暗殺者が来ることをローンに伝えて防弾チョッキを着させたバーンズは、床に隠されたドアから下の部屋に向かい、建物の外に出て二人の敵を殺す。

床の脱出口を見つけたダンジンガーは、それを部下に伝え、気づかれたバーンズは銃弾を受けながら反撃する。

家の中のパソコンに仕掛けられた爆弾を、携帯電話で操作して爆発させたバーンズは、ローンと共にその場から逃げる。

屋上のジョーとマルコスに声をかけたレイニーは、街の様子を伝える。

オーウェンズに買収された裏切り者がいたことをローンに伝えたバーンズは、自分に従うようにと言ってローンと共に街に向かう。

ドローンを撃ち落とし、襲い掛かってきた者を殺したバーンズとローンだったが、パージのために入国した外国人に捕らえられる。

それに気づいたジョーとマルコスは、外国人を射殺してバーンズとローンを助ける。

店に連れて行かれたローンはジョーに感謝し、マルコスを紹介される。

内部を調べたバーンズの傷の手当てをするマルコスは、出身地がメキシコであることや犯罪歴を訊かれる。

防犯カメラの映像で、キミーが仲間を引き連れて再び現れたことを知ったジョーは、レイニーを呼ぶ。

店のシャッターを壊して押し入ろうとするキミーらだったが、現れたレイニーは、彼女らを容赦なく殺す。

バーンズらはレイニーの車でその場を離れようとするが、ジョーは店を守ると言い張る。

一緒に店を建て直すことを約束するマルコスに説得されたジョーは、レイニーの車に乗る。

その頃ダンジンガーは、ヘリコプターでローンを捜す。

レイニーから政治家のやることを批判されたローンは、ジョーが、7年前にメキシコ人のマルコスを雇い、レイニーを更生させた恩人であることを知る。

ローンはレイニーから、殺戮が繰り返される中で、トリアージは襲わないという暗黙のルールがあると言われる。

上空のヘリからの攻撃を受けたバーンズは、フリーウェイの高架橋の下に入るよう指示する。

なぜ居場所が敵に知られたかを考えたバーンズは、肩に撃ち込まれたのが追跡弾だと気づき、それを摘出する。

凶暴そうな男達が近づき、仕方なくドアを開けたジョーは、何もする気はない彼らから、傷ついた仲間を助けてほしいと言われる。

バーンズは、その代わりにあることを男達に頼む。

その後、地上班は追跡弾を見つけるものの男達に襲われ、ダンジンガーはそれに気づく。

追跡を逃れたバーンズらはトリアージ・センターに向かい、ローンは、その場にいたダンテに迎えられ、彼が作った組織の説明を受ける。

バーンズは、警備体制などをダンテに確認する。

パージを利用した作戦についてをローンから訊かれたダンテは、同意できないと言われ、当選してこの夜を廃止するようにと伝える。

地上班が殺されたことを確認したダンジンガーは、街の監視カメラで救護車を見つけるよう指示する。

バーンズは傷の治療を受け、ジョーは店に戻ろうとする。

施設内を見回ったバーンズは、ある計画が進められている司令部の部屋を見つける。

バーンズは騒ぎを起こし、ローンは、ダンテらのオーウェンズ暗殺計画を知る。

ローンは、開かれるミサの最中にオーウェンズを殺せば殉教者となると考える。

ジョーを店に送るレイニーからの連絡で、NFFA側がパージ反対者の一掃を始めたことを知ったバーンズは、彼女に落ち合う場所を伝える。

施設の外に出たバーンズとローンは、レイニーの車に乗るものの追突される。

ローンを連れ去った車が教会に行くことを確信するバーンズらは、その場に向かう。

教会に着いたダンジンガーは、捕えたローンをミサの儀式の生贄にする準備をするため、NFFAの信者ハーモン・ジェームズ(クリストファー・ジェームズ・ベイカー)の元に連れて行く。

ミサは始まり、オーウェンズは、”パージで身を清めよ”と唱える。

ダンテの元に向かったバーンズは、暗殺計画ではなく救出作戦を始めることを伝える。

神に捧げられる麻薬常習者ローレンスが、ローンの目の前でハーモンの手で殺され、それを見守るワレンズら聖堂内の人々は、オーウェンズと共に興奮する。

オーウェンズはローンを紹介し、ワレンズらを祭壇に挙げる。

教会に侵入したバーンズらは見張りを次々と倒し、ローンを殺そうとするワレンズをマルコスが射殺する。

銃撃戦が始まり、ローンを救出したバーンズらは、ダンテと共にその場から離れる。

ローンは、逃げたオーウェンズを殺そうとするダンテを説得しする。

オーウェンズを殺さずに捕えたダンテは、必ず選挙に勝つようにとローンに伝える。

儀式の生贄にしようとしていた人々を見つけたローンはオーウェンズを罵倒し、バーンズは彼を痛めつける。

駐車場に向かったダンテらは、ダンジンガーらと銃撃戦になる。

ダンテは死亡し、ダンジンガーと格闘になったバーンズは相手を倒す。

拘束されている人々を解放したローンらだったが、ショットガンを持ったハーモンに襲われる。

ローンを守ろうとしたジョーは、銃弾を受けながらもジェームズを射殺する。

ローンとバーンズに後を任せたジョーは、レイニーとマルコスに見守られながら息を引き取る。

5月26日、パージから2か月後。
ジョーとの約束を果たすために店を修復していたマルコスは、選挙でローンが勝利したことをレイニーと確認する。

しかし、選挙の大敗に激怒したNFFA支持者が、各地で暴動を起こしているという報道が流れる。


解説 評価 感想

参考:
・「パージ」(2013)
・「パージ:アナーキー」(2014)
・「パージ:大統領令」(2016)

*(簡略ストー リー)
ワシントンD.C.
1年に一度だけ、あらゆる犯罪が合法になる“パージ”により、18年前に家族を惨殺されたローン上院議員は、パージ推進派”NFFA”が擁立する候補オーウェンズとの激しい大統領選を繰り広げていた。
ローンの警護を担当する元警官のレオ・バーンズは、NFFAの標的となっているローンを守るために、警戒しながらパージの夜を迎える。
パージは始まり、食品店を経営するジョーは、店員のマルコスと共に店を守ろうとする。
NFFAのスパイによる妨害工作でローンの自宅は襲われ、バーンズは彼女と共にその場から脱出する。
その後、パージを楽しむために入国した外国人に捕らえられたバーンズとローンだったが、ジョーとマルコスに助けられる。
ジョーらの協力を得たバーンズとローンは、パージの夜を乗り切る手段を考えるものの、NFFAの魔の手が迫る・・・。
__________

前二作に引き続き、ジェームズ・デモナコが監督と脚本を担当した作品であり、主演は、前作「パージ:アナーキー」(2014)で、息子の復讐のためにパージに参加する巡査部長を演じたフランク・グリロが、大統領候補である上院議員の警護官役を務めている。

低予算ながら予想以上のヒットとなりシリーズ化された第三作で、増えたとは言え、それでも1000万ドルで製作された本作も、北米興行収入は約7900万ドル、全世界では約1億1900万ドルのヒットとなり、その人気を維持した。

合法的殺人制度”パージ”から逃れる人々のサバイバル方法を描く作品ではなく、その制度を廃止するための、政治家と市民による抵抗運動と戦いがテーマとなっている。

結局は”パージ”廃止派が大統領選に勝利する物語なのだが、それに反発するNFFA支持者の暴動が起きているという報道で終わるため、既に続編の製作は発表されていいる。
再びパージが復活するかは微妙で、その制度が成立した前日譚になる可能性もある。

脇役として多くの作品で印象的な役柄を演ずるフランク・グリロのファンは多いはずで、息子をパージで殺された過去を持つ上院議員の警護官を、雰囲気ある演技で熱演している。

NFFAの標的となる大統領候補の上院議員エリザベス・ミッチェル、食料品店を経営し勇敢に戦うミケルティ・ウィリアムソン、彼を慕う店員のジョセフ・ジュリアン・ソリア、同じくジョー(ミケルティ・ウィリアムソン)が自分を更生させてくれたことに感謝する救急救命士のベッティ・ガブリエル上院議員を追うNFFA特殊部隊員リーダーのテリー・セルピコ、NFFAのリーダー、レイモンド・J・バリー、パージ反対派のリーダー、エドウィン・ホッジ、NFFA側の大統領候補である牧師のカイル・セコー、救急救命士のライザ・コロン・ザヤス、NFFAの広報官デヴィッド・アーロン・ベイカー、NFFAの儀式に参加する信者クリストファー・ジェームズ・ベイカー、上院議員を裏切る護衛官のエイーサン・フィリップスなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター