静かなる男 The Quiet Man (1952) 5/5 (34)


■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

闘いに疲れた元ボクサーが平穏な生活を求め訪れた故郷アイルランドの片田舎で、一目惚れした女性への愛を手に入れるため再び戦わなければならない苦悩を描く、製作を兼ねたジョン・フォードが4度目のアカデミー監督賞を受賞した、主演ジョン・ウェインモーリン・オハラヴィクター・マクラグレンウォード・ボンドバリー・フィッツジェラルド他共演による秀作ドラマ。


ドラマ(ロマンス)

ジョン・フォード / John Ford 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧


スタッフ キャスト ■

監督:ジョン・フォード
製作
メリアン・C・クーパー
ジョン・フォード
原作:モーリス・ウォルシュ
脚本:フランク・S・ニュージェント

撮影:ウィントン・C・ホック
編集:ジャック・マレー
美術・装置
フランク・ホタリング

ジョン・マッカーシーJr.
チャールズ・S・トンプソン
音楽:ヴィクター・ヤング

出演
ジョン・ウェイン:ショーン・ソーントン
モーリン・オハラ:メアリー・ケイト・ダナハー
ヴィクター・マクラグレン:”レッド”ウィル・ダナハー
ウォード・ボンド:ピーター・ロネガン神父
バリー・フィッツジェラルド:ミケリーン・オグ・フリン
アーサー・シールズ:シリル・プレイフェア牧師
アイリーン・クロウ:エリザベス・プレイフェア
フランシス・フォード:ダン・トビン
ミルドレッド・ナトウィック:サラ・ティラン
チャールズ・B・フィッツシモンズ:ヒュー・フォーブス
ジェームズ・フィッツシモンズ:ポール神父
ショーン・マクローリー:オーウェン・グリン
ケン・カーティス:ダーモット・フェイ
ジャック・マックゴーラン:イグナティウス・フィーニー
メエ・マーシュ:ポール神父の母
マイケル・ウェイン:レース場の少年
パトリック・ウェイン:レース場の少年

アメリカ 映画
配給 Republic Pictures
1952年製作 129分
公開
北米:1952年8月14日
日本:1953年3月12日
製作費 $1,750,000


アカデミー賞 ■

第25回アカデミー賞
受賞
監督・撮影賞(カラー)
ノミネート
作品
助演男優(ヴィクター・マクラグレン)
脚本・美術(カラー)賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1920年代、アイルランド
アメリカのピッツバーグからやって来たショーン・ソーントン(ジョン・ウェイン)は、平穏な生活に憧れ故郷の片田舎の村イニスフリーに向かおうとする。

キャッスルタウン駅。
ショーンは、自分の荷物を勝手に運び始めた初老の男性ミケリーン・オグ・フリン(バリー・フィッツジェラルド)に、村まで案内してもらうことになる。

途中ミケリーンは、ショーンの巨体や出身地を気にしながら馬車を走らせる。

石橋に差し掛かり馬車を降りたショーンは、あるあばら家を見て、持ち主の未亡人サラ・ティラン(ミルドレッド・ナトウィック)から、必ずあの家を買い取ると断言する。

それを不思議に思うミケリーンに、ショーンは自分がこの地で生まれたことを伝える。

鼻たれ坊主だったショーンを思い出したミケリーンは、どうすれば、これほどまでに成長するのかと驚いてしまう。

その後、教区の司祭ピーター・ロネガン(ウォード・ボンド)に出くわしたショーンは、ミケリーンに彼を紹介される。

ロネガンもショーンを覚えていて、彼とは翌日のミサの話しなどをして別れる。

その後ショーンは、燃えるような赤毛の娘メアリー・ケイト・ダナハー(モーリン・オハラ)を見かけて一目惚れするのだが、ミケリーンはそれを揉め事の前兆として心配する。

翌日、ミサの後、教会の入り口でメアリー・ケイトを待っていたショーンは、婚約者の間のみで許される行為をしてしまう。

メアリー・ケイトもそれに応えたため、それを見たミケリーンは、ショーンに気性の荒い彼女を警戒するよう忠告する。

村一番の財産家でもある、ティラン夫人を訪ねたショーンは、彼女の所有物になっていた生家を買取ろうとする。

そこに現われた、隣人の大地主”レッド” ウィル・ダナハー(ヴィクター・マクラグレン)が、二人の取引に横槍を入れる。

ダナハーが、ティラン夫人といかにも親しいかのような口ぶりで話し始めたため、彼女は気分を害し、その家をショーンに売ってしまう。

帰宅したダナハーは、苛立ちながら妹メアリー・ケイトの前で酒を飲み始め、使用人イグナティウス・フィーニー(ジャック・マックゴーラン)に、ショーンの名前を手帳に書かせて、彼に恨みを抱く。

ショーンが隣の家を買ったことを知ったメアリー・ケイトが、彼の肩を持ったため、兄妹は一触即発となる。

その頃ショーンは、宿泊先に隣接するパブにいた客達に、挨拶代わりの酒を振舞おうとする。

老人ダン・トビン(フランシス・フォード)は、ショーンの名前を聞き彼の家族を思い出し、一気に打ち解けてダーモット・フェイ(ケン・カーティス)なども集い、和やかな時を過ごす。

そこに、ダナハーとフィーニーが現れ、ショーンの歓迎ムードにケチをつけ、教会の前で妹メアリー・ケイトに対してとった無礼を批判する。

ショーンはそんなつもりはないことを伝えるが、嘘つき呼ばわりされたダナハーは憤慨し暴れ始める。

そこに、ロネガンが現れ仲裁に入り、二人は”固い”握手を交わして別れ、ショーンは再び人々と酒を酌み交わす。

その後、買い取った家に向かったショーンは、誰かが掃除をしてくれているのに気づく。

隠れていたメアリー・ケイトは、ショーンに脅かされて立ち去ろうとする。

しかし、ショーンはメアリー・ケイトの腕を掴み、彼女を抱き寄せてキスしてしまう。

ショーンの無礼な態度に、憤慨するメアリー・ケイトだったが、彼の自分に対する言葉に心を動かされ、キスを返して立ち去る。

翌日、シリル・プレイフェア牧師(アーサー・シールズ)と妻のエリザベス(アイリーン・クロウ)がショーンを訪ねてくる。

プレイフェアは、”ソーントン”という名前に聞き覚えがあることを伝えるが、ショーンは表情を曇らせてしまう。

ショーンが、巨大なベッドを家に運び込もうとしているのを見たメアリー・ケイトは、その後、家の前で酔ったミケリーンが待ち構えているのに気づく。

メアリー・ケイトは、ミケリーンが、ショーンの依頼で結婚の申し出の許可を得に来たことを知り彼を歓迎する。

ミケリーンは、ショーンが財産には全く興味がないことを伝えるが、メアリー・ケイトは、代々受け継がれた家具と持参金を持って嫁ぐことを告げる。

そして、メアリー・ケイトは、自分の意見としては結婚の申し出を受け入れることをミケリーンに伝える。

後日、ショーンは、正式にメアリー・ケイトとの結婚の許可を得ようと、ダナハーの家に出向く。

しかし、まともに話そうともしないダナハーに、ショーンは怒りを隠せず帰ろうとする。

さすがのメアリー・ケイトも、兄の同意と持参金のない結婚は受け入れられず、諦めてしまう。

アメリカ人のショーンには理解できない、アイルランドの仕来りだったが、どうにもならないことだった。

その後、ショーンは心を閉ざし荒馬に乗り鬱憤を晴らし、村でメアリー・ケイトに会って簡単な挨拶しかしなかった。

そこで、ロナガン神父とミケリーンは、ショーンがメアリー・ケイトからティラン夫人に乗り換えたと思い込むよう、彼女に心を寄せるダナハーの焦りを利用し、ある計画を練る。

妹メアリー・ケイトがいなくなれば、ティラン夫人がダナハーになびくという考えを、ミケリーンは競馬レースの際に彼に伝える。

そしてレースは始まり、ティラン夫人は思わずダナハーを応援してしまう。

結局、出遅れたショーンがレースを制し、ティラン夫人の帽子を取りながらゴールする。

メアリー・ケイトの帽子だけが残ってしまい、彼女にとって屈辱の結果となる。

ショーンの勇士を見たプレイフェア牧師は、彼が元ボクシング選手だったことを思い出す。

そのことを秘密にしてほしいと、ショーンはプレイフェアに頼み、ティラン夫人に帽子を渡し優勝カップを受け取る。

それを見たダナハーは、メアリー・ケイトを嫁がせることを決意し、それをミケリーンに伝え仲介を頼む。

そして、ようやくショーンとメアリー・ケイトは交際を許されるが、ミケリーンの監視の下、二人の堅苦しいデートが始まる。

しかし、ショーンとメアリー・ケイトは自転車で逃亡してしまい、二人だけになって愛を確かめ合う。

その後、ようやく結婚することができた二人には、ダナハーから持参金や家具類が渡され、人々の祝福を受ける。

やがてダナハーの挨拶が始まり、ティラン夫人との結婚を発表しようとする。

自分が、ロネガンらに利用されたことに気づいたティラン夫人は、憤慨してその場を去ってしまう。

ダナハーも、人々に騙されたことでショーンのことまでも疑い、持参金を渡すことを取り止める。

あくまで持参金にこだわるメアリー・ケイトを、連れ帰ろうとするショーンだったが、ダナハーは憤慨して彼を殴り倒してしまう。

ショーンは気を失いながら、かつてボクシングの試合で、相手を殺してしまったことを思い起す。

意識を取り戻したショーンは、メアリー・ケイトと家に戻り、持参金や家具もなく、肩身の狭い思いをしている彼女に優しく語りかける。

しかし、自分を使用人と思うようにと、メアリー・ケイトに言われて拒まれたショーンは、彼女を強引に抱こうというそぶりを見せただけで、突き放してしまう。

翌朝、メアリー・ ケイトの家具を届けるため、ダナハーを説得したミケリーンやヒュー・フォーブス(チャールズ・B・フィッツシモンズ)、オーウェン・グリン(ショーン・マクローリー)らが姿を現す。

メアリー・ケイトは感激するが、ショーンは持参金にはこだわる必要がないことを、彼女に重ねて言い聞かせる。

わだかまりが消えた二人は、キャッスルタウンまで馬車で遠乗りに出かける。

そこに居合せたダナハーから、持参金を受け取るよう再びせがむメアリー・ケイトに、ショーンは怒りを露にする。

二人は言い合いになり、憤慨したメアリー・ケイトは、ショーンを置き去りにして立ち去ってしまう。

メアリー・ケイトは帰宅する途中、釣りをしていたロネガン神父に、昨晩のことを話す。

釣りに夢中だった神父は、仕方なくメアリー・ケイトの話を聞くのだが、結婚初夜に寝袋に寝たというショーンの行動を知り、アイルランド人に対する侮辱だということは認める。

イニスフリーに戻ったショーンは、パブにいたダナハーと話し合おうとする。

ショーンはダナハーに挑発されるものの、それに応じようとしない。

ダナハーと戦おうとしないショーンを、ミケリーンや村人は臆病者だと思い始める。

自分が、ボクシングの試合で相手を殺してしまった過去があることを知っている、プレイフェア牧師の家を訪ねたショーンは、苦しい胸の内を彼に伝える。

引退して故郷に戻ったショーンは、再び人を殺してしまうという恐怖から、戦わないことを心に決めていた。

そんなショーンに、プレイフェアは、信者の少ない自分も、故郷のこの地から移動させられるかもしれない寂しさを伝える。

そして牧師は、ショーンに戦うことの意味を理解させ、いずれは戦わなければならない、ダナハーとの対決に備えさせる。

帰宅したショーンはメアリー・ケイトに迎えられ、冷静になった二人はお互いを労わり、そして愛し合う。

翌朝、気持ちも晴れたショーンだったが、持参金もない妻として恥をさらして暮すことに耐えられないメアリー・ケイトは、村を去るために家を出てしまっていた。

ショーンは、メアリー・ケイトを駅まで送ったミケリーンからそれを聞き、彼女を追おうとする。

馬を用意するようショーンに言われたミケリーンは、ついに始まる戦いの気配に胸が高鳴る。

駅に着いたショーンは、メアリー・ケイトを汽車から引き摺り下ろし、徒歩でダナハーの元に向かう。

世紀の決闘が始まることを悟った村人や、視察に来た主教を迎えに来ていたプレイフェア牧師もそれを知る。

ショーンは、メアリー・ケイトを強引に引きずりながら先を急ぎ、彼女もそれに抵抗する。

村人は二人に続き、その様子がパブにいたミケリーンらにも知らされる。

ようやくダナハーの農場に着いたショーンは、メアリー・ケイトの持参金を要求する。

ダナハーがそれを拒んだため、ショーンはメアリー・ケイトを返すと言い出す。

メアリー・ケイトはショックを受けるが、それならばと、ダナハーは持参金をショーンに投げつける。

ショーンは、持参金を燃えたぎる釜の中にほうり込み、交渉成立だと言わんばかりにメアリー・ケイトを連れ帰ろうとする。

ダナハーは一撃食らわせようとするが、ショーンはそれをかわして彼を殴り倒す。

メアリー・ケイトは、ショーンに夕食を用意しておくと言い残しその場を去る。

立ち上がったダナハーの反撃で、ついに戦いが始まり、その場に現れたミケリーンは賭けを始めてしまう。

二人の戦いは、村人を含めた大乱闘となり、それを制止したミケリーンは、”クインズベリー・ルール”に従った戦いをさせようとする。

戦いは再会し、野獣のような男ダナハーの戦いぶりを見ていたティラン夫人も興奮する。

村人、駅員、警察、牧師や主教までもが待望していた、二人の対決に村中が熱狂する。

ポール神父(ジェームズ・フィッツシモンズ)の祈りを聞きながら、臨終を迎えていたダン・トビンも、戦いを知りベッドから起き上がってしまう。

それをポール神父から知らされたロネガン神父も、二人を止める立場にも拘らず戦いの様子を見守る。

そして、殴り合いながら村中を巡る二人の勝負はつかずに、パブで休息の一杯となる。

しかし、どちらがおごるかで二人は争いになり、ショーンの一撃がダナハーの顎に炸裂する。

その後、二人は互いの強さを認め合い、メアリー・ケイトの待つ家に戻り、和解して再び酒を酌み交わす。

数日後、村人は、プレイフェア牧師の移動を阻止しようとして、ロネガン神父を筆頭に、皆でプロテスタントのふりをして主教を歓迎する。

ダナハーもティラン夫人と結婚することになり、ミケリーンの仲介で交際を始める。

そして、イニスフリーの村には平和な日々が訪れ、ショーンとメアリー・ケイトは改めて愛を確かめ合う。


解説 評価 感想 ■

1933年、”Saturday Evening Post”に掲載されたモーリス・ウォルシュの短編を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

アメリカ人ショーン・ソーントンは、生まれ故郷のアイルランドの片田舎の村に戻ってくる。
生家を、財産家の未亡人ティランから手に入れたショーンだったが、そのことがきっかけで、隣人の大地主ダナハーの恨みを買ってしまう。
更に、ショーンがダナハーの妹メアリー・ケイトに惹かれたため、二人の仲は益々こじれる。
一触即発の二人だったが、挑発するダナハーに対し、元ボクサーで、試合中に相手を殺した経験を持つショーンは、頑なに戦いを避ける。
紆余曲折の末に、ショーンとメアリー・ケイトは結婚することが出来るのだが、彼女は仕来りにより持参金にこだわる。
二人を結婚させるために、村人に騙されたと思い込むダナハーは、ショーンがそれに加担したと思い込み、一層彼に敵意を見せる・・・。
__________

個人的な意見として、ジョン・フォードジョン・ウェインのコンビでは、「捜索者」(1965)に次いで好きな作品。

第25回アカデミー賞では、監督、撮影賞(カラー)
を授賞した。
ノミネート
作品
助演男優(ヴィクター・マクラグレン)
脚本・美術(カラー)賞

ジョン・フォードは、前人未到の4度目の
オスカー獲得(監督賞)となった。
参考:本作以外の受賞作
・「男の敵」(1935)
・「怒りの葡萄」(1940)
・「わが谷は緑なりき」(1941)

2013年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

フォード作品に馴染みのない方には、本作を代表としたフォード一家の独特のハーモニーが滑稽に思えるかもしれない。
これは、一連のフォード作品を観て、会話して楽しんだ当時の流行のようなものであり、この雰囲気がなければ始まらないというほど、私は好きでたまらない。
それは中心が家族であったり、軍隊であったりもする。

アイルランド人気質、つまり、気性が荒く、大酒のみで喧嘩っ早い、しかし団結心があり、家族を大切にすることをモットーにする。
それを基に作られているフォード一家の作品が、一種独特であるのは当然理解できる。

西部劇で多く見せていたこの雰囲気を、自分達の故郷アイルランドのオールロケでフォードが製作したところに価値がある。
特にアカデミー撮影賞を受賞したウィントン・C・ホックの撮影は秀逸で、アイルランドの美しくのどかな田園風景や町並みが素晴らしい。

アイルランドそのものを描きたいフォードの演出は、カトリックプロテスタントがうまい具合以上協調し合っている様子が実に興味深く、また実にユーモラスに描かれてもいる。

ヴィクター・ヤングの、アイルランド民謡を随所に使い、時に哀愁漂う効果的な音楽も聴き惚れてしまう。

普段からお洒落なジョン・ウェインと、モーリン・オハラの着こなしの良さ、衣装のカラーリングなども注目だ。

故郷の片田舎に戻り、辛い過去を背負いつつ、いつものキャラクターより謙虚に見えるジョン・ウェインもなかなかいい。

ウェイン扮する”ショーン”という名前、これは、アイルランドスコットランドで、男の子によく付ける典型的な呼び名で、アメリカ的に言えば”ジョン”に相当する。
スコットランド出身のショーン・コネリーなどが有名なところだ。

アイルランド人気質そのものという感じの火の玉娘モーリン・オハラと、ジョン・ウェインをも圧倒する迫力のヴィクター・マクラグレン、神父に相応しくないところが可笑しいウォード・ボンド、未亡人ミルドレッド・ナトウィックのキャラクターは、他のフォード作品同様に大いに楽しめる。

翌年亡くなる、ジョン・フォードの実兄フランシス・フォードの、対決が始まり臨終の床から起き上がってしまう老人役も愉快だ。
フォードは兄のために、ラストで主演二人の直前に登場させる気の使いようだ。

酔いどれの世話好き、愛すべきミケリーン役のバリー・フィッツジェラルドとプレイフェア牧師役のアーサー・シールズは兄弟。
モーリン・オハラとフォーブス役のチャールズ・B・フィッツシモンズ、若い神父役のジェームズ・フィッツシモンズも姉弟。
また子役でジョン・ウェインの子供達、特にこの後にジョン・フォードに可愛がられるパトリック・ウェインがスクリーンデビューし、製作者となるマイケル・ウェイン、娘達もレースの場面で登場する。

本作には有名な裏話がある。
上映時間129分が長いと主張する映画会社は、2時間以内に収めることをフォードに要求する。
フォードは要求通り2時間の試写を会社側に見せるのだが、ウェインマクラグレンの”問題”のクライマックス、対決の途中で上映が終わってしまい、会社側は当然129分の上映を認めたということだ。

建物に入り口などが小さいため、いつもより一段と大柄見えるジョン・ウェインは、ミケリーン役の小柄なバリー・フィッツジェラルド(162cm)から、”6フィート6インチ(198cm)か?”と聞かれるのだが、”4&1/2(194cm)”と答える場面で、その巨体と逞しさを強調させている。
ウェインは誰よりも大きく、強くなければならない、そこがファンにはたまらなく嬉しいのだ。

アメリカでは、今でもジョン・ウェイン作品が上映され、スクリーンに彼が登場するだけで大喝采が起きる。
最近の作品を観ても、”ジョン・ウェイン”の名前は登場する。
そういう文化があることが実に羨ましい。

そして、かつて晩年のジョン・ウェイン作品を劇場で観た際に、タイトル・クレジットでスクリーンに、”JOHN WAYNE”と映し出されただけで涙した自分も、その気持ちは同じだ。

主人公を励ます牧師(A・シールズ)夫人アイリーン・クロウ、ジョン・フォードの娘婿、本作でも美声を聴かせてくれる、歌手でもあるケン・カーティス、村人のショーン・マクローリー、後年「エクソシスト」(1973)の監督役で出演する、ダナハー(ヴィクター・マクラグレン)の使用人ジャック・マックゴーラン、ポール神父(J・フィッツシモンズ)の母親役でメエ・マーシュなども共演している。


スポンサードリンク
ウェブ・ムービー・シアター

ウェブ・ムービー・シアター