幸せのちから The Pursuit of Happyness (2006) 3.5/5 (2)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ホームレスから自ら証券会社を立ち上げて成功した実在の実業家クリス・ガードナーの苦難の日々を描く、監督ガブリエレ・ムッチーノ、製作、主演ウィル・スミスタンディ・ニュートンジェイデン・スミス他共演のドラマ。


ドラマ(家族愛)


スタッフ キャスト ■

監督:ガブリエレ・ムッチーノ
製作総指揮
デヴィッド・アルパー他
製作
ウィル・スミス
トッド・ブラック
脚本:スティーヴン・コンラッド
撮影:フェドン・パパマイケル
編集:ヒューズ・ウィンボーン
音楽:アンドレア・グエラ

出演
ウィル・スミスクリストファー”クリス”・P・ガードナー
タンディ・ニュートン:リンダ・ガードナー
ジェイデン・スミス:クリストファー・ガードナーJr.
ブライアン・ホウ:ジェイ・トゥイッスル
ダン・カステラネタ:アラン・フレイケシュ
ジェームズ・カレン:マーティン・フローム
カート・フラー:ウォルター・リボン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2006年製作 117分
公開
北米:2006年12月15日
日本:2007年1月27日
製作費 $55,000,000
北米興行収入 $162,586,036
世界 $304,850,102


アカデミー賞 ■

第79回アカデミー賞
・ノミネート
主演男優賞(ウィル・スミス)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1981年、サンフランシスコ
クリストファー”クリス”・P・ガードナー(ウィル・スミス)は、高額医療機器(骨粗鬆症のスキャン)の販売事業に投資して、機器を大量に仕入れ売り歩いていた。

しかし、高額な機器はなかなか売れず、クリスの妻リンダ(タンディ・ニュートン)と共稼ぎでの生活は苦しく、5歳の息子クリストファー(ジェイデン・スミス)の保育料や家賃にも困る状態が続いていた。

ある日クリスは、証券会社の前を通りがかった際に、周りの人々が皆幸せそうな表情をしていることに興味を持ち自分との違いを実感する。

フェラーリから降りてきたブローカーに、成功の秘訣は”数字と人に強いこと”と言われたクリスは、子供時代に算数が得意だったことから、証券会社での職探しを考える。

それをリンダに伝えたクリスは、彼女にそれを笑われながらも、ブローカー研修生になる申請書を提出しようとする。

クリスは、体裁が悪いために、機器をストリート・シンガーの女性に預けて書類を受け取る。

しかし、機器は女性に持ち去られてしまい、研修生からの採用が狭き門と知ったクリスは落胆する。

翌日、気を取り戻したクリスは、クリストファーを託児所に預け、”ディーン・ウィッター・レイノルズ”に向かい、人事部長のジェイ・トゥイッスル(ブライアン・ホウ)に申請書を渡す。

その後、盗まれた機器を取り戻したクリスだったが、リンダは、息子を思う気持ちとはいえ、夢ばかり追い続ける夫に愛想を尽かす。

申請書を出して1カ月が経ち、クリスは証券会社の前で出かけようとするトゥイッスルを捉まえる。

同じ方向に向うと言って、タクシーに相乗りしたクリスは、トゥイッスルが夢中になっていた”ルービックキューブ”をその場で全面クリアして彼を驚かす。

トゥイッスルはそれに感心して車を降りてしまうが、タクシー代を払えないクリスは、信号待ちの間にその場から逃げ出してしまう。

ドライバーに追われたクリスは地下鉄に乗るが、ドアが閉まり機器を落としてしまう。

その後、リンダに電話したクリスだったが、約束の時間にも帰宅しない夫を見限った彼女は家を出て行く。

ようやく帰宅したクリスは、誰もいなくなった部屋で絶望するが、幸運にも彼を気に入ったトゥイッスルから、面接するための連絡を受ける。

翌日、リンダを捉まえ、クリストファーは自分が面倒を見ると言張ったクリスだったが、家賃を払わず1週間以内の立ち退きを命ぜられる。

さらにクリスは、駐車違反の罰金の滞納で警察に呼び出され、一晩拘留されることになる。

クリスは、仕方なく、リンダにクリストファーの世話を頼み、面接の朝を向え、部屋のペンキ塗りをしていたそのままの姿で証券会社に向う。

トゥイッスルと上司マーティン・フローム(ジェームズ・カレン)の前でクリスは、奇異な目で自分を見る二人に対し、ペンキ塗りをしていた時に警察に呼び出され、拘留されたことを正直に話す。

自分をできる限りアピールし、研修生になることを許されたクリスだったが、その半年間は手当も雇用保証もないことを知り、答えを保留して帰宅する。

クリストファーを連れて来たリンダは、ニューヨークの姉を頼って暮らすことをクリスに告げ立ち去る。

これ以上ない、不幸な自分の人生を考えながらも、クリスは研修生になることを決める。

その後、モーテルに越したクリスは、クイリストファーを連れて機器のセールスを続けながら研修の初日を迎える。

20人の内のトップしか採用されない厳しい条件の中、講師アラン・フレイケシュ(ダン・カステラネタ)の下で、他人よりも時間に余裕のないクリスは、効率的に仕事をこなしていく。

なかなか成果が得られないクリスは、リストのトップにあった年金基金のCEO、ウォルター・リボン(カート・フラー)に連絡をしてみると、なんとアポを取ることができる。

しかし、クリスはフレーケシュの車を移動させるよう指示されてしまい、リボンとの約束に遅れ、駐車違反のキップを切られてしまう。

クリスは、週末にクリストファーを連れて機器を売り歩き、そのついでにリボンの家に立ち寄り、時間に遅れたことを謝罪する。

リボンは律儀なクリスを気に入り、”フォーティナイナーズ”の試合に彼とクリストファーを招待する。

クリスはリボンや彼の親友に好印象を与え、その後、彼は4ヶ月かけて機器を完売する。

ようやくまともな生活を送り始めたかに見えたクリスだったが、”IRS”(アメリカ合衆国内国歳入庁)からの通達で、滞納している税金を強制徴収され、口座に21ドル33セントしか残金がなくなってしまう。

窮地に立たされたクリスは、地下鉄で落とした機器を持っていたホームレスを見かけてそれを取り戻す。

それを売ろうとしたクリスだったが、機械の不調で売ることができず、さらにモーテルの代金を払えず追い出され、ついにホームレス状態になってしまう。

ショックと惨めさに耐えながら、クリスはクリストファーと共に地下鉄のトイレで夜を過ごす。

寝る場所を求め、”グライド・メモリアル・チャーチ”に向かい、クリスはクリストファーはシェルターで何とかベッドを確保する。

そして、研修の試験を終えたクリスは、献血で得た金で機器の部品を手に入れて修理し、ようやくそれを販売することができる。

全ては息子クリストファーのためと奮起するクリスは、仕事には結びつかなかった、顧客候補達に徐々に認められて研修生として会社に貢献していく。

それをトゥイッスルに賞賛されたクリスは、全てをやり尽くしフレイケシュに呼ばれる。

トゥイッスルやフロームらに迎えられたクリスは、努力が報われて難関を突破し、そして採用を言い渡される。

涙しながら幹部達に感謝するクリスは、息子クリストファーの元へ向かう。
__________

ディーン・ウィッター・レイノルズ”で実績を上げたクリスは、1987年に”ガードナー・リッチ”を設立した。

2006年、同社はマイノリティ投資で数百万ドルもの利益を上げた。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

1981年、サンフランシスコ
クリス・ガードナーは、高額医療機器の販売事業に投資し、機器を大量に仕入れ売り歩いていた。
しかし、高額な機器はなかなか売れないまま、妻リンダと共稼ぎのクリスの生活は苦しかった。
ある日クリスは、証券会社の周りの人々が、皆幸せそうな表情をしていることに興味を持ち研修生になる決意をする。
しかし妻リンダは、5歳息子クリストファーのためとはいえ、夢ばかり追い続ける夫に愛想を尽かして家を出て行く。
クリスは、会社の幹部トゥイッスルに気に入られて面接を受けることになるが、その前日に、駐車違反の罰金滞納で、警察に拘留されてしまう。
警察から面接に直行したクリスは、なんとか研修生として迎えられる。
しかし、手当てはでず、医療機器を売りさばきながらのクリスは、税金の滞納で破産寸前となり、住む場所も失いついにホームレスになってしまう・・・。
__________

個人的には、ウィル・スミスがどうも好きになれなかったのだが、実力を伴う才能を発揮する彼を認めた作品として、その熱演を大いに評価する。

ウィル・スミスは、ハリウッドを代表するドル箱スターとなったが、本作でもそれを証明して、北米では約1億6300万ドル、全世界では3億ドルを超す大ヒットとなった。

さらに、第79回アカデミー賞で彼は、主演男優賞にノミネートされた。

製作にも参加したウィル・スミスは、実の息子であるジェイデンを起用し、監督ガブリエレ・ムッチーノは、家族愛を絡めた見応えある人間ドラマに仕上げている。

結末は、知る人ぞ知るという物語なのだが、ようやく掴める幸せに、主人公と共に涙した方は多いはずだ。

主人公の妻タンディ・ニュートン、結果的に主人公を成功に導く、証券会社の人事部長役のブライアン・ホウ、研修の講師ダン・カステラネタ、会社幹部ジェームズ・カレン、年金基金CEOなどが共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター